« 12/12/14 らくご@座・よみうりホール 2012冬うふふ公演 市馬・昇太・武春・喬太郎 忠臣蔵でござる #落語 #rakugo #浪曲 | トップページ | 12/12/16 創作乱歩狂言「押絵と旅する男2012」 #狂言 #kyougen »

12/12/15 第二回 吉坊・一之輔 二人会 #落語 #rakugo

公演名
第二回 吉坊・一之輔 二人会
会場
内幸町ホール
日時
2012年12月15日 19:00~
たらちね
春風亭一力
加賀の千代
春風亭一之輔
幸助餅
桂吉坊
仲入り
かぜうどん
桂吉坊
味噌蔵
春風亭一之輔

兵衛さんの愛嬌というのは、江戸落語の特徴なのかなと感じる。お調子者とは少し違う雰囲気。それを極限まで持って行くのが一之輔さん。今日も膝に乗せたくなる愛嬌を振舞っていた。

幸助餅を生で聞くのは初めて。分かりやすい人情噺。幸助の若さ故の純粋さを数奇者としての旦那の貫禄より優先しているのかなと。 

季節の噺としてのかぜうどん、今日にあっていて良かった。「星っさんが高いな」という冬の清々しい寒さを表す一言があるので、上方落語が好き。

味噌蔵も何気に冬の噺なんですな。主題はケチになると思うが、先月聞いた一琴さんとの共通点が、子供ができて慌てつつも、思わずにやけてしまう演出をしているのが興味深かった。

配布チラシ

|

« 12/12/14 らくご@座・よみうりホール 2012冬うふふ公演 市馬・昇太・武春・喬太郎 忠臣蔵でござる #落語 #rakugo #浪曲 | トップページ | 12/12/16 創作乱歩狂言「押絵と旅する男2012」 #狂言 #kyougen »

落語」カテゴリの記事

春風亭一之輔」カテゴリの記事

春風亭一力」カテゴリの記事

桂吉坊」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 12/12/15 第二回 吉坊・一之輔 二人会 #落語 #rakugo:

« 12/12/14 らくご@座・よみうりホール 2012冬うふふ公演 市馬・昇太・武春・喬太郎 忠臣蔵でござる #落語 #rakugo #浪曲 | トップページ | 12/12/16 創作乱歩狂言「押絵と旅する男2012」 #狂言 #kyougen »