« 14-02-23 文左衛門の月例「文蔵コレクション」 #落語 #rakugo | トップページ | 14-02-25 大手町落語会 NEO! Ⅲ ―疾風怒濤競演― #rakugo #落語 »

14-02-23 一蔵ひとりの会 #落語 #rakugo

公演名
一蔵ひとりの会
会場
らくごカフェ
日時
2014年2月23日 18:00~
のめる
春風亭一蔵
鷺とり
春風亭一蔵
仲入り
蜘蛛駕籠
春風亭一蔵

今日、昼と勘違いしていて文蔵コレクションだと気がついたのが出る直前。そこで思い付いて演ったのが文左衛門さんに習ったのめる。一蔵さんらしい元気に糠味噌だらけになる。

鷺取りの様な馬鹿らしい落語の代表みたいな噺を楽しそうに演る一蔵さん。雀たちのたわいのないやり取りがおかしい。

蜘蛛駕籠は元は上方なんだろうけど、出てくる人たちを上手く江戸の人に移しているなと、一蔵さんで聞いて感じた。幇間のやけくそな感じとか、二人で乗り込む男たちのじゃれ合う感じとか。

配布チラシ

 

|

« 14-02-23 文左衛門の月例「文蔵コレクション」 #落語 #rakugo | トップページ | 14-02-25 大手町落語会 NEO! Ⅲ ―疾風怒濤競演― #rakugo #落語 »

落語」カテゴリの記事

春風亭一蔵」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 14-02-23 一蔵ひとりの会 #落語 #rakugo:

« 14-02-23 文左衛門の月例「文蔵コレクション」 #落語 #rakugo | トップページ | 14-02-25 大手町落語会 NEO! Ⅲ ―疾風怒濤競演― #rakugo #落語 »