« 12/08/19 月刊談笑 緊急増刊号 「シャブ浜」&月刊談笑アンコール #落語 #rakugo | トップページ | 12/08/21 らくご@座・紀伊國屋 2012星月夜公演 喬太郎の古典の風に吹かれて その六 #落語 #rakugo »

12/08/20 らくご@座・紀伊國屋 2012星月夜公演 白鳥・三三 両極端の会 VOL.5 #落語 #rakugo

公演名
らくご@座・紀伊國屋 2012星月夜公演 白鳥・三三 両極端の会 VOL.5
会場
紀伊國屋ホール
日時
2012年8月20日 19:00~
両極端トーク
三三・白鳥
隣の町は戦場だった
三遊亭白鳥
仲入り
殿様と海
柳家三三
ひとこと
三三・白鳥

白鳥さんの隣の町は戦場だったは初めて。豪雪の越前高田とイラクの砂漠の戦場を、ホンダスーパーカブで結びつけてしまう剛腕さと、早くに亡くなった両親への鬱屈した想いを最後の最後で昇華させるロマンチシズムが、白鳥さんらしい。

殿様と海は、白鳥さん本人、文左衛門さんときて、三三さん。噺として一番整っていたのはやはり三三さんかな。後トークで白鳥さん本人が認めていた。殿様、三太夫と釣師一平の描き分けができていたことに白鳥さん本人が驚いていたのには、こちらも驚いた。
とはいえ、三三さんは、全編ダジャレ尽くしで、座布団を使った大マグロ乗りも何か楽しそうに演っていた。端正な落語家という顔の他に、このようなはじけた一麺が見ることができるのが、この会の楽しさ。

プログラム

配布チラシ<

|

« 12/08/19 月刊談笑 緊急増刊号 「シャブ浜」&月刊談笑アンコール #落語 #rakugo | トップページ | 12/08/21 らくご@座・紀伊國屋 2012星月夜公演 喬太郎の古典の風に吹かれて その六 #落語 #rakugo »

落語」カテゴリの記事

三遊亭白鳥」カテゴリの記事

柳家三三」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 12/08/20 らくご@座・紀伊國屋 2012星月夜公演 白鳥・三三 両極端の会 VOL.5 #落語 #rakugo:

« 12/08/19 月刊談笑 緊急増刊号 「シャブ浜」&月刊談笑アンコール #落語 #rakugo | トップページ | 12/08/21 らくご@座・紀伊國屋 2012星月夜公演 喬太郎の古典の風に吹かれて その六 #落語 #rakugo »