« 14-12-05 笑福亭たま 人形町独演会 “たまの落語”の最前線! | トップページ | 14-12-06 松之丞百席 #講談 »

14-12-06 落語と狂言の会2012「お米とお豆腐 東京公演」 #落語 #rakugo #狂言

公演名
落語と狂言の会2014「お米とお豆腐 東京公演」
会場
江東区文化センター
日時
2014年12月6日 14:00~
口上トーク
小佐田定雄、桂文之助、茂山あきら、茂山七五三
落語「浮かれの掛取り」
桂文之助
狂言「胸突」
茂山あきら
貸し手
茂山七五三
落語「鶴満寺」
桂文之助
狂言「平林」
教え手
茂山七五三
太郎冠者
茂山あきら
丸石やすし

米朝一門と茂山家とのコラボの会、去年は雀松さんが文之助を襲名のためできなかったため二年ぶり。その文之助さんの浮かれの掛取りは、定番の狂歌、喧嘩、芝居に加えて狂言も。鶴満寺は狂言の花折を移したもの。両方とも鳴り物沢山で賑やかに。

掛取りの狂言の胸突、あきらさんはいつもは追い詰められておどおどするのが似合いだけど、この曲での借り手は腹黒い役で、これが似合い。落語を移した平林は、物覚えの悪い太郎冠者のあきらさんが楽しい。最後は名前の羅列を囃子にして賑やかに。

プログラム

配布チラシ 

|

« 14-12-05 笑福亭たま 人形町独演会 “たまの落語”の最前線! | トップページ | 14-12-06 松之丞百席 #講談 »

落語」カテゴリの記事

狂言」カテゴリの記事

桂文之助」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 14-12-06 落語と狂言の会2012「お米とお豆腐 東京公演」 #落語 #rakugo #狂言:

« 14-12-05 笑福亭たま 人形町独演会 “たまの落語”の最前線! | トップページ | 14-12-06 松之丞百席 #講談 »