« 13/08/23 J亭落語会 花鳥風月「鳥」シリーズ 柳家三三独演会 #落語 #rakugo | トップページ | 13/08/30 神田京子独演会 シリーズ講談「怪談」第二回 「美人系!?」 #講談 »

13/08/29 瀧川鯉昇・春風亭一之輔「弾けるふたり」 #落語 #rakugo

公演名
瀧川鯉昇・春風亭一之輔「弾けるふたり」
会場
新宿文化センター 小ホール
日時
2013年8月29日 19:00~
転矢気
瀧川鯉ん
ちりとてちん
瀧川鯉昇
粗忽の釘
春風亭一之輔
仲入り
千両みかん
春風亭一之輔
死ぬなら今
瀧川鯉昇

鯉昇さんのちりとてちん、おべんちゃら男の薄っぺらさが妙にあっていておかしい。偏屈な男の方が反応が正直。どちらが人間的に信頼できるのかな、とふと思う。

一之輔さんの粗忽の釘、久しぶりに聞いたら、土星の輪の後に、犬のペロなるものが出てきて、ますます前衛を極める展開になっている。お得意のネタでも工夫を重ねていく姿勢に脱帽。

千両みかんは、一之輔さんで聞いても、なかなか面白さが伝わらない。八百屋が主殺しが刑を受ける場面を悪ノリしてしゃべるところがおかしかったかな。

死ぬなら今の様な地味な噺でも、鯉昇さんの惚けた味わいで語られると、妙におかしい。それでも、伯父さんが金をくすねる脇筋が人間くさく感じられて良かった。

配布チラシ

 

|

« 13/08/23 J亭落語会 花鳥風月「鳥」シリーズ 柳家三三独演会 #落語 #rakugo | トップページ | 13/08/30 神田京子独演会 シリーズ講談「怪談」第二回 「美人系!?」 #講談 »

落語」カテゴリの記事

春風亭一之輔」カテゴリの記事

瀧川鯉昇」カテゴリの記事

瀧川鯉ん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 13/08/29 瀧川鯉昇・春風亭一之輔「弾けるふたり」 #落語 #rakugo:

« 13/08/23 J亭落語会 花鳥風月「鳥」シリーズ 柳家三三独演会 #落語 #rakugo | トップページ | 13/08/30 神田京子独演会 シリーズ講談「怪談」第二回 「美人系!?」 #講談 »