« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

13/01/30 KAAT式らくごの会〜文学しばり〜 #落語 #rakugo

公演名
KAAT式らくごの会〜文学しばり〜
会場
KAAT神奈川芸術劇場
日時
2013年1月30日 19:00~
つる
柳家さん坊
梅津忠兵衛
柳家喬太郎
花野
桂吉坊
仲入り
厄払い
桂吉坊
雉政談
柳家喬太郎
アフタートーク
吉坊・喬太郎

喬太郎さんは二席とも八雲もの。梅津忠兵衛は、あずかった赤ん坊が重くなっていく怪談らしい始まりで、終わりは神も仏も出てくる目出度い噺。前半の怪談部分は息を呑む展開。

吉坊さん、川上弘美の花野の落語化は、幽霊とその家族とも知り合い?との、なんとはない会話。淡々と繰り広げられる会話は、特別な展開はないが引き込まれいく。不思議。 

吉坊さんのもう一席は、気楽な喜六が出てくるご陽気な厄払い。初めて聞く。楽しく聞けた。

喬太郎さんの雉政談、嫁の夢に前知らせして出てきた、父親の生まれ変わりの雉の首を締めてしまう男の話しに、罪人が斬首される怨みを、斬られた時に石に噛 み付いて見せよとの、一念を逸らされてしまう話しをつなげたもの。前半の民話風な展開から、後半の酷薄な結末に圧倒された。

アフタートークでは喬太郎さんと吉坊さんの、新作の作り方が対照的だったということが興味深い。吉坊さんが、まずはパソコンで台本を作り、ノートに手書きで写すことにより、ブラッシュアップし、かつ自分のものにしていくのに対して、喬太郎さんは台本を起こさない、なおかつ、喋りながら手直ししていくのだとか。

プログラム

配布チラシ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

13/01/29 彦いち落語組み手 十三 #落語 #rakugo

公演名
彦いち落語組み手 十三
会場
北沢タウンホール
日時
2013年1月29日 19:00~
あいさつ
林家彦いち
紋三郎稲荷
柳家わさび
道具屋
林家彦いち
長命
三遊亭兼好
仲入り
百川
林家彦いち
アフタートーク
彦いち・兼好

わさびさんの紋三郎稲荷、侍の口調もしっかりしていて、飄々とした雰囲気が侍の茶目っ気を表していて楽しく聞けた。

彦いちさんの道具屋、与太郎さんが元気いっぱいで積極的。その元気の良さは、ちょいちょい彦いちさんの“外国人”が見えてくる一途さが垣間見える。 

兼好さんの長命、隠居とのテンポの良いやり取りが楽しい。女房の抜けるような明るさがおかしいのだけど、笑っているうちに、その執拗なまでの明るさに、ちょっと怖くなるのが兼好さんの味かな。

百川の時代背景は幕末の頃でペリー接待の舞台になった所、というわけで彦いちさんの田舎者は、タイ人のヒャクワンチャイ。もうこれで彦いちワールド。“くわい”がタイ語で男性器を表すことに引っ掛けるくすぐりがおかしかった。

アフタートークでは会津と薩摩や体育会系の乗りの話しなどを。最後に彦いちさんから、なんか落語の話しをとの無茶振りに、今年は新作を作ってみたいと兼好さんから。聞いてみたい。どの会で演るのかな。

プログラム

配布チラシ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

13/01/26 こしら・馬るこ・きつつき 新ニッポンの話芸 #落語 #rakugo

公演名
こしら・馬るこ・きつつき 新ニッポンの話芸
会場
成城ホール
日時
2013年1月26日 19:00~
鮑のし
鈴々舎馬るこ
初天神
立川こしら
仲入り
井戸の茶碗
三遊亭きつつき
アフタートーク
広瀬和生・こしら・馬るこ・きつつき

馬るこさんの鮑のしは、前半の口移しの部分をたっぷりと。現代に持ってきているので、聞き間違いに時事ネタを入れることができる。基本構造はそのままなのに現代にしたのは、このためなのかな。

こしらさんはこの時期らしいものをと、まるで寄席で聞くようなことを言ってから初天神へ。客席がどよめいた。エキセントリックな母親のジャブから入って、子どものストレートパンチにノックアウト。

きつつきさんの井戸の茶碗の武士達は、格別武張った所がない。すぐに刀なり槍を出してくるように戯画化されていて、いたずらに正直さを押し付けないバランス。サッパリした語り口がいい。

プログラム

配布チラシ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

13/01/25 新春 落語教育委員会 柳家喜多八・柳家喬太郎・三遊亭歌武蔵 三人会 #落語 #rakugo

公演名
新春 落語教育委員会 柳家喜多八・三遊亭歌武蔵・柳家喬太郎 三人会
会場
渋谷区文化総合センター大和田 さくらホール
日時
2013年1月25日 19:00~
コントー刑事殉職編ー
喜多八・歌武蔵・喬太郎
猫と金魚
春風亭一蔵
やかんなめ
柳家喜多八
仲入り
小政の生い立ち
柳家喬太郎
胴切り
三遊亭歌武蔵

一蔵さんになってから初めて。二つ目になってから三ヶ月ほどなのに、それなりに話せている。これからが楽しみ。

喜多八さんのやかんなめは、お上さんが色っぽい。夢中になって禿頭を舐めまわして、その後の惚けた様子の対比がたまらない。

喬太郎さん、喉にくる風邪をひいて、歌武蔵さん曰く、虎造ばりの小政の生い立ちを。この噺は二回目くらいかな。いろいろくすぐりを入れてだれないで楽しめた。

胴切りは素で演ると15分もかからない短い噺。なので歌武蔵さんはほぼ漫談の中で噺を進めて行く形。楽しめた。

配布チラシ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

13/01/22 春風亭一之輔・古今亭文菊 二人会 #落語 #rakugo

公演名
春風亭一之輔・古今亭文菊 二人会
会場
日本橋劇場
日時
2013年1月22日 18:30~
牛ほめ
春風亭一力
短命
春風亭一之輔
心眼
古今亭文菊
仲入り
豊竹屋
古今亭文菊
百川
春風亭一之輔

一力さんの途中から。おじさんの家に着いてからを聞いたのだが、格段にうまくなっている様。おじさんの描き方がいいと感じた。

一之輔さんの短命は久しぶり。八五郎とご隠居の仲の良さは相変わらず。くすぐりが整理されていて、八五郎がご隠居をからかうことに焦点が当たっているようで聞きやすくなっている。

文菊さんで心眼は二度目かな。梅喜の浮かれ具合を丁寧に描写して、目明になってからの裏切りの嫌な感じを薄めてる。最後の夢と知った時の心底ホッとした様子に救われる。

前座の時、師匠がテレビを見ながらうなっているのを小唄、端唄かなとよく聞いたら像さんだったというマクラから豊竹屋へ。関白宣言などを混ぜながら、文字通り調子良くコンパクトに。

一之輔さんの百川、百兵衛さんが追い込まれて行く過程に無理がなく楽しく聞ける。

プログラム

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

13/01/20 柳家喬太郎・柳家三三 二人会 #落語 #rakugo

公演名
柳家喬太郎・柳家三三 二人会
会場
サンパール荒川 大ホール
日時
2013年1月20日 17:30~
狸札
柳亭市助
五目講釈
柳家三三
時そば
柳家喬太郎
仲入り
夫婦に乾杯
柳家喬太郎
佐々木政談
柳家三三

三三さんの五目講釈は相変わらず流れる様な講談に聞き惚れる。佐々木政談は途中寝落ちしてしまい、なんか通常と違う落ちを付けていた様なのに聞き逃してしまった。無念至極。

もうネタになっているコロッケそばのマクラを楽しく聞いているうちに、キレのいい時そばへ。格別なくすぐりは無いのにおかしい。落語協会の会議の様子を面白おかしく描写してから夫婦に乾杯をコンパクトに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

13/01/20 「江戸の坂」散歩、大橋〜中目黒コース #散歩 #sanpo

池尻大橋なう。これから「江戸の坂」散歩、大橋〜中目黒コース。 #散歩 #sanpo

posted at 12:01:14

大橋二丁目なう。大坂。 #散歩 #sanpo  http://yfrog.com/ocwdcyxij http://yfrog.com/oe1nqjhj

posted at 12:37:06

大橋二丁目と駒場一丁目の境を通る、松見坂。 #散歩 #sanpo  http://yfrog.com/oc4wgsgj http://yfrog.com/h7ssqpepj

posted at 12:57:23

Photo: 相ノ坂にいます http://tmblr.co/ZKeMYycAnttJ

posted at 13:21:24

Photo: Junkadelicにいます http://tmblr.co/ZKeMYycArEM7

posted at 13:33:17

青葉台一丁目から猿楽町に上がる、目切坂。 #散歩 #sanpo  http://yfrog.com/obkvgysj http://yfrog.com/kl7u1vbbj http://yfrog.com/oc75oinj

posted at 13:53:43

Photo: 目切坂にいます http://tmblr.co/ZKeMYycAxDu4

posted at 13:55:10

私は写真を撮りました @ 相ノ坂 http://instagr.am/p/UsSP1QDw9f/

posted at 14:02:22

上目黒一丁目なう。新道(しんどう)坂。 #散歩 #sanpo  http://yfrog.com/mgeugacj http://yfrog.com/kjvodttj http://yfrog.com/mojadulj

posted at 14:03:27

上目黒一丁目。旧新道(きゅうしんどう)坂。 #散歩 #sanpo  http://yfrog.com/o0j13azj http://yfrog.com/ntf2xbqjj

posted at 14:07:57

私は写真を撮りました @ Junkadelic http://instagr.am/p/UsTbkrDw-s/

posted at 14:12:30

私は写真を撮りました @ 目切坂 http://instagr.am/p/UsWGmZDwxq/

posted at 14:33:52

地図上で確認

| | コメント (0) | トラックバック (0)

13/01/19 「江戸の坂」散歩、赤羽台〜赤羽西コース #散歩 #sanpo

赤羽なう。これから「江戸の坂」散歩、赤羽台〜赤羽西コース。 #sanpo #散歩

posted at 11:49:52

私は写真を撮りました @ 大坂 http://instagr.am/p/UplQtIjw-x/

posted at 12:09:39

Photo: 大坂にいます http://tmblr.co/ZKeMYyc5OhC5

posted at 12:09:43

私は写真を撮りました @ 師団坂 http://instagr.am/p/UpqRzdDw05/

posted at 12:53:17

Photo: 師団坂にいます http://tmblr.co/ZKeMYyc5bIBa

posted at 12:53:21

私は写真を撮りました @ 稲荷の坂 http://instagr.am/p/UpsIb6Dw2i/

posted at 13:09:48

Photo: 稲荷の坂にいます http://tmblr.co/ZKeMYyc5f_eO

posted at 13:09:52

諏訪神社の脇を南北に通る、宮の前坂。 #散歩 #sanpo  http://yfrog.com/oc4zpnuj http://yfrog.com/kljn1qkj

posted at 13:23:01

諏訪神社の脇を南北に通る、宮の坂。 #散歩 #sanpo  http://yfrog.com/ococtmbj http://yfrog.com/oen78vudj

posted at 13:24:16

赤羽北三丁目なう。諏訪神社の前を東西に走る、宮の前坂。 #散歩 #sanpo  http://yfrog.com/h0f2tzgj http://yfrog.com/gz81iywaj

posted at 13:31:30

私は写真を撮りました @ 袋町公園 http://instagr.am/p/Upzxlhjw_G/

posted at 14:16:45

Photo: 袋町公園にいます http://tmblr.co/ZKeMYyc5xxoS

posted at 14:16:47

赤羽北三丁目と小豆沢四丁目の境を下がる、ふか坂。 #散歩 #sanpo  http://yfrog.com/h4al7rjj http://yfrog.com/obeu6xaj

posted at 14:40:18

桐ヶ丘一丁目なう。富士見坂。 #散歩 #sanpo  http://yfrog.com/o0psjvhj http://yfrog.com/nv1m6eqj

posted at 15:03:53

地図上で確認

| | コメント (0) | トラックバック (0)

13/01/18 日本生命Presents Woman’s 落語会 by 白鳥 #落語 #rakugo

公演名
日本生命Presnts Woman’s 落語会 by 白鳥
会場
内幸町ホール
日時
2013年1月18日 19:00~
トーク
三遊亭白鳥
女二人旅
柳亭こみち
明烏
三遊亭美るく
仲入り
牛丼晴れ舞台
三遊亭白鳥
大師の杵
林家ぼたん

こみちさんは、女性二人の旅の様子を描く女二人旅を。二人の女性のおしゃべりを楽しむ噺。楽屋落ちのネタを交えつつ楽しく聞けた。ただ、こみちさんを反映させた人物が、最後に唐突に出た妊娠の言葉に会場中キョトンとなってこみちさんのお目出度を祝福できなかったのが残念。

女性の視点から語り直した白鳥版の明烏を美るくさんが挑戦。禿の可愛らしさは言わずもがな。浦里花魁は若さが勝っていたかな。時次郎が「君、僕」と若旦那 らしくない、しかし白鳥版には合っているのが引っかかる。父親も出てこないので昭和初期のお坊ちゃん学生にしたらどうかな。   

ぼたんさんの大師の杵は、同門の先輩、たけ平さんと同じ様に、所々で脱線しつつ進める型。とはいえ、Woman's落語会で演るので、おもよの友達を加えて、それとの会話で自身の気持ちを自らに語らせる。ぼたんさんらしい出来かな。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

13/01/15 立川生志独演会「生志のにぎわい日和」 #落語 #rakugo

公演名
立川生志独演会「生志のにぎわい日和」
会場
横浜にぎわい座 芸能ホール
日時
2013年1月15日 19:00~
看板のピン
立川生志
たらちね
立川生志
仲入り
曲独楽
三増紋之助
紺屋高尾
立川生志

生志さんの独演会は初めてかな。先月の志の輔さんとの博多での兄弟会の愚痴をたっぷりとからの看板のピンへ。オウム返しをメリハリを効かせてきっちりと。

前座の時にはよく演っていたけど、二つ目に上がってからはサッパリと、たらちねへ。ちょっとした仕草で笑えてしまう。 

生志さんの紺屋高尾は最初の聞き取りを親方がするので、お上さんが出てこないのがちょっと残念。全体的にはすっきりとしていて好み。高尾が惚れる経緯に工夫があって、こういうのもいいかもと感じた。

配布チラシ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

13/01/12 笑福亭鶴光一門会〜踊って笑って一門会〜 #落語 #rakugo

公演名
笑福亭鶴光一門会〜踊って笑って一門会〜
会場
横浜にぎわい座 芸能ホール
日時
2013年1月12日 14:00~
長屋の花見
笑福亭羽光
荒茶
笑福亭和光
佐々木裁き
笑福亭学光
仲入り
寄席の踊り
一門
頭山
笑福亭里光
善悪双葉の松
笑福亭鶴光

羽光さんの長屋の花見は、大家が出てこない上方の型。初めて聞く物としてはお上さん達も連れて行くところ。女衆にはセリフがないので居ても関係ないけど、もしこの型が江戸でも使われていたら、白鳥さんのお上さん版長屋の花見はできなかったのかな。

荒茶は、家見舞いと同じ様なプリミティブな笑いを取っていく噺。やはり苦手。和光さんは所々に軽いくすぐりを入れて臭みを消していく。  

里光さんは落語らしいバカらしい噺をと頭山へ。時間があれば、花見の場面を鳴り物沢山で派手に演るのでしょうが、今日は筋をなぞる程度に軽く。長屋の花見の様にもっと演られてもいいと思う。

善悪双葉の松は、ググってみたら講談ネタを、鶴光さんが落語にしたてたものらしい。要所要所に、駄洒落をはさんでだれない様にする。とはいえ、講談の教訓めいたくさみは残る。

配布チラシ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

13/01/11 桂米團治独演会 #落語 #rakugo

公演名
桂米團治独演会
会場
銀座ブロッサム
日時
2013年1月11日 19:00~
煮売り屋
桂米輝
子ほめ
桂米團治
宗論
桂米紫
淀の鯉
桂米團治
仲入り
子は鎹
桂米團治

子ほめの様な前座噺も米團治さんにかかると、メリハリが効いていて楽しい。しゃべくりに手がきちんと入っている感じ。

宗論はしゃべくり漫才の様な噺。米紫さんのも、繰り返しのギャグの応酬の呼吸が漫才的。それも王道的なちょい古め目の。 

淀の鯉は、米朝師が四代目米團治師に師事する前の21歳の時に作ったもの。前半の淀川の船遊びの芸者遊びの描写が21歳作とは思えない的確さ、後半の淀川の鯉たちのニモ的な展開が三枝さんの鯛を想起させるなど興味深かった。

子は鎹、米團治さんはオーソドックスな型で真っ直ぐな語り。確かな技術で素直に聞けて、聞き終わってホンワカした気持ちになる。

配布チラシ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

13/01/09 五街道雲助独演会 #rakugo #落語

公演名
五街道雲助独演会
会場
横浜にぎわい座 芸能ホール
日時
2013年1月9日 19:00~
手紙無筆
古今亭きょう介
寿限無
桃月庵白酒
二番煎じ
五街道雲助
仲入り
芝浜
五街道雲助

白酒さんで寿限無は初めて。要所でこれ名前としてどうなのと突っ込みを入れつつ、それでも全部入れてしまう。冷めた視点が入った白酒さんらしい。

雲助さんの二番煎じは、当番は噺に出てくる人だけで留守番で一人を置いて全員で回る。端唄、小唄、義太夫、都々逸など盛り沢山で楽しい一席。 

雲助さんの芝浜、お上さんは腹がすわった感じで、亭主をしっかりと支える。商売が上手く行く過程も、さもありなんという感じで、気持ちのいい一席。

配布チラシ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

13/01/08 らくごカフェに火曜会 三之助・文菊 #落語 #rakugo

公演名
らくごカフェに火曜会 三之助・文菊
会場
らくごカフェ
日時
2013年1月8日 19:30~
長屋の花見
古今亭文菊
巣鴨のうわさ
柳家三之助
仲入り
初天神
柳家三之助
夢金
古今亭文菊

どうも人混みが嫌いなので初席は敬遠して今日の火曜会が今年二回目の落語会。すると初天神も聞かないうちに、いきなり長屋の花見を。文菊さんの長屋の衆は少しずつ毒を含みながらも、基本的には乗っかって行く方向。楽しかった。

三之助さんはいつもと違う雰囲気で都市伝説の話しを枕の様に振っているなと思っていたら、珍しく新作へ。以前天どんさんで聞いたことがある巣鴨のうわさへ。オリジナルからの改変はほとんど無い様だけど全然雰囲気が違う。面白いものだ。 

やっと季節らしい初天神。団子屋のみだけど、素直に駄々をこねる、三之助さんの子供の可愛らしさを堪能できた。

文菊さんはひょいと季節を真冬に戻して夢金を。なんか無駄に恰好を付けてる武士だとか、とにかく寒そうな舞台に騙さられるけど、最後に夢落ちが待っていることに折り合いがつかない。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/01/06 笑福亭福笑エキセントリック落語会 第二回 #落語 #rakugo

公演名
笑福亭福笑エキセントリック落語会 第二回
会場
座・高円寺2
日時
2013年1月6日 14:00~
雨傘和尚
瀧川鯉八
宿屋ばばぁ
笑福亭福笑
代書
桂雀々
仲入り
桃太郎
笑福亭福笑

鯉八さんの独特な雰囲気が気になる。今日の雨傘和尚も、門前に捨てられて赤ん坊の頃から育てた一人きりの弟子の小坊主が、お使いで買わせた傘を先に使われたことを根に持ってネチネチしてしまう和尚と小僧とのやり取りというなんとも言えない噺。変わっている。

福笑さんの宿屋ばばぁ、泊まった宿屋の女主人の老婆の強烈なキャラクターを楽しむ噺。こういうのは狭い範囲での印象でしかないが、上方でも笑福亭の系列の人がやる様な感じ。 

雀々さんは今日が仕事始めとのこと。枝雀師匠の所に住み込んでいた時に電話番で受けた上方四天王の大御所の各師の物まねから、枝雀師に最後に付けてもらった代書屋へ。職歴の最初までだけど、満足感一杯の一席。

福笑さんの桃太郎は二度目。身振り手振り一杯の講談調で桃太郎の鬼退治を表現。何回聞いても楽しい。

配布チラシ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

13/01/02 「江戸の坂」散歩、中十条〜赤羽西コース

東十条なう。これから「江戸の坂」散歩、中十条〜赤羽西コース。 #散歩 #sanpo

posted at 12:07:33

中十条三丁目なう。石神井坂。 #散歩 #sanpo

posted at 12:51:05

十条仲原四丁目と上十条五丁目の境を下がる、游鯉園の坂。 #散歩 #sanpo  http://yfrog.com/h6yqsuwj http://yfrog.com/h4nczhpsj http://yfrog.com/h88yvlkj

posted at 13:39:20

西が丘二丁目と赤羽西三丁目の境を上がる、水車の坂。 #散歩 #sanpo  http://yfrog.com/nzqujdoj http://yfrog.com/gyh9kqjj

posted at 13:46:59

赤羽西四丁目。弁天坂。 #散歩 #sanpo  http://yfrog.com/kegfnlncj http://yfrog.com/khv11xwj

posted at 15:17:20

赤羽西二丁目なう。三日月坂。 #散歩 #sanpo  http://yfrog.com/oe50ymwj http://yfrog.com/h6ev3bqj

posted at 15:27:56

赤羽西一丁目なう。稲付城址(いなつけじょうし)坂。 #散歩 #sanpo  http://yfrog.com/kh8k8buj http://yfrog.com/movuzsmj

posted at 16:09:03

赤羽西一丁目。静勝寺(じょうしょうじ)坂。 #散歩 #sanpo  http://yfrog.com/h0qe9wzgj http://yfrog.com/hwmychoj http://yfrog.com/h82szvckj

posted at 16:15:44

地図上で確認

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »