« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

14-11-29 玉川太福・神田松之丞二人会 #講談 #浪曲

公演名
玉川太福・神田松之丞二人会
会場
らくごカフェ
日時
2014年11月29日 19:30~
太閤記―太閤の風流
旭堂南舟
次郎長伝―石松代参より三十石船
玉川太福:玉川みね子
赤穂義士伝―赤垣源蔵徳利の別れ
神田松之丞
仲入り
鹿島の槍祭り
神田松之丞
赤穂義士外伝―陸奥間違い
玉川太福:玉川みね子

浪曲と講談の若手のホープが揃った充実の会。

配布チラシ  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14-11-29 旭堂南舟の会 #講談

公演名
旭堂南舟の会
会場
らくごカフェ
日時
2014年11月29日 16:30~
左甚五郎―猫餅
旭堂南舟
福沢諭吉の生い立ち
神田真紅
仲入り
水戸光圀公―母さん助けて詐欺
一龍斎貞寿
善悪双葉の松―名刀捨丸
旭堂南舟

南舟さんと真紅さんは同期らしいとのこと。上方と女流で若手が育っている講談界は咲希が楽しみ。

配布チラシ  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14-11-29 講談 貞橘会 #講談

公演名
講談 貞橘会
会場
らくごカフェ
日時
2014年11月29日 13:30~
左甚五郎―猫餅
旭堂南舟
は組小町
一龍斎貞弥
竹取物語
一龍斎貞橘
仲入り
長短槍試合
一龍斎貞寿
田宮源八郎―金毘羅船
一龍斎貞橘

講談は落語と同じく何でも題材として取り扱えるだなと感じた会。

配布チラシ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14-11-28 花録ごのみ vol.31 #落語 #rakugo

公演名
花録ごのみ vol.31
会場
イイノホール
日時
2014年11月28日 19:00~
宿屋の富
柳家花緑
仲入り
宮戸川
柳家花緑
蒟蒻問答
柳家花緑

宿屋の富はなんか相性が悪くて寝落ちしてしまう。花緑さんの宮戸川はお花の押し方が可愛らしくて楽しい。蒟蒻問答の若い者と寺男とのやり取りのテンポが良くておかしい。

プログラム

配布チラシ  

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14-11-26 春風亭昇太独演会「オレスタイル」 #落語 #rakugo

公演名
春風亭昇太「オレスタイル」
会場
紀伊國屋サザンシアター
日時
2014年11月26日 19:00~
反対俥
林家彦いち
花筏
春風亭昇太
化け物使い
春風亭昇太
仲入り
富久
春風亭昇太

いわゆる大ネタと言われるものは、昇太さん曰く「好きじゃない」らしいのだが、富久は数少ない例外。昇太さんのは、久蔵を気が小さいお調子者として描く。例えば昇太さんの久蔵は、富札を火事で焼いてせっかくの千両をもらえないと聞いた時に、他の演者のような突っかかるような反発を見せないで、その現実を仕方ないと受け入れる。

配布チラシ  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14-11-27 月刊少年ワサビ #落語 #rakugo

公演名
月刊少年ワサビ
会場
らくごカフェ
日時
2014年11月27日 19:30~
強情灸
柳家わさび
ドッペル剣道
柳家わさび
仲入り
次回お題選び
柳家わさび
松曳き
柳家わさび

今回のお題は、‘全国大会’、‘不本意ながら’、‘ドッペルゲンガー’。次回は‘鹿児島の銀職人’、‘裏メニュー’、‘忘年会(望念会〕’。

わさびさんの強情灸は熱い灸を我慢するときの表情の変化が楽しい。松曳きは、間の取り方が難しい噺だけど、テンポよく楽しかった。三題噺のドッペル剣道は、ドッペルゲンガーの現象自体はすんなり受け入れて、剣道の団体戦の数合わせに使ってしまうノリが落語らしい。

プログラム

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14-11-25 第5回 萬橘馬るこ プラスワン #落語 #rakugo

公演名
第5回 萬橘馬るこ プラスワン
会場
北沢タウンホール
日時
2014年11月25日 19:00~
あいさつ
広瀬和生・馬るこ・たけ平・けい木・萬橘
非常怪談
林家けい木
悋気の独楽
鈴々舎馬るこ
金色夜叉
林家たけ平
仲入り
新一目上がり
鈴々舎馬るこ
短命
三遊亭萬橘

金色夜叉は小説の粗筋をたどるだけの噺。地噺が得意のたけ平だから面白い。馬るこさんは、定吉の造形が面白い悋気の独楽と、もののけ姫のサン、相田みつをの詩、新幹線E5系と上がって、小林十市までの新一目上がりの二席。萬橘さんの飄々として楽しい短命を堪能。

プログラム

配布チラシ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14-11-24 隅田川馬石【長編噺の会】~第20回記念独演会~「双蝶々」 #rakugo #落語

公演名
隅田川馬石【長編噺の会】~第20回記念独演会~「双蝶々」
会場
深川江戸資料館 小劇場
日時
2014年11月24日 18:50~
二人旅
入船亭ゆう京
狸札
柳亭市助
双蝶々―小雀長吉
隅田川馬石
仲入り
双蝶々―雪の子別れ
隅田川馬石

馬石さんの双蝶々の通し、リハが押して五分遅れで開演。リハって?は、権九郎殺しで判明。座布団を外して、ツケを入れての大立ち回り。迫力があった。これはやはり、雲助師匠譲りなのかな。そのために前座さんが二人入っていた。雪の子別れにも唄が入ってしっとりと。

配布チラシ   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14-11-24 一蔵ひとりの会 #落語 #rakugo

公演名
一蔵ひとりの会
会場
らくごカフェ
日時
2014年11月24日 14:00~
蛙茶番
春風亭一蔵
臆病源兵衛
春風亭一蔵
仲入り
妾馬
春風亭一蔵

ネタ下ろしの臆病源兵衛を含めて、元気ではち切れんばかりの江戸っ子を堪能できた。

配布チラシ 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14-11-23 神田春陽 真打昇進披露公演 #講談

公演名
神田春陽 真打昇進披露公演
会場
らくごカフェ
日時
2014年11月23日 13:30~
宮本武蔵伝―熱湯風呂
神田松之丞
赤穂義士銘々伝―堀部安兵衛婿入り
神田春陽
報恩出世俥
神田翆月
仲入り
那須与一 扇の的
神田阿久鯉
宮本武蔵伝―赤垣源蔵徳利の別れ
神田春陽

講談にはほとんど縁がなかったのが、落語会に出ていた松之丞さんに興味が出て、その流れで春陽さんにも。それで今日の真打昇進披露公演に。そこで感じたのが講談界の層の厚さで、若手の方から入ったので、今その師匠方に興味湧いてきて楽しみだなと。

配布チラシ  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14-11-20 J亭落語会「白酒・三三・一之輔」喜怒愛楽「愛」シリーズ 柳家三三 独演会 #落語 #rakugo

公演名
J亭落語会「白酒・三三・一之輔」喜怒愛楽「愛」シリーズ 柳家三三 独演会
会場
JTアートホール アフィニス
日時
2014年11月20日 19:00~
磯の鮑
柳亭小痴楽
蒟蒻問答
柳家三三
仲入り
一目上がり
柳家三三
二番煎じ
柳家三三

三三さんのキレのいい仕草が楽しい蒟蒻問答で始まって、人物の切り替えが鮮やかな一目上がり、今シーズン初の二番煎じは、鍋が目の前にちらついて、お腹にきいてくる。

配布チラシ  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14-11-19 TEN寄席 #落語 #rakugo

公演名
TEN寄席
会場
らくごカフェ
日時
2014年11月19日 19:30~
桃太郎
三遊亭時松
まんじゅうこわい
柳亭こみち
こみちの育児相談
時松・こみち・駒次
仲入り
みんなの学芸会
古今亭駒次
鉄火のお千代
柳亭こみち

今日のTENはこみちの育児相談ということで、時松さんの開口一番で桃太郎を楽しそうに。続いてこみちさんはまんじゅうこわいをにぎやかに。駒次さんも子供たちが活躍するみんなの学芸会でしっとりと。トリのこみちさんは鉄火のお千代の啖呵を鮮やかに。

配布チラシ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14-11-18 コラアゲンはいごうまん・春風亭一之輔 二人会 #落語 #rakugo

公演名
コラアゲンはいごうまん・春風亭一之輔 二人会
会場
横浜にぎわい座 のげシャーレ
日時
2014年11月18日 17:00~
あいさつ
一之輔・コラアゲンはいごうまん
堀の内
春風亭一之輔
謝罪会見異常あり
コラアゲンはいごうまん
仲入り
富久
春風亭一之輔

一之輔さんが好きな芸人のコラアゲンはいごうまんさんを紹介するような二人会。一席目は場を暖めるように馬鹿らしさ満載の堀の内を。コラアゲンさんを堪能した後、負けじと(ネタ出しだけど)富久をたっぷりと。大満足の会だった。

コラアゲンさんは、「謝罪会見異常あり」。前半は号泣議員などを漫談風にやって、後半は企業向けの危機管理コンサルタントに体験受講して、内輪喧嘩を Ustream配信してしまった事をネタに謝罪会見に仕立てる。その過程で、芸人として人としてダメ出しされていく様に大爆笑。

配布チラシ  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14-11-16 黒門亭1部 #落語 #rakugo

公演名
黒門亭 1部
会場
落語協会2階
日時
2014年11月16日 12:00~
初天神
林家扇兵衛
染色
林家彦丸
棒鱈
柳家三之助
仲入り
粗忽の釘
三遊亭金時
まんじゅうこわい
桂枝光

染色は初めて。彦丸さんにはあっていると思うけど、なんか中途半端な話し。枝光さんは初めて。上方の形のまんじゅうこわいをタップリと。

配布チラシ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14-11-16 朝練講談会 #講談

公演名
朝練講談会
会場
お江戸日本橋亭
日時
2014年11月16日 09:30~
寛永宮本武蔵伝
竹ノ内加賀之助との出会い
神田みのり
赤穂義士伝
両国橋の出会い
神田春陽

みのりさんの全身を使った元気一杯の加賀之助と武蔵の立会いと、春陽さんの大高子葉と其角との静かなやり取りの対比が良かった。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14-11-13 ―茂山千作一周忌追善―東京茂山狂言会 第二十回記念 #狂言

公演名
―茂山千作一周忌追善―東京茂山狂言会 第二十回記念
会場
国立能楽堂
日時
2014年11月13日 19:00~
枕物狂(まくらものぐるい)
祖父
茂山千五郎
孫甲
茂山竜正
孫乙
茂山寅真
乙御前
茂山蘭
栗焼(くりやき)
太郎冠者
茂山七五三
主人
茂山宗彦
禰宜山伏(ねぎやまぶし)
山伏
茂山千三郎
禰宜
茂山あきら
茶屋
茂山童司
大黒天
島田洋海

枕物狂
可愛らしい双子と女の子の孫たちに囲まれて、デレデレの千五郎さんも可愛らしい。

栗焼
ほとんど太郎冠者のモノローグで進む曲。落語的といっても良よい。栗がはぜる音を囁きととらえて楽しむ様子を七五三さんが生き生きと。栗を食べてしまった強引な言い訳と、それを軽くいなす主人とのやり取りも楽しい。

禰宜山伏
厚かましさを全身で体現している千三郎山伏とぷるぷる震える気弱なあきら禰宜との際立ったおかしさが楽しい。

プログラム

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14-11-11 らくごカフェに火曜会 正太郎・一蔵 #落語 #rakugo

公演名
らくごカフェに火曜会 正太郎・一蔵
会場
らくごカフェ
日時
2014年11月11日 19:30~
ふぐ鍋
春風亭正太郎
堪忍袋
春風亭正太郎
仲入り
文七元結
春風亭一蔵

ふぐ鍋は今シーズン初。正太郎さんも初ということで。お調子者の軽さに嫌味がないのがらしい。嫌味がないことでは堪忍袋もそうで、夫婦喧嘩の場面から嫌な感じがしない。上方の型とのことで、夫婦喧嘩が両者の見方で違って見えるような理屈がちだったり、オチが整っていたり。

一蔵さんの文七元結は、ネタ下ろし以来二度目。女将さんの貫禄も出てきたし、吾妻橋の場面も緊迫感が増したりと、より感情の起伏が伝わってくるようだっ た。ただ、終盤近くまで緊張感が続いて気が抜けなくてちょっと疲れた。一蔵さんらしいほっと気が置けるところがあるといいな。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14-11-08 黒門亭 1部 光る二ツ目の会

公演名
黒門亭 1部 光る二ツ目の会
会場
落語協会2階
日時
2014年11月8日 12:00~
まんじゅう怖い
三遊亭歌むい
道具屋
林家ひろ木
片棒
古今亭志ん吉
仲入り
あくび指南
春風亭朝也
井戸の茶碗
春風亭正太郎

ひろ木さんは久しぶり。相変わらず朴訥な感じが道具屋にあっている。片棒の様な賑やかな噺を志ん吉さんがとも。朝也さんの張りのある声でメリハリのあるあくび指南が楽しかった。正太郎さんの井戸の茶碗は、屑やの品のある軽さが、いい味を出している。

配布チラシ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14-11-04 第11回 The Woman's 落語会 by 白鳥 #落語 #rakugo

公演名
第11回 The Woman's 落語会 by 白鳥
会場
お江戸日本橋亭
日時
2014年11月4日 18:30~
あいさつ
三遊亭白鳥
奥方様の打掛
柳亭こみち
女版 棒鱈
三遊亭美るく
仲入り
トキソバ
三遊亭白鳥
女版 明烏
橘ノ双葉

今回のwoman’s落語会は、これまでの蓄積が活かされてきたのでは。こみちさんの奥方様の打掛は、さらに整理されて分かりやすくなっているし(毒の部分も)。双葉さんは初めて聞いたけど、特に前半のはじけ方が白鳥さんらしい雰囲気がでて楽しかった。

美るくさんの女版の棒鱈は、ホストクラブに舞台を移し、天然系の若い女性が、隣のマダムが酔うにつれて、田舎者の生地を出していくのに絡んでいく展開。先 輩の女性も田舎者にして重層的に。美るくさんの出身地のあるあるを盛り込んで、終始はじけていて、笑いが途切れなかった。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14-11-03 第五回 NBS殺人研究会 #落語 #講談

公演名
第五回 NBS殺人研究会
会場
お江戸日本橋亭
日時
2014年11月3日 18:00~
解説
石井徹也・いたちや
青龍刀権次
神田松之丞
仲入り
怪談牡丹燈籠―孝介の槍
〜平左衛門殺し
蜃気楼龍玉

浪曲の定席に初めて行った流れで、NBS殺人研究会に来たのでバイアスがかかっていると思うけど、浪曲は落語、講談と比べて、殺伐とした話しが少ないのかな。次郎長伝はあったけど石松だし。青龍刀権次は今日の発端だとまだだけど、この後、殺伐としていくし。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14-11-03 浪曲定席木馬亭 #浪曲 #講談

公演名
浪曲定席木馬亭
会場
木馬亭
日時
2014年11月3日 12:15~
塩原多助―命の振り袖
港家小ゆき:水野金魚
江戸相撲蒙古襲来
東家孝太郎:伊丹明
少年の歌
木村勝千代:青山理
太刀山と清香
港家小柳:伊丹明
仲入り
清水次郎長伝
ー石松金比羅代参
玉川太福:水野金魚
天保六花撰ー卵の強請り
神田阿久鯉
暁の唄
浜乃一舟:馬越ノリ子
原敬の友情
国本武春:伊丹明

浪曲の定席は初めてで、顔と名前が一致したのは武春さんと太福、それと講談の阿久鯉さんくらい。若手からベテランまで、古典から新作まで取り取りで楽しかった。小柳さんは体調を崩されていたようだったけど、曲が進むうちに引き込まれていった。

プログラム

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14-11-03 朝練講談会 《芝居名優役者列伝》 #講談

公演名
朝練講談会《芝居名優役者列伝》
会場
お江戸日本橋亭
日時
2014年11月3日 09:30~
名人小團次
一龍斎貞寿
中村仲蔵 
神田松之丞

やはり役者物は聞きやすい。貞寿さんの名人小團次の対立から和解に至る暖かみもいいし、松之丞さんの痛快無比の定九郎に圧倒された。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14-11-02 笑福亭たま1日落語会《第二部》 #落語 #rakugo

公演名
笑福亭たま1日落語会《第二部》
会場
お江戸日本橋亭
日時
2014年11月2日 18:00~
時うどん
笑福亭希光
岸柳島
立川こはる
陰陽師
笑福亭たま
仲入り
リサイクル課長
三遊亭丈二
ショート落語2014下半期
笑福亭たま
高津の富
笑福亭たま

陰陽師での胡散臭い霊能者の胡散臭いお祓いのテンションと、高津の富の二番富を取る妄想の爆走が、たまさんの持ち味なのかな。ショート落語については、ど ういうスタンスでやられているのかは、枝雀さんのSRとの関連が知りたいな。これが現在形の落語に興味を持ったきっかけなので。

プログラム

配布チラシ  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14-11-02 笑福亭たま1日落語会《第一部》 #落語 #rakugo

公演名
笑福亭たま1日落語会《第一部》
会場
お江戸日本橋亭
日時
2014年11月2日 14:00~
犬の目
笑福亭希光
真田小僧
立川こはる
チェゲバラ
笑福亭たま
仲入り
神々の唄
林家彦いち
ショート落語2014上半期
笑福亭たま
淀五郎
笑福亭たま

たまさんの独演会にやっと。一席目のチェゲバラから、たたみかける駄洒落の洪水に翻弄される。ショート落語は、今年の上半期の時事ネタが半分弱で。淀五郎 は基本の流れは古典のままで、それぞれの感性は現代の意識を取り込んで。この辺を一朝さんと白鳥さんの間で考えると面白いかな。

プログラム

配布チラシ  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14-11-02 鈴本早朝寄席 #落語 #rakugo

公演名
鈴本早朝寄席
会場
鈴本演芸場
日時
2014年11月2日 10:00~
転宅
春風亭一蔵
ヒーロー
三遊亭粋歌
目黒の秋刀魚
柳家麟太郎
ねずみ
入船亭遊一

一蔵さんの転宅、泥棒の間の抜けた様子はさすが。お妾さんの色気はこれからかな。粋歌さんのヒーローは、ブラック企業とかSNSなどの世相を巧みに取り込みつつ落語の芯はしっかりと。麟太郎さんの王道の目黒の秋刀魚、遊一さんのねずみの甚五郎もしっかりと。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14-11-01 黒門亭 2部 #落語 #rakugo

公演名
黒門亭 2部
会場
落語協会2階
日時
2014年11月1日 14:30~
子ほめ
柳亭市助
魚男
古今亭志ん八
親子酒
蜃気楼龍玉
仲入り
金庫破りの源蔵
桂才賀
蒟蒻問答
柳家小せん

志ん八さんは安定の魚男を。安定のでは、龍玉さんの親子酒も。あの酔いっぷりは他の追付いを許さないとか。寄席に行かないので才賀さんにはあまり会わないけど、実録物の金庫破りの源蔵は面白かった。小せんさんの飄々とした雰囲気に合った蒟蒻問答も良かった。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14-10-31 2014 落語一之輔 一夜 #落語 #rakugo

公演名
2014 落語一之輔 一夜
会場
よみうり大手町ホール
日時
2014年10月31日 19:00~
附子
三笑亭夢吉
蝦蟇の油
春風亭一之輔
青菜
春風亭一之輔
仲入り
紙切り
林家正楽
文七元結
春風亭一之輔

先ずは蝦蟇の油で場を温める。今後、毎年秋に開催されると言いながら青菜に。二つでしっかりと場を固めてネタ下ろしの文七へ。女将の説教では無理に貫禄を出さないで、それでも暖かみは感じさせ。長兵衛が五十両を差し出す切実さはまだかな。これからの進化が楽しみ。

今日の一之輔さんの会は脇を固めもしっかりと。夢吉さんの附子は狂言の定番中の定番で、常々、落語で聞いてみたいと思っていたもの。夢吉さんは落語らしさ を聞かせていた。正楽さんは妖怪ウォッチをスルーしないで、外側の時計と、中のジバニャンを二つに分ける初めての手法で完成。

正楽さんの妖怪ウォッチの紙切りは感動ものだった。まずは妖怪ウォッチをご存知だったのに驚かされ、一番人気のキャラであるジバニャンを選んで、さらにキチンと、飛び出し元の妖怪ウォッチの中に納めていた。

プログラム

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »