« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

13/06/30 第三回 おしどりとりどりえりすぐり #落語 #rakugo

公演名
第三回 おしどりとりどりえりすぐり
会場
らくごカフェ
日時
2013年6月30日 14:00~
ごあいさつ
えり・おしどり
三味線
恩田えり社中
針金音曲漫才
おしどり
講演
中山千夏
仲入り
トーク
恩田えり・クララ クレフト・中山千夏・おしどり

配布チラシ

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

13/06/29 お江戸なまらく両国亭#22 てんまんの会 その6 #落語 #rakugo

公演名
お江戸なまらく両国亭#22 てんまんの会 その6
会場
お江戸両国亭
日時
2013年6月29日 18:00~
(新作)
三遊亭わん丈
家見舞い
三遊亭萬橘
子別れ
三遊亭天どん
仲入り
子別れー現代版
三遊亭天どん
トーク
天どん・萬橘
黄金餅
三遊亭萬橘

家見舞いは苦手な噺だけど、萬橘さんのだと何とか。二人組のやり取りのテンポが良くて聞きやすかったからかな。

萬橘さん目当てで来た人が後悔するような噺をと始めたのが子別れ。くすぐりも少なく本寸法に。中入り明けはいつもはトークなのに天どんさんの落語に。舞台 は現代、バツイチの男がよりを戻すために、子別れのまんまでやろうとして失敗する噺。古典の振りがしっかりとして楽しめた。 

萬橘さんの黄金餅、主人公が自分の銭を取り返すという言い訳だけで、悪いことは今度だけという自覚のもと、あれだけのことを平気な顔でやり通してしまう。なかなかにピカレスクな仕立て。

配布チラシ

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

13/06/28 J亭落語会 花鳥風月「花」シリーズ 春風亭一之輔独演会 #落語 #rakugo

公演名
J亭落語会 花鳥風月「花」シリーズ 春風亭一之輔独演会
会場
JTアートホール アフィニス
日時
2013年6月28日 19:00~
真田小僧
柳家さん坊
お血脈
春風亭一之輔
粗忽長屋
春風亭一之輔
仲入り
影の人事課
三遊亭粋歌
百川
春風亭一之輔

お血脈はネタ下ろしの由。地噺自体がほぼ初めて。駄洒落沢山に進めていくスタイルは、当代の文治さんを彷彿させる。かなり長く演っていた。

一之輔さんの粗忽長屋は、粗忽者の面白い噺として、豪快に押し通していく力強さがある。粗忽者の勘違いの力は周りの野次馬をも巻ん混んで行く。

粋歌さんの新作は、役員の息子で勤務中にコンビニスイーツブログを更新する役立たずの後輩と、それを甘やかす下衆セクハラ部長に挟まれて、残業を繰り返す中堅女性人事課員の噺。最後は影の人事課の助けで、落語の啖呵を借りて反旗を翻す、大工調べを換骨奪胎の場面は圧巻。

一之輔さんの百兵衛さんは、どちらかというと早口。逆ギレしてサザエを飲み込もうとするほど、若い衆と張り合う気概を見せる。

配布チラシ

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

13/06/27 国本武春の浪曲大辞典 #浪曲

公演名
国本武春の浪曲大辞典
会場
亀戸文化センター カメリアホール
日時
2013年6月27日 19:00~
口演「瞼の母」
国本武春、曲師:沢村豊子
講座「浪曲の楽しみ方」
国本武春
講座「浪曲の節」
国本武春
仲入り
口演「原敬の友情」
国本武春、曲師:沢村豊子

「本格浪曲の口演と講座で浪曲の醍醐味を武春がご伝授!」という会。掛け声の掛け方、浪曲を実際に唸ってみるという、武春さん以外には出来ない楽しい会。初めてだけど、常連さん達の勢いに押されて楽しめた。

原敬という政治家を対象にした作品があるのが、かつての浪曲の立ち位置がうかがえる。落語でもあったかもしれないが、浪曲では今でも現役なのが、落語との違いなのかな。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

13/06/26 立川談春独演会2013 第十一回 デリバリー談春 #落語 #rakugo

公演名
立川談春独演会2013 第十一回 デリバリー談春
会場
曳舟文化センター
日時
2013年6月26日 19:30~
妲妃のお百
立川談春
仲入り
百川
立川談春

妲妃のお百は初めて。講釈ネタの素直な怪談。お百の悪女振りが、やはり一番怖い。峰吉の子供への思いが妄念になっていく過程に切なさが募る。重吉の乗った駕籠が迷う様は怪談の定番とはいえワクワクした。

怪談で終わって嫌な気分で帰すのは何だかと、百川を後に。その言葉通り、百兵衛さんがノンビリと楽しげな様子で、いい気分でお帰り。

プログラム

配布チラシ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

13/06/24 第二回 Mt. RAINIER落語会「流れの豚次伝(通し)公演」 #rakugo #落語

公演名
第二回  Mt. RAINIER落語会「流れの豚次伝(通し)公演」
会場
Mt. RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE
日時
2013年6月24日 19:00~
掛取り動物園
三遊亭白鳥
任侠流山動物園
柳家喬太郎
天王寺代官斬り
三遊亭白鳥
仲入り
雨のベルサイユ
三遊亭白鳥

流れの豚次は昇太さんに勧められて聞いた広沢虎造の次郎長伝の様な物をと作った由。今日の四本以外にも現在進行形で作成中。予定では10作品で構成されるとのこと。楽しみ。

今日はシリーズ中最初に作られた任侠流山動物園を、喬太郎さんに助けてもらって、それでも長めの3本を演って大変そうだった。通しで聞いて、時系列的に3番目の雨のベルサイユを最後に持ってくる事によって、発端の噺の疑問点が、雨の…で伏線であったことが分かった。

プログラム

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

13/06/23 雲助の弟子でござる 其の二〜髪結新三リレー落語〜 #落語 #rakugo

公演名
雲助の弟子でござる 其の二〜髪結新三リレー落語〜
会場
日本橋社会教育会館
日時
2013年6月23日 18:30~
鼎談
馬石・雲助・龍玉
道潅
入船亭ゆう京
強情灸
蜃気楼龍玉
仲入り
髪結新三(上)
五街道雲助
髪結新三(下)
隅田川馬石

今日の雲助の弟子でござるは、白酒さんが出られないので、なんと師匠のお出まし。そして、馬石さんと髪結新三をリレーで。雲助師匠は、酔っていた時に頼まれて、安請け合いして後悔しきりとのこと。

龍玉さんは、髪結新三のリレーの露払いとしてなのか、賑やかな強情灸を。

髪結新三、雲助さんが発端から源七親分が新三に追い返される所まで。馬石さんが、大家が新三を丸め込んむ所から深川閻魔堂の喧嘩場まで。雲助さんの永代橋川端での芝居掛かりの流麗な立ち居振る舞い、馬石さんの深川閻魔堂の喧嘩場の迫力を堪能。

配布チラシ

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

13/06/22 第19回 大手町落語会 #落語 #rakugo

公演名
第19回 大手町落語会
会場
日経ホール
日時
2013年6月22日 18:30~
鉄道戦国絵巻
古今亭駒次
粗忽の釘
隅田川馬石
二階ぞめき
柳家花緑
仲入り
代脈
桃月庵白酒
千両みかん
五街道雲助

駒次さんの鉄道戦国絵巻、こなれてきている。東横線の渋谷地下化もきちんと取り込むキメの細かさも。

馬石さんの滑稽噺もいい。粗忽の釘でも感じる軽やかさが、この一門の特徴なのかなとも。

花緑さんは、なんか一門会のゲストみたい。その中で、お得意。の若旦那物の二階ぞめきを。花緑さんの若旦那は、屈託のない明るさが身上。妄想の中の喧嘩の賑やかさが楽しい。

白酒さんの銀杏ほど清々しくわがままを通せる者はないんじゃないかしら。言うこと為すこと、自己の欲望のまま。それを押し通せる可愛らしさは反則もの。

落語の演目は、タイミングによって何回も聞くときもあれば、ぱたっと聞かないこともあって、千両みかんは一時はよく聞いたのに、かなり久しぶりに聞く。雲助さんでは初めてかな。実直な番頭が追い込まれていく過程が丁寧に。

プログラム

配布チラシ

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

13/06/19 落語睦会〜蛇苺のゼントルマン #落語 #rakugo

公演名
落語睦会〜蛇苺のゼントルマン
会場
国立演芸場
日時
2013年6月19日 18:30~
金明竹
入船亭小辰
寝床
入船亭扇遊
仲入り
居残り佐平次
柳家喜多八
死ぬなら今
瀧川鯉昇

小辰さんの金明竹、言い立てが小僧に2回、お上さんに2回、それぞれがきちんと言い分けられて分かりやすい。仕草のくすぐりも効果的で、やはり基本ができているんだなと。

扇遊さんの寝床は志ん生テキストに近いものなのかな。ひとつひとつをないがしろにしないで丁寧に。旦那が軟化していく過程の表情の動きが絶品。

喜多八さんの佐平次の押しの強さはくせになる。愛嬌はあるのに、目が笑っていない感じがする。

死ぬなら今は演目自体初めて。地獄の沙汰も金次第を地で行くけちも何だかだし、それをピンハネする親戚も、落語の住人らしくていい。鯉昇さんのあの惚けた表情が、何とも言えない味があって良かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

13/06/18 らくごカフェに火曜会 たけ平・小辰 #落語 #rakugo

公演名
らくごカフェに火曜会 たけ平・小辰
会場
らくごカフェ
日時
2013年6月18日 19:30~
浮世床
林家たけ平
鈴ヶ森
入船亭小辰
仲入り
千早ふる
入船亭小辰
阿武松
林家たけ平

たけ平さんの浮世床は夢の話しをじっくりと。お調子者の話しがテンポよく進んでいって聞きやすい。聞き手の合いの手もきっちりと。

小辰さんの鈴ヶ森、子分がフワフワした感じにいい具合に抜けている。ネジが一本緩んだような表情も良かった。

小辰さんは基本がしっかりしていて聞きやすいなと。千早ふるでも、知ったかぶりが話しを作っていく過程を、表情や語り口の抑揚で、真正面から丁寧に描いて行く。くずすのはねぇ、いつでもね。

たけ平さんは阿武松の様な地噺がお得意。客席いじりを入れつつ、緩急自在に噺を進めて行く。いろいろ分かりやすく整理していて楽しく聞けた。元の師匠との取組みをたっぷりと演って盛り上げていた。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

13/06/16 第9回 こしら・馬るこ・萬橘 新ニッポンの話芸 #落語 #rakugo

公演名
第9回 こしら・馬るこ・萬橘 新ニッポンの話芸
会場
成城ホール
日時
2013年6月16日 19:00~
平林
鈴々舎馬るこ
湯屋番
立川こしら
仲入り
棒鱈
三遊亭萬橘
アフタートーク
広瀬和生・こしら・馬るこ・萬橘

馬るこさんは、原点に戻って歌の噺をと、平林へ。どう言うことかなと思ったら、リズムを付けて宛先を覚えると。中身は標準ながらもリズムが付くだけで、おかしさが増す。字を分解するあたりから、教える側が、小僧をからかうのを明にした演出。オチも無筆を活かした形。

こしらさんの湯屋番、粋な年増との妄想は、湯屋にいく前に済ませてしまう。番台での妄想は、幼馴染との出会いから始まり、いつの間にか秘密結社が出てくる、こしらワールド全開の展開。女性がこしらさんにしては普通だったのが少し残念。

萬橘さんの棒鱈は二度目かな。江戸っ子の方にも、田舎者の芸者を登場させ、田舎者嫌いを際立たせる演出。芋侍のとっぽい振る舞いに苛立つのを、田舎者の芸者が煽る形にしてエスカレートさせて飽きさせない。

プログラム

配布チラシ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

13/06/16 鈴本演芸場《昼の部》 #rakugo #落語

公演名
鈴本演芸場《昼の部》
会場
鈴本演芸場
日時
2013年6月17日 12:30~
子ほめ
三遊亭歌りん
金明竹
柳家右太楼
奇術
アサダ二世
転矢気
三遊亭歌も女
真田小僧
春風亭柳朝
漫才
ホームラン
道潅
橘家文左衛門
ぐつぐつ
柳家小ゑん
太神楽曲芸
鏡味仙志郎社中
代書屋
柳家権太楼
仲入り
キセル漫談
ひびきわたる
寛永三馬術
宝井琴調
祇園祭
春風亭一朝
ギター漫談
ぺぺ桜井
お菊の皿
三遊亭歌武蔵

何となく久しぶりに定席にきてみたら、文左衛門さん、権太楼さん、一朝さんに、歌武蔵さんと豪華な顔付け。新二つ目の多ぼう改メ歌も女さんや、小ゑんさんのぐつぐつも聞けて大満足の会。

歌も女さんは、多ぼう時代を含めた初めてだと思う。可愛らしい声で、小僧がうまく描かれていて、ほんわかした雰囲気の転矢気。

文左衛門さんは、寄席だと前座噺をしてくれる。今日の道潅も、ほぼ標準的な構成で独自のくすぐりも殆どなし。それでも絶妙な間と仕草で、こんなに笑った道潅は初めて。

ぐつぐつは、円丈さんと玉の輔さんで聞いていて、オリジナルの作者の小ゑんさんでは初めて。寄席で聞くことはないと思っていたので、なんか得した気分。

プログラム

| | コメント (0) | トラックバック (0)

13/06/15 柳家一琴がらくごカフェでお蔵にした噺をやる! #落語 #rakugo

公演名
柳家一琴がらくごカフェでお蔵にした噺をやる!
会場
らくごカフェ
日時
2013年6月15日 14:00~
夏どろ
柳家一琴
船徳
柳家一琴
仲入り
真田小僧
柳家一琴

夏どろは言葉で人を何とかしてしまう落語らしい噺。泥棒が住人に対して、小出しにするなと言っているが、小出しにしたらこそ、金を巻き上げられた。一琴さんはここいらへんの呼吸を巧みに描いていた。

船徳は夏どろと比べると仕草で楽しませる噺なのかな。それでも一琴さんで聞くと不満を言う客のしゃべり方が面白かった。

真田小僧は六連銭まで。一琴さんのは母親の役割が大きくて、聞きやすい。親子三人の仲の良さが伺えてほんわかした。

配布チラシ  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/06/14 桂宮治 独演会ですゥ 夏 #落語 #rakugo

公演名
桂宮治 独演会ですゥ
会場
日本橋社会教育会館
日時
2013年6月14日 19:00~
あいさつ
桂宮治
まんじゅう怖い
三遊亭遊松
皿屋敷
桂宮治
青菜
桂宮治
仲入り
百川
桂宮治

お菊の皿は色々遊べるだけに、しっかりとした基礎体力が必要だと思う。その点、宮治さんのは安心して聞くことができる。宮治さんのお菊さんは、愛くるしさがあって良かった。

青菜のお上さんは、押入れの中で熱中症になって、飛び出した時は痙攣状態に。これって宮治さんの実体験じゃないよね。旦那の貫禄は、まあそんなもので、いっそのこと、もっと胡散臭く演ってもいいのかしら。

宮治さんの百川」、さすがに百兵衛の造形は手慣れたもの。なんだけど、一週間の疲れが出て、半分くらい夢うつつだったのは残念。

配布チラシ

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

13/06/13 立川談春独演会2013 第十回 デリバリー談春 #落語 #rakugo

公演名
立川談春独演会2013 第十回 デリバリー談春
会場
日本青年館 大ホール
日時
2013年6月13日 19:00~
九州吹き戻し
立川談春
仲入り
宮戸川
立川談春

家元にこれを演れと言われた九州吹き戻し、途中何度か落ちそうになりながらも何とか。とにかく、喜之助をどれだけ魅力的に描けることができるかに、かかっている様に感じた。何と無く佐平次にも通じる明るさと、陰を感じた。

談春さんで宮戸川は初めて。伯父さん夫婦のやり取りまで。期待通り、おばあちゃんがファンキーでぶっ飛んでいた。半七とお花が結ばれるところを演らなかったのは、時間的なこともあるのだろうが、興味が老夫婦のやり取りにあるのかなとも。

プログラム

配布チラシ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

13/06/12 らくご街道 雲助五拾三次之内〜薩摩さ〜 #rakugo #落語

公演名
らくご街道 雲助五拾三次之内〜薩摩さ〜
会場
日本橋劇場
日時
2013年6月12日 19:00~
真田小僧
五街道雲助
やんま久次
五街道雲助
仲入り
棒鱈
五街道雲助

小僧が薩摩芋を喰い、旗本の次男坊が薩摩さを唄い、薩摩っぽの芋侍がくしゃみをする。そんな会。

真田小僧を雲助さんで聞けるのが、この会の醍醐味。やんちゃな子供の元気さが楽しい。

やんま久次は今では雲助さんしか演っていないのかな。最後に立ち姿で久次が毒つく様に啖呵を切るまで、四角四面の侍言葉だけで恐ろしく地味。薩摩さを唄いながら下がる粋な演出。

雲助さんの酔っ払いはやっぱりいい。江戸っ子の勢いがあるけど、お金がない。それに対する羽振りだけはいい田舎侍との対比が鮮やか。侍を薩摩っぽにしているのが時代の空気なのかな。

プログラム

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

13/06/11 らくごカフェに火曜会 天どん・正太郎 #落語 #rakugo

公演名
らくごカフェに火曜会
会場
らくごカフェ
日時
2013年6月11日 19:30~
初音の鼓
春風亭正太郎
天狗山
三遊亭天どん
仲入り
ツイッター泥棒
三遊亭天どん
佃祭
春風亭正太郎

正太郎さんの初音の鼓、出てくる人物がみんな大らかでカラッとしたおかしみがある。下手に演ると嫌味が出てくる難を逃れている。

天どんさんは、以前落語事典探検部で掘り起こした天狗山を。あれ以来演っていないとの事。くすぐりを加えて、筋を整理して聞きやすくなっていた。ただ、オチが唐突だなと思っていたら、仕込み忘れがあったとの事。もう一度は演ると仰られていたのでお楽しみに。

旅行に行くと嘘をついて、そのアリバイ作りでツイートした学生と、それを見て当たりをつけた入ってきた泥棒とが鉢合わせするツイッター泥棒。多少の無理はあっても、ツイッターの特性をよく掴んでいて面白かった。

正太郎さんの佃祭は、与太郎のお悔やみが、あまりにも真っ直ぐで、大好きな噺。この形は正太郎さん以外では聞いた事がないので、独自の工夫なのかな。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

13/06/10 三遊亭小遊三独演会 #落語 #rakugo

公演名
三遊亭小遊三独演会
会場
博品館劇場
日時
2013年6月10日 19:00~
平林
三遊亭小曲
長命
三遊亭小遊三
結婚相談所
昔昔亭桃太郎
仲入り
対談
桃太郎・小遊三
宿屋の仇討ち
三遊亭小遊三

前方で演った小曲さんがこの八月に二つ目になる事を紹介したのをきっかけに歴代の弟子の話しから、自身の師匠に話が及びんで興味深かった。本筋の短命は、余分な枝葉を整理して、聞きやすい形。「突き当たりのない馬鹿」という表現が好き。

桃太郎さん、小噺を重ねて行って結婚相談所へ。この噺も経歴書を作るためのずれた問答を重ねていく形で、言ってみれば小噺の集まり。つまらない顔をして演る桃太郎さんが妙におかしい。

小遊三さんの宿屋の仇討、肩の力が抜けて聞きやすい。侍も江戸っ子三人も、とことんまで突き詰める様な事はない。

配布チラシ

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

13/06/09 第6回ヤスケックス #落語 #rakugo

公演名
第6回ヤスケックス
会場
らくごカフェ
日時
2013年6月9日 18:00~
ざるや
林家扇
うなぎ屋
蜃気楼龍玉
一眼国
蜃気楼龍玉
仲入り
豊志賀の死
蜃気楼龍玉

扇ちゃん、明日から二つ目。ざるやの調子のいい男を楽しそうに演っていた。

うなぎ屋の様なとぼけた味の噺も、龍玉さんには似合う。言ってしまえば、うなぎが捕まえられませんでした、というだけの噺なのだが、うなぎ屋の他人事の様な口ぶりが楽しかった。

龍玉さんで一眼国、黄昏時の広い野原に一眼国の住人がぽつりぽつりと現れる場面の、ある種の幻想味というか寂寞感がいい。

龍玉さん、豊志賀の死は今回でまだ二度目の由。そうとは思えない迫力は流石。やはり落語だなと思うのが、怖いなと感じるところが、怪異な現象というよりは、言葉と言葉の対決にあるのかなと。豊志賀が新吉を追い込んで行くところは鳥肌が立つ。

配布チラシ

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

13/06/09 林家たい平独演会「天下たい平 vol.57」 #rakugo #落語

公演名
林家たい平独演会「天下たい平 vol.57」
会場
横浜にぎわい座 芸能ホール
日時
2013年6月9日 14:00~
三味線漫談
林家あずみ
おかめ団子
林家たい平
仲入り
ソーシャル・ラテンダンス
JIMEX LATINO
不動坊
林家たい平

あずみちゃんはたい平さんの独演会でしか見る事ができない。三味線の腕はそれなりに上がってきているのかな、という感じだけど、とにかくその素直な明るさが得難い。師匠のもと、このまま真っ直ぐに育って欲しい。

おかめ団子は初めて。志ん生師や彦六の正蔵師などが演っていたけど今では誰も演っていない由。地味な噺ながらも、たい平さんの巧みな話し運びで惹きつけられた。大根やの真っ直ぐな実直さが胸を打つ。

JIMEX LATINOは競技ラテンダンスの活動を通して、色々な場所でパフォーマンスをしている男女2人組。男性の方がたい平さんの武蔵美の後輩の由。その縁での今日のパフォーマンス。興味深かった。

たい平さんの不動坊、達者な話し運びに乗せられて楽しめる。色々なくすぐりがおかしい。下げも餡子を活かした形で良かった。

プログラム

配布チラシ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

13/06/09 鈴本早朝寄席 #落語 #rakugo

公演名
鈴本早朝寄席
会場
鈴本演芸場
日時
2013年6月9日 10:00~
ちりとてちん
春風亭一蔵
天狗裁き
柳家小権太
野ざらし
柳家さん若
阿武松
桂才紫

以前、花緑さんのインタビューで、小さん師がちりとてちんは、おべんちゃらだけの男と、正直者すぎる男の噺だと、言っていたとあったが、そんな目で一蔵さんのを聞いていると、一人目の男の浅薄さと、二人目の反応が照れ隠しに聞こえてくる。面白いもの。

天狗裁きの男はやはり夢を見ていないのだろうというのが、つまらないけど今の所の解釈。それで見ると、どんどん依怙地になって行く過程を見る噺なのかしら。小権太さんのは、そんな事も感じさせてくれるのかな。

ん若さんの野ざらし、隠居のとぼけ方が良かった。とっさに思いついた怪談噺をしれっとした顔で話す、その余裕がおかしい。

阿武松の様な噺は、やはり才紫さんに合っているのかな。笑いの少ないこの噺を、きっちりと引きつけて楽しませてくれた。

プログラム

配布チラシ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

13/06/03 第48回 人形町らくだ亭 #落語 #rakugo

公演名
第48回 人形町らくだ亭
会場
日本橋劇場
日時
2013年6月3日 18:50~
道潅
柳家緑太
そば清
柳亭左龍
夢八
桂雀々
仲入り
徳ちゃん
五街道雲助
宿屋の富
春風亭一朝

左龍さんのそば清、きっちりと無駄を省いてツボを押さえた話運び。下げもさらりと。

雀々さんの夢八は賑やかに。はじめの方の夢見をじっくりと。後半の首吊りとのやり取りは、オーバーアクションとも言えるかもしれないが、そうとは感じさせない、しっかりとした技量を伺えさせる。

雲助さんは以前、廓噺は一種のファンタジーではないかという趣旨の話をしていたが、徳ちゃんは、どちらかというと現実味のある感じがする。もちろんあんな花魁は極端なのだろうが、あの安手の廓の描写には生々しさがある。雲助さんだからかな。

宿屋の富は途中でダレる事が多いのであまり好きではないけど、一朝さんだと、始めのお大尽妄想から、中盤の二等富の繰り返しの妄想まで、テンポよく進んで、ダレる事がない。最後の下げまでトントンと。

プログラム

配布チラシ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

13/06/02 特撰花型落語会 柳家喬太郎・柳家三三・桃月庵白酒 三人会 #落語 #rakugo

公演名
特撰花型落語会 柳家喬太郎・柳家三三・桃月庵白酒 三人会
会場
THEATER 1010
日時
2013年6月2日 12:30~
金明竹
林家木りん
宿屋の仇討
桃月庵白酒
仲入り
締め込み
柳家三三
小言幸兵衛
柳家喬太郎

白酒さんの宿屋の仇討も鉄板ネタのひとつ。宿屋の若い衆と侍とのやり取りなどのテンポの良さが楽しい。

三三さんの締め込みはきれい。江戸の庶民の端正な佇まいが伝わってくる。自分の好きなものを揃えて小綺麗に整えた生活の様子や、泥棒をしていても夫婦の喧嘩の仲裁をしてしまう、人の良さなど。

喬太郎さんの妄想の喚起力は流石。家主の(妄想の)心中劇場は誰人も止める事ができない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

13/06/01 「江戸の坂」散歩、向島〜東向島コース #散歩 #sanpo

両国なう。これから「江戸の坂」散歩、向島〜東向島コース。 #sanpo

posted at 10:23:55

写真を投稿しました @ 両国国技館 (Ryōgoku Kokugikan) instagram.com/p/Z_3PtIjw17/

posted at 10:26:56

Photo: 両国国技館 (Ryōgoku Kokugikan) tmblr.co/ZKeMYymIHjcF

posted at 10:26:58

写真を投稿しました @ 蔵前橋 (Kuramae-bashi Bridge) instagram.com/p/Z_4Gp3Dw3C/

posted at 10:34:21

Photo: 蔵前橋 (Kuramae-bashi Bridge) tmblr.co/ZKeMYymIJcVz

posted at 10:34:24

写真を投稿しました @ 厩橋 (Umaya-Bashi Bridge) instagram.com/p/Z_4v7Rjw36/

posted at 10:40:04

Photo: 厩橋 (Umaya-Bashi Bridge) tmblr.co/ZKeMYymIL5s6

posted at 10:40:06

写真を投稿しました @ 駒形橋 (Komagata-bashi Bridge) instagram.com/p/Z_5kotDw5v/

posted at 10:47:10

Photo: 駒形橋 (Komagata-bashi Bridge) tmblr.co/ZKeMYymIM_jV

posted at 10:47:12

写真を投稿しました @ アサヒビール本社 instagram.com/p/Z_6iBcDw7F/

posted at 10:55:38

Photo: アサヒビール本社 tmblr.co/ZKeMYymIPDxY

posted at 10:55:40

写真を投稿しました @ アサヒビール本社 instagram.com/p/Z_6qNhDw7S/

posted at 10:56:43

Photo: アサヒビール本社 tmblr.co/ZKeMYymIPV_9

posted at 10:56:45

写真を投稿しました @ 枕橋 instagram.com/p/Z_7KDrjw7_/

posted at 11:01:04

Photo: 枕橋 tmblr.co/ZKeMYymIQg5I

posted at 11:01:06

写真を投稿しました @ 台東区立 隅田公園 instagram.com/p/Z_7oQTjw8v/

posted at 11:05:09

Photo: 台東区立 隅田公園 tmblr.co/ZKeMYymIRljm

posted at 11:05:11

江戸落語中興の祖、烏亭焉馬「いそかすは」の狂歌碑 #sanpo #rakugo @ 牛嶋神社 instagram.com/p/Z_8sBqDw-z/

posted at 11:15:42

Photo: 江戸落語中興の祖、烏亭焉馬「いそかすは」の狂歌碑 #sanpo #rakugo (牛嶋神社) tmblr.co/ZKeMYymIUcW1

posted at 11:15:44

Photo: #sanpo (牛嶋神社) tmblr.co/ZKeMYymIVlCt

posted at 11:19:54

三囲神社の狛狐?三囲のコンコンさんと呼ばれているそう。目尻が下がっていて可愛らしい。#sanpo @ 三囲神社 instagram.com/p/Z_-DG-jwwx/

posted at 11:28:20

Photo: 三囲神社の狛狐?三囲のコンコンさんと呼ばれているそう。目尻が下がっていて可愛らしい。#sanpo (三囲神社) tmblr.co/ZKeMYymIY2CR

posted at 11:28:22

東向島三丁目なう。地蔵坂。 #sanpo p.twipple.jp/vtCuk p.twipple.jp/RYOuO p.twipple.jp/9td1F

posted at 11:56:45

花見小僧で桜餅を買いにきたところ。 sanpo rakugo @ 長命寺桜餅 instagram.com/p/aADhpHDw51/

posted at 12:15:41

Photo: 花見小僧で桜餅を買いにきたところ。 @sanpo @rakugo (長命寺桜餅) tmblr.co/ZKeMYymIl0pT

posted at 12:15:43

地図上で確認

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »