« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

14-05-27 らくごカフェに火曜会OB会 龍玉・小せん #落語 #rakugo

公演名
らくごカフェに火曜会OB会 龍玉・小せん
会場
らくごカフェ
日時
2014年5月27日 19:30~
夏どろ
蜃気楼龍玉
井戸の茶碗
柳家小せん
仲入り
馬大家
柳家小せん
千両みかん
蜃気楼龍玉

龍玉さんは夏の噺二席。お馴染み夏どろはますます磨きがかかっていて、泥棒の情けない顔がおかしい。千両みかんも調子のいい番頭を、あくまで軽やかに。みかん問屋は説教を垂れません。

井戸の茶碗はいい人ばかりであざとくなりやすいけど、小せんさんで聞くとすんなりと入る。あの力の抜け具合がいいのかな。ただ屑やが38才というのは若すぎだなと感じてしまった自分がいる。二席目は馬大家を、トントンと調子良く。楽しかった。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14-05-24 らくごDE全国ツアーvol.2 春風亭一之輔のドッサリまわるぜ 2014 #落語 #rakugo

公演名
らくごDE全国ツアーvol.2 春風亭一之輔のドッサリまわるぜ 2014
会場
鎌倉芸術館 小ホール
日時
2014年5月24日 13:30~
オープニングトーク
春風亭一之輔
転失気
三遊亭わん丈
加賀の千代
春風亭一之輔
青菜
春風亭一之輔
仲入り
藪入り
春風亭一之輔

全国ツアーの一環。今日はゲストなしでたっぷり三席。加賀の千代は久しぶりだけど、ご隠居とぼんやりとのほのぼのしたやり取りは一之輔さんの基盤なんだと再認識。青菜での破壊的なおかみさんと、薮入りで可愛らしい子供と、一之輔さんのエッセンスを堪能した。

配布チラシ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14-05-22 三遊亭兼好・春風亭一之輔二人会「ってやんでぇ」 #落語 #rakugo

公演名
三遊亭兼好・春風亭一之輔二人会「ってやんでぇ」
会場
座・高円寺2
日時
2014年5月22日 19:00~
かぼちゃや
瀧川鯉○
夏泥
春風亭一之輔
寝床
三遊亭兼好
仲入り
猫の皿
三遊亭兼好
らくだ
春風亭一之輔

今日の一之輔さんは押しの強い人間と押されて右往左往するものとの葛藤の噺。夏泥の泥棒が縫い込んだ金を渋々出す時の情けない顔や、らくだの兄貴分が、豹変した屑やに押されて、ほうけてしまう様が楽しい。

兼好さんのちょっとした仕草や表情、喋る時の何気ない間で、感情を表現するのがおかしい。寝床の旦那が前のめりで聞いてくるのを、受ける時の繁蔵の「うっ」と詰まるかのような間や、猫の皿で端師が高額な皿に気がついた時の、ふっと身体を止まる様子などが良かった。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14-05-21 落語睦会〜新茶のゼントルマン #落語 #rakugo

公演名
落語睦会〜新茶のゼントルマン
会場
国立演芸場
日時
平成26年5月21日 18:30~
出来心
柳家喬之進
へっつい幽霊
瀧川鯉昇
仲入り
ねずみ
入船亭扇遊
お直し
柳家喜多八

今日の落語睦会は大ネタがそろった。鯉昇さんの飄々としてやる気があるのかないのか分からない幽霊と、扇遊さん描く端正な佇まいの甚五郎が暖かい雰囲気を作るねずみ、ぎりぎりの環境での男女の情けを、落語として描ききる喜多八さんを堪能。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14-05-20 らくご街道 雲助五拾三次―吉例―髪結新三 #落語 #rakugo

公演名
らくご街道 雲助五拾三次―吉例―髪結新三
会場
日本橋劇場
日時
2014年5月20日 19:00~
髪結新三 上
発端〜永代橋川端
五街道雲助
仲入り
髪結新三 下
富吉町新三内〜
柳家小里ん
茶番
深川閻魔堂
雲助ー新三・小里んー源七

今日は髪結新三を雲助さんが上を、小里んさんが下をリレーで。雲助さんの新三が源七の鼻をあかす際の胸のすくような啖呵、小里んさんの家主が新三をやり込める時の飄々と、けれど抜かりなく追い込んでいく様を堪能。小里んー源七と雲助ー新三の大立ち回りの茶番に大笑い。

プログラム

配布チラシ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14-05-18 一蔵ひとりの会 #落語 #rakugo

公演名
一蔵ひとりの会
会場
らくごカフェ
日時
2014年5月18日 14:00~
馬の田楽
春風亭一蔵
寝床
春風亭一蔵
仲入り
ちりとてちん
春風亭一蔵

馬の田楽ののんびりとした人達と、寝床の全力で危機回避に走る人達と、ご機嫌伺いの達人と見栄に命をはる人と、楽しい人達を堪能した。

配布チラシ 

 

続きを読む "14-05-18 一蔵ひとりの会 #落語 #rakugo"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14-05-17 茂山千五郎家「江東狂言の会」第15回記念 薪狂言 #狂言

公演名
茂山千五郎家「江東狂言の会」第15回記念 薪狂言
会場
江東区文化センター 中庭特設会場
日時
2014年5月17日 19:00~
舎弟(しゃてい)
茂山七五三
教え手
松本薫
道通人
茂山七五三
仁王(におう)
博奕打甲
茂山宗彦
博奕打乙
茂山茂
参詣人
井口竜也
区民参加✕5人
茂山童司
花子(はなご)
茂山正邦
女房
茂山茂
太郎冠者
島田洋海

わざと間違えたことを教える話し。それもそうすると面白いからという、いかにも狂言らしい曲。上方落語にあってもおかしくない。

仏像に化けるという発想が楽しい。それが博奕の元手を稼ぐためなのだから、なお痛快。

地方に出ていた時の愛人を都に連れ帰ってきたはいいけど、女房が怖くて逢えないのを、なんとかあざむいてあって、その嬉しさを女房に言ってしまう。それも謡と踊り付きで。楽しいよね。

プログラム

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014-05-17 伊藤園 presents 東横落語会 其の六 #落語 #rakugo

公演名
伊藤園 presents 東横落語会 其の六
会場
ヒカリエホール Bホール
日時
2014年5月17日 14:00~
武助馬
柳亭こみち
松曳き
柳亭市馬
宿屋の仇討
柳家権太楼
仲入り
笠碁
柳家小満ん

今日の東横は先代小さん13回忌のためか柳家の会。演目も柳家の滑稽噺がそろった。こみちさんの武助馬の役者たちの大らかさ、市馬さんの松曳きの侍たちの粗忽加減、権太楼さんの江戸っ子のにぎやかさ、小満んさんの隠居さんお二人の稚気たっぷりのやりとり、楽しかった。

プログラム

配布チラシ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14-05-16 ザ 落語 #落語 #rakugo

公演名
ザ 落語
会場
ティアラこうとう 大ホール
日時
2014年5月16日 18:30~
犬の目
春風亭昇吾
長命
春風亭昇太
仲入り
読書の時間〜津軽三味線
林家ひろ木
豊志賀
春風亭小朝

今日の会は、真景累ヶ淵を小朝さんと歌丸さんがリレーする予定だったのかな。その代わりの昇太さんのにぎやかな長命を楽しんで、久しぶりにひろ木さんの津軽三味線を聞いて、前座で犬の目を聞いて、もちろん、見事な演出の小朝さんの豊志賀を堪能。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14-05-15 こしら一之輔 ニッポンの話芸スペシャル #落語 #rakugo

公演名
こしら一之輔 ニッポンの話芸スペシャル
会場
成城ホール
日時
2014年5月15日 19:00~
短命
立川こしら
仲入り
新聞記事
春風亭一之輔
らくだの子ほめ
春風亭一之輔
アフタートーク
広瀬和生・こしら・一之輔

こしらさんの短命は初めて。こしらワールドの妄想は尋ねてきた男ではなくて、隠居さんがなんとか分からそうとして例えで出てくる。突き当たりまで湧いて出てくる異世界イメージを久しぶりに堪能。

こしらさんの短命を受けて、鸚鵡返しのネタをと新聞記事をはじけて。この会の最初でらくだを演ったと述懐してから、らくだの子ほめへ。聞くたびに破壊力を増している感じ。

プログラム

配布チラシ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14-05-14 よみうり大手町ホール開館記念「至高の落語 五日間」《第三夜》 #落語 #rakugo

公演名
よみうり大手町ホール開館記念「至高の落語 五日間」《第三夜》
会場
よみうり大手町ホール
日時
2014年5月14日 18:30~
動物園
桂三語
京の茶漬け
桂かい枝
稽古屋
桂米團治
仲入り
誕生日
桂文枝

第三夜は髪型落語。昨日の芸協の時もそうだけど、今日もそれぞれの代表的なネタを披露。京の茶漬けなんかはかい枝さんでしか聞いたことがないし、お囃子さんとの息もあった、米團治さんの稽古屋のにぎやかさ、文枝さんの米寿を祝う会の新作はほっこりとした後味を堪能した。

プログラム

配布チラシ  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14-05-13 よみうり大手町ホール開館記念「至高の落語 五日間」《第二夜》 #落語 #rakugo

公演名
よみうり大手町ホール開館記念「至高の落語 五日間」《第二夜》
会場
よみうり大手町ホール
日時
2014年5月13日 18:30~
まんじゅう怖い
春風亭昇羊
つる
桂宮治
ちはやふる
瀧川鯉昇
仲入り
宿屋の仇討
春風亭昇太

よみうり大手町ホールの杮落とし落語公演五日間の内、芸協の日。歌丸さんがあれのため、鯉昇さんが代演。期せずして珍しい兄弟会に。芸協のホープ宮治さん を含め、それぞれの得意ネタを。ホールは有楽町に比べて、ゆったりとして傾斜も適度についていて、落語を聞くにもいい感じ。

プログラム

配布チラシ  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14-05-11 黒門亭 1部〜光る二ツ目の会〜 #落語 #rakugo

公演名
黒門亭 1部〜光る二ツ目の会〜
会場
落語協会2階
日時
2014年5月11日 12:00~
新がまの油
三遊亭わん丈
粗忽の使者
柳家緑君
五人廻し
柳家さん若
仲入り
花筏
鈴々舎八ゑ馬
寝床
柳家喬の字

一生懸命の熱演が楽しかった。

プログラム

配布チラシ  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14-05-10 桂雀々のジャックンカフェ〜珍品3連発〜 #落語 #rakugo

公演名
桂雀々のジャックンカフェ〜珍品3連発〜
会場
らくごカフェ
日時
2014年5月10日 18:00~
鯉船
桂雀々
植木屋娘
桂雀々
仲入り
一人酒盛
桂雀々

今回のジャックンカフェは珍品を三席。鯉船は若旦那の打たせ網に無理矢理割り込んだ男がわーきゃーいう噺。網の打ち方は本職に習った由。植木屋娘は歌武蔵さんで聞いたことがあるが、その五割増しでにぎやか。一人酒盛は時松さんで聞いたより五割増しで忙しない。

配布チラシ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14-05-08 J亭落語会 喜怒哀楽 「喜」シリーズ 柳家三三独演会 #落語 #rakugo

公演名
J亭落語会 喜怒哀楽 「喜」シリーズ 柳家三三独演会
会場
JTアートホール アフィニス
日時
2014年5月8日 19:00~
悋気の独楽
林家扇
金明竹
柳家三三
短命
柳家三三
仲入り
粗忽の釘
柳家三三

今日の三三さんは、滑稽噺のまん真ん中をいく三席。どれも素直な形できちんと丁寧に。金明竹の言い立ては繰り返すごとに間や速さをかえるし、短命のわけを悟る場面では無言で表情の変化で分からせ、粗忽の釘の粗忽さは絶妙。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14-05-06 朝練講談会「『天保水滸伝』俥読みの会」《楽日》 #講談

公演名
朝練講談会「『天保水滸伝』俥読みの会」《楽日》
会場
お江戸日本橋亭
日時
2014年5月6日 09:30~
三浦屋孫次郎の義侠
神田松之丞
天保水滸伝外伝
―番場の忠太郎
神田春陽

松之丞さん、血吹雪散ってかっこいい。こればっかりは講談で聞きたいよね。対して春陽さんはなかなか笹川一家に世話になっていた番場の忠太郎を。こちらはやはり浪曲に近い感触。

プログラム

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14-05-05 朝練講談会「『天保水滸伝』俥読みの会」《三日目》 #講談

公演名
朝練講談会「『天保水滸伝』俥読みの会」《三日目》
会場
お江戸日本橋亭
日時
2014年5月5日 09:30~
潮来の遊び
神田松之丞
平手造酒の最期
神田春陽

今日も松之丞さんはちょっと本筋から外れた話。それでも任侠版明烏のような潮来の遊びを、楽しく。
平手造酒の最期はいよいよ喧嘩の勇ましい話し。平手造酒の侍としての将来や深酒を心配する笹川の度量の広さや、義に厚い平手造酒を嫌味なく描き出す。

プログラム

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14-05-04 朝練講談会「『天保水滸伝』俥読みの会」《二日目》 #講談

公演名
朝練講談会「『天保水滸伝』俥読みの会」《二日目》
会場
お江戸日本橋亭
日時
2014年5月4日 09:30~
ボロ忠売り出し
神田松之丞
笹川の花会
神田春陽

ボロ忠売り出しは笹川とも飯岡ともあまり関係のないものとのこと。松之丞さんが忠吉の人懐こい人柄を楽しく。春陽さんは笹川の花会で、笹川繁蔵と飯岡助五郎の格の違いをしっかりと。

プログラム

配布チラシ

続きを読む "14-05-04 朝練講談会「『天保水滸伝』俥読みの会」《二日目》 #講談"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14-05-01 大天どん会 2014シリーズ―その1− #落語 #rakugo

公演名
大天どん会 2014シリーズ―その1−
会場
お江戸日本橋亭
日時
2014年5月1日 19:00~
強情灸
三遊亭わん丈
時をかけるおっさん
三遊亭天どん
片棒
入船亭扇辰
仲入り
忘れたじいさん
三遊亭天どん

あ大天どん会はる程度筋がある新作をきっちりと残して行こうとする会の模様。第一回目は、お気に入りのアイドルの危機を救おうとタイムスリップしてしまう噺と、忘れたとしか言わなくなったけど、身の回りの危険を予見できるおじいさんの噺。面白かった。

新作だけを演る会のゲストに扇辰さん?という感じであったが、始めた片棒が金銀の二人兄弟。その二人はオーソドックスな形。オチはきちんとつけていて、ある意味この会にふさわしいかも。

配布チラシ  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14-04-30 柳家喜多八独演会「喜多八膝栗毛 春之月」 #落語 #rakugo

公演名
柳家喜多八独演会「喜多八膝栗毛 春之月」
会場
博品館劇場
日時
2014年4月30日 19:00~
看板のピン
柳家ろべえ
禁酒番屋
柳家喜多八
三十石船
柳家喜多八
仲入り
動物ものまね
江戸家小猫
紺屋高尾
柳家喜多八

三十石船がようやく聞けた。「江戸っ子だってね」「神田の生まれよ」の繰り返しを軸に楽しい落語になっていた。同じ浪曲由来の紺屋高尾も武春さんで聞くと 嫋嫋たるもので、対して喜多八さんは抑えた演出で 、これは落語だからというわけではないけど、落語だからこそとも思う。

プログラム

配布チラシ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »