« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

15-03-30 月刊少年ワサビ #落語 #rakugo

公演名
月刊少年ワサビ
会場
らくごカフェ
日時
2015年3月30日 19:30~
ぞろぞろ
柳家わさび
賞賛スルー
柳家わさび
仲入り
次回のお題
柳家わさび
指仙人
柳家わさび

ネタおろしに出会った時によく感じるのは、意外なネタをまだやっていない事実。わさびさんのぞろぞろもそうで、民話風の筋がニンに合っていると思った。三題噺はスルー力を身につける高校生の噺。構成がしっかりしていて面白かった。けど、お題との関連性は薄目かな。

プログラム

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

15-03-26 J亭落語会「白酒・三三・一之輔」 喜怒愛楽 期末SP三人会 #落語 #rakugo

公演名
J亭落語会「白酒・三三・一之輔」 喜怒愛楽 期末SP三人会
会場
JTアートホール アフィニス
日時
2015年3月26日 19:00~
豊竹屋
柳亭こみち
あくび指南
春風亭一之輔
愛宕山
柳家三三
仲入り
付き馬
桃月庵白酒

一之輔・三三・白酒の三人が揃うのは今では贅沢になった。この開口一番に、こみちさんは豊竹屋を。一之輔さんのあくび指南はお師匠さんも含めてアグレッシブ。三三さんの愛宕山、旦那の遊びに余裕がある。白酒さんの付き馬の客のほとばしるお喋りに圧倒された。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

15-03-25 狂言ござる乃座 51st #狂言

公演名
狂言ござる乃座 51st
会場
国立能楽堂
日時
2015年3月25日 19:00~
昆布売(こんぶうり)
大名
野村万作
昆布売
野村裕基
宗論(しゅうろん)
浄土僧
野村萬斎
法華僧
石田幸雄
宿屋
岡聡史
祐善(ゆうぜん)
シテ・祐善の霊
野村萬斎
ワキ・旅僧
深田博治
アイ・所の者
竹山悠樹

《昆布売》
こういう大名などの権力者の権威を嵩にかける態度を笑う狂言の笑いの力を感得できた。

《宗論》
もちろん終わりの互いの題目を取り違うまでのドタバタは楽しいけど、宗論を交わす時に、自宗の宗旨の大事な言葉を、身近なものと間違う様は、まるで落語の千早ふるみたいで楽しかった。

《祐善》
バンフによれば、この曲は夢幻能の形式に準じた舞狂言だそうで、どうも色々な能を引用している、技巧的なものらしい。初めての見る形式で興味深い。

配布チラシ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

15-03-24 らくごカフェに火曜会 天どん・こみち #落語 #rakugo

公演名
らくごカフェに火曜会 天どん・こみち
会場
らくごカフェ
日時
2015年3月24日 19:30~
牛の子
三遊亭天どん
千早ふる
柳亭こみち
仲入り
牡丹灯籠―お国の謀り
三遊亭天どん
長屋の花見(おかみさん版)
柳亭こみち

こみちさんはかなり久しぶりの(らくごカフェでは7年振り)の千早ふるは、そうとは感じさせなくて、安定して楽しかった。おかみさん達だけの長屋の花見は、賑やかで都々逸のひとつも入った楽しい一編。

天どんさんは今日は古典で行くと、落語探検倶楽部で演った牛の子を。只今鋭意手入れ中かな。牡丹燈籠を通しで進めているようで、今日はお国が平左衛門を亡き者にしようと図るのを、妨げようとする孝助が、婿に請われる所までの地味な所。一歩下がった視点で描写、かな。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015-03-22 三遊亭天どん独演会~おせつ徳三郎~花見小僧、刀屋+新作(その後) #rakugo #落語

公演名
三遊亭天どん独演会~おせつ徳三郎~花見小僧、刀屋+新作(その後)
会場
下北沢シアター711
日時
2015年3月22日 14:00~
花見小僧
三遊亭天どん
仲入り
刀屋
三遊亭天どん
仲入り
その後(新作)
三遊亭天どん

おせつ徳三郎の通し+その後の新作。花見小僧での、お調子者で時にやさぐれる小僧と、旦那とのやり取りは天どんさんらしい笑いが多い。刀屋の主人は過剰に説教臭くなく丁寧に。刀屋の息子を狂言回しにして、二人の仲を確実にする天どんさんらしい結末を付けた新作は良かった。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

15-03-22 鈴本早朝寄席 #落語 #rakugo

公演名
鈴本早朝寄席
会場
鈴本演芸場
日時
2015年3月22日 10:00~
千早ふる
林家ぼたん
天災
柳家花ん謝
啞の釣り
古今亭始
熊の皮〜
月の家鏡太

三人の早朝寄席卒業の会。それぞれの味が出ていて楽しかった。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

15-03-20 第75回 三三・左龍の会 #落語 #rakugo

公演名
第75回 三三・左龍の会
会場
内幸町ホール
日時
2015年3月20日 19:00~
狸札
柳家小かじ
長屋の花見
柳家三三
ろくろ首
柳亭左龍
仲入り
鰻屋
柳亭左龍
愛宕山
柳家三三

春らしいのどやかな並びに大満足。

プログラム

配布チラシ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

15-03-18 TEN寄席 #落語 #rakugo

公演名
TEN寄席
会場
らくごカフェ
日時
2015年3月18日 19:30~
東村山棒鱈
柳亭こみち
駅名寿限無
古今亭駒次
干物箱
柳家さん若
仲入り
茶の湯
柳亭こみち

久しぶりのTEN寄席、こみちさんの東村山棒鱈、美るくさんの千葉版は聴いたことはあるけど、白鳥さんのはまだ。この噺は細かい違いをあげつらう様を、分からないながらも笑わせる勢いが大事で、こみちさんの東村山も大笑い。この様な工夫が茶の湯にも感じられる。

新作を演る人は寿限無に手を出さざるを得ないようで、駒次さんも、もちろん駅名で。初めて聴いたけど、細かいとこまで作り込んでいて、素直に笑った。東村山からこれへと続いての、真っ直ぐの干物箱はさん若さんでも苦戦していた。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

15-03-17 らくごカフェに火曜会 正太郎・市弥 #落語 #rakugo

公演名
らくごカフェに火曜会 正太郎・市弥
会場
らくごカフェ
日時
2015年3月17日 19:30~
一目上がり
柳亭市弥
錦の袈裟
春風亭正太郎
仲入り
たらちね
春風亭正太郎
猫の災難
柳亭市弥

落語は思考のたどり方がおかしいのが多いけど、一目上がりについては、それなりにのが珍しいのかな。市弥さんは、その素直なたどり方が感じられる。猫の災 難では、なぜ鯛のことを言わないのかがどうしても解せなくて、今日も分からなかった。市弥さんの酔っ払いは良かったのにね。

正太郎さんは一昨日のさがみはら若手落語家選手権のマクラをたっぷりからの錦の袈裟へ。やはり正太郎さんの与太郎は絶品。「澄み切ったバカ」を体現している。たらちねのお嫁さんの融通のきかない律儀さにも通じる雰囲気がある。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

15-03-16 白鳥倶楽部―三遊亭白鳥独演会 #落語 #rakugo

公演名
白鳥倶楽部―三遊亭白鳥独演会
会場
お江戸日本橋亭
日時
2015年3月16日 18:45~
オープニングトーク
三遊亭白鳥
鉄砲のお熊
三遊亭白鳥
仲入り
たかし君の神隠し
三遊亭白鳥
座席なき戦い
三遊亭白鳥

落語は、新作は特に客との反応が大事。今日の白鳥倶楽部は客席が鮮やかで楽しかった。さらに練りこまれた鉄砲のお熊、白鳥さんにしか描けない子供がさすがのたかし君の神隠し。この人情噺系に、ひたすらおかしい座席なき戦いでスッキリと。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

15-03-15 いぶし銀の会 #落語 #rakugo

公演名
いぶし銀の会
会場
らくごカフェ
日時
2015年3月15日 18:00~
元犬
蜃気楼龍玉
札所の霊験―七兵衛殺し
蜃気楼龍玉
仲入り
お直し
蜃気楼龍玉

龍玉さんの独演会。元犬のような前座噺もきちんと楽しませてくれる。札所の霊験のドロドロとした絡みをわかりやすく丁寧に。お直しは酔っ払いの客を軸に立てて、夫婦の哀しみを嫌味なく。

プログラム

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

15-03-15 一蔵ひとりの会 #落語 #rakugo

公演名
一蔵ひとりの会
会場
らくごカフェ
日時
2015年3月15日 14:00~
馬の田楽
春風亭一蔵
壺算
春風亭一蔵
仲入り
お見立て
春風亭一蔵

馬の田楽のような素朴な人たちの空回りする様が楽しい。壺算の道具屋の主人が追い込まれる様子もいいかな。お見立てはお大尽の声の大きさと、若い衆とのやり取りが良かった。

配布チラシ

続きを読む "15-03-15 一蔵ひとりの会 #落語 #rakugo"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

15-03-14 第四回 玉川太福・神田松之丞二人会 #浪曲 #講談

公演名
第四回 玉川太福・神田松之丞二人会
会場
らくごカフェ
日時
2015年3月14日 18:00~
谷風の情け相撲
神田松之丞
橋場の長吉
神田松之丞
蒲生氏郷と家臣西村権四郎
玉川太福:玉川みね子
仲入り
阿武松緑之助
玉川太福:玉川みね子
天保水滸伝―相撲の啖呵
神田松之丞

今日の二人会は相撲特集。松之丞さんは三席も。最初の谷風情け相撲はコミカル仕立てで楽しく。対して、橋場の長吉に出てくる谷風は余裕の貫禄。その長吉と天保水滸伝の繁蔵という侠客は、松之丞さんらしく、その押し出しの良さが心地よい。

太福さんは一席目のマクラを節を付けるお遊びを。みね子さんが打ち合わせもしていないのにすかさず三味線を。流石。一席目は相撲取りではなく、武士の主従の絆を相撲を通して描く。酔っ払いが面白い。太福さんの阿武松は、その純朴さが可愛らしく思えるほど。楽しかった。

 配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

15-03-14 かめあり亭落語まつり第13弾!「白鳥&白酒 ホワイトデー」 #落語 #rakugo

公演名
かめあり亭落語まつり第13弾!「白鳥&白酒 ホワイトデー」
会場
かめありリリオホール
日時
2015年3月14日 15:00~
転失気
林家なな子
山奥寿司
三遊亭白鳥
禁酒番屋
桃月庵白酒
仲入り
喧嘩長屋
桃月庵白酒
隅田川母娘
三遊亭白鳥

今日は楽しいネタの並び。白鳥さんは山奥寿司で反応がよいと踏んだのか、トリは隅田川母娘。三回目だけど、登場人物たちがそれぞれの個性に合っているだろ うと思えることを自然にやっていて素直に笑える。白酒さんも鉄板の禁酒番屋に、最近のお気に入りの喧嘩長屋で、大満足の会。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

15-03-13 史里の会プロデュース 気まぐれ!!わこカフェ #落語 #rakugo

公演名
史里の会プロデュース 気まぐれ!!わこカフェ
会場
らくごカフェ
日時
2015年3月13日 19:00~
牛ほめ
笑福亭里光
西行鼓ヶ滝
笑福亭和光
片棒
柳家さん若
仲入り
はてなの茶碗
笑福亭和光

鶴光さんの一門の方は、横浜にぎわい座での一門会でしか拝見できなくて、以前から機会があればと。で、今日の和光さんの会に。西行の様な地噺で楽しませてくれるのは難しいと思うけどしっかりと。はてなの茶碗はやはり上方の言葉のほうが聴きやすいのかな、と思わせられた。

プログラム

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

15-03-12 千五郎狂言会 第十七回―千五郎古希記念― #狂言

公演名
千五郎古希記念 第十七回―千五郎古希記念―
会場
国立能楽堂
日時
2015年3月12日 19:00~
悪坊(あくぼう)
悪坊
茂山千五郎
茂山千三郎
宿の亭主
茂山宗彦
空腕(そらうで)
太郎冠者
茂山正邦
主人
茂山逸平
鷄猫(けいみょう)
河野某
茂山千三郎
藤三郎
茂山七五三
子供
茂山竜正
太郎冠者
茂山茂
次郎冠者
島田洋海
三郎冠者
井口竜也

《悪坊》
乱暴者の酔っ払いが気弱な男に絡んで、酔い潰れた所を逆襲される、落語の大山詣りを思わせる曲。悪坊が酔いから醒めて、あっさりと反省してしまうところが狂言らしい。

《空腕》
臆病な男が嘘の武勇伝を、つらつらと吹聴する。正邦さんの、臆病な様にます大笑いして、武勇伝を語る時の勇ましい様にニヤニヤする。受ける逸平さんが泳がせての正邦さんとのやり取りの間が絶妙。

《鷄猫》
主人が大切にしている猫を殺してしまった男を訴えたのが幼い我が子。それには深い訳がという話。竜正君が可愛くも凛々しく。

プログラム

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

15-03-10 こしら・馬るこ・萬橘 新ニッボンの話芸 #落語 #rakugo

公演名
こしら・馬るこ・萬橘 新ニッボンの話芸
会場
北沢タウンホール
日時
2015年3月10日 19:00~
オープニングトーク
広瀬和生・馬るこ・こしら・萬橘
つる
鈴々舎馬るこ
片棒
三遊亭萬橘
仲入り
御神酒徳利
立川こしら
アフタートーク
広瀬和生・こしら・馬るこ・萬橘

こしらさんが復帰して、こしら・萬橘・馬るこの三人で復活した新ニッポンの話芸、演目の並びだけを見ると、普通の落語会みたいだけど、三人それぞれの工夫に満ちて、この会でしか味わえない楽しみがある。それは、三人が揃うことでしか得られないと再認識させられた。

プログラム

配布チラシ  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

15-03-09 第百二十回 江戸川落語会 #落語 #rakugo

公演名
第百二十回 江戸川落語会
会場
江戸川区総合文化センター
日時
2015年3月9日 18:30~
手紙無筆
入船亭辰のこ
悋気の独楽
春風亭ぴっかり
稲葉さんの大冒険
柳家喬太郎
仲入り
お見立て
古今亭菊之丞
錦木検校
柳家喬太郎

ぴっかり☆さんの小僧はやはり可愛らしさが際立つ。くるくると変わる表情がいいよね。対して、菊之丞さんの花魁の艶っぽさはただ事じゃないですね。好き勝手なことを言っているけど、喜助みたいに乗せられてしまいそう。

今日の喬太郎さんは二席。まずはウルトラマンスタンプラリーのマクラをたっぷりからの稲葉さんの大冒険へ。円丈さん作の不条理な噺に大笑い。トリは一転、錦木検校を。人の運命の機微というものがずっしりとくる迫ってくる。落語の幅の広さを堪能した。

プログラム

配布チラシ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

15-03-08 第二十九回 大手町落語会 #落語 #rakugo

公演名
第二十九回 大手町落語会
会場
日経ホール
日時
2015年3月8日 13:30~
やかん
柳家緑太
錦の袈裟
桃月庵白酒
御神酒徳利
柳亭市馬
仲入り
試し酒
柳屋花録
三枚起請
柳家権太楼

練達のやり手の滑稽噺を四席。堪能した。

プログラム

配布チラシ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

15-03-08 鈴本早朝寄席 #落語 #rakugo

公演名
鈴本早朝寄席
会場
鈴本演芸場
日時
2015年3月8日 10:00~
新寿限無
三遊亭たん丈
雛鍔
柳家さん弥
片棒
金原亭馬治
天狗裁き
柳家喬之進

三人の早朝寄席卒業の会。それぞれの味が出ていて楽しかった。最後に席亭が出てきて三本締め。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

15-03-07 雲助蔵出し ぞろぞろ #落語 #rakugo

公演名
雲助蔵出し ぞろぞろ
会場
浅草見番
日時
2015年3月7日 14:00~
寄合酒
林家なな子
四段目
柳亭市楽
粗忽の釘
五街道雲助
明烏
五街道雲助
仲入り
お直し
五街道雲助

今日の雲助蔵出しは廓噺の明暗。まずは雲助さんの軽妙さが味わえられる粗忽の釘。明烏の、これからの若い人たちの初々しさを、瑞々しく描く。お直しは黄昏に向かいつつある、追い詰められた二人の、それでも互いに支え合う姿をしっとりと。

プログラム

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

15-03-06 風喬のもがく会 #落語 #rakugo

公演名
風喬のもがく会
会場
らくごカフェ
日時
2015年3月6日 19:00~
千早ふる
笑福亭風喬
二人癖
笑福亭風喬
仲入り
高津の富
笑福亭風喬

正統派という手応えのある風情がいい。特に高津の富のお大臣を装う人の、大阪の言葉のリズムの耳当たりが心地よかった。今度は上方ならではの噺が聴きたい。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

15-03-05 落語事典探検部3 #落語 #rakugo

公演名
落語事典探検部3
会場
座・高円寺2
日時
2015年3月5日 19:00~
指仙人
柳家わさび
茶代
柳家喬太郎
牛の子
三遊亭天どん
牛の嫁入り
林家彦いち

速記とかあらすじだけが残っているのを発掘して演る会。楽しかった。

指仙人はまるでわさびさん本人が作ったものみたいなシュールな噺。茶代は小咄サイズの噺で、喬太郎さんの技で膨らませて。牛の子はただ牛乳が飲みたいだけ の噺で、天どんさんの仕草で笑わす。牛の嫁入りは ちゃんと筋がある噺。彦いちさんが言っていたように整理すれば面白くなるかな。

プログラム

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

15-03-04 らくご街道 雲助五拾三次―鉄板Ⅱー #落語 #rakugo

公演名
らくご街道 雲助五拾三次―鉄板Ⅱー
会場
日本橋劇場
日時
2015年3月4日 19:00~
子ほめ(ヴァイオレンス版)
五街道雲助
火焔太鼓
五街道雲助
仲入り
粟餅
五街道雲助
夜鷹そば屋
五街道雲助

今回は四つの分野から三択でアンケートを取って選ばれたネタ。珍しいのが並んだ。

雲助さんの子ほめ、八五郎は少々乱暴者。去年人情噺風に味付けされた火焔太鼓は普通に。大笑いした。粟餅は、先日聴いた上方のけんげしゃ茶屋に同じ内容の挿話があたが、関係あるのかな。夜鷹そば屋、若者の誠実さ、そば屋夫婦の温厚篤実な様が、迫ってきて泣いてしまった。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

15-03-03 らくごカフェに火曜会 馬吉・小辰 #落語 #rakugo

公演名
らくごカフェに火曜会 馬吉・小辰
会場
らくごカフェ
日時
2015年3月3日 19:30~
子ほめ
入船亭小辰
厩火事
金原亭馬吉
仲入り
元犬
金原亭馬吉
明烏
入船亭小辰

小辰さんと馬吉さん、この二人は本道を真っ直ぐ進んでいるかな。今日のネタ選びも、小辰さんの開口一番の子ほめとトリの明烏と、基本はしっかりと抑えつつ自分の色が出ている。馬吉さんも、厩火事の女房と旦那の軽妙なやり取り、元犬の真っ直ぐな様子がいいな。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

15-03-01 桂宗助 桂吉坊 二人会 in らくごカフェ 夜の部

公演名
桂宗助 桂吉坊 二人会 in らくごカフェ 夜の部
会場
らくごカフェ
日時
2015年3月1日 17:30~
トーク
吉坊・宗助
牛の丸薬
桂宗助
ツメ人情
桂吉坊
仲入り
げんげしゃ茶屋
桂宗助

上方には古い噺が残っていて特に米朝一門には。宗助さんの牛の丸薬は、上方の言葉で柔れげているけど 、壺算も足元に及ばない詐欺の噺。けんげしゃ茶屋は、きつい冗談を仕掛ける旦那の噺。往時の廓の雰囲気を。吉坊さんのツメ人情は小佐田さんの、文楽を巡る人情噺。泣いた。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

15-03-01 春風亭小朝独演会 #落語 #rakugo

公演名
春風亭小朝独演会
会場
北とぴあ さくらホール
日時
2015年3月1日 13:30~
牛ほめ
春風亭ぺろちゃん
厩火事
春風亭小朝
転宅
春風亭小朝
仲入り
表彰状
桂文雀
男の花道
春風亭小朝

小朝さんの落語はきれいだなという感じ。厩火事のひも亭主がいい男なのは当然だし、女房もただ騒がしいだけじゃない。転宅はお妾が婀娜な雰囲気を持ってい るし、泥棒は間抜けかな。男の花道は、侍の矜持と、歌舞伎役者の見栄を通す姿を楽しむ噺で、やはりきれいに演じる。楽しかった。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

15-03-01 鈴本早朝寄席 #落語 #rakugo

公演名
鈴本早朝寄席
会場
鈴本演芸場
日時
2015年3月1日 10:00~
鮑のし
金原亭馬吉
高砂や
入船亭小辰
親子酒
入船亭遊一
紋三郎稲荷
三遊亭司

落語はちょつと抜けているけど愛すべき人たちを描くのが好き。今日も、馬吉さんの鮑のしの一本抜けた人の明るさ、小辰さんの高砂やを一所懸命に覚えようとしている様子、遊一さんの親子で陽気に酔っ払う様子、茶目っ気を出してしまう、司さんの紋三郎稲荷を楽しんだ。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

15-02-28 第21回 僕のらくご道―三遊亭天どん独演会― #落語 #rakugo

公演名
第21回 僕のらくご道―三遊亭天どん独演会―
会場
なかの芸能小劇場
日時
平成27年2月28日 18:30~
反対俥
三遊亭天どん
教師達の修学旅行
三遊亭ぬう生
(新作:カップリの痴話喧嘩)
三遊亭天どん
仲入り
粗忽長屋
桃月庵白酒
鰍沢
三遊亭天どん

天どんさんのこの会は初めてかな。これからネタ下ろし二本を控えての反対俥は大丈夫だったのかな。新作の方は、男から見て、女の理不尽な振る舞いにドタバ タする噺。男の飄々としている様が天どんさんらしい。鰍沢は後半にかけて手を入れて、より女性の怖さを強めている感じかな。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

15-02-28 黒門亭2部 #落語 #rakugo

公演名
黒門亭2部
会場
落語協会2階
日時
2015年2月28日 14:30~
真田小僧
柳家小はぜ
禁酒番屋
三遊亭時松
一分茶番
林家時蔵
仲入り
磯の鮑〜深川
八光亭春輔
ねずみ
橘家圓太郎

今日の黒門亭2部はベテランが多い。まずは時松さんの禁酒番屋で酔っ払いを楽しんで、時蔵さんの一分茶番の確かな造形を堪能して、初めて拝見した春輔さんの磯の鮑の抜けた男を楽しんで、圓太郎さんのねずみの甚五郎の懐の深さを実感。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »