« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

14-02-26 落語教育委員会 柳家喜多八・三遊亭歌武蔵・柳家喬太郎 三人会 #落語 #rakugo

公演名
落語教育委員会 柳家喜多八・三遊亭歌武蔵・柳家喬太郎 三人会
会場
なかのZERO 小ホール
日時
2014年2月26日 19:00~
恋するフォーチュンクッキー
喬太郎・喜多八・歌武蔵
悋気の独楽
林家扇
植木屋娘
三遊亭歌武蔵
仲入り
華やかな憂鬱
柳家喬太郎
うどんや
柳家喜多八

緞帳が上がると黒紋付の袴姿で頭を下げた状態で三人が居並ぶ。何か口上でもと思っていたら、恋するフォーチュンクッキーがかかって、喬太郎さんと歌武蔵さんが踊る、踊る。結局フルコーラス踊り切った。喜多八さんは覚え切らなかったそうで畏まって座っていた。

植木屋娘は何か変わった状況があるとか、奇矯な人物が出るとかいう噺でないので、ひとえに植木屋の大将の描き方にあるのかなと、歌武蔵さん描くところの植木屋の絶妙におかしさに大笑いしながら思った。

喬太郎さんの長いマクラに久しぶりにであった。コントの踊りに触れ、かっぽれみたいに寄席で踊れるわけもなく二度とやれないかなと。ただ、たらちねはできるかなと、お嫁さんの名乗りの言い立てを恋する〜のリズムにのせて披露。大笑いした。

喬太郎さんが殿下は踊らなかったお詫びに、これぞ柳家だというものを披露してくれるとの振りから、うどんやへ。本当にその通りのうどんやで、酔っ払いの傍若無人ぶりはいかにも。うどんを真っ当にすする仕草が、たまらなく可笑しいのが喜多八さんなのかな。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14-02-25 大手町落語会 NEO! Ⅲ ―疾風怒濤競演― #rakugo #落語

公演名
大手町落語会 NEO! Ⅲ ―疾風怒濤競演―
会場
日本橋劇場
日時
2014年2月25日 19:00~
からぬけ
三遊亭ふう丈
厩火事
立川志の春
崇徳院
桂吉坊
仲入り
双蝶々
三遊亭天どん

志の春さんはあまり聞く機会がないけど、達者な話ぶり。女房のとぼける間の取り方が手慣れている感じ。

久しぶりの吉坊さんはやはり上手い。崇徳院で、若旦那とお嬢さんの若い二人の初々しさがパーっと浮かんできたのは初めての経験。 #rakugo

天どんさんの双蝶々は通し。1時間程かけたど筋を追う感じになったのは否めない。厩火事の夫婦、崇徳院の若い二人の初々しさに続いて、親子の情愛の噺をと始めたように、終盤の親子の場面は丁寧に。よかったな。

配布チラシ

 

 

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

14-02-23 一蔵ひとりの会 #落語 #rakugo

公演名
一蔵ひとりの会
会場
らくごカフェ
日時
2014年2月23日 18:00~
のめる
春風亭一蔵
鷺とり
春風亭一蔵
仲入り
蜘蛛駕籠
春風亭一蔵

今日、昼と勘違いしていて文蔵コレクションだと気がついたのが出る直前。そこで思い付いて演ったのが文左衛門さんに習ったのめる。一蔵さんらしい元気に糠味噌だらけになる。

鷺取りの様な馬鹿らしい落語の代表みたいな噺を楽しそうに演る一蔵さん。雀たちのたわいのないやり取りがおかしい。

蜘蛛駕籠は元は上方なんだろうけど、出てくる人たちを上手く江戸の人に移しているなと、一蔵さんで聞いて感じた。幇間のやけくそな感じとか、二人で乗り込む男たちのじゃれ合う感じとか。

配布チラシ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14-02-23 文左衛門の月例「文蔵コレクション」 #落語 #rakugo

公演名
文左衛門の月例「文蔵コレクション」
会場
らくごカフェ
日時
2014年2月23日 14:00~
たらちね
橘家かな文
蔵前駕籠
橘家文左衛門
仲入り
紙入れ
橘家文左衛門

今日は短めを二席だけど、勘所を押さえていて楽しかった。特に紙入れの艶のあるお上さんは絶品。

配布チラシ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14-02-22 我らの時代、落語アルデンテⅧ「鯔背アルデンテ」 #落語 #rakugo

公演名
我らの時代、落語アルデンテⅧ「鯔背アルデンテ」
会場
日本橋三井ホール
日時
2014年2月22日 18:00~
たらちね
春風亭一力
ジャム浜
春風亭百栄
片棒
三遊亭兼好
仲入り
お見立て
春風亭一之輔
禁酒番屋
桃月庵白酒

落語アルデンテのメンバー、百栄・兼好・一之輔・白酒の手練れの四人、それぞれに技巧を凝らした話し運びで客席を沸かしていた。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14-02-22 講談 貞橘会 #講談

公演名
講談 貞橘会
会場
らくごカフェ
日時
2014年2月22日 13:30~
鬼小島弥太郎
一龍斎貞橘
関ヶ原七本槍
一龍斎貞橘
仲入り
義士本伝 松の廊下
一龍斎貞橘
愛宕山梅花の誉れ
一龍斎貞橘

講談は流麗な言葉の流れが心地よい。

配布チラシ

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14-02-19 らくご街道 雲助五拾三次―酒― #落語 #rakugo

公演名
らくご街道 雲助五拾三次―酒―
会場
日本橋劇場
日時
2014年2月19日 19:00~
呑める
五街道雲助
幇間の炬燵
五街道雲助
仲入り
駱駝
五街道雲助

今日の五拾三次のテーマは酒だけど直截には関係しないもの。呑めるの軽い味わい、幇間の炬燵の際限のないおしゃべりの楽しさ、駱駝の屑やの豹変ぶりは、酒があってこそ。なるほど酒の噺だと納得。

配布チラシ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14-02-18 楽亭開店四周年記念・二夜連続落語会 『笑』 #落語 #rakugo

公演名
楽亭開店四周年記念・二夜連続落語会 『笑』
会場
深川江戸資料館 小ホール
日時
2014年2月18日 19:00~
馬大家
瀧川鯉○
新聞記事
三遊亭萬橘
鰍沢
入船亭扇辰
仲入り
安兵衛狐
隅田川馬石
御神酒徳利
瀧川鯉昇

新聞記事は一之輔さんもそうだけど、いろいろいじりがいのある噺のようで、萬橘さんも楽しそうに演っていた。聞き手がからかっていることが、わりとはっきりと分かる演出でおかしかった。

扇辰さんはいかに雪が嫌いだというマクラを始めたのであれあれと思っていたら鰍沢へ。細かい緻密な仕草で描写で積み上げた雪の景色が圧巻。

馬石さんは安兵衛狐の様な取り止めのない噺できちんと楽しく聞かせてくれる。狐の女房の表情がいい。

御神酒徳利の様なおめでたい噺を鯉昇さんで聞くことができる幸せ。周りの状況に右往左往する番頭の様子にほっこりとくる。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14-02-17 道楽亭開店四周年記念・二夜連続落語会 『笑』 #落語 #rakugo

公演名
楽亭開店四周年記念・二夜連続落語会 『笑』
会場
深川江戸資料館 小ホール
日時
2014年2月17日 19:00~
非常怪談
林家けい木
千早ふる
古今亭文菊
だくだく
柳家喜多八
仲入り
鉄の男
柳家小ゑん
ねずみ穴
入船亭扇遊

けい木さんは新作も演るのね。エレベーターに閉じ込められたもの達が怪談を語る体で外して行く。四年目とも思えない達者な話ぶり。

文菊さんの千早ふる、知ったかぶりの隠居が自分の語る作り話に興が乗って細かい雑学的な作り事を持って行く様が楽しい。

喜多八さんは最近は虎造の三十石船を落語にしたものばかりを演っているけど今日はきちんとと、泥棒の小咄をたどたどしく振ってからだくだくへ。近目で乱視の泥棒の表情を作るだけで大笑い。落語の馬鹿らしさを堪能。

小ゑんさんの鉄の男は鉄道オタクの日常のスケッチ。筋立てや状況設定の可笑しさだけでなく、オタクの表情や仕草が絶妙。ここは喜多八で感じたことと共通する。やはり落語なのだなと。

扇遊さんは小ゑんさんと同い年だとさらっと一言でねずみ穴へ。直前の噺とは全然違う世界へとすっと。兄の弟への気遣いがわりとはっきりと分かる演出で安心して聞くことができる。火事の場面は圧巻。

配布チラシ

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14-02-16 第三回 NBS殺人研究会 #落語 #rakugo #講談

公演名
第三回 NBS殺人研究会
会場
お江戸日本橋亭
日時
2014年2月16日 18:00~
解説
石井徹也・いたちや
畦倉重四郎
ー栗橋の焼場殺し
神田松之丞
仲入り
島鵆沖白波
ー大阪屋花鳥
蜃気楼龍玉

今日の殺人研究会は対照的な二席。松之丞さんの栗橋の焼場殺しは、虚無的な雰囲気で進む。死体を隠すために焼いてしまうほど。龍玉さんの大阪屋花鳥は、花魁に会いたいがための強盗殺人。花魁の火付けも愛しい人を逃がしたいため。それぞれの個性が出ていて楽しかった。

配布チラシ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14-02-16 鈴本早朝寄席 #落語 #rakugo

公演名
鈴本早朝寄席
会場
鈴本演芸場
日時
2014年2月16日 10:00~
堀の内
三遊亭日るね
お菊の皿
林家ぼたん
元犬
柳家さん弥
淀五郎
春風亭朝也

ほっこり、のんびりな日るねさんの粗忽者、おきゃんで騒がしい、ぼたんさんのお菊、純粋無垢なさん弥さんの元犬とかつちりしっかりとした朝也さんの芝居噺を堪能。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14-02-15 第二十三回 大手町落語会〜THE 柳家!Ⅴ〜 #rakugo #落語

公演名
第二十三回 大手町落語会〜THE 柳家!Ⅴ〜
会場
日経ホール
日時
2014年2月15日 14:00~
たらちね
柳家緑太
橋場の雪
柳家三三
妾馬
柳亭市馬
仲入り
明烏
柳家花緑
寝床
柳家権太楼

大手町落語会、THE 柳家ということで、三三さんは大雪の日に臨場感あふれる橋場の雪、市馬さんはきっちりと妾馬を、花緑さんは初々しい若旦那がピタリとはまった明烏、権太楼さんが寝床で爆笑の渦に。

プログラム

配布チラシ

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14-02-10 三遊亭歌武蔵 爆笑横浜場所 #落語 #rakugo

公演名
三遊亭歌武蔵 爆笑横浜場所
会場
横浜にぎわい座 芸能ホール
日時
2014年2月10日 19:00~
転矢気
三遊亭歌むい
権助魚
三遊亭歌太郎
長短
三遊亭歌武蔵
仲入り
ジャグリング
ストレート松浦
植木屋娘
三遊亭歌武蔵

歌武蔵さんの長短は絶品。気の長さを言葉でなく、仕草で表現する。無駄に丁寧でくどい。融通無碍な表情の動きに笑いが止まらない。饅頭一つ食べるのに10分近くかけていたのでは。

植木屋娘はあまり聞くことができない珍しい噺。父親が娘にいい婿を迎えようと、からからと空回りする様を楽しむ。歌武蔵さんの大立ち回りとでも表現したくなる、仕草が楽しい。

配布チラシ

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14-02-07 春風亭一之輔独演会 vol.7 一之輔のすすめ、レレレレレレレレ。 #落語 #rakugo

公演名
春風亭一之輔独演会 一之輔のすすめ、レレレレレレレレ。
会場
なかのZERO 小ホール
日時
2014年2月7日 19:00~
代脈
入船亭小辰
新聞記事
春風亭一之輔
粗忽の釘
春風亭一之輔
仲入り
針金音曲漫才
おしどり
お見立て
春風亭一之輔

粗忽の釘はもう流石という他ない。最近猛烈に磨いている新聞記事は、どんどん面白くなっている。幼馴染が死んだときいて号泣するのがらしい演出。お見立て もお気に入りなのかな。田舎言葉を繰り返し直そうとするくすぐりか面白い。粗忽の釘と続けて聞くとペロの末路が知れて哀れ。

配布チラシ

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14-02-06 喬太郎・三平 勉強会 #落語 #rakugo

公演名
喬太郎・三平 勉強会
会場
らくごカフェ
日時
2014年2月6日 19:00~
桃太郎
林家なな子
崇徳院
林家三平
へっつい幽霊
柳家喬太郎
仲入り
(ウルトラマンのつる)
柳家喬太郎
向う付け
林家三平

喬太郎さんと三平さんの勉強会、三平さんは崇徳院をオーソドックスに。ぼんぼんなのに若旦那にらしさが薄いのはあの声のせいかな。もう一席は上方ネタの向う付け。後半人物の描き分けがちょっと平板になったけど面白かった。

喬太郎さんのへっつい幽霊はこれぞお手本という形で。勉強会なので自分だけが楽しいものをと始めたのが、八公がご隠居を訪ねての四方山話、なぜ帰ってきたウルトラマンがジャックになったかというと、昔白髪の老人が…とつるのフォーマットでウルトラマントリビアを語り尽くす噺。大笑いした。ちょっとググってみたけど演目がわからなかったので、上に書いてあるのは、こちらで勝手につけたもの。

配布チラシ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14-02-04 らくごカフェに火曜会SP〜5周年だよ全員集合! #rakugo #落語

公演名
らくごカフェに火曜会SP〜5周年だよ全員集合!
会場
らくごカフェ
日時
2014年2月4日 19:30~
お血脈
柳家小せん
ガマの油
古今亭志ん陽
小間物政談
柳亭こみち
仲入り
二番煎じ・改
三遊亭天どん
火事息子
入船亭小辰

小せんさんが軽妙なお血脈で開いて、志ん陽さんががまの油をかっちりと、二人の女房の存在感を感じる小間物政談に感心して、天どんさんは今日の出演者が夜回りを会長がサムライ役の危ない二番煎じでひっくり返して、小辰さんが火事息子でしっとりとしめて、三本締めでお開き。

配布チラシ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14/02/02 鈴本早朝寄席 #落語 #rakugo

公演名
鈴本早朝寄席
会場
鈴本演芸場
日時
2014年2月2日 10:00~
狸鯉
台所鬼〆
夢の酒
古今亭志ん吉
弥次郎
柳家ほたる
厄払い
柳家喬之進

今日は寝不足で、肝心なところで寝落ちしてしまい、残念。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14-01-31 第20回 鎌倉はなし会 一朝・昇太・白酒・一之輔 四人会 #落語 #rakugo

公演名
第20回 鎌倉はなし会 一朝・昇太・白酒・一之輔 四人会
会場
鎌倉芸術館 小ホール
日時
2014年1月31日 18:00~
たらちね
春風亭一力
新聞記事
春風亭一之輔
花筏
春風亭昇太
仲入り
替り目
桃月庵白酒
井戸の茶碗
春風亭一朝

一之輔さんは今週3回聞いて、3回とも新聞記事。あれなのかな、ただいま絶賛研鑽中なのかな。ぼうっとしか聞いていないので、細かい違いは分からないけど、面白くなってきているかなと。

昇太さんは落語はもちろん、マクラが楽しい。今日も月日が経つのが早いから、紅白に、相撲といって花筏へ。提灯屋の調子のよさが際立っていて楽しかった。

白酒さんの替り目、亭主が可愛らしくてたまらない。女房に甘える様子と、それを受け入れる様子とに、人の善なるものが感じられて、こういうのが古今亭のお家芸なのかなとも。

一朝さんの井戸の茶碗、すっきりとした語り口で、屑やの江戸っ子らしい真っ直ぐな姿勢、二人の武士の潔さが、何の余計なものを挟まないで伝わってくる。

プログラム

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »