« 13/06/30 第三回 おしどりとりどりえりすぐり #落語 #rakugo | トップページ | 13/07/04 千五郎狂言会 第15回 #狂言 #kyougen »

13/07/03 柳亭市馬・三遊亭白鳥 ふたり会 唄と落語でつづる、真夏の忠臣蔵〜俵星玄蕃のあとさき〜 #落語 #rakugo

公演名
柳亭市馬・三遊亭白鳥 ふたり会 唄と落語でつづる、真夏の忠臣蔵〜俵星玄蕃のあとさき〜
会場
なかのZERO 小ホール
日時
2013年7月3日 19:00~
ご挨拶
白鳥・市馬
ギンギラボーイ
三遊亭白鳥
妾馬
柳亭市馬
仲入り
白鳥作 俵星玄蕃(上)
柳亭市馬
白鳥作 俵星玄蕃(下)
三遊亭白鳥
元禄名槍譜
柳亭市馬
トーク
白鳥・市馬

会場を間違えて遅れたため経緯が分からないのだが、三波春夫の俵星玄蕃の前日譚というか、玄蕃と杉野との出会いと修行の様子を“白鳥”さんが作って、市馬さんとリレーで演って、市馬さんの歌につなぐ企画の様。前半のギンギラボーイと妾馬でそれぞれの持ち味を披露。

白鳥さん作の俵星玄蕃は素直な作り。これを市馬さんが演るとそばやに身を隠した浪士が思わず武士言葉になる所など、端正な語り。白鳥さんが仕込むくすぐりが滑ってしまう程。白鳥さんになると、町人にしか見えない。元禄の妹といちゃつく場面も。

杉野と玄蕃のつながりを聞いてから、市馬さんの熱唱を聞くと、より一層の感慨が湧いてくる。なかなかに、良い企画だと感じた。

配布チラシ

|

« 13/06/30 第三回 おしどりとりどりえりすぐり #落語 #rakugo | トップページ | 13/07/04 千五郎狂言会 第15回 #狂言 #kyougen »

落語」カテゴリの記事

三遊亭白鳥」カテゴリの記事

柳亭市馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 13/07/03 柳亭市馬・三遊亭白鳥 ふたり会 唄と落語でつづる、真夏の忠臣蔵〜俵星玄蕃のあとさき〜 #落語 #rakugo:

« 13/06/30 第三回 おしどりとりどりえりすぐり #落語 #rakugo | トップページ | 13/07/04 千五郎狂言会 第15回 #狂言 #kyougen »