« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

14/01/30 三遊亭天どんと愉快な仲間たち #落語 #rakugo

公演名
三遊亭天どんと愉快な仲間たち
会場
深川江戸資料館 小劇場
日時
2014年1月30日 19:00~
天どん兄さん
三遊亭わん丈
からぬけ
三遊亭萬橘
スタンダップコメディ
ナオユキ
親子酒
蜃気楼龍玉
仲入り
真打昇進披露口上
萬橘・ナオユキ・天どん・龍玉・一之輔
新聞記事
春風亭一之輔
雪女
三遊亭天どん

天どんさんの愛されキャラが存分に分かる会。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14/01/28 らくごカフェに火曜会OB会 志ん陽・一之輔 #落語 #rakugo

公演名
らくごカフェに火曜会OB会 志ん陽・一之輔
会場
らくごカフェ
日時
2014年1月28日 19:30~
新聞記事
春風亭一之輔
明烏
古今亭志ん陽
仲入り
風呂敷
古今亭志ん陽
お見立て
春風亭一之輔

一之輔さんの新聞記事、おとぼけ男がおかしすぎる。あげられた、天ぷら屋だけにねが理解できないほど。外し方も独特の工夫が入っていて、鸚鵡返しも一回だけでコンパクトにしてダレることなく。

明烏の若旦那は線が細い印象があるだけに、志ん陽さんがきちんとやる分そこはかとない違和感が。真面目だからそんな事やらないだろうけど、体形を活かした若旦那を工夫するようになると、なんか違う面が出てきそう。

その点、風呂敷の兄貴部は知ったかぶりをしてデタラメなことわざで説教を垂れる人にしていて、その女房との夫婦のやり取りが、古今亭らしくて楽しい。

寄席じゃなくて火曜会なのだからと廓噺のお見立てへ。一昨日聞いた一蔵さんのと同じ型なので、一之輔さんに習ったのか、共通の教え手がいるのか。お大尽と若い衆との絶妙なまでのやり取りは、一之輔さんでしか聞くことができない。

配布チラシ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14/01/26 一蔵ひとりの会 #落語 #rakugo

公演名
一蔵ひとりの会
会場
らくごカフェ
日時
2014年1月26日 14:00~
黄金の大黒
春風亭一蔵
猫の災難
春風亭一蔵
仲入り
お見立て
春風亭一蔵

今年最初の一蔵ひとりの会、お目出度く、賑やかな黄金の大黒で始まり。猫の災難でのだらしない酔っぱらいにリアリティを感じ、お見立てのお大尽と若い衆の丁々発止のやり取りがを楽しんだ。

配布チラシ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14/01/25 よってたかって新春らくご '14 21世紀スペシャル寄席 ONEDAY 《夜の部》 #落語 #rakugo

公演名
よってたかって新春らくご '14 21世紀スペシャル寄席 ONEDAY 《夜の部》
会場
よみうりホール
日時
2014年1月25日 18:00~
道具や
入船亭ゆう京
雛鍔
柳亭市馬
一分茶番
三遊亭兼好
仲入り
普段の袴
春風亭一之輔
橋場の雪
柳家三三

よってたかっての会は昼に白酒さんが言っていたように、寄席のようなホール落語会。夜も市馬さんの春を匂わす雛鍔で始まり、兼好さんの賑やかな一分茶番で 盛り上がって、一之輔さんの普段の袴のくすぐりを楽しんで、三三さんの橋場の雪で雪の景色に戻される、と言った感じかな。

配布チラシ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14/01/25 よってたかって新春らくご '14 21世紀スペシャル寄席 ONEDAY 《昼の部》 #落語 #rakugo

公演名
よってたかって新春らくご '14 21世紀スペシャル寄席 ONEDAY 《昼の部》
会場
よみうりホール
日時
2014年1月25日 13:00~
転矢気
柳亭市助
コンビニ強盗
春風亭百栄
小言幸兵衛
柳家喬太郎
仲入り
松曳き
桃月庵白酒
隅田川母娘
三遊亭白鳥

よってたかって、昼の部は中堅どころと言っていいのかな。百栄さんは漫談多めでコンビニ強盗をきっちりと。バランスを取るように喬太郎さんはいきなり小言幸兵衛をらしく。白酒さんは都知事選と絡めてぼんやり殿様噺の松曳きを。白鳥さんはその流れ?で、隅田川母娘でお開き。

配布チラシ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14/01/24 J亭落語会 花鳥風月「月」シリーズ 桃月庵白酒独演会 #落語 #rakugo

公演名
J亭落語会 花鳥風月「月」シリーズ 桃月庵白酒独演会
会場
JTアートホール アフィニス
日時
2014年1月24日 19:00~
無精床
古今亭きょう介
時そば
桃月庵白酒
馬の田楽
桃月庵白酒
仲入り
夢の酒
入船亭遊一
明烏
桃月庵白酒

きょう介さんは珍しく不精床を。もうそろそろなのかなと思っていたら、後で上がった白酒さんが六月に二つ目昇進だそうで。しっかりしている方なので楽しみ。

白酒さんの時そば、二人目のそば屋のダウナーぶりか半端ない。前半の仕込みが型通りにしっかりしていたのに対照的でおかしかった。

遊一さんの夢の酒を聞いていて感じたこと。大旦那が冷やを勧められても断って燗がつくのを、何故そんなに待つのか。まあ、見栄なんだろうが、誰に対するものなのか。それを納得させるために、前半の嫁とのやり取りがあるのかな?

明烏も白酒さんにかかると、立派な滑稽噺。源兵衛、多助と若旦那の賑やかなやり取りが楽しい。

配布チラシ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14/01/22 第五十三回 新文芸坐落語会 #落語 #rakugo

公演名
第五十三回 新文芸坐落語会
会場
新文芸坐
日時
2014年1月22日 19:00~
転矢気
鈴々舎馬るこ
堪忍袋
三遊亭遊雀
読書日記
立川左談次
仲入り
やかんなめ
古今亭文菊
首ったけ
桃月庵白酒

馬るこさんの転失気は前に聞いたものより、さらに面白くなっていた。サゲも変わっていたし、細かいくすぐりもブラッシュアップされているし。

遊雀さんも笑い沢山なんだけど、古典のベースがしっかりしているので安心して楽しめる。

左談次さんは落語を演らないで、育児本、冠婚葬祭、(失念)、こぶ平時代の著作を取り上げてなんだかんだ言う。噺家らしい切り口が面白かった。

やかんなめは侍をおちょくる噺ではあるけど、文菊さんのお武家は実直で世話好きで人の良さがにじみ出る。女中の女主人への真心にほだされて禿頭を舐められてしまう姿が、何とも言えないおかしみがある。

首ったけはあまり演らない噺で、マクラで廻しの説明をするので五人廻しかなと思っていたらという感じ。基本花魁と客とのたわいない痴話喧嘩をするだけの噺。これが白酒さんにかかると、若い衆を引き込んでの絶妙なやり取りがおかしい。

プログラム

配布チラシ

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14/01/21 隅田川馬石・三遊亭兼好「聴きたいふたり」 #落語 #rakugo

公演名
隅田川馬石・三遊亭兼好「聴きたいふたり」
会場
日本橋社会教育会館
日時
2014年1月21日 19:00~
こうもり袋
三遊亭こうもり
反対俥
隅田川馬石
二番煎じ
三遊亭兼好
仲入り
厄払い
三遊亭兼好
夢金
隅田川馬石

馬石さんの反対俥、病弱と元気な車夫の対照がメリハリが効いていて、聞きやすい。元気ネタもゴタゴタしていないでスッキリと。

二番煎じの肝は沢山いる人物をどう描き分けることかな。兼好さんは、それぞれの特徴をわかりやすく記号化して、要所で挟んでスッキリと。もの取り方が絶妙で楽しかった。

兼好さんの与太郎は、ちょっと醒めたところがあるのがいいんですよね。厄払いでもやらなくてはいけないことを、やろうとはするけど、まあ無理と思ったらスパッとあきらめる時の潔さが気持ち良い。

夢金は寒くなくちゃね。馬石さんは雪の大川をゆく舟を、ぐっと抑えて、一転娘を殺そうとする場面ではパッと弾ける、その動きが気持ち良い。

配布チラシ

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14/01/19 柳家一琴の会 #落語 #rakugo

公演名
柳家一琴の会
会場
らくごカフェ
日時
2014年1月19日 14:00~
初天神
柳家一琴
ふぐ鍋
柳家一琴
仲入り
ねずみ穴
柳家一琴

今年の柳家一琴の会は前半の6ヶ月をおはこの18席とのことで、3席とも引き込まれた。

おはこの18席の最初は初天神。子供の表情の鮮やかな変化が見事。ひねこびたところがなくて、素直に子供らしいのがおかしい。

ふぐ鍋は先にふぐを食べさせようと、丁々発止のやり取りをするだけの噺。その動きのある表情で、ダレることなく楽しかった。

一琴さんのねずみ穴、情緒豊かに描く兄弟のやり取りや、動きのある火事の場面などドラマチックと言ってもいい演出。談春に通じるテイストを感じた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14/01/19 鈴本早朝寄席 #落語 #rakugo

公演名
鈴本早朝寄席
会場
鈴本演芸場
日時
2014年1月19日 10:00~
芋俵
柳亭市弥
宗論
林家たこ平
動物園
柳家喬の字
幾代餅
金原亭馬治

柳家の本筋の市弥さんから、ダウナーな漫談含みのたこ平さん、一本外れた喬の字さんの動物園で、最後にこれぞ金原亭の幾代餅でしめる馬治さん。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14/01/18 伊藤園 presents 東横落語会 其の伍 #落語 #rakugo

公演名
伊藤園 presents 東横落語会 其の伍
会場
ヒカリエ ホールB
日時
2014年1月18日 18:30~
出来心
古今亭志ん吉
二番煎じ
柳亭市馬
幾代餅
古今亭志ん輔
仲入り
福禄寿
柳家さん喬

東横落語会 其の伍、冬らしい二番煎じで市馬さんののどを堪能して、志ん輔さんで幾代餅が古今亭のお家芸であることを再確認し、先の東横で圓生師が演っていたのを聞いていつかはとの福禄寿をさん喬さんで。

プログラム

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14/01/18 伊藤園 presents 東横落語会 其の四 #落語 #rakugo

公演名
伊藤園 presents 東横落語会 其の四
会場
ヒカリエ ホールB
日時
2014年1月18日 14:30~
悋気の独楽
入船亭遊一
お見立て
春風亭一之輔
宿屋の富
五街道雲助
仲入り
按摩の炬燵
柳家小満ん

初の東横落語会、細かいくすぐりが入った一之輔のお見立て、キッチリとまとまった雲助さんの宿屋の富、丁稚奉公のマクラからの珍しい按摩の炬燵で、小満んさんがしめた。

プログラム

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14/01/17 桂米團治独演会 #落語 #rakugo

公演名
桂米團治独演会
会場
銀座ブロッサム
日時
2014年1月17日 19:00~
狸賽
桂團治朗
鷺とり
桂米團治
動物園
桂南天
崇徳院
桂米團治
仲入り
小倉船
桂米團治

鷺とりのような落語らしい馬鹿らしい噺も、楽しそうに演ってくれるのが米團治さん。芯からおめでたい男の、その愛らしさが出ていた。

動物園は、まあ前座噺の様なものなのかな。南天さんはこれをキレのいい話し運びできちんと笑わさせてくれる。

團治さんの崇徳院、見台を出して拍子を入れてテンポ良く。若旦那の線の細さがらしくていい。

今日の小倉船は猩々の駕籠かきまでのフルバージョンなのかな。鳴り物沢山で、米團治さんの芝居の所作をたっぷりと堪能。

プログラム

配布チラシ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14/01/16 らくご街道 雲助五拾三次之内―名人長二ー 楽日

公演名
らくご街道 雲助五拾三次之内―名人長二ー 楽日
会場
日本橋劇場
日時
2014年1月16日 19:00~
名人長二ーお白州
五街道雲助
仲入り
名人長二ー大団円
五街道雲助

名人長二の最後はお白砂を舞台とした法廷ミステリーの様相。町奉行は長二を助けようと、始めは狂人の線を探るも当人に否定される。その後の展開は、その当時の法解釈と裁量の範囲内での合理的な解決を付ける。 その余りにも入り組んだ筋に雲助さんも相当苦労していた。

名人長二のお白砂は、いわゆる政談ものになるのだろうけど、恣意的な裁量ではなく、その時代の倫理的規範の体現者の林大学を持ち出して、(最大限拡大はしているけど)当時の法理念の解釈内での合理的な解決を見出す。雲助さんの語りでそれが感得できた。

プログラム

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14/01/14 こしら・馬るこ・萬橘 新ニッポンの話芸 #rakugo #落語

公演名
こしら・馬るこ・萬橘 新ニッポンの話芸
会場
成城ホール
日時
2014年1月14日 19:00~
おはぎの寝床
鈴々舎馬るこ
真田小僧
三遊亭萬橘
仲入り
鼠穴
立川こしら
アフタートーク
広瀬和生・こしら・馬るこ・萬橘

馬るこさんの寝床、長屋連が直接やってきて言い訳をする。その際におはぎをおはぎを差し入れする。全員が。この山となったおはぎを軸として噺が展開。当然、オチもおはぎ。おかしかった。

萬橘さんの真田小僧、子供が金を巻き上げ方が容赦ない。そのテンポの良さに最後まで笑いっぱなし。

こしらさんの鼠穴、江戸での兄弟の出会いに、よくあるものとは違うものを仕込んでオチにつなげる。弟が首を吊ろうとするところで夢が覚めないで、孫まで続く物語を語ってどこまでいくのかと思っていると…の展開にこしらさんらしさが。

プログラム

配布チラシ

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14/01/12 鈴本早朝寄席 #rakugo #落語

公演名
鈴本早朝寄席
会場
鈴本演芸場
日時
2014年1月12日 10:00~
看板のピン
林家はな平
棒鱈
春風亭一蔵
金明竹
柳家ろべえ
井戸の茶碗
三升家う勝

はな平さんのしっかりとした隠居の親分、一蔵さんのにぎやかな棒鱈、扇子と手拭いを忘れて、それらを使わないものをリクエストしてもらった金明竹、う勝さんが小学校の授業で使おうとしている井戸の茶碗と、今年初の早朝寄席を堪能。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14/01/11 三遊亭白鳥創作落語集 #落語 #rakugo

公演名
三遊亭白鳥創作落語集
会場
横浜にぎわい座 芸能ホール
日時
2014年1月11日 18:00~
ご挨拶
白鳥・きらり
禁酒番屋
三遊亭白鳥
鉄砲のお熊
神田きらり
仲入り
音楽コント
だるま食堂
隅田川母娘
三遊亭白鳥

白酒さんのドイツの将校に対抗するための禁酒番屋をと。酒屋と役人とのやり取りをショートコント風にしたてるもの。酒の種類をネタにするものでは、客席からもらったのはいいが、想定していなかった老酒に苦戦していた。

松鯉一門であるきらりさんは古典一筋で、人のものを含めて新作は初めてとのこと。なかなか調子が掴めなかったようで時間が押して、最後の対決が短くなったのが残念。講談で映えると期待していたんだけど。もう一回挑戦しないかな。

隅田川母娘はローマの休日のような王女が城を抜け出して冒険する噺。ここでは王女ならず皇女、すなわち愛子様。赤坂を出て浅草の六区の飲み屋街で、爺さんたちと交流する。次の日は雅子様も。子供の可愛らしさが素直に出ていて楽しかった。

配布チラシ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14/01/10 文左衛門の月例「文蔵コレクション」 #落語 #rakugo

公演名
文左衛門の月例「文蔵コレクション」
会場
らくごカフェ
日時
2014年1月10日 19:30~
道潅
橘家かな文
火事息子
橘家文左衛門
フリップトーク
「こんな正月は嫌だ」
橘家文左衛門
仲入り
アンケートトーク
「取り返しの付かないこと」
橘家文左衛門
ちりとてちん
橘家文左衛門

文左衛門火事息子、両親の親バカぶりが、真っ直ぐに伝わってくる。息子に会えた喜びを、隠そうとしても現れてしまう父親と、開けっぴろげにする母親とのやり取りが楽しい。

取り返しのつかない事というアンケートを取ってのトークで押したため、短くとちりとてちんへ。おべんちゃら男のリズミカルなお世辞の繰り返しや、皮肉屋がケチをつけた物が美味しかった顔をしてしまう様子などがおかしかった。

プログラム

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14/01/08 のんき夜行 第11夜 #落語 #rakugo

公演名
のんき夜行 第11夜
会場
らくごカフェ
日時
2014年1月8日 19:30~
真田小僧
立川笑二
たらちね
三遊亭萬橘
仲入り
甲府ぃ
三遊亭萬橘

萬橘さんの古典の変え方はどんな方向に行くか予測がつかないところが面白い。今日のたらちねも、八五郎が嫁になる人が丁寧な言葉であることを知らされない。次の日も名前による寿限無的展開を広げる。普通名前のことはなかったことになるをちゃんと演るのがおかしかった。

かわって甲府ぃは、目立ったくすぐりも入れないでごく素直な展開。豆腐屋の主人が頑固だけど優しい人柄であることを照れずに、真正面からやっていたのが良かった。

配布チラシ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14/01/05 新春西新井寄席〜柳の家に春風が〜 #落語 #rakugo

公演名
新春西新井寄席〜柳の家に春風が〜
会場
ギャラクシティ
日時
2014年1月5日 15:00~
高砂や
柳亭市弥
黄金の大黒
春風亭一之輔
転宅
柳家喬太郎
仲入り
粗忽の釘
柳家三三
妾馬
柳亭市馬

柳の家に春風が。市弥さんが新春らしく高砂やで始めて、一之輔さんがくすぐり沢山の大黒で春風を吹かせて、喬太郎さんの転宅、三三さんの粗忽の釘で柳家の滑稽噺でわかせて、市馬さんの妾馬でしっとりとしめた感じかな。

配布チラシ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14/01/06 黒門亭1部 #落語 #rakugo

公演名
黒門亭 1部
会場
落語協会2階
日時
2014年1月6日 12:00~
狸札
柳家圭花
御神酒徳利
柳家小里ん
仲入り
らくだ
柳亭小燕枝
お年玉抽選会
小里ん・小燕枝・ちよりん

小里んさんの御神酒徳利は八百屋が占いをする初めて聞く型。お調子者が口からでまかせで、ぱあぱあ言っている様子を小里んさんの飄々とした口調で聞くのが楽しい。

小燕枝さんのらくだ、屑やが酔っ払うごとに、声が深く聞こえてくる。それによって、兄貴分が押されて行く様がよくわかる。その後の焼場に持って行って、願人坊主と取り違えるところまでたっぷりと。

プログラム 

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14/01/04 柳家喜多八独演会「喜多八膝栗毛 冬之噂」『柳家喜多八膝栗毛』出版記念の会 #落語 #rakugo

公演名
柳家喜多八独演会「喜多八膝栗毛 冬之噂」『柳家喜多八膝栗毛』出版記念の会
会場
博品館劇場
日時
2014年1月5日 17:30~
芝居の喧嘩
柳家ろべえ
親子酒
柳家喜多八
ねずみ
柳家喜多八
仲入り
手品
ダーク広和
居残り
柳家喜多八

今回の膝栗毛は喜多八さん初の本の出版記念の会。だからなのか好きな噺を並べた感じ。親子酒で酔っ払いを楽しそうに、ねずみで渋い甚五郎を、はじけた佐平次をと。終演後に購入者との握手会も。もちろん自分もしてもらった。

プログラム

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14/01/04 黒門亭 2部 #落語 #rakugo

公演名
黒門亭 2部
会場
落語協会2階
日時
2014年1月5日 15:00~
たらちね
柳家まめ録
サリバン2014
柳家喬志郎
素晴らしきかな?人生
川柳つくし
里帰り
三遊亭金朝
お年玉抽選会
時蔵

喬志郎さんのサリバン2014、中に入っているギャグは面白いところがあるけど、如何せん、話し運びが強引すぎるかな。前世がサリバン先生であることはいいけど、子供に会ってからの展開が、サリバン先生という設定が生かされていないかな。どうせならもっと荒唐無稽でも。

その点、つくしさんはやはり手慣れたもので、引用元をさり気なく使っていて話し自体が楽しく仕上がっている。主人公?のドジぶりもおかしかった。

里帰りは新作と言っても、先代の柳亭左楽師が作ったものを、金馬師と柳昇師二人の作業で掘り起こしたものとのこと。昭和初期の山手のホームドラマといった趣きで、金朝さんの仁にあっている。楽しかった。

プログラム 

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14/01/05 黒門亭 1部 #落語 #rakugo

公演名
黒門亭 1部
会場
落語協会2階
日時
2014年1月5日 12:00~
桃太郎
柳家まめ録
不動坊
三遊亭天どん
仲入り
富久
金原亭龍馬
お年玉抽選会
志ん陽・龍馬

今日は長講一席ずつということで、天どんさんの不動坊は、湯屋での妄想場面もたっぷりと楽しく。天どんさんらしい、ふられ三人組の子供のような喧嘩のような細かなくすぐりもてんこ盛り。

龍馬さんの富久はきっちりと。久蔵がとにかく前向き明るいのが良かった。この噺だと油断すると暗くなってしまうけど、旦那のところで酒を飲んでも、明るいままで崩れ切らなかった。

お年玉抽選会で、最後にはなしかストラップがあたって、出だしの良い初笑い。

プログラム 

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »