« 12/11/18 柳家一琴蔵出しの会 #落語 #rakugo | トップページ | 12/11/20 柳家喜多八独演会「喜多八膝栗毛 秋之瞬」 #落語 #rakugo »

12/11/19 道楽亭らくごまつり~2012秋~「まっぴらごめん!!」 #落語 #rakugo

公演名
道楽亭らくごまつり~2012秋~「まっぴらごめん!!」
会場
日本橋劇場
日時
2012年11月19日 18:30~
オープニングトーク
がまの油
春風亭一之輔
ピーチボーイ
春風亭ぴっかり
恋する蛇女
三遊亭白鳥
仲入り
胎児
笑福亭たま
子別れ
三遊亭天どん

開演時間を30分間違えて一之輔さんの途中のちゃんとした言い立てから。最近の一之輔さんは蝦蟇の油の磨き上げにかかっているのかな。粗忽の釘の様に、酔ってからの言い立ては一之輔ワールドと言うべき形になっているような。

ぴっかりさんの桃太郎の改作のピーチボーイをやっと聞くことができた。ひねりが270度掛かっている、ぴっかりさんらしいかわいい子供の魅力が満点で出ている噺。今のぴっかりさんにしかできないもの。

どうも今日は子供しばりのよう。白鳥さんには幾つも子供ネタがあるだろうに、恋する蛇女が出てくるのは、お気に入りなのかな。同世代向けと言いながら、十分に一般にも受けるものに仕上がっているのでは。

たまさんの胎児は、子供になる以前の噺。帯を解いてへその緒に見立てる自由さ。どういうきっかけで、このような噺を思い付くのだろう。

どっかんと受けたたまさんに対して、自分が新作を演った後に出る人が嫌な顔をしている気持ちが分かったと、古典を演ると子供ネタの王道、子別れへ。父親の照れ方に、天どんさんらしい純な形が出ていて楽しかった。

配布チラシ

|

« 12/11/18 柳家一琴蔵出しの会 #落語 #rakugo | トップページ | 12/11/20 柳家喜多八独演会「喜多八膝栗毛 秋之瞬」 #落語 #rakugo »

落語」カテゴリの記事

三遊亭白鳥」カテゴリの記事

春風亭一之輔」カテゴリの記事

三遊亭天どん」カテゴリの記事

春風亭ぴっかり」カテゴリの記事

笑福亭たま」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 12/11/19 道楽亭らくごまつり~2012秋~「まっぴらごめん!!」 #落語 #rakugo:

« 12/11/18 柳家一琴蔵出しの会 #落語 #rakugo | トップページ | 12/11/20 柳家喜多八独演会「喜多八膝栗毛 秋之瞬」 #落語 #rakugo »