« 13/02/24 道楽亭開店三周年記念寄席 第三部「華の真打競演」 #落語 #rakugo | トップページ | 13/02/28 柳家喜多八独演会「喜多八膝栗毛 冬の瞬」 #落語 #rakugo »

13/02/27 立川談春独演会 第四回 デリバリー談春 #落語 #rakugo

公演名
立川談春独演会 第四回 デリバリー談春
会場
きゅりあん 大ホール
日時
2013年2月27日 18:30~
千早ふる
立川こはる
味噌蔵
立川談春
仲入り
居残り佐平次
立川談春

初めて家元に習ったのが三ぼうの小咄、から現代に落語を演ることの了見について。親子のつんぼの話しを普通の現代人にどう了解させるのか。その事を追求していたのが立川流ではないのか。なのに、最後の最後に「江戸の風」とは何なのか。

親子のつんぼの小咄を楽しむ落語の感覚と、現代に住む者の感覚とをすり合わせるのでは無く、両方がそれぞれにあるというのが、家元の「江戸の風」何だろう。その方法は自分で何とかしろと。

という前振りからケチん坊の噺の味噌蔵へ。談春さんにしては、というか、らしくというか、ごくあっさりと基本通りに。こういうのは弟子に見せるためなのかな。

デリハルは、都内を広く回るので、その土地にあった噺をと、居残りへ。布団部屋へ引っ込むまでの、若い衆を翻弄するやり取りの、凄まじい言葉の奔流に圧倒される。

配布チラシ

 

 

 

|

« 13/02/24 道楽亭開店三周年記念寄席 第三部「華の真打競演」 #落語 #rakugo | トップページ | 13/02/28 柳家喜多八独演会「喜多八膝栗毛 冬の瞬」 #落語 #rakugo »

落語」カテゴリの記事

立川談春」カテゴリの記事

立川こはる」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 13/02/27 立川談春独演会 第四回 デリバリー談春 #落語 #rakugo:

« 13/02/24 道楽亭開店三周年記念寄席 第三部「華の真打競演」 #落語 #rakugo | トップページ | 13/02/28 柳家喜多八独演会「喜多八膝栗毛 冬の瞬」 #落語 #rakugo »