« 14-04-13 春狂言 2014 《第一部》 #狂言 | トップページ | 14-04-14 らくご街道 雲助五拾三次―鉄板― #落語 #rakugo »

14-04-13 春狂言 2014 《第二部》 #狂言

公演名
春狂言 2014《第二部》
会場
国立能楽堂
日時
2014年4月13日 17:00~
二人大名(ふたりだいみょう)
大名甲
茂山正邦
大名乙
茂山宗彦
道通人
茂山七五三
隠狸(かくしたぬき)
太郎冠者
茂山あきら
茂山童司
花折(はなおり)
新発意
茂山逸平
住持
丸石やすし
花見の衆
茂山千三郎
増田浩紀
鈴木実
山下守之

七五三さんの責めぶりと、正邦、宗彦二人の偉そうにしてからの、へなちょこぶりの対比がおかしい。鶏、犬の真似、起き上がり小法師の謡と興にのってしまう様も狂言らしくて楽しい。

絶えてた流派の台本を元にしてあきらさんが作・演出したもの。太郎冠者が狸釣りという能力を主に知られたくない、それを明らかにしたい主との相克。無理強いしないで酒に酔わせるのが狂言らしい。

この曲は端正の謡、舞いを楽しむものなのかな。そういうものが苦手なんだけど、今日は眠ることなく、なんとなく楽しめたのは、ようやく慣れてきたのかな。

プログラム

配布チラシ

 

|

« 14-04-13 春狂言 2014 《第一部》 #狂言 | トップページ | 14-04-14 らくご街道 雲助五拾三次―鉄板― #落語 #rakugo »

狂言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 14-04-13 春狂言 2014 《第二部》 #狂言:

« 14-04-13 春狂言 2014 《第一部》 #狂言 | トップページ | 14-04-14 らくご街道 雲助五拾三次―鉄板― #落語 #rakugo »