« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

14-08-31 朝練講談会 #講談

公演名
朝練講談会
会場
お江戸日本橋亭
日時
2014年8月31日 09:30~
黒田節の由来
宝井梅湯
四谷怪談―お岩無念
一龍斎貞寿

講談では福島正則は愛すべき人のようで、先週聞いた荒茶でも今日聞いた黒田節でもと。講談は初心者なので四谷怪談は初めて。貞寿さんで発端のお岩無念を聞いていると、これはやはり講談ならではのものなんだろうとも。楽しかった。

配布チラシ  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14-08-27 柳家喜多八独演会「喜多八膝栗毛 夏之月」 #落語 #rakugo

公演名
柳家喜多八独演会「喜多八膝栗毛 夏之月」
会場
博品館劇場
日時
2014年8月27日 19:00~
五目講釈
春風亭正太郎
落ち武者
柳家喜多八
尼狐
柳家喜多八
煙草好き
柳家喜多八
仲入り
太神楽
鏡味味千代
片棒
柳家喜多八

プログラム

配布チラシ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14-08-26 らくごカフェに火曜会OB会 龍玉・志ん陽 #落語 #rakugo

公演名
らくごカフェに火曜会OB会 龍玉・志ん陽
会場
らくごカフェ
日時
2014年8月26日 19:30~
子ほめ
蜃気楼龍玉
甲府ぃ
古今亭志ん陽
仲入り
たらちね
古今亭志ん陽
怪談牡丹燈籠ー栗橋宿
蜃気楼龍玉

今日の火曜会は、開口の子ほめ以外は何らかの夫婦もの。とはいえ、志ん陽さんは、おめでたいたらちねと善人ばかりの甲府ぃと、らしい噺を。龍玉さんは牡丹灯籠でも、お札はがしなら、この世で結ばれない悲恋なのに、そちらではなくドロドロの愛憎がぶつかる栗橋宿。流石。

配布チラシ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14-08-25 第二回 春風亭一朝 立川左談次 二人会 #落語 #rakugo

公演名
第二回 春風亭一朝 立川左談次 二人会
会場
北沢タウンホール
日時
2014年8月25日 19:00~
短命
春風亭一朝
妾馬
立川左談次
仲入り
真田小僧
立川左談次
片棒
春風亭一朝

一朝さんと左談次さんの同期の二人会。二人とも粋で洒脱。一朝さんの短命、左談次さんの真田小僧という軽めの噺をさらりと。妾馬はくさくもなるものを左談次さんは八五郎の江戸っ子としての矜恃を保って。同じ江戸っ子でも片棒では派手好みを一朝さんが活写。楽しかった。

プログラム

配布チラシ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14-08-24 一蔵ひとりの会 #落語 #rakugo

公演名
一蔵ひとりの会
会場
らくごカフェ
日時
平成26年8月24日 14:00~
短命
春風亭一蔵
鰻の幇間
春風亭一蔵
仲入り
竹の水仙
春風亭一蔵

毎回、ネタおろしを演る一蔵さんの会、今回は鰻の幇間だけど、えっ演っていなかったんだという感じ。今シーズンは他でも何度も当たっていたからかな。これからの工夫が楽しみ。短命での工夫からも期待できるし。竹の水仙の人のいい宿屋の主人もいい。

配布チラシ 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14-08-24 朝練講談会 #講談

公演名
朝練講談会
会場
お江戸日本橋亭
日時
2014年8月24日 09:30~
昭和歌謡講談 リンゴの唄
神田真紅
中村仲蔵
神田松之丞

真紅さんの昭和歌謡講談は新作だけど、講談ならではの風味が感じられて、やはりいいよね。もう季節じゃないけど、岡本綺堂の怪談ものなんかを来シーズンに考えてもらえないかな。松之丞さんの仲蔵は定九郎の場面がトントンと盛り上がってワクワクした。

配布チラシ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14-08-22 三遊亭萬橘独演会〜よこはま萬々〜 #落語 #rakugo

公演名
三遊亭萬橘独演会〜よこはま萬々〜
会場
横浜にぎわい座 のげシャーレ
日時
2014年8月22日 19:00~
義眼
三遊亭萬橘
提灯屋
三遊亭萬橘
仲入り
紺屋高尾
三遊亭萬橘

萬橘さんの独演会、始めは落語らしい馬鹿らしさいっぱいの義眼。提灯屋は前半の無筆の連中が知ったかぶりをして広告を読もうとするところに重点を置いてダレを避ける。紺屋高尾は花魁道中の馴れ初めを、地の文語りでなくしっかりと演り久蔵の想いを明確に。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14-08-19 らくごカフェに火曜会 天どん・こみち #落語 #rakugo

公演名
らくごカフェに火曜会 天どん・こみち
会場
らくごカフェ
日時
2014年8月19日 19:30~
民謡大家
柳亭こみち
九号車の怪談
三遊亭天どん
仲入り
手負いの獣
三遊亭天どん
三枚起請
柳亭こみち

今日の火曜会、こみちさんは、民謡大家できれいな喉を、三枚起請でキレのいい啖呵を披露。天どんさんは5~6年ぶりの九号車の怪談とと12~3年ぶりの手負いの獣新作を。火曜会でしか聞くことができないのかな。

配布チラシ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14-08-17 黒門亭1部 #落語 #rakugo

公演名
黒門亭 1部
会場
落語協会2階
日時
2014年8月17日 12:00~
金明竹
入船亭ゆう京
風呂敷
春風亭一蔵
千両みかん
柳家〆治
仲入り
松曳き
柳家甚語楼
船徳
古今亭志ん丸

配布チラシ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14-08-17 朝練講談会 #講談

公演名
朝練講談会
会場
お江戸日本橋亭
日時
2014年8月17日 09:30~
寛永宮本武蔵伝ー道場破り
神田みのり
本能寺の逆寄せ
神田みのり
左甚五郎ー水飲みの龍
一龍斎貞橘

みのりさんは初めてか、少なくともまとまったものを聞くのは初めて。基本に忠実で元気いっぱいで聞いていて気持ちがいい。昨日加山雄三の姿三四郎をみたけど、似た構造を感じる。貞橘さんの甚五郎も、その落ち着いた口調でしっかりと聞かせる。

配布チラシ  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14-08-15 柳家小三治独演会 #落語 #rakugo

公演名
柳家小三治独演会
会場
よみうりホール
日時
2014年8月15日 19:00~
ぼやき酒屋
柳家はん治
宿屋の富
柳家小三治
仲入り
かぼちゃや
柳家小三治

小三治さんは本当に久しぶり。あらためて聞くと、登場人物がありありと浮かんでくる。小心な宿屋の主人や、田舎の客が金策に来ているのに、弾みでなけなしの金を出してしまう様、与太郎の抜けた様子が、もしかしたらいるかもしれないと感じる存在感。堪能した。

配布チラシ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

14-08-13 渋谷に福来たる ~古典ムーヴ/夏一番2014~ 長講三席 #落語 #rakugo

公演名
渋谷に福来たる ~古典ムーヴ/夏一番2014~ 長講三席
会場
渋谷区文化総合センター大和田 さくらホール
日時
2014年8月13日 19:00~
狸札
柳亭市助
鰻の幇間
春風亭一之輔
三枚起請
柳家三三
仲入り
らくだ
桃月庵白酒

一之輔さんの幇間の後半の流れるような愚痴がおかしい。女中の誕生会が後に入っていて追い出されるのも。三三さんの三枚起請は若旦那が終始笑っているのが通じたくすぐりになっているのがおかしい。白酒さんの屑やと兄貴分の逆転の滑らかさに感じいる。

プログラム

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14-08-12 萬橘馬るこ プラスワン 第三回 #落語 #rakugo

公演名
萬橘馬るこ プラスワン 第三回
会場
北沢タウンホール
日時
2014年8月12日 19:00~
オープニングトーク
広瀬和生・わん丈・天どん・馬るこ・萬橘
子ほめ
三遊亭わん丈
代書屋
鈴々舎馬るこ
船徳
三遊亭天どん
仲入り
火焔太鼓
三遊亭萬橘

わん丈さんの細かいくすぐりが楽しい子ほめから、馬るこさんの兄弟二人にして構成を凝らした代書屋(名前にも工夫が)、大筋は変わらないのに、何故か別物 に聞こえる船徳、こちらはくすぐりもよく聞くものなのに、何故か新鮮に聞こえる、萬橘さんの火焔太鼓。これからも楽しみの会。

プログラム

配布チラシ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

14-08-10 林家たい平独演会 vol.64「天下たい平」 #落語 #rakugo

公演名
林家たい平独演会vol.64「天下たい平」
会場
横浜にぎわい座 芸能ホール
日時
2014年8月10日 14:00~
三味線漫談
林家あずみ
気性予報士
林家たい平
たがや
林家たい平
仲入り
漫才
ニックス
ちりとてちん
林家たい平

たい平さんは今日来る電車のなかでみた夢からの新作を。台風が近づいて来るなかで奥さんの台風あるあるに振り回される旦那の噺。気性予報士というオチが浮かんで。これだけではと夏らしいたがやを。たい平さんらしい優しいオチに変えている。手慣れたちりとてちんでお開き。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14-08-10 朝練講談会 #講談

公演名
朝練講談会
会場
お江戸日本橋亭
日時
2014年8月10日 09:30~
日本のSFの父 海野十三
神田真紅
難波戦記 大名荒茶の湯
神田春陽

真紅さんの以前聞いた中村屋のカレーの由来といい、今日の運海野十三一代記といい、明治から昭和初期の話しは、横田順彌のエッセイを読んでいる感じ。どんどん広げて欲しい。落語の荒茶はやはり講談ネタなんだね。春陽さんの福島は森の石松みたいで楽しかった。

配布チラシ  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14-08-09 第四回 扇辰日和 入船亭扇辰独演会 #落語 #rakugo

公演名
第四回 扇辰日和 入船亭扇辰独演会
会場
横浜にぎわい座 芸能ホール
日時
2014年8月9日 18:00~
子ほめ
入船亭辰のこ
お初徳兵衛
入船亭扇辰
仲入り
マジック
ドリームかずよし
井戸の茶碗
入船亭扇辰

お初徳兵衛は雲助さんでしか聞いたことがない。やはり難しいのかな。扇辰さんの徳兵衛は、船頭になってからは実直そのまま。お初との馴れ初めは初々しく清しい。この清潔さは井戸の茶碗にも感じられて、これみよがしのいやらしさがない。

配布チラシ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14-08-08 第二十六回 大手町落語会 #落語 #rakugo

公演名
第二十六回 大手町落語会
会場
日経ホール
日時
2014年8月8日 19:00~
代脈
入船亭小辰
棒鱈
柳亭左龍
任侠流山動物園
柳家喬太郎
仲入り
目黒のさんま
入船亭扇辰
死神
柳家さん喬

今日の大手町落語会、小辰さんの可愛らしい銀杏で始まって、左龍さんのシャキッとした職人で、喬太郎さんは人間より人間らしい動物たちの振る舞いを、扇辰さんは人間の中の身分があることを、さん喬さんは人外のものに振り回される様子を。

プログラム

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14-08-05 らくごカフェに火曜会 一蔵・小辰 #落語 #rakugo

公演名
らくごカフェに火曜会 一蔵・小辰
会場
らくごカフェ
日時
2014年8月5日 19:30~
元犬
入船亭小辰
百川
春風亭一蔵
仲入り
風呂敷
春風亭一蔵
鰻の幇間
入船亭小辰

小辰さんが付け足すくすぐりが、こことはまるとこをついてきて楽しい。元犬では口入れ屋の旦那が「しっ」と叱るところとか、鰻屋の子供ヨシオが大活躍するところとか。

落語には、特に古典にはある程度の方向性みたいなものがあるみたいなのけど、これは演者がどうにでもできると思わせるのが一蔵さん。百川では個性の強い百 兵衛が楽しく、あっていると。風呂敷は一応間男の噺で、こちらの方を聞いたことがあるけど、一蔵さんはひたすら賑やかに。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14-08-04 らくご街道 雲助五拾三次―強請― #落語 #rakugo

公演名
らくご街道 雲助五拾三次―強請ー
会場
日本橋劇場
日時
2014年8月4日 19:00~
怪談牡丹燈籠
栗橋宿
五街道雲助
仲入り
関口屋
五街道雲助

恒例夏の怪談とはいえ副題が「強請」。牡丹灯籠のなかでも、相手の弱みにつけ込んでの脅し、すかし、相手も黙ってないで反駁するなかでの、言葉を使った闘いに息をのむ。蝋燭の灯に照らされた舞台もあいまって引き込まれた。

プログラム

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14-08-03 柳亭小痴楽 隔月勉強会 #11 #落語 #rakugo

公演名
柳亭小痴楽 隔月勉強会 #11
会場
らくごカフェ
日時
2014年8月3日 18:30~
道潅
柳亭小痴楽
宮戸川
柳亭小痴楽
仲入り
柳亭小痴楽
湯屋番
柳亭小痴楽

ある落語関連のブログで小痴楽が元気がいいとあったので来てみた。なるほど、歯切れが良くて、ポンポンと元気良く言葉が出てくる。道灌のような前座噺で少し外す間とか、宮戸川のお花の積極性の強さとか。湯屋番は遊雀さんに習ったのかと思うような賑やかさ。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14-08-01 粋歌の新作コレクション2014夏 #落語 #rakugo

公演名
粋歌の新作コレクション2014夏
会場
内幸町ホール
日時
2014年8月1日 19:30~
國隠し
三遊亭わん丈
バリバリ女子大生
三遊亭粋歌
恋するヘビ女
三遊亭粋歌
カバライ菌
三遊亭白鳥
仲入り
奥山病院奇譚
三遊亭粋歌

今回の粋歌の新作コレクションはゲストの白鳥さんが作ったもの。バリバリ女子大生のような古くなりそうな噺もキチンと。恋するヘビ女は白鳥さんよりもあっていると思う。奥山病院奇譚もそうだけど、白鳥さんのウエルメイドな噺と相性がいいんじゃないかしら。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14-07-31 落語教育委員会 in 鈴本 柳家喜多八・三遊亭歌武蔵・柳家喬太郎三人会 #落語 #rakugo

公演名
落語教育委員会 in 鈴本 柳家喜多八・三遊亭歌武蔵・柳家喬太郎三人会
会場
鈴本演芸場
日時
2014年7月31日 19:00~
コント
喜多八・歌武蔵・喬太郎
権助魚
柳家さん若
もう半分
三遊亭歌武蔵
仲入り
青菜
柳家喜多八
路地裏の伝説
柳家喬太郎

コントは文七ベース。寄席で携帯を鳴らしてしまい身投げを図る喬太郎さんを、止める歌武蔵親方と、鳴らされた喜多八さんとでドタバタ。

季節柄とはいえ今夏はもう半分によく会う。歌武蔵さんが老人をなぶり殺す場面にあうとはね。夏の噺をとバレ小咄をしてからパッと青菜へ。植木屋夫婦の仲のよさがいい。今月の初旬に落語教育委員会で九州を回った時の話しをしてから、路地裏の伝説へ。久しぶり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »