« 13/09/01 初代三遊亭天どん真打昇進披露毒別公演「天は何を見ているのだ」―新作の日―《夜の部》 #落語 #rakugo | トップページ | 13/09/05 こしらの集い #rakugo #落語 »

13/09/03 小満んと市場の会 #落語 #rakugo

公演名
小満んと市場の会
会場
国立演芸場
日時
2013年9月3日 18:30~
手紙無筆
柳亭市助
花筏
柳亭市馬
中村仲蔵
柳家小満ん
仲入り
鰻の幇間
柳家小満ん
三十石
柳亭市馬

小満んさんの流麗な語り口は、五段目の仲蔵の華麗な立ち姿を余すことなく表現もするけど、幇間が何らかしらの予感を抱えつつ、それを誤魔化すように、際限なく紡ぐひとり言にも使わられる。面白いものですな。

花筏の呼出しで喉を調えて、三十石へ。船頭唄の時は鳴り物が入るのは当然として、合の手もきちんと。市馬さんで聞くのは初めてだし、東京勢でも初めてかな。旅人を江戸者にしても、番頭や女中たちとのやり取りが笑いどころなので、なかなか大変なものなのかな。

配布チラシ

|

« 13/09/01 初代三遊亭天どん真打昇進披露毒別公演「天は何を見ているのだ」―新作の日―《夜の部》 #落語 #rakugo | トップページ | 13/09/05 こしらの集い #rakugo #落語 »

落語」カテゴリの記事

柳亭市馬」カテゴリの記事

柳家小満ん」カテゴリの記事

柳亭市助」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 13/09/03 小満んと市場の会 #落語 #rakugo:

« 13/09/01 初代三遊亭天どん真打昇進披露毒別公演「天は何を見ているのだ」―新作の日―《夜の部》 #落語 #rakugo | トップページ | 13/09/05 こしらの集い #rakugo #落語 »