« 13/12/26 年忘れ市馬落語集 #落語 #rakugo | トップページ | 14/01/05 黒門亭 1部 #落語 #rakugo »

13/12/28 第二十二回 大手町落語会 #落語 #rakugo

公演名
第二十二回 大手町落語会
会場
日経ホール
日時
2013年12月28日 14:00~
つる
柳家さん坊
掛け取り
桂文治
福禄寿
柳家さん喬
仲入り
武助馬
瀧川鯉昇
芝浜
柳家権太楼

文治さんの掛け取り、狂歌、落語、喧嘩の三つ。狂歌は基本の形を丁寧に。一転、落語好きへは、まずは柳昇、彦六の正蔵をの二師匠。次に圓丈さんの高座を叩く真似を。最後に権太楼をやって楽屋に戻れないと。喧嘩はごく軽くに。

福禄寿は初めて聞く演目。円朝作の親子、兄弟の情愛を描く人情噺。出来の悪い長男と、もらい子で家業を継い出来の良い次男との間で悩む母親。菊池寛が描くようなストーリー。雪が降る町に出ていく情景をさん喬さんがしっとりと。

武助馬も珍しい噺。小さい芝居小屋でおこるドタバタが楽しい滑稽噺。鯉昇さんは特段声を張るでもなくたんたんと喋るのだけど!それが妙におかしかった。

睨み返しを考えていた権太楼さん。文治さんが掛け取りを掛けたので、寝床が芝浜かと、客席からの声で芝浜へ。タイトな話し運びで、女房の告白の場面で、夢だと言われた時の自身に対する絶望感を吐露する夫とのやり取りの緊張感がすごかった。

プログラム

配布チラシ

|

« 13/12/26 年忘れ市馬落語集 #落語 #rakugo | トップページ | 14/01/05 黒門亭 1部 #落語 #rakugo »

落語」カテゴリの記事

柳家さん坊」カテゴリの記事

柳家さん喬」カテゴリの記事

瀧川鯉昇」カテゴリの記事

柳家権太楼」カテゴリの記事

桂文治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 13/12/28 第二十二回 大手町落語会 #落語 #rakugo:

« 13/12/26 年忘れ市馬落語集 #落語 #rakugo | トップページ | 14/01/05 黒門亭 1部 #落語 #rakugo »