« 12/09/07 第59回 野村狂言座 #狂言 #kyougen | トップページ | 12/09/09 べにてん in 東京 #落語 #rakugo »

12/09/08 寄席《噺を楽しむ》その五十五 桂米朝一門会 #落語 #rakugo

公演名
寄席《噺を楽しむ》その五十五 桂米朝一門会
会場
前進座劇場
日時
2012年9月8日 14:00~
時うどん
桂しん吉
質屋芝居
桂米團治
素人浄瑠璃
桂南光
仲入り
つぼ算
桂南天
スペシャルトーク
米團治・南光

しん吉さんの時うどん、前回と同じにしようとする動機がきちんと強調されていて、見えない二人目の様子のおかしさが楽しい。

今日の下座さんは前進座の劇団員だったよう。という事で米團治さんは、三味線の力量が必要な質屋芝居を。きっちりと三味線と唄が入って気持ちのいい一席。

南光さんの素人浄瑠璃(東京では寝床)、主人の機嫌を損ねたものが、きちんと責任をとって機嫌直しをする。このよいしょの仕方が上手。見る間に主人の機嫌が良くなる。この間の表情の動きが巧みでおかしくて仕方がない。

南天さんのつぼ算、リズム感いい話運びで気持ちがいい。面白いなと思ったのが、最初に小銭で支払い、二度目に回ってきた時に数え終えてしまっていない事。前々からなぜ出しっ放しにしているのだろうと思っていた。南天さんの工夫なのかな。

プログラム

配布チラシ 

|

« 12/09/07 第59回 野村狂言座 #狂言 #kyougen | トップページ | 12/09/09 べにてん in 東京 #落語 #rakugo »

落語」カテゴリの記事

桂米團治」カテゴリの記事

桂南天」カテゴリの記事

桂南光」カテゴリの記事

桂しん吉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 12/09/08 寄席《噺を楽しむ》その五十五 桂米朝一門会 #落語 #rakugo:

« 12/09/07 第59回 野村狂言座 #狂言 #kyougen | トップページ | 12/09/09 べにてん in 東京 #落語 #rakugo »