« 13/10/14 第二回 NBS殺人研究会 #落語 #rakugo #講談 | トップページ | 13/10/16 らくご街道 雲助五拾三次之内―江戸前― #落語 #rakugo »

13/10/16 市馬・喬太郎 ふたりのビッグショー #落語 #rakugo

公演名
市馬・喬太郎 ふたりのビッグショー
会場
練馬文化センター 小ホール
日時
2013年10月15日 18:45~
熊の皮〜大津絵
柳家さん弥
スタンダップコメディ
寒空はだか
野ざらし
柳亭市馬
仲入り
浪曲 灰神楽三太郎
柳亭市馬(曲師:恩田えり)
任侠流山動物園
柳家喬太郎

この会の開口一番はさん弥さん。熊の皮の医者を楽しそうに演ってから、これもお約束の踊りで、大津絵を。後で上がった市馬さんによれば、お囃子のあささんが、普通は踊りを見ながら唄をつけるのに、笑ってしまうので、目をそらしてしまう出来とのこと。

市馬さんの野ざらしは太鼓は馬の皮を使っているというマクラを振って、幇間が出てくるところまで。きれいな流れで聞きやすくて楽しかった。

市馬さんが浪曲を演るのは何度か遭遇しているが、曲師としてえりさんが入るのは、この会ならでは。お客さんも心得ていて、「たっぶり」との掛け声も入る。時々に市馬さんがつんのめることもあったけど、曲師えりを堪能した。

喬太郎さんは現場に来る前までは古典を考えていたのに、市馬さんが次郎長ものを見て、任侠流山動物園へ。始めから緊張感を保ってどっかんと受けていた。最後は浪花節調に締めて、市馬さんの浪曲に合わせていたのかな。

プログラム

 

配布チラシ

 

|

« 13/10/14 第二回 NBS殺人研究会 #落語 #rakugo #講談 | トップページ | 13/10/16 らくご街道 雲助五拾三次之内―江戸前― #落語 #rakugo »

落語」カテゴリの記事

柳家喬太郎」カテゴリの記事

柳亭市馬」カテゴリの記事

柳家さん弥」カテゴリの記事

寒空はだか」カテゴリの記事

恩田えり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 13/10/16 市馬・喬太郎 ふたりのビッグショー #落語 #rakugo:

« 13/10/14 第二回 NBS殺人研究会 #落語 #rakugo #講談 | トップページ | 13/10/16 らくご街道 雲助五拾三次之内―江戸前― #落語 #rakugo »