« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

16-01-31 NBS殺人研究会 #落語 #rakugo #講談

公演名
NBS殺人研究会
会場
お江戸日本橋亭
日時
2016年1月31日 18:00~
寛永三馬術ー甕割り試合
神田松之丞
仲入り
四谷怪談ーお岩誕生
蜃気楼龍玉

今日のNBS殺人研究会、松之丞さんの甕割り試合では、甕ごと弟弟子に切られても、兄弟子の自分が選ばれなかった無念さと嫉妬の妄執に囚われてしまう弱さ、龍玉さんの四谷怪談では、疎まれていると分かっていても男に執着してしまう人の弱さと、此れ迄と違った趣きがあった。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16-01-31 一蔵ひとりの会 #落語 #rakugo

公演名
一蔵ひとりの会
会場
らくごカフェ
日時
2016年1月31日 14:00~
権助魚
春風亭一蔵
大工調べ
春風亭一蔵
仲入り
阿武松
春風亭一蔵

今日の一蔵ひとりの会、大工調べは、その日のうちに受け出すことにこだわる職人気質に絞っていて、それが素直に伝わってくる。棟梁の貫禄はそのうちね。相 撲が好きになったのは落語家になってからの一蔵さんの阿武松、なんか引き込まれたのはお相撲さんへの暖かいまなざしがあるため。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16-01-31 朝練講談会ー朝練二扇会vol.5 #講談 #浪曲

公演名
朝練講談会ー朝練二扇会 vol.5
会場
お江戸日本橋亭
日時
2016年1月31日 09:30~
寛永三馬術ー愛宕山
玉川太福:玉川みね子
世直し勘五郎
神田すず

落語、講談、浪曲はネタをやりとりしていて、寛永三馬術もそうなんですね。浪曲で節がついたものを太福さんで初めて聴いて、講談とはやはり趣が違って楽し かった。すずさんがやった世直し勘五郎も浪曲でもやられているのかな。それを田舎者の浪曲師がやるドタバタを描く落語があるし。

配布チラシ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16-01-30 よってたかって新春らくご’16 21世紀スペシャル寄席ONEDAY〈夜の部〉 #落語 #rakugo

公演名
よってたかって新春らくご’16 21世紀スペシャル寄席ONEDAY〈夜の部〉
会場
よみうりホール
日時
2016年1月30日 18:00~
たらちね
柳亭市丸
紙入れ
三遊亭兼好
二十四孝
柳家三三
仲入り
四段目
桃月庵白酒
淀五郎
柳亭市馬

よってたかって夜の部、昼と打って変わって、古典のいろいろが楽しめる並びに。兼好さんのどこかとぼけた間男噺、三三さんのどこか愛嬌のある乱暴者。愛嬌では白酒さんの小僧が抜群。で、四段目を白酒さんの滑稽噺と、市馬さんの淀五郎の聴き比べという贅沢。

配布チラシ  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16-01-30 よってたかって新春らくご’16 21世紀スペシャル寄席ONEDAY〈昼の部〉 #落語 #rakugo

公演名
よってたかって新春らくご’16 21世紀スペシャル寄席ONEDAY〈昼の部〉
会場
よみうりホール
日時
2016年1月30日 13:00~
牛ほめ
三遊亭あおもり
新聞記事
春風亭一之輔
そば清
柳家喬太郎
仲入り
船越くん
春風亭百栄
落語の仮面ー第2話嵐の初天神
三遊亭白鳥

よってたかって昼の部、面付けとして、破壊力のある並び。一之輔さんの新聞記事からして普通でないし。喬太郎さんのそば清もね。百栄さんの船越くんでいよいよ場がなにしてきて、白鳥さんの落語の仮面で爆発。美内先生公認のガラスの仮面の落語版の由。楽屋ネタ満載の爆笑編。

配布チラシ  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16-01-29 桂宮治独演会 ~宮治本舗 エピソードIII~ #落語 #rakugo

公演名
桂宮治独演会 ~宮治本舗 エピソードIII~
会場
内幸町ホール
日時
2016年1月29日 19:00~
オープニングトーク
桂宮治
孝行糖
三遊亭遊松
強情灸
桂宮治
蜘蛛駕籠
桂宮治
仲入り
らくだ
桂宮治

宮治さんの独演会、どんな噺にも独自の工夫をこらす。強情灸ではやせ我慢する男の、刻々と変わっていく仕草が楽しい。蜘蛛駕籠は酔っぱらいかな。ループしていくごとに微妙に話が雑になっていくのが面白い。らくだも屑やと兄貴分との立場が逆転していく様がね。

配布チラシ  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16-01-28 こはるの冬休み ~立川こはる落語会~ #落語 #rakugo

公演名
こはるの冬休み ~立川こはる落語会~
会場
横浜にぎわい座 のげシャーレ
日時
平成28年1月28日 19:00~
子ほめ
立川こはる
花色木綿
立川こはる
仲入り
権助芝居
立川こはる
平家物語
立川こはる

こはるさんの横浜にぎわい座での会、前半は前座噺を二席。とはいえ、出来心は花色木綿までたっぷりと。やはりあの繰り返しは前座がやるとだれるけど、こは るさんはね。権助芝居は確実な場面展開がはまる。平家物語は初めて。ひたすら筋を追っていく噺で前半だけだとつらいかな。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16-01-26 らくごカフェに火曜会OB会 小せん・志ん陽 #落語 #rakugo

公演名
らくごカフェに火曜会 OB会
会場
らくごカフェ
日時
2016年1月26日 19:30~
手紙無筆
古今亭志ん陽
夜鷹の野ざらし
柳家小せん
仲入り
真田小僧
柳家小せん
崇徳院
古今亭志ん陽

らくごカフェに火曜会でしかみられない小せんさんと志ん陽さんの、ほんわか二人組。志ん陽さんは、のんびりした手紙無筆と、ガツガツしない崇徳院。小せんさんは、展開が楽しい野ざらしの改作と、小賢しさはあるけど、愛嬌のある真田小僧を楽しげに。この二人組、いいよね。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16-01-25 月刊少年ワサビ #落語 #rakugo

公演名
月刊少年ワサビ
会場
らくごカフェ
日時
2016年1月25日 19:30~
新聞記事
柳家わさび
学芸ノ怪
柳家わさび
仲入り
次回お題選び
柳家わさび
明烏
柳家わさび

今回のお題:孫悟空・ソフトクリーム・妖怪学校
次回のお題:失踪・ニシキゴイ・決勝戦

二ツ目さんの勉強会では、意外なネタおろしが出てくるけど、わさびさんは新聞記事がまだなんですね。で、廓噺の明烏は持っているのに。三題噺は主題への持っていき方が多少強引だけど、なんかおかしかった。

プログラム

配布チラシ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16-01-24 お正月だよ!あラやしき スペシャル #落語 #rakugo

公演名
お正月だよ!あラやしき スペシャル
会場
日本橋劇場
日時
2016年1月24日 14:00~
オープニングトーク
一蔵・小太郎
初天神
柳家小太郎
寝床
春風亭一蔵
仲入り
短命
春風亭一蔵
按摩の炬燵
柳家小太郎

小太郎さんと一蔵さんの会、あラやしきは初めて。二人とも明るいたちで、心地のよい会でこれからも行ってみたい。小太郎さんは凧揚げが楽しい初天神と、基本独白だけの難しい按摩の炬燵を好演。一蔵さんはにぎやかな寝床と、すっきりと楽しい短命を。

プログラム

配布チラシ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16-01-24 鈴本早朝寄席 #落語 #rakugo

公演名
鈴本早朝寄席
会場
鈴本演芸場
日時
2016年1月24日 10:00~
時そば
柳家ほたる
悋気の独楽
柳家花ごめ
幸せって
柳家花いち
竹の水仙
三遊亭美るく

鈴本早朝寄席、ほたるさんの時そばは若い人が出てくる感じ。花ごめさんの悋気の独楽の旦那もちょいと軽い。花いちさんの新作は設定的には若いはずなんだけどね。美るくさんの竹の水仙の宿屋の亭主はべらんめえ調でかなり若く感じた。誰の型なのかな。

配布チラシ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16-01-23 桃月庵白酒 独演会 「新春むふふー」 Vol.12 #落語 #rakugo

公演名
桃月庵白酒 独演会 「新春むふふー」 Vol.12
会場
なかのZERO 小ホール
日時
2016年1月23日 13:00~
真田小僧
桃月庵はまぐり
徳ちゃん
桃月庵白酒
風呂敷
桃月庵白酒
仲入り
唄とアコーディオン
遠峰あこ
うどん屋
桃月庵白酒

徳ちゃんのような新作が、どうしてだか残っていくのは、落語の特性なのかな。風呂敷とかうどん屋は落語のまん真ん中を行くものだとして、白酒さんの工夫が誰かを通して残っていくのかな。

配布チラシ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16-01-22 粋歌の新作コレクション2016 新春 #落語 #rakugo

公演名
粋歌の新作コレクション2016 新春
会場
内幸町ホール
日時
2016年1月22日 19:30~
手紙無筆
桃月庵はまぐり
とんがりコーンそのまま食べるか?
指にはめてから食べるか?
三遊亭粋歌
座席なき戦い
三遊亭粋歌
寄席よりの使者
桃月庵白酒
仲入り
ヒーロー
三遊亭粋歌

粋歌さんの新作コレクション、一席目は演目名の様な些細な事でおこる夫婦喧嘩を丁寧に。白鳥作の二席目を主人公を女性に変えて不条理さを増して。最近の戦隊物には昔の登場人物が当時の俳優がそのまま出てくるので、三席目はあながちではないかなと。

粋歌さんの会のゲストの白酒さんはなんと新作を。川柳師匠が、何でだかシリア内戦の仲介役を日本を代表して務めてしまう噺。白酒さんの川柳さんがもうその まま。当然ガーコンをやるのだけど、白酒さんの軍歌が案外に良くて、師匠の雲助さんもやったジャズ息子を期待してしまう。

配布チラシ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16-01-21 らくご街道 雲助五拾三次ー横丁ー #落語 #rakugo

公演名
らくご街道 雲助五拾三次ー横丁ー
会場
日本橋劇場
日時
2016年1月21日 19:00~
真田小僧
桃月庵はまぐり
花色木綿
五街道雲助
仲入り
文七元結
五街道雲助

今日のらくご街道、花色木綿まで聴くことがなかなかできないので、これを雲助さんで聴けて良かった。文七元結は置屋の女将の誠実な人柄が父親を変えていく様を、説得力のある描きかたで。

配布チラシ  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16-01-17 黒門亭〈二部〉 #落語 #rakugo

公演名
黒門亭〈二部〉
会場
落語協会2階
日時
2016年1月17日 14:30~
浮世床
春風亭百んが
松曳き
林家扇
ねずみ
入船亭扇蔵
仲入り
漫才
ニックス
羽団扇
三遊亭歌武蔵

プログラムを見たら歌武蔵さんが羽団扇をやるというのでそのまま居残りで。内容的には天狗裁きで天狗から羽団扇を騙し取ってからのドタバタ。上方ではこの 形でやることもあるのかな。歌武蔵さんの柔らかい雰囲気に合っていた。扇さんも松曳きを頑張っていた。目の前でみたニックスもね。

配布チラシ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16-01-17 黒門亭〈一部〉 #落語 #rakugo

公演名
黒門亭〈一部〉
会場
落語協会2階
日時
2016年1月17日 12:00~
狸札
春風亭百んが
たけのこ
月の家鏡太
初天神
天乃家白馬
仲入り
粋曲
柳家小菊
市助酒
桂文生

久しぶりの黒門亭。聴いたことがない市助酒が目当てで。酔っ払いを楽しむ噺のようで、これも初めての文生さんの温かい雰囲気で楽しく聴かせていただいた。小菊さんを目の前でたっぷりと堪能できるのもこの会ならでは。鏡太さんのたけのこも惚けていて良かった。

配布チラシ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16-01-17 朝練講談会ー前座勉強会 vol.7 #講談

公演名
朝練講談会ー前座勉強会vol.7
会場
お江戸日本橋亭
日時
2016年1月17日 09:30~
義経と鬼一法眼
田辺いちか
寛永宮本武蔵伝ー
下関の船宿
神田みのり
難波戦記ー
長門守木村重成の最期
神田阿久里

いちかさんと、みのりさんさんの前座勉強会ももう7回目。いちかさんは源平ものが多いのかな。なかなかに珍しくて興味深かい。みのりさんは武蔵伝が大団円 のひとつ前まできた。元気な姿が気持ちいい。阿久鯉さんも今になって習われているようで、次の独演会5本いっぺんに披露とのこと。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16-01-16 第五回 よみらくご #落語 #rakugo #講談

公演名
第五回 よみらくご
会場
よみうり大手町ホール
日時
2016年1月16日 17:00~
つる
林家あんこ
谷風の情け相撲
神田松之丞
二番煎じ
立川生志
転宅
古今亭志ん輔
仲入り
子別れ
春風亭一之輔

よみらくごは、トリがたっぷり60分やる趣向。とは言ってもそれまでの松之丞さん、生志さん、志ん輔さんがそれぞれの持ち味を活かして楽しめた。一之輔さんの子別れは夫婦の別れから。とにかく、子供がかわいい。父親の純なところや、しっとりした母親のかわいらしさも。

プログラム

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16-01-12 らくごカフェに火曜会 #落語 #rakugo

公演名
らくごカフェに火曜会
会場
らくごカフェ
日時
2016年1月12日 19:30~
子ほめ
金原亭馬玉
双蝶々ー雪の子別れ
三遊亭天どん
仲入り
ひとり相撲
三遊亭天どん
甲府ぃ
金原亭馬玉

今日の火曜会、天どんさんは双蝶々の後半を淡々と。しかし、最後の最後で照れが出てしまった。二席目は、落語探検倶楽部で発掘した噺。相撲の結果を客席が決める。馬玉さんの子ほめは温かい。甲府ぃも下手にやるとただ良い人の噺だけど、馬玉さんで聴くと、ただただ心地良い。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16-01-11 朝練講談会 #講談

公演名
朝練講談会
会場
お江戸日本橋亭
日時
2016年1月11日 09:30~
グレーゾーン
神田松之丞
赤穂義士銘々伝ー
赤垣源蔵 徳利の別れ
神田春陽

松之丞さん曰く、講談では演目の継承はほぼ指定間で行われるとのこと。落語との違いはここにも。春陽さんの忠僕元助はニンに合っていて明るくて楽しかった。

配布チラシ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16-01-10 朝練講談会 #講談

公演名
朝練講談会
会場
お江戸日本橋亭
日時
2016年1月10日 09:30~
正宗の婿選び
神田松之丞
赤穂義士外伝ー忠僕元助
神田春陽

松之丞さん曰く、講談では演目の継承はほぼ指定間で行われるとのこと。落語との違いはここにも。春陽さんの忠僕元助はニンに合っていて明るくて楽しかった。

配布チラシ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16-01-09 三扇会~落語・講談・浪曲で綴る"新作ネタおろし"~ #講談 #浪曲 #rakugo

公演名
三扇会~落語・講談・浪曲で綴る"新作ネタおろし"~
会場
らくごカフェ
日時
2016年1月9日 14:00~
灰かぶり姫
林家たい平
第92回箱根駅伝の顛末
一龍斎貞寿
武春師匠の思い出
玉川太福:玉川みね子

たけ平さんは基本シンデレラを語りながらの地噺。貞寿さんはおもに歴代の山の神を語る、箱根駅伝の話し。この二人が自分の得意の分野を生かした新作。対して太福さんはつい先日急死した武春さんの思い出話。その存在の大きさを感じた。これからも語り継いでいく由。

配布チラシ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16-01-09 朝練講談会 #講談

公演名
朝練講談会
会場
お江戸日本橋亭
日時
2016年1月9日 09:30~
天保水滸伝ーボロ忠売り出し
神田松之丞
赤穂義士銘々伝ー三村の薪割り
神田春陽

今年初の朝練講談会、松之丞さんは数少ない、人殺しではないネタの中から、明るく賑やかなボロ忠売出し。春陽さんは赤穂義士から三村の薪割りを楽しく。

配布チラシ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16-01-03 講談協会定席"日本橋亭 講談協会初席" #講談

公演名
講談協会定席"日本橋亭 講談協会初席"
会場
お江戸日本橋亭
日時
2016年1月3日 12:50~
三方ヶ原軍記
田辺凌天
源平盛衰記ー鎮西八郎為朝
一龍斎貞弥
亀甲縞
一龍斎貞寿
清水次郎長外伝ー小政の生立ち
神田春陽
真柄のお秀
一龍斎貞心
仲入り
お竹如来
宝井梅福
静の舞
一龍斎春水
難波戦記ー幸村九度山出立
一龍斎貞水

講談協会初席、顔見世とは言え、それなりの時間をかけてくれる。同じ源平でも雰囲気の違うものが並んだり、任侠物もあり、由来物も。そして何と言っても、 貞水さんを目の前で聴くことができる望外の喜び。マクラで大河に触れて難波戦記に。緩急自在の語り口にどんどん引き込まれていった。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16-01-03 お江戸日本橋亭初春演芸会〈第二部〉 #落語 #rakugo #講談

公演名
お江戸日本橋亭初春演芸会〈第二部〉
会場
お江戸日本橋亭
日時
2016年1月3日 11:00~
まんじゅう怖い
桂伸力
阿弥陀池
立川雲水
だくだく
桂伸治
山内一豊 出世の馬揃え
神田紫
漫談
昔昔亭桃太郎

お江戸日本橋亭初春演芸会の第二部、客席が温かくて、精一杯の伸力さんを見守る感じ。雲水さんの阿弥陀ヶ池は上方らしい賑やかさで、伸治さんのだくだくも目に浮かぶよう。日本髪の紫さんは、奴さんのおまけ付き。桃太郎さんをすぐ目の前で見ることもできて大満足。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16-01-02 講談協会定席"日本橋亭 講談協会初席" #講談

公演名
講談協会定席"日本橋亭 講談協会初席"
会場
お江戸日本橋亭
日時
2016年1月2日 12:50~
三方ヶ原軍記ー内藤の物見
田辺いちか
大岡政談ーしばられ地蔵
一龍斎貞鏡
ヤマトタケルー大碓と小碓
宝井琴柑
一心太助一代記ー楓の皿
一龍斎貞橘
金色夜叉ー序開き
宝井琴星
仲入り
安宅豪右衛門ー道場の掛け試合
田辺凌鶴
外郎売り口上
宝井琴嶺
報恩出世俥
神田翆月

講談協会の初席は初めて。定席だけに、神話時代から明治まで多彩な並び。ヤマトタケルが講談になっているのを知ると、この素材の取り方が落語との違いなるとの感慨を覚える。トリの翠月さんの報恩出世車なども落語の人情噺とはやはり一線を画すとも。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16-01-02 お江戸日本橋亭初春演芸会〈第二部〉 #落語 #rakugo #講談

公演名
お江戸日本橋亭初春演芸会〈第二部〉
会場
お江戸日本橋亭
日時
2016年1月2日 11:00~
新聞記事
桂伸力
ん廻し
三遊亭王楽
芋俵
三遊亭遊吉
門松由来
神田松鯉
権助提灯
土橋亭里う馬

お江戸日本橋亭初春演芸会〈第二部〉、ほぼ初めてに近い人が並んだけど、それなりに楽しませてもらえた。唯一の講談の松鯉さんが目当てといえば目当て。軽くだけだったけど正月以外では聴くことができないものだけに興味深かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »