« 12/09/10 DOURAKUTEI出張寄席 古今亭菊六・桂吉坊 新進若手対決「江戸の粋(いき) vs 上方の粋(すい)」 #落語 #rakugo | トップページ | 12/09/13 DOURAKUTEI出張寄席 桃月庵白酒と愉しい仲間たち「我ら、雲助の弟子でござる」 #落語 #rakugo »

12/09/11 月例三三独演 #落語 #rakugo

公演名
月例三三独演
会場
イイノホール
日時
2012年9月11日 19:00~
棒鱈
春風亭正太郎
真田小僧
柳家三三
万金丹
柳家三三
仲入り
死神
柳家三三

正太郎さんの棒鱈、枕での酒上戸は、笑い上戸と泣き上戸だけ。それだけなのに、キッチリと笑いを取る。田舎侍のとっぽいところもおかしかった。

三三さんの子供は、抜け目の無い小面憎さ、今日の真田小僧も最後までなので、それがよく出ている様に感じた。

万金丹は初めて。三三さんが描写する、二人の食い詰めものの駄目さ加減が良かった。二人の徹底したスチャラカ振りが清々しい。

三三さんの死神は、よく聞かれる型。こちらの主人公もダメ男振りも良かった。周りの状況に流されるだけで、何ら自分から何をする事も無い自堕落さがいい。

プログラム

配布チラシ

|

« 12/09/10 DOURAKUTEI出張寄席 古今亭菊六・桂吉坊 新進若手対決「江戸の粋(いき) vs 上方の粋(すい)」 #落語 #rakugo | トップページ | 12/09/13 DOURAKUTEI出張寄席 桃月庵白酒と愉しい仲間たち「我ら、雲助の弟子でござる」 #落語 #rakugo »

落語」カテゴリの記事

柳家三三」カテゴリの記事

春風亭正太郎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 12/09/11 月例三三独演 #落語 #rakugo:

« 12/09/10 DOURAKUTEI出張寄席 古今亭菊六・桂吉坊 新進若手対決「江戸の粋(いき) vs 上方の粋(すい)」 #落語 #rakugo | トップページ | 12/09/13 DOURAKUTEI出張寄席 桃月庵白酒と愉しい仲間たち「我ら、雲助の弟子でござる」 #落語 #rakugo »