« 13/01/29 彦いち落語組み手 十三 #落語 #rakugo | トップページ | 2013/02/02 志の輔らくご in PARCO 2013 »

13/01/30 KAAT式らくごの会〜文学しばり〜 #落語 #rakugo

公演名
KAAT式らくごの会〜文学しばり〜
会場
KAAT神奈川芸術劇場
日時
2013年1月30日 19:00~
つる
柳家さん坊
梅津忠兵衛
柳家喬太郎
花野
桂吉坊
仲入り
厄払い
桂吉坊
雉政談
柳家喬太郎
アフタートーク
吉坊・喬太郎

喬太郎さんは二席とも八雲もの。梅津忠兵衛は、あずかった赤ん坊が重くなっていく怪談らしい始まりで、終わりは神も仏も出てくる目出度い噺。前半の怪談部分は息を呑む展開。

吉坊さん、川上弘美の花野の落語化は、幽霊とその家族とも知り合い?との、なんとはない会話。淡々と繰り広げられる会話は、特別な展開はないが引き込まれいく。不思議。 

吉坊さんのもう一席は、気楽な喜六が出てくるご陽気な厄払い。初めて聞く。楽しく聞けた。

喬太郎さんの雉政談、嫁の夢に前知らせして出てきた、父親の生まれ変わりの雉の首を締めてしまう男の話しに、罪人が斬首される怨みを、斬られた時に石に噛 み付いて見せよとの、一念を逸らされてしまう話しをつなげたもの。前半の民話風な展開から、後半の酷薄な結末に圧倒された。

アフタートークでは喬太郎さんと吉坊さんの、新作の作り方が対照的だったということが興味深い。吉坊さんが、まずはパソコンで台本を作り、ノートに手書きで写すことにより、ブラッシュアップし、かつ自分のものにしていくのに対して、喬太郎さんは台本を起こさない、なおかつ、喋りながら手直ししていくのだとか。

プログラム

配布チラシ

 

|

« 13/01/29 彦いち落語組み手 十三 #落語 #rakugo | トップページ | 2013/02/02 志の輔らくご in PARCO 2013 »

落語」カテゴリの記事

柳家喬太郎」カテゴリの記事

柳家さん坊」カテゴリの記事

桂吉坊」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 13/01/30 KAAT式らくごの会〜文学しばり〜 #落語 #rakugo:

« 13/01/29 彦いち落語組み手 十三 #落語 #rakugo | トップページ | 2013/02/02 志の輔らくご in PARCO 2013 »