« 14-07-20 夏TEN 第一部〜七年目のフルスイング〜「馬鹿な男は有頂TEN〜悪女噺特集〜」 #落語 #rakugo | トップページ | 14-07-20 夏TEN 第三部〜七年目のフルスイング〜「待ってました!田端!」 #落語 #rakugo »

14-07-20 夏TEN 第二部〜七年目のフルスイング〜「鈴々舎ワルコプロデュース〜回TEN木馬の落語会〜」 #落語 #rakugo

公演名
夏TEN 第二部〜七年目のフルスイング〜「鈴々舎ワルコプロデュース〜回TEN木馬の落語会〜」
会場
らくごカフェ
日時
2014年7月20日 16:00~
落語実況生中継
「子ほめ」
実演:駒次
実況と解説:馬るこ・花ん謝
チュアル落語
「狸札〜たらちね」
馬るこ・志ん八・こみち
仲入り
長講「小言幸兵衛」
柳家さん若

夏TEN二部は鈴々舎ワルコプロデュースのおふざけの会。先ずは、実況落語は、駒次さんが子ほめを一回普通に演じて、繰り返すのを馬るこさんと花ん謝さんがDVDコメンタリーよろしくふざけきったチャチャを入れていく。これに駒次さんが必死に耐える様子がおかしい。

ワルコプロデュースの二席目は馬るこ・志ん八・こみちの三人で落語を演るデュアル落語。狸札では、志ん八さんの狸が可愛いらしさ、下に振るのをこみちさん がかわす様子がおかしい。たらちねでは嫁役の志ん八さんが、長い言い立てを覚えていない体で、二人から教わる様子が楽しかった。

トリのさん若さんはキッチリと長講をと小言幸兵衛。前半の小言を並べ立てるところは、場面転換も鮮やかにテキパキと。後半の妄想も芝居がかりを中心として的確な描写によって情景が目に浮かぶ。ワルコの馬鹿らしさと対照して楽しかった。

プログラム

配布チラシ

|

« 14-07-20 夏TEN 第一部〜七年目のフルスイング〜「馬鹿な男は有頂TEN〜悪女噺特集〜」 #落語 #rakugo | トップページ | 14-07-20 夏TEN 第三部〜七年目のフルスイング〜「待ってました!田端!」 #落語 #rakugo »

落語」カテゴリの記事

柳亭こみち」カテゴリの記事

古今亭志ん八」カテゴリの記事

古今亭駒次」カテゴリの記事

鈴々舎馬るこ」カテゴリの記事

柳家さん若」カテゴリの記事

柳家花ん謝」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 14-07-20 夏TEN 第二部〜七年目のフルスイング〜「鈴々舎ワルコプロデュース〜回TEN木馬の落語会〜」 #落語 #rakugo:

« 14-07-20 夏TEN 第一部〜七年目のフルスイング〜「馬鹿な男は有頂TEN〜悪女噺特集〜」 #落語 #rakugo | トップページ | 14-07-20 夏TEN 第三部〜七年目のフルスイング〜「待ってました!田端!」 #落語 #rakugo »