« 13/08/31 よってたかって夏らくご13 21世紀スペシャル寄席ONEDAY《夜の部》 #rakugo #落語 | トップページ | 13/09/01 初代三遊亭天どん真打昇進披露毒別公演「天は何を見ているのだ」―新作の日―《夜の部》 #落語 #rakugo »

13/09/01 初代三遊亭天どん真打昇進披露毒別公演「天は何を見ているのだ」―新作の日―《昼の部》 #落語 #rakugo

公演名
初代三遊亭天どん真打昇進披露毒別公演「天は何を見ているのだ」―新作の日―《昼の部》
会場
成城ホール
日時
2013年9月1日 13:00~
お世継狂想曲
古今亭駒次
船越くん
春風亭百栄
マサコ
春風亭昇太
悲しみは埼玉に向けて
三遊亭圓丈
仲入り
口上
彦いち・百栄・天どん・圓丈・昇太
掛け声指南
林家彦いち
カベ抜け
三遊亭天どん

天どんさんの真打昇進披露、開口一番はわん丈さん当たりかしらと思ったら駒次さん。自分で作った中でめでたいものをと、戸越銀座の老舗の駄菓子屋の天野家が、天皇家を演じる噺。成城のおハイソな地で演っていいのとも。おかしかったけど。

百栄さんの船越くんは昨日と続いて。それでもおかしい。この後、三ノ輪に住んでいる事を、昇太さんに成城と絡めて揶揄されたり、円丈さんの悲しみは…だっりで、今日のキーワードになっていた。

昇太さん、円丈師匠、彦いちさんたちのネタの選び方、マクラでの天どんさんのいじり方を見ていると、新作を志している人たちは上下関係よりも、一緒に新しいものを切り開いていく、同志を祝うという空気を感じる。

天どんさんは、寄席の披露興行では出しにくいネタをとカベ抜けへ。まあ確かに幽霊の噺ではあるけど、妙な形ではあるけど、ある種の友情物語で、後味はいい。寄席でも聞いて見たい。

プログラム 

配布チラシ

|

« 13/08/31 よってたかって夏らくご13 21世紀スペシャル寄席ONEDAY《夜の部》 #rakugo #落語 | トップページ | 13/09/01 初代三遊亭天どん真打昇進披露毒別公演「天は何を見ているのだ」―新作の日―《夜の部》 #落語 #rakugo »

落語」カテゴリの記事

林家彦いち」カテゴリの記事

春風亭一之輔」カテゴリの記事

三遊亭天どん」カテゴリの記事

古今亭駒次」カテゴリの記事

春風亭百栄」カテゴリの記事

三遊亭圓丈」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 13/09/01 初代三遊亭天どん真打昇進披露毒別公演「天は何を見ているのだ」―新作の日―《昼の部》 #落語 #rakugo:

« 13/08/31 よってたかって夏らくご13 21世紀スペシャル寄席ONEDAY《夜の部》 #rakugo #落語 | トップページ | 13/09/01 初代三遊亭天どん真打昇進披露毒別公演「天は何を見ているのだ」―新作の日―《夜の部》 #落語 #rakugo »