« 13/02/27 立川談春独演会 第四回 デリバリー談春 #落語 #rakugo | トップページ | 13/03/02 《噺小屋》弥生の独り看板 入船亭扇辰「鰍沢」 #落語 #rakugo »

13/02/28 柳家喜多八独演会「喜多八膝栗毛 冬の瞬」 #落語 #rakugo

公演名
柳家喜多八独演会「喜多八膝栗毛 冬の瞬」
会場
博品館劇場
日時
2013年2月28日 19:00~
代脈
入船亭小辰
替り目
柳家喜多八
夢金
柳家喜多八
仲入り
太神楽曲芸
翁家和助
小言幸兵衛
柳家喜多八

喜多八さんの替り目の亭主の甘え振りが可愛らしい。自分のわがままを通していく時の、語りの間合いが絶妙。

喜多八さんの夢金、船頭の強欲さがいっそ清々しい位にはっきりしている。侍に対して、卑屈になるところが無い、ある意味での江戸っ子らしい気位がある。

和助さん、途中でダレ場を入れつつ軽妙な技を。土瓶の芸で見た事がない技が出て楽しかった。締めの出刃包丁三本の上で回す皿回しがすごかった。

喜多八さんの小言幸兵衛、前半の長屋の衆に対する小言は、相手の反応を待たない流れる水の様な言葉の連なり。後半の心中妄想の力強い喚起力に身を委ねて楽しんだ。

プログラム

配布チラシ

|

« 13/02/27 立川談春独演会 第四回 デリバリー談春 #落語 #rakugo | トップページ | 13/03/02 《噺小屋》弥生の独り看板 入船亭扇辰「鰍沢」 #落語 #rakugo »

落語」カテゴリの記事

柳家喜多八」カテゴリの記事

翁家和助」カテゴリの記事

入船亭小辰」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 13/02/28 柳家喜多八独演会「喜多八膝栗毛 冬の瞬」 #落語 #rakugo:

« 13/02/27 立川談春独演会 第四回 デリバリー談春 #落語 #rakugo | トップページ | 13/03/02 《噺小屋》弥生の独り看板 入船亭扇辰「鰍沢」 #落語 #rakugo »