« 14-08-13 渋谷に福来たる ~古典ムーヴ/夏一番2014~ 長講三席 #落語 #rakugo | トップページ | 14-08-17 朝練講談会 #講談 »

14-08-15 柳家小三治独演会 #落語 #rakugo

公演名
柳家小三治独演会
会場
よみうりホール
日時
2014年8月15日 19:00~
ぼやき酒屋
柳家はん治
宿屋の富
柳家小三治
仲入り
かぼちゃや
柳家小三治

小三治さんは本当に久しぶり。あらためて聞くと、登場人物がありありと浮かんでくる。小心な宿屋の主人や、田舎の客が金策に来ているのに、弾みでなけなしの金を出してしまう様、与太郎の抜けた様子が、もしかしたらいるかもしれないと感じる存在感。堪能した。

配布チラシ

|

« 14-08-13 渋谷に福来たる ~古典ムーヴ/夏一番2014~ 長講三席 #落語 #rakugo | トップページ | 14-08-17 朝練講談会 #講談 »

落語」カテゴリの記事

柳家小三治」カテゴリの記事

柳家はん治」カテゴリの記事

コメント

広瀬和生さんは落語通で落語関連の本を何冊も書いておられますが、ほんとに落語を知っておられるのでしょうか。
私は昭和11年生まれ、昭和42年に渡米し2005年に大学を退官したニューヨーク在住の血液学者です。落語が好きで、個人の録音を明治末期から現代まで数千持っています。私が東京で頻繁に寄席に通っていた頃は文楽(8代目)と志ん生がいちおう大御所で、人間国宝になった小さんが中堅の落語家、志ん朝なんかは高校生という感じでした。
私からみると小三治というのは落語の才能が全くない噺家です。先代の円楽よりはいくらかマシという程度。なぜああいう才能のない人が落語家をやっているのかわからない。ヘタの横好きかなと思います。若い頃小さんにお前の落語は面白くないだよといわれたのも当然で、今でもまったく面白くありません。実は師匠の小さんも、あの顔(落語の顔をしていた)で得していたけど、噺はそんなに面白くなかった。同じ演題を続けて聴く気にはなれなかった。要するに「お子ちゃま落語」でした。

投稿: MOKUMOKU | 2014年9月17日 (水) 05時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 14-08-15 柳家小三治独演会 #落語 #rakugo:

« 14-08-13 渋谷に福来たる ~古典ムーヴ/夏一番2014~ 長講三席 #落語 #rakugo | トップページ | 14-08-17 朝練講談会 #講談 »