« 16-03-16 忠臣蔵でござる 春宵特撰 ASANO meets HANGAN 浅野内匠頭と塩冶判官 #落語 #rakugo | トップページ | 16-03-19 朝練講談会 松之丞・真紅 #講談 »

16-03-17 千五郎狂言会 第18回 #狂言

公演名
千五郎狂言会 第18回
会場
国立能楽堂
日時
2016年3月17日 19:00~
鼻取相撲(はなとりずもう)
大名
茂山千五郎
太郎冠者
茂山茂
新参の者
茂山正邦
清水(しみず)
太郎冠者
茂山宗彦
主人
茂山七五三
重喜(じゅうき)
住持
茂山千五郎
重喜
茂山虎真
斎呼び
茂山逸平
地謡
茂山茂
島田洋海
山下守之

《鼻取相撲》
千五郎さんの見栄張りで負けず嫌いの大名が可愛らしい。新規の抱えの人数を三千人から言ってみたり、新参者の能力を確認が、相撲の勝負になったり、新参者に負け越した悔しさを太郎冠者に当たったりと。

《清水》
とにかく七五三さんの小心者で物に執着する主人が、らしくて楽しい。なんかいじましい様子が七五三さん以外では考えられない。宗彦さんの太郎冠者のお調子者ぶりも楽しい。

《重喜》
一所懸命の虎真くんが可愛らしすぎるよね。千五郎さんが重喜に小言を言う所は絶対、可愛くて仕方がない様子が入っていた。師の影を踏まずで、棒の先に剃刀を付けて月代を剃る様子を謡で語るのか楽しすぎる。

プログラム

配布チラシ 

|

« 16-03-16 忠臣蔵でござる 春宵特撰 ASANO meets HANGAN 浅野内匠頭と塩冶判官 #落語 #rakugo | トップページ | 16-03-19 朝練講談会 松之丞・真紅 #講談 »

狂言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 16-03-17 千五郎狂言会 第18回 #狂言:

« 16-03-16 忠臣蔵でござる 春宵特撰 ASANO meets HANGAN 浅野内匠頭と塩冶判官 #落語 #rakugo | トップページ | 16-03-19 朝練講談会 松之丞・真紅 #講談 »