« 13/11/05 らくごカフェに火曜会 市弥・小辰 #落語 #rakugo | トップページ | 13/11/07 東京茂山狂言会 第19回 #狂言 »

13/11/06 柳家喜多八独演会「喜多八膝栗毛 秋之噂」 #rakugo #落語

公演名
柳家喜多八独演会「喜多八膝栗毛 秋之噂」
会場
博品館劇場
日時
2013年11月6日 19:00~
お菊の皿
柳家ろべえ
蛙茶番
柳家喜多八
首提灯
柳家喜多八
仲入り
唄と三味線
太田その・松本優子
芝浜
柳家喜多八

蛙茶番の半公、単純で腹に何もない江戸っ子らしい男を、喜多八さんは楽しそうに演じる。後半の自分の逸物をひけらかす場面では特に喜々として。

喜多八さんの首提灯、本当に首が落ちたみたいで楽しい。町人のキレのいい悪態も冴え渡っていて、胸がすくよう。マクラの胴切りの、上半身が番台で女湯を覗いている必然の現象の別のオチをにやけて紹介する殿下がいい。

喜多八さんで芝浜は初めて。過剰な演出は一切なし。とはいっても、ヒザでのそのさんと優子さんの酒の都々逸や暮れの小唄などを取り込む自在さはある。暖かさを感じる一席。

プログラム

配布チラシ

|

« 13/11/05 らくごカフェに火曜会 市弥・小辰 #落語 #rakugo | トップページ | 13/11/07 東京茂山狂言会 第19回 #狂言 »

落語」カテゴリの記事

柳家ろべえ」カテゴリの記事

柳家喜多八」カテゴリの記事

松本優子」カテゴリの記事

太田その」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 13/11/06 柳家喜多八独演会「喜多八膝栗毛 秋之噂」 #rakugo #落語:

« 13/11/05 らくごカフェに火曜会 市弥・小辰 #落語 #rakugo | トップページ | 13/11/07 東京茂山狂言会 第19回 #狂言 »