« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

14-06-29 第四回 NBS殺人研究会 #落語 #rakugo #講談

公演名
第四回 NBS殺人研究会
会場
お江戸日本橋亭
日時
2014年6月29日 18:00~
解説
石井徹也・いたちや
畦倉重四郎
ー三五郎再会〜三五郎殺し
神田松之丞
仲入り
猫定
蜃気楼龍玉

講談の殺しは、解説の石井さんや松之丞さんも言っているように、からっとしている。畔倉重四郎は特に目の前にある邪魔ものを払うような感じで殺してしま う。松之丞さんはそれを嬉々として演じるているのが楽しい。龍玉さんの猫定はネタおろしだそうで、渋い博打打ちが良かった。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14-06-29 桂米團治 独演会〜米團治の吟醸噺〜 #落語 #rakugo

公演名
桂米團治 独演会〜米團治の吟醸噺〜
会場
銀座ブロッサム
日時
2014年6月29日 13:00~
七度狐
桂米輝
地獄八景亡者戯
桂米團治
上燗屋
桂ひろば
鹿政談
桂米團治
仲入り
三十石 夢の通い路
桂米團治

芸人は親の死に目に会えないと言いながら、母親の葬儀の翌日に東京での独演会の米團治さん。それで予定になかった地獄八景を演ってにOSKだった母親を出演。上方のをと鹿政談は四度目ぐらい。ネタ出しの三十石はなんとネタおろしだそうで、船頭唄もにぎやかに。

プログラム

配布チラシ  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14-06-27 柳家花緑独演会 #落語 #rakugo

公演名
柳家花緑独演会
会場
なかのZERO 小ホール
日時
2014年6月27日 19:00~
出来心
柳家フラワー
試し酒
柳家花緑
仲入り
不動坊
柳家花緑

久しぶりの花緑さん、やはり暖かい人柄が伝わってくるのがいい。花緑さんはお酒に強くないのに、試し酒での飲みっぷりは、この上なく楽しそう。不動坊でも 湯屋での二人の生活を妄想の疾走感も、もちろん面白いけど、チンドン屋があんころと間違えたことを一切後悔しない様がいい。

配布チラシ 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14-06-25 みんなのビッグショー #落語 #rakugo

公演名
みんなのビッグショー
会場
なかのZERO 小ホール
日時
2014年6月25日 19:00~
牛ほめ
柳家さん坊
よかちょろ
三遊亭天どん
真空ギター漫談
寒空はだか
すみれ荘201号室
柳家喬太郎
仲入り
ギター漫談
ぺぺ桜井
片棒
柳亭市馬

天どんさんは古典のよかちょろを。その前に歌う会だよねと、自身の新作のアイドルの歌。安定のはだかさんの後の喬太郎さんは、すみれ荘201号室で久しぶ りのホテトル音頭。ペペ桜井さんのギターを堪能。市馬さんは、今日の会長就任の挨拶をしてから、片棒でお祭りマンボを披露。

プログラム

配布チラシ  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14-06-22 一蔵ひとりの会 #落語 #rakugo

公演名
一蔵ひとりの会
会場
らくごカフェ
日時
2014年6月22日 14:00~
夏泥
春風亭一蔵
片棒
春風亭一蔵
仲入り
青菜
春風亭一蔵

配布チラシ 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14-06-22 鈴本早朝寄席 #落語 #rakugo

公演名
鈴本早朝寄席
会場
鈴本演芸場
日時
2014年6月22日 10:00~
たがや
入船亭遊一
壺算
林家はな平
たらちね
鈴々舎馬るこ
お菊の皿
三遊亭歌太郎

端正な語り口の遊一さんで今シーズン初のたがやを、はな平さんの壼算の遭遇率は高いかなと、馬るこさんのたらちねはスタンダードだけど大家が紹介する時の手順にらしさを、歌太郎さんのにぎやかなお菊の皿で御開き。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14-06-21 松之丞百席 #講談

公演名
文左衛門の月例「文蔵コレクション」
会場
らくごカフェ
日時
2014年6月21日 14:00~
慶安太平記より
丸橋忠弥登場
神田松之丞
慶安太平記より
忠弥正雪の立会
神田松之丞
仲入り
寛永宮本武蔵伝より
下関の船宿
神田松之丞
寛永宮本武蔵伝より
灘島の決闘
神田松之丞

講談は連続ものでも、ひとつひとつでもちゃんと聴かせどころを持っている、と感じた今日の松之丞さん。慶安太平記では、丸橋忠弥という魅力的なキャラクターの描写で聴かせて、寛永宮本武蔵伝では、大団円の決闘を活写してワクワクさせる。楽しかった。

配布チラシ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14-06-21 文左衛門の月例「文蔵コレクション」 #落語 #rakugo

公演名
文左衛門の月例「文蔵コレクション」
会場
らくごカフェ
日時
2014年6月21日 14:00~
道潅
橘家かな文
勘定板
橘家文左衛門
後生鰻
橘家文左衛門
アンケートトーク
橘家文左衛門
仲入り
転宅
橘家文左衛門

勘定板はコンパクトな寄席サイズだから一時期良くかけられたそうで、これからかけて行こうかなとも。後生鰻もあまり聞かない噺。オチが落語らしいなのけ ど、演りそこなうと後味が悪いからかな。ネタ出ししていた大工調べは啖呵の場面だけで、先日とちった転宅を。やはり面白い。

配布チラシ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14-06-19 千五郎狂言会 第十六回 #狂言

公演名
千五郎狂言会 第十六回
会場
国立能楽堂
日時
2014年6月19日 19:00~
しびり
太郎冠者
茂山鳳仁
主人
茂山千五郎
居杭(いぐい)
居杭
茂山竜正
何某
茂山逸平
算置
茂山茂
武悪(ぶあく)
武悪
茂山千五郎
主人
茂山七五三
太郎冠者
茂山正邦

この太郎冠者は、しびりがして歩けないという、子供も言わないような稚拙な言い訳をするのを、まさに子供が演じるのだから、もう可愛らしくて仕方がない。鳳仁くんははつらつと元気良く大きな声で良かった。

居杭にはお兄ちゃんの竜正くんが挑戦。大きくなったよね。発声がしっかりしているし、仕草もきちんとしている。こんな風にして流れが継がれていくのだと感じた。正邦父さんがしっかりと後見していたし。

この三人の武悪は圧倒的。前半は緊張で空気がピンと張り息が詰まる様。だからこそ、緊張が緩和する後半では、ちょっとした仕草に笑いが起こる。鳳仁くんたちが披らくのはいつになるのかな。

プログラム

配布チラシ

続きを読む "14-06-19 千五郎狂言会 第十六回 #狂言"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14-06-17 らくごカフェに火曜会 こみち・小辰 #落語 #rakugo

公演名
らくごカフェに火曜会 こみち・小辰
会場
らくごカフェ
日時
2014年6月17日 19:30~
女泥棒
柳亭こみち
一分茶番
入船亭小辰
仲入り
一目上がり
入船亭小辰
祇園祭
柳亭こみち

今日のこみちさんは、天然系の恍けた可愛らしい女性が登場する女泥棒と、キレのいい啖呵と勢いのある祭囃子がにぎやかな祇園祭と対照的な二席。祇園祭は三人旅の部分も残った長いもの。あご勇ののような顔になる京男が面白い。

今日は小辰さんのリズム感の良さか楽しめた二席。一目上がりではポンポンと調子が上がっていく。対照的に、一分茶番では、流れるようなセリフのやり取りがあるはずなのに、権助の絶妙なはぐらかしでつんのめる感じが面白い。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14-06-16 コラアゲンはいごうまん・春風亭一之輔 二人会 #落語 #rakugo

公演名
コラアゲンはいごうまん・春風亭一之輔 二人会
会場
横浜にぎわい座 のげシャーレ
日時
2014年6月16日 19:00~
ご挨拶
コラアゲンはいごうまん・一之輔
新聞記事
春風亭一之輔
奴隷の入試を受験
コラアゲンはいごうまん
仲入り
青菜
春風亭一之輔

一之輔さんが気に入ったコラアゲンはいごうまんと組んだ会の二回目。いろんな所に飛び込んだ経験を語る体験ノンフィクション芸。今日はSMの女王が募集した奴隷の入試の話し。やっていることのおかしさも面白いけど、そういうことをやる人たちの愛しさがたまらない。

新聞記事もそうだし、ついこの間、16列目で聞いたのと比較して聞いた青菜でも感じたのは、一之輔さんの表情の可愛らしさに惹かれてしまうのだなということ。ちょっとしたことでニコッと笑う顔がいいなとも。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14-06-14 第二十五回 大手町落語会 #落語 #rakugo

公演名
第二十五回 大手町落語会
会場
日経ホール
日時
2014年6月14日 13:30~
雷電の初土俵
神田松之丞
かぼちゃや
柳亭市馬
牡丹灯籠ーお札はがし
林家正雀
仲入り
真景累ヶ淵ー発端
隅田川馬石
船徳
柳家さん喬

今日の大手町落語会は、夏の滑稽噺二席の間に圓朝の怪談を二席挟んで講談を頭に置くという変わった構成。松之丞さんの勢いのある相撲の後に、のどやかな市 馬さんの与太郎を、正雀さんの本流のお札はがし、馬石さんのキレのいい宗悦殺しの怪談を堪能して、さん喬さんの船徳で大笑い。

プログラム

配布チラシ  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14-06-12 J亭落語会 喜怒哀楽「喜」シリーズ 春風亭一之輔独演会

公演名
J亭落語会 喜努愛楽「喜」シリーズ 春風亭一之輔独演会
会場
JTアートホール アフィニス
日時
2014年6月12日 19:00~
転失気
柳家小はぜ
かぼちゃや
春風亭一之輔
代書屋
春風亭一之輔
仲入り
徳ちゃん
柳家さん若
青菜
春風亭一之輔

ふてぶてしい与太郎が楽しいかぼちゃやは、昨日の唐茄子屋政談の反動とのこと。客との丁々発止のやり取りがおかしい代書屋からの、夫婦の仲のよさがさらに際立ってきた青菜で夏を感じる。

配布チラシ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14-06-10 第117回江戸川落語会 #落語 #rakugo

公演名
第117回江戸川落語会
会場
江戸川区総合文化センター 小ホール
日時
2014年6月10日 18:30~
牛ほめ
林家つる子
あくび指南
柳家喜多八
おすわどん
桂歌丸
仲入り
千早ふる
瀧川鯉昇
お見立て
入船亭扇遊

歌丸さんは板付きで登場ながら元気な様子。

今日の江戸川落語会は睦会+歌丸さんという顔付け。喜多八さんの爆笑編のあくび指南、相変わらずはじけた鯉昇さんの千早ふる、さらっと軽やかな扇遊さんのお見立てに、途中までは怪談噺かなと思わせ、あまりに落語らしい馬鹿げたオチで笑わせる歌丸さんのおすわどんを堪能。

プログラム

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14-06-08 林家たい平独演会vol.63「天下たい平」 #落語 #rakugo

公演名
林家たい平独演会vol.63「天下たい平」
会場
横浜にぎわい座 芸能ホール
日時
平成26年6月8日 14:00~
三味線漫談
林家あずみ
馬のす
林家たい平
仲入り
ひとりコント
与座よしあき
三枚起請
林家たい平

馬のすは口先ひとつで、酒肴をせしめる、落語らしい噺。たい平さんはダレることなく、キッチリと惹きつける。したたかさでは、三枚起請の花魁のほうが上かな。あちこちに起請文を出していたのを、問い詰められた時の啖呵が小気味好い。

プログラム

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14-06-03 らくごカフェに火曜会 天どん・一蔵 #落語 #rakugo

公演名
らくごカフェに火曜会 天どん・一蔵
会場
らくごカフェ
日時
2014年6月3日 19:30~
夏どろ
春風亭一蔵
厩火事
三遊亭天どん
仲入り
(厩火事家族)
三遊亭天どん
青菜
春風亭一蔵

一蔵さんの落語は明るくてにぎやか。夏どろの泥棒が最後のほうはやけになって長屋の男を頑張れと励ますのがおかしい。青菜の植木屋の友達は、なりきりに慣れた様子で乗っかって行く展開が新鮮。

天どんさんの厩火事は、ハイテンションの女房とローな兄貴分のやり取りがおかしい。二席目の新作は姉弟の四人家族の父親が、厩火事の麹町を引き合いにして、他の家族に対してやったひどいことをチャラにしようとする。反対に家族からは唐土でやり返される、変な噺 。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14-06-02 白酒・馬石・龍玉三人会「雲助の弟子でござる」其の四 #落語 #rakugo

公演名
白酒・馬石・龍玉三人会「雲助の弟子でござる」其の四
会場
江東区深川江戸資料館 小劇場
日時
2014年6月2日 19:00~
無精床
古今亭きょう介
鮑のし
隅田川馬石
千両みかん
蜃気楼龍玉
仲入り
お化け長屋
桃月庵白酒

雲助門下の三人会、幅の広さを楽しめる。馬石さんの鮑のしの大家は、恍けた男を受け止めて楽しんでいる。のんきな番頭が追い詰められていく様がおかしい龍玉さんの千両みかん、乱暴者なのに理詰めで怪談話の矛盾を突いていくのが新鮮な白酒さんのお化け長屋を堪能。

配布チラシ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14-06-01 桂宗助・桂吉坊 二人会 in らくごカフェ 夜の部 #落語 #rakugo

公演名
桂宗助・桂吉坊 二人会 in らくごカフェ 夜の部
会場
らくごカフェ
日時
2014年6月1日 17:30~
トーク
吉坊・宗助
禍は下
桂宗助
天神山
桂吉坊
仲入り
らくだ
桂宗助

初めて聞く噺はいくらでもあって、禍は下もその一つ。権助魚のの小僧版みたいで、御寮さんと小僧のやり取りを宗助さんが楽しげに。対してらくだの時は、屑 やがグズグズに酔っ払って行く様を克明に。吉坊さんの天神山では、幽霊や狐を嫁にする落語らしい奇人を生き生きと楽しげに。

配布チラシ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14-06-01 桂宗助・桂吉坊 二人会 in らくごカフェ 昼の部 #落語 #rakugo

公演名
桂宗助・桂吉坊 二人会 in らくごカフェ 昼の部
会場
らくごカフェ
日時
2014年6月1日 14:00~
トーク
宗助・吉坊
ふぐなべ
桂吉坊
佐々木政談
桂宗助
仲入り
愛宕山
桂吉坊

上方落語を聞く楽しみに、描かれる旦那がある。ふぐなべの飄々とした旦那や、愛宕山の道楽に飽きた様子などを、吉坊さんが楽しげに。芸者衆に子供が混じっ ている様子も雰囲気がある。子供といえば佐々木政談のこましゃくれた子供も、宗助さんの落ち着いた上方言葉で聞くのがいい。

配布チラシ 

続きを読む "14-06-01 桂宗助・桂吉坊 二人会 in らくごカフェ 昼の部 #落語 #rakugo"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14-06-01 鈴本早朝寄席 #落語 #rakugo

公演名
鈴本早朝寄席
会場
鈴本演芸場
日時
2014年6月1日 10:00~
啞の釣り
春風亭朝也
後生鰻
初音家左吉
仏馬
柳家喬之進
千早振る
林家扇

朝也さんは身振り手振りが楽しく、蒟蒻問答も聞きたい。左吉さんは珍しい後生鰻を探りながら。喬之進さんは仏馬の生臭坊主を楽しげに。殺生禁断、後生、生臭坊主ときて知ったかぶりを振ったので転失気かなと思ったら、扇さんは千早振るへ。まだリズムが取り切れていないかな。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14-05-31 第二十二回 鎌倉はなし会 桂米團治独演会 #落語 #rakugo

公演名
第二十二回 鎌倉はなし会 桂米團治独演会
会場
鎌倉芸術館 小ホール
日時
2014年5月31日 15:00~
動物園
桂米輝
子ほめ
桂米團治
明石飛脚
桂しん吉
親子茶屋
桂米團治
仲入り
代書
桂米團治

米團治さんの今日の独演会の裏テーマは四代目の得意ネタを。前噺の子ほめも手練れにかかるとこの面白さ。親子茶屋は当代にとっても得意ネタと言っていいのかな、にぎやかで楽しい。代書は先代の頃の形で、結納の受け取り、朝鮮からの渡航証明なども。オチも自著不能につきで。

プログラム

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »