« 13/04/12 らくご街道 雲助五重三次―発端― #落語 #rakugo | トップページ | 13/04/13 大手町落語会NEO! II #落語 #rakugo »

13/04/13 ザ・きょんスズ #落語 #rakugo

公演名
ザ・きょんスズ
会場
ザ・スズナリ
日時
2013年4月13日 14:00~
寄席ばやし
喬太郎・天どん・恩田えり社中
老後の心配
三遊亭天どん
そば清Q
柳家喬太郎
前座サイボーグ
三遊亭圓丈
仲入り
宮戸川
柳家喬太郎

会場が暗転して、明かりがつくと高座に喬太郎さんが腹を抱えて座っている。天どん・さんが出てきて、寄席大鼓教室をやると。はじめは一番太鼓からと、喬太郎さんが、腹鼓を打って、一番太鼓を再現。続けてえりさんの三味線に乗って、出囃子を2題。

天どんさんの老後の心配、デパートで泣いている子供を、おじいさんが迷子だと思って話しかけたら、子供は、10歳にもならないのに老後の心配をして泣いているという噺。高座の上で手足をばたつかせて駄々をこねる子供を表現する様がおかしい。

柳家の伝統のどか食いで、大師匠の相伴で盛りそばを六枚食べたことがあると、そば清へ。恩田えりさんのお囃子にのって調子良くそばを手繰る様が楽しい。今日はえりさんのウルトラQのテーマで終わるホラー版のそば清。

圓丈さんは40年後の圓丈一門の噺をと、前座サイボーグへ。もう20年位前から考えているネタなのに、弟子からのダメだしで最近まで演っていなかったもの。108歳になってもまだ現役で、サイボーグが弟子に入ってきてからのドタバタ。感性は若いまま。すごいな。

喬太郎さんの通しの宮戸川、今日はそば清Qと並べると、実は怖いシリーズなのかな。前半の瑞々しい半七とお花の馴れ初めと、後半の芝居掛かりの張り詰めた展開の、相反するものをきちんと。

プログラム

配布チラシ

|

« 13/04/12 らくご街道 雲助五重三次―発端― #落語 #rakugo | トップページ | 13/04/13 大手町落語会NEO! II #落語 #rakugo »

落語」カテゴリの記事

柳家喬太郎」カテゴリの記事

三遊亭天どん」カテゴリの記事

三遊亭圓丈」カテゴリの記事

恩田えり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 13/04/13 ザ・きょんスズ #落語 #rakugo:

« 13/04/12 らくご街道 雲助五重三次―発端― #落語 #rakugo | トップページ | 13/04/13 大手町落語会NEO! II #落語 #rakugo »