« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

15-11-30 新版三人集〜人形町最後の夜〜 #落語 #rakugo

公演名
新版三人集〜人形町最後の夜〜
会場
日本橋社会教育会館
日時
2015年11月30日 18:45~
強情灸
三遊亭わん丈
宿屋の富
春風亭一蔵
火事息子
入船亭小辰
仲入り
碁どろ
柳家小里ん
妾馬
柳亭市弥

今一番伸び盛りの三人の会。それぞれにちょっと背伸びをした(ような)演目に挑んでいて楽しかった。小里んさんの碁どろもね。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

15-11-29 NBS殺人研究会 #落語 #rakugo #講談

公演名
NBS殺人研究会
会場
お江戸日本橋亭
日時
2015年11月29日 18:00~
解説
いたちや・石井徹也
慶安太平記ー正雪の最期
神田松之丞
仲入り
緑林門松竹ー豪右衛門殺し
蜃気楼龍玉

正雪の最期は基本十三人の腹切りだけの話なんだけど、松之丞さんはその凄惨なまでの修羅場を華麗に描写する。一方、龍玉さんの緑林門松竹は悪女が色仕掛けというからめ手で毒殺するという対照的な殺しの場面。今日も落語と講談の違いが楽しめた。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

15-11-29 第百三回 花形講談会~南海・貞橘二人会 #講談

公演名
第百三回 花形講談会~南海・貞橘二人会
会場
らくごカフェ
日時
2015年11月29日 13:30~
源平盛衰記ー青葉の笛
田辺いちか
ベートーヴェン
宝井琴柑
太閤記―山崎合戦
旭堂南海
赤穂義士銘々伝ー前原伊助
一龍斎貞橘
仲入り
座談
南海・貞橘
左甚五郎ー水飲みの龍
一龍斎貞橘
難波戦記ー家康星田の難戦
旭堂南海

今日の南海さんは太閤記と難波戦記。で、二つを結ぶのが、百姓の身ながら、親子三代で織田ー豊臣に使えた飯島親子。この様な庶民が活躍するのは気持ちい い。ただ、家康に何の思い入れはないと思っていたけど、特に難波戦記での取り扱いには何だかなと感じてしまうのが面白かった。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

15-11-29 朝練講談会 #講談

公演名
朝練講談会
会場
お江戸日本橋亭
日時
2015年11月29日 09:30~
太閤記―墨俣一夜城
神田すず
鼓が滝
一龍斎貞橘

墨俣一夜城は伝説とは思うけど、それでも江戸時代くらいには伝えられている様なので、どこかであの工法が考案されているはずなので工夫はどの時代でも。鼓ヶ滝も推敲の大切さ、考え抜くことの難しさなど。

配布チラシ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

15-11-28 第百二回 花形講談会~旭堂南海 ふたたび~ #講談

公演名
第百二回 花形講談会~旭堂南海 ふたたび~
会場
らくごカフェ
日時
2015年11月28日 18:00~
神子上典膳 油断大敵
田辺いちか
浜野矩随
一龍斎貞弥
慶安太平記ー正雪の最期
神田松之丞
浪花五人男ー道頓堀の大出入り
旭堂南海
仲入り
浪花五人男ー高津宮の大出入り
旭堂南海

南海さんの浪速五人男、今回の3話から4話は五人それぞれが個性を活かしての八面六臂の大活躍。親分格の雁金文七の貫禄、神鳴庄九郎と庵の平兵衛の凸凹コ ンビ、はしっこい極印千右衛門、おっとりとした布袋の市右衛門が、見栄を張り気張っていく姿を南海さんが活写。堪能した。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

15-11-28 講談 貞橘会 #講談

公演名
講談 貞橘会
会場
らくごカフェ
日時
2015年11月28日 13:30~
 
田辺いちか
紺屋高尾
一龍斎貞橘
出世浄瑠璃
一龍斎貞寿
伊賀の水月ー柳生十兵衛との出会い
一龍斎貞橘
仲入り
関ヶ原七本槍
一龍斎貞橘

伊賀の水月は三十六人斬りの前夜。夢の中で師との出会いを。紺屋高尾から関ヶ原七本槍までの幅広くやるのが講談なのかな。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

15-11-27 神田愛山独演会 #講談

公演名
神田愛山独演会
会場
らくごカフェ
日時
2015年11月27日 19:30~
徳川天一坊ー網代問答
神田愛山
講談私小説品川陽吉遺言シリーズ(3)新劇系女流講釈師
神田愛山

網代問答は難しいと言いながら。確かにそうろう言葉の応酬で、しかも切れ者二人のギリギリのやり取り。引き込まれてしまった。私小説は講談初心者なりに面白かった。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

15-11-26 月刊少年ワサビ #落語 #rakugo

公演名
月刊少年ワサビ
会場
らくごカフェ
日時
2015年11月26日 19:30~
仏馬
柳家わさび
社畜の盃
柳家わさび
仲入り
次回お題選び
柳家わさび
寝床
柳家わさび

仏馬はどこぞの民話の流れを汲むような話があるようで、死神と同じ様な成り立ちの様。何にしてもその風にわさびさんは合っている。三題噺は社長の戯画化が少々極端だったけど(昭和のサラリーマン映画?)面白かった。もしかしてトリネタの寝床と付く?

プログラム

プログラム

| | コメント (0) | トラックバック (0)

15-11-25 我らの時代 落語アルデンテXII #落語#rakugo

公演名
我らの時代 落語アルデンテXII
会場
東京芸術劇場 プレイハウス
日時
2015年11月25日 19:00~
やかん
三遊亭けん玉
鈴ヶ森
春風亭一之輔
短命
三遊亭兼好
仲入り
キッス研究会
春風亭百栄
お見立て
桃月庵白酒

アルデンテは久しぶり。もう12回になるのね。始めた頃は知る人ぞの感もあったけど、今ではこの四人を集めるのは大変かな。あと今では四人ともお弟子さんがいて感慨深い。噺はそれぞれ安定の演目で堪能した。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

15-11-23 朝練講談会ー芝居名優役者伝 楽日 #講談

公演名
朝練講談会ー芝居名優役者伝 楽日
会場
お江戸日本橋亭
日時
2015年11月23日 09:30~
名人小團次
一龍斎貞寿
中村仲蔵
神田松之丞

貞寿さんの役者はなんか艶っぽい。昨日の仲蔵もそうだったし、今日の小團次が璃光に心情を吐露する場面はかき口説いて様。松之丞さんの仲蔵はまるで平場。貞寿さんとの対照がいい。

配布チラシ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

15-11-22 正太郎コンプレックス22号

公演名
正太郎コンプレックス 22号
会場
らくごカフェ
日時
2015年11月22日 18:30~
寄合酒
春風亭正太郎
啞の釣り
春風亭正太郎
短命
春風亭一左
仲入り
子別れ
春風亭正太郎

正太郎さんは真っ直ぐな明るさがよくて、前二席に出てくる与太郎のの魅力につながる気がする。子別れも勿論子供が可愛いけど、父母の善良さを裏付けになっている。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

15-11-22 一蔵ひとりの会 #落語 #rakugo

公演名
一蔵ひとりの会
会場
らくごカフェ
日時
2015年11月22日 14:00~
棒鱈
春風亭一蔵
厩火事
春風亭一蔵
仲入り
竹の水仙
春風亭一蔵

一蔵さんの酔っ払いは明るくてさっぱりとしていて楽しい。田舎侍の傍若無人さもね。厩火事はまだやっていなかったのが意外。ニン似合っている。宿屋の主人の純朴さもそうだしね。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

15-11-22 朝練講談会ー芝居名優役者伝 初日 #講談

公演名
朝練講談会ー芝居名優役者伝 初日
会場
お江戸日本橋亭
日時
2015年11月22日 09:30~
中村仲蔵
一龍斎貞寿
淀五郎
神田松之丞

貞寿さんらしさが出ている仲蔵。なんかしっとりとしているような。女房の強さがいいな。松之丞さんの苦悩する淀五郎もいいね。團蔵と仲蔵の、淀五郎への期待感の対比も良かった。

配布チラシ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

15-11-20 百栄の赤いシリーズ〜赤い焼豚 #落語 #rakugo

公演名
百栄の赤いシリーズ〜赤い焼豚
会場
らくごカフェ
日時
2015年11月20日 19:00~
素人義太夫
春風亭百栄
くじ悲喜
立川吉笑
仲入り
トーク
吉笑・百栄
キッス研究会
春風亭百栄

吉笑さんの聞きだしが巧みで、熱演の後に上がる時の心構えからそれといつの間にか芸談の話になっていて、興味深いことを聞くことができて楽しかった。

百栄さんの赤いシリーズは初めて。小さいハコで聴くと、素人義太夫で旦那の表情が無くなっていって、最後の駄々こねにさっと変化していく様子が手に取るようにわかる。キッス研究会のキモいさまも生々しくね。いいのかな。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

15-11-17 らくご街道 雲助五拾三次ー鳶ー #落語 #rakugo

公演名
らくご街道 雲助五拾三次ー鳶ー
会場
日本橋劇場
日時
2015年11月17日 19:00~
手紙無筆
桃月庵はまぐり
木乃伊取り
五街道雲助
仲入り
三軒茶屋
五街道雲助

木乃伊取りを雲助さんで聴いてあらためて感じるのは、吉原という仕組みの凄さ。のぼせた男を柔らかく包み込んで自家薬籠中の物にしてしまう。三軒長屋では鳶の頭の世智賢いところではなく、姐さんと職人たちのやり取りの方が楽しくて仕方がない。

配布チラシ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

15-11-16 TEN寄席 #落語 #rakugo

公演名
和室カフェ
会場
らくごカフェ
日時
2015年11月16日 19:30~
茶の湯
三遊亭時松
三方一両損
桂三木男
仲入り
替り目
柳家ろべえ
御神酒徳利
三遊亭時松

どれも通しで、三木男さんにいたっては本編に入る前に小間物政談を半分ほど。まあ、とにかく長かった。熱意は感じたけどちと疲れたね。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

15-11-15 柳家一琴の会 #落語 #rakugo

公演名
柳家一琴の会
会場
らくごカフェ
日時
2015年11月15日 18:00~
普段の袴
柳家一琴
引っ越しの夢
柳家一琴
仲入り
らくだ
柳家一琴

文治さんに習ったという袴はそれらしい明るさがあって楽しい。引越しの番頭の好色さも明るくていやらしさがない。らくだの小心な屑やが、酒に飲まれていく様がなんかいい。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

15-11-15 鰍沢 零・壱・弐 #落語 #rakugo

公演名
鰍沢 零・壱・弐
会場
イイノホール
日時
2015年11月15日 14:00~
子ほめ
入船亭辰のこ
鰍沢(前段)
柳家喬太郎
鰍沢
入船亭扇辰
仲入り
鰍沢弐
柳家小満ん
余談会ー鰍沢あれこれ
喬太郎・小満ん・扇辰

鰍沢の本編を扇辰さんが、小満んさんしか持っていない河竹黙阿弥が作った芝居噺の後日譚に、喬太郎さんが前日譚を作るという趣向の会。喬太郎さんは、お熊と亭主の江戸での心中騒ぎを情緒たっぷりに仕立て、扇辰さんが本編を端正に。小満んさんの芝居仕立ての台詞に浸った。

プログラム

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

15-11-15 朝練講談会ー朝練二扇会 vol.4 #講談 #浪曲

公演名
朝練講談会ー朝練二扇会 vol.4
会場
お江戸日本橋亭
日時
2015年11月15日 09:30~
阿武松緑之助
玉川太福:玉川みね子
清水次郎長伝ー仁吉の離縁場
神田春陽

阿武松はやはり浪曲でも。節が入ると情緒に富むかな。太福さんは大飯食らいの場面を楽しく。春陽さんの任侠ものは喧嘩場でなくても力が入る。

配布チラシ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

15-11-14 文左衛門の月例「文蔵コレクション」 #落語 #rakugo

公演名
文左衛門の月例「文蔵コレクション」
会場
らくごカフェ
日時
2015年11月14日 14:00~
やかん
橘家門郎
強情灸
橘家かな文
権助提灯
橘家文左衛門
アンケートトーク
橘家文左衛門
仲入り
竹の水仙
橘家文左衛門

権助の主人を皮肉そうに横目で見る所作が何ともおかしみがあって楽しい。俠気がある甚五郎の勢いもらしくていい。お弟子さん達の成長も。

配布チラシ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

15-11-10 The Woman's 落語会スペシャル~ピリオド2015 その先へ~ #落語 #rakugo #講談

公演名
The Woman's 落語会スペシャル~ピリオド2015 その先へ~
会場
内幸町ホール
日時
2015年11月10日 19:00~
あいさつ
三遊亭白鳥
所沢パラダイス
春風亭ぴっかり☆
東村山棒鱈
柳亭こみち
仲入り
座席なき戦い
三遊亭粋歌
鉄砲のお熊
神田きらり

The woman’s 落語会は、これからは、小規模の勉強会を重ねて、年末に大きな会を開く形に。自作の新作を披露のぴっかりさん、鉄板の東村山棒鱈のこみちさん、白鳥ワールド全開の噺の粋歌さん、鉄砲のお熊を講談に見事に取り込んだきらりさんを堪能。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

15-11-08 和室カフェ #落語 #rakugo

公演名
和室カフェ
会場
らくごカフェ
日時
2015年11月8日 18:00~
鮫講釈
立川笑二
野ざらし
入船亭小辰
仲入り
いかけ屋
入船亭小辰
五貫裁き
立川笑二

この二人の取り合わせはどういう物なのかなとも思ったけど、案外似た者同士なのかな。演目の並びを見ても大胆不敵で、二人ともきちんとこなしているし。これからも本当に楽しみ。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

15-11-08 松之丞百席 #講談

公演名
松之丞百席
会場
らくごカフェ
日時
2015年11月8日 13:30~
日本名刀伝ー正宗の婿選び
神田松之丞
畦倉重四郎―金兵衛殺し
神田松之丞
仲入り
慶安太平記ー正雪の最期
神田松之丞

今日の百席は殺し特集。名刀伝は初めて。この後の村正の話を聴きたくなった。畔倉重四郎は自分に迷いが無いところがなんかいいなと。正雪の最期の潔さもいい。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

15-11-08 朝練講談会 #講談

公演名
朝練講談会
会場
お江戸日本橋亭
日時
2015年11月8日 09:30~
赤塚不二夫とチビ太
神田真紅
村越茂助 誉れの使者
一龍斎貞弥

真紅さんは、後のおそ松くんのチビ太のモデルとなる少年との出会いを中心に赤塚不二夫の生い立ちを。貞弥さんは家康の流れで茂助を。百戦錬磨の猛者ならではの朴訥な弁明が面白かった。

配布チラシ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

15-11-07 第1回 市馬弟子会 #落語 #rakugo

公演名
第1回 市馬弟子会
会場
らくごカフェ
日時
2015年11月7日 13:00~
弥次郎
柳亭市童
高砂や
柳亭市弥
夜鷹そば屋
柳亭市楽
仲入り
蔵前駕籠
柳亭市江
お見立て
柳亭市童

市馬さんの二ツ目の弟子の会の一回目。こうやって並ぶといじられ役が市弥さんで、一番落ち着いているのが市江さん。市馬さんのおおらかな雰囲気を継いでいる。

プログラム

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

15-11-06 柳家三三・玉川奈々福「落語のチカラ 浪曲のチカラ 3」 #落語 #rakugo #浪曲

公演名
柳家三三・玉川奈々福「落語のチカラ 浪曲のチカラ 3」
会場
カメリアホール
日時
2015年11月6日 18:30~
子ほめ
桃月庵はまぐり
道具や
柳家三三
豊子と菜々福の浪花節更紗
玉川奈々福:沢村豊子
仲入り
悲願千人斬りの女
玉川奈々福:沢村豊子
死神
柳家三三

三三さんは道具やといい死神といい、前座噺、大ネタの区別なく三三さんでしか体験できない楽しさがある。無駄なところはそぎ落としている。奈々福さんと豊子さんの楽しいやり取りを浪花節更紗に大笑いして、千人斬りの女に引き込まれて、続きが気になってと、まんま術中に。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015-11-05 嵐山亭落語会「林家彦いち 春風亭一之輔 二人会」 #落語 #rakugo

公演名
嵐山亭落語会「林家彦いち 春風亭一之輔 二人会」
会場
牛込箪笥区民ホール
日時
2015年11月5日 19:00~
対談
夢枕獏・嵐山光三郎
マイナンバー
〜お前はもう死んでいる〜
林家彦いち
仲入り
百年目
春風亭一之輔

彦いちさんは持ち時間のほとんどがマクラ。これに対しての百年目は対談で生意気と評された通り。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

15-11-04 一之輔・天どん ふたりがかりの会 新作江戸噺十二ヶ月(笑) #落語 #rakugo

公演名
一之輔・天どん ふたりがかりの会 新作江戸噺十二ヶ月(笑)
会場
座・高円寺2
日時
2015年11月4日 19:00~
すこし立ちばなし
天どん・一之輔
加賀の千代
春風亭一之輔
ひとり相撲
三遊亭天どん
仲入り
初天神
三遊亭天どん
長屋の雪見
春風亭一之輔
もすこし立ちばなし
春風亭一之輔

季節にかなった江戸噺の新作を作る、天どんさんと一之輔さんの会。天どんさんは、二人でやる相撲を行司まで行う実際にあった大道芸を題材に。投げ銭が多い方を勝たすことを使って面白く。一之輔さんは長屋一同で雪見に行く噺。色々な噺の題材を取り込んでにぎやかに。

プログラム

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

15-11-01 桂文我の神保町秘密倶楽部 夜の部~上方落語アカデミー~ #落語 #rakugo

公演名
桂文我の神保町秘密倶楽部 夜の部~上方落語アカデミー~
会場
らくごカフェ
日時
2015年11月1日 18:00~
千早ふる
桂文我
後家殺し
桂文我
上方落語の歴史2
桂文我
神保町対談
ゲスト:青木伸広(らくごカフェ席亭)
仲入り
さんま芝居
桂文我

どのような人がどうして来たかという事は、いま現在の噺家を聴くことには関係ないのだけど面白いよね。青木さんとの対談も神保町にあるらくごカフェならではの話が楽しくて仕方がない。後家殺しという後味が悪い噺も、さんま芝居というなんだこれという物もあるのが落語かな。

プログラム

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

15-11-01 桂文我の神保町秘密倶楽部 昼の部~柿ノ木金助連続口演~ #落語 #rakugo

公演名
桂文我の神保町秘密倶楽部 昼の部~柿ノ木金助連続口演~
会場
らくごカフェ
日時
2015年11月1日 13:00~
乞食茶屋
桂文我
柿ノ木金助 その2
桂文我
神保町対談
ゲスト:纐纈公夫(大屋書房店主)
こんなんメッケ
桂文我
仲入り
外科本道
桂文我

珍しい噺は、理由があってそうなっている。多くはつまらないとからなのだが、文我さんのような力があれば、それでも噺の粋を抜き出して楽しませてくれる。柿ノ木は釈ネタらしいのだけど本家でもやられてないそう。和本を取り扱っている大屋書房店主との対談も面白かった。

プログラム

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015-11-01 朝練講談会 第五回 前座勉強会 #講談

公演名
朝練講談会ー第五回 前座勉強会
会場
お江戸日本橋亭
日時
2015年11月1日 09:20~
狩野探幽ー大津屋の屏風絵
田辺いちか
寛永宮本武蔵伝ー瓶割試合
神田みのり
左甚五郎ー水飲みの龍
田辺鶴遊

たまたまなのか、絵描き、剣、彫物とそれぞれの名人の話しがならんだ。まあ、講談自体がそういうものが多いからかな。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

15-10-31 神田真紅の講談忍法帖(巻の拾壱) #講談

公演名
神田真紅の講談忍法帖(巻の拾壱)
会場
らくごカフェ
日時
2015年10月31日 18:00~
桂昌院
神田真紅
南総里見八犬伝ー犬村大角化猫退治
神田真紅
仲入り
バックツーザフューチャーの由来
神田真紅

伝奇物は話芸の中では講談でしかできないと思うのに、真紅さんくらいでしか聴けないのが残念な現状。次回で一応の最終回とのこと。一度連続でまとめて聴いてみたい。八犬伝を選ぶ感性が、このタイミングとはいえバック…を題材にするのに通じていると思う。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »