« 12/11/13 彦いち落語組み手 十二 #落語 #rakugo | トップページ | 2012/11/16 にほんばし演芸館 志の輔壱噺 #落語 #rakugo »

12/11/14 この落語家を訊け! 第五回 橘家文左衛門 #落語 #rakugo

公演名
この落語家を訊け! 第五回 橘家文左衛門
会場
北沢タウンホール
日時
2012年11月14日 19:00~
道具や
入船亭ゆう京
のめる
橘家文左衛門
この落語家を訊け!
聞き手:広瀬和生
仲入り
文七元結
橘家文左衛門

文左衛門さんののめるは好きな演目。賭けをしあう二人の仲の良さが伝わってくる。賭けがあくまで遊びの延長で、その遊びのために一生懸命になる。そういった余裕が落語の魅力なのかな。

文七元結文左衛門さんで聞くのがいい。どの登場人物も互いの弱さを許し合い、何とかしようとする。長兵衛が五十両を差し出す時の葛藤と、「お久、許せ」の叫びが胸をつく。

広瀬さんとの対談を聞いていると、文左衛門さんは、寄席のまん真ん中で育ってきたんだなと。二つ目の時に、談春さん、志らくさん、円楽党との交流で幅が広がったそう。 来年はらくごカフェで月一の根多おろしの会を開くそうなので楽しみ。

プログラム

配布チラシ

|

« 12/11/13 彦いち落語組み手 十二 #落語 #rakugo | トップページ | 2012/11/16 にほんばし演芸館 志の輔壱噺 #落語 #rakugo »

落語」カテゴリの記事

広瀬和生」カテゴリの記事

橘家文左衛門」カテゴリの記事

入船亭ゆう京」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 12/11/14 この落語家を訊け! 第五回 橘家文左衛門 #落語 #rakugo:

« 12/11/13 彦いち落語組み手 十二 #落語 #rakugo | トップページ | 2012/11/16 にほんばし演芸館 志の輔壱噺 #落語 #rakugo »