« 12/12/12 落語と狂言の会2012「お米とお豆腐 東京公演」 #落語 #rakugo #狂言 | トップページ | 12/12/15 第二回 吉坊・一之輔 二人会 #落語 #rakugo »

12/12/14 らくご@座・よみうりホール 2012冬うふふ公演 市馬・昇太・武春・喬太郎 忠臣蔵でござる #落語 #rakugo #浪曲

公演名
らくご@座・よみうりホール 2012冬うふふ公演 市馬・昇太・武春・喬太郎 忠臣蔵でござる
会場
よみうりホール
日時
2012年12月15日 18:30~
きら
春風亭昇太
極道のきら
柳家喬太郎
首提灯
柳亭市馬
三味線弾き語り・大忠臣蔵
国本武春
俵星玄蕃
柳亭市馬

今年の忠臣蔵でござるは、昇太さんの浪士に追われる吉良で開幕。寄席に紛れるために落語を演ることにした昇太吉良、いったん袖に引いて、正札附?の出囃子で登場、めくりには三遊亭圓生と。上野介がなぜ、吉良になったかという「つる」の改作を一席。

次に出てきた喬太郎さんは、昇太さんの改作を「あの薄っぺらい改作は古典をバカにしているのか」と自身のつるの改作の極道のつるに、かと思っていたら、昇太さんの改作を取り入れたものに。破壊力が増した爆笑編に。 

市馬さんは前の二人に引きずられないで、池袋演芸場の新装の杮落し公演で、先代の小さん師匠が、落語を演らないで、真剣で居合抜きを披露した枕から、首提灯へ。本番に備えて抑え気味に。

武春さんの三味線弾き語りの大忠臣蔵、観客も参加しての殿中刀傷をロック調でわかせて、バラード調の田村邸の別れでしんみりと、最後にファンク調の討ち入りで大団円。

今年も市馬さんの俵星玄蕃を聞いて年の瀬を迎えることができた。こういうものて、年のリズムを感じる様になるとは思いもしなかった。背景でのコントに吉良として川柳師匠が出てきたのはご愛嬌。

一之輔さんは間のコントに内蔵助としてだけ登場。落語は無し。昇太吉良と絡んでの子供自慢コントが楽しかった。

プログラム

配布チラシ

|

« 12/12/12 落語と狂言の会2012「お米とお豆腐 東京公演」 #落語 #rakugo #狂言 | トップページ | 12/12/15 第二回 吉坊・一之輔 二人会 #落語 #rakugo »

落語」カテゴリの記事

春風亭昇太」カテゴリの記事

柳家喬太郎」カテゴリの記事

柳亭市馬」カテゴリの記事

春風亭一之輔」カテゴリの記事

川柳川柳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 12/12/14 らくご@座・よみうりホール 2012冬うふふ公演 市馬・昇太・武春・喬太郎 忠臣蔵でござる #落語 #rakugo #浪曲:

« 12/12/12 落語と狂言の会2012「お米とお豆腐 東京公演」 #落語 #rakugo #狂言 | トップページ | 12/12/15 第二回 吉坊・一之輔 二人会 #落語 #rakugo »