« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

16-08-28 黒門亭1部 #落語 #rakugo

公演名
黒門亭1部
会場
落語協会2F
日時
2016年8月28日 12:00~
子ほめ
春風亭朝七
やかんなめ
三遊亭歌扇
目黒のさんま
桂右女助
仲入り
手品
伊藤夢葉
酢豆腐
橘家圓太郎

久しぶりの黒門亭。歌扇さんのやかんなめは、楽しい噺で侍もいいけど、その家来とのやりとりがいい。目黒のさんまは、初めて聴く型で右女助さんしかやっていないとのこと。夢葉さんの手品を最前列で見て感心しきりで、若い衆のやり取りが楽しい圓太郎さんの酢豆腐を堪能。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016-08-27 春風亭朝也・一龍斎貞弥 落語講談二人会 #落語 #rakugo #講談

公演名
春風亭朝也・一龍斎貞弥 落語講談二人会
会場
らくごカフェ
日時
2016年8月27日 13:30~
質屋蔵
春風亭朝也
かわいそうなぞう
一龍斎貞弥
仲入り
鈴ヶ森
春風亭朝也
坂本龍馬とおりょう
一龍斎貞弥

朝也さんと貞弥さんの二人会、朝也さんは質屋蔵をじっくりと。この噺で興味深いのは、菅原道真が、霊や祟り神ではなく、付喪神として出てくることで、それだけこういうものが身近にあるものだったのかな。貞弥さんの龍馬とおりょうの話もやはり好みなのかな。

配布チラシ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016-08-28 朝練講談会 #講談

公演名
朝練講談会
会場
お江戸日本橋亭
日時
2016年8月28日 09:30~
円山応挙と幽霊の花魁
一龍斎貞寿
幸助餅
旭堂南左衛門

今日の朝練講談会は南左衛門さんを迎えて、まずは東京での弟子ともいえる貞寿さんが習った応挙の幽霊画を。親子の情愛とそれをつなぐ応挙の優しさが伝わった。南左衛門さんの幸助餅、幸助の底抜けの人の良さと、それを良しとする周りの人達の温かさに胸打たれた。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16-08-27 夏のめぐろ狂言 #狂言

公演名
夏のめぐろ狂言
会場
めぐろパーシモンホール 大ホール
日時
2016年8月27日 18:00~
墨塗(すみぬり)
大名
石田幸雄
太郎冠者
月崎晴夫
竹山悠樹
鐘の音(かねのね)
太郎冠者
野村万作
岡聡史
悪太郎(あくたろう)
悪太郎
野村萬斎
叔父
深田博治
高野和憲

《墨塗》
本当に楽しそう。大名とはいえ男女の感情のやり取りに違いはない。というよりは、なんか子供じみたことをやるのは狂言らしい。

《鐘の音》
まさしく狂言らしい曲。金の値と鐘の音を聞き間違うところまでは、例えば落語でも表現できるけど、後のそれを謡で表現するのは狂言でしかできないし、それが楽しい。

《悪太郎》
純粋さとは何かな。悪太郎は陰口を言われるのが嫌いで、それを力を誇示することで表す。夢現つで聞いたことを啓示だと勘違いする。というのがね。

プログラム

配布チラシ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16-08-26 第七回「よみらくご」 #落語 #rakugo

公演名
第七回「よみらくご」
会場
よみうり大手町ホール
日時
2016年8月26日 18:30~
饅頭こわい
三遊亭金の助
元犬
桂宮治
化物使い
入船亭扇辰
メルヘンもう半分
三遊亭白鳥
仲入り
雪の瀬川
柳家さん喬

今日のよみらくごは、やはりさん喬さんの雪の瀬川の通し。一時間をゆうに超える大熱演。これまでも下は何回か聴いたけど、通しでだと長過ぎてダレないか、こちらが寝落ちしないかと心配は杞憂で、とにかくグイグイと引き込まれた。大満足です。

プログラム

配布チラシ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016-08-25 J亭落語会「白酒・三三・一之輔」 四季「夏」シリーズ 桃月庵白酒 独演会 #落語 #rakugo

公演名
J亭落語会「白酒・三三・一之輔」 四季「夏」シリーズ 桃月庵白酒 独演会
会場
JTアートホール アフィニス
日時
2016年8月25日 19:00~
元犬
桃月庵ひしもち
お化け長屋
桃月庵白酒
仲入り
洒落番頭
古今亭志ん松
青菜
桃月庵白酒

長講2席、堪能した。

配布チラシ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16-08-23 あかぎ寄席NEXT 浪曲、玉川太福 独演会 #浪曲

公演名
あかぎ寄席NEXT 浪曲、玉川太福 独演会
会場
お赤城神社 参集殿
日時
2016年8月23日 19:00~
塩原多助ー命の振袖
港家小そめ
清水次郎長伝―秋葉の仇討
玉川太福:玉川みね子
仲入り
清水次郎長伝―名古屋の御難
玉川太福:玉川みね子

あかぎ寄席 Nextの太福さんは、次郎長伝を連続で。二回目の今日は、三話の秋葉の仇討と四話の名古屋の御難。たまたまの取り合わせなんだけど、仇討ちの最後で、 やっと仇を討ち取った快感を得てからの、先の見えない旅先で、病人を抱えるは、一文無しになるはで終わってしまうのはね。

配布チラシ   


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016-08-21 NBS殺人研究会 #rakugo #講談

公演名
NBS殺人研究会
会場
お江戸日本橋亭
日時
2016年8月21日 18:00~
旗本五人男―飯飼五郎太夫(上)
神田松之丞
旗本五人男―飯飼五郎太夫(下)
神田松鯉
仲入り
緑林門松竹―新助市
蜃気楼龍玉

前回に引き続き、松鯉さんがゲスト。師松之丞さんが匠とのリレーに選んだのが旗本五人男。お目見え以上というプライドに振り回される男たちの話で師弟のリレーが楽しい。龍玉さんの緑林門松竹の発端はこれからの展開が楽しみになる。

プログラム

配布チラシ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

16-08-21 納涼 茂山狂言祭 2016 #狂言

公演名
納涼 茂山狂言祭 2016
会場
国立能楽堂
日時
平成28年8月21日 14:00~
文山立(ふみやまだち)
山賊甲
茂山茂
山賊乙
茂山逸平
濯ぎ川(すずきかわ)
茂山あきら
女房
茂山七五三
茂山千三郎
今際の淵(いまわのふち)
男甲
茂山宗彦
男乙
丸石やすし
茂山童司

《文山立》
二人ののんきな山賊たちの会話劇。論理が飛躍していって、自死するところまで膠着すれど、生来の呑気がかって死ぬのを止める。謡が効果よく使われるので落語にはできないかな。

《濯ぎ川》
この曲はもうあきらさんの夫がいい。気弱なのに、立場が変われば去勢も張ろうという、その移り変わりが抜群。千三郎さんのコミカルな姑も楽しい。

《今際の淵》
童司さん作演出の一編。自殺の名所なのかな、で出会った二人の男たちが、それぞれのここに来たわけを語り合っていくうちに、意外な展開を見せる。物語として楽しかった。

配布チラシ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16-08-21 朝練講談会 二扇会 vol.19 #講談 #浪曲

公演名
朝練講談会 二扇会 vol.19
会場
お江戸日本橋亭
日時
2016年8月21日 09:30~
平松金次郎―臆病の一番槍
田辺いちか
清水次郎長伝―法印大五郎
玉川太福:玉川みね子

いちかさんの臆病の一番槍で描かれる武人としての臆病という資質を、やはり講談だと克服する方向なんだよね。カタルシスはあるけど。カタルシスでいうと太福さんの次郎長伝は、それを得る一歩前での切れ場。明後日、赤城寄席に行けということかな。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16-08-20 納涼 茂山狂言祭 2016 #狂言

公演名
納涼 茂山狂言祭 2016
会場
国立能楽堂
日時
2016年8月20日 14:00~
石神(いしがみ)
茂山正邦
茂山茂
知人
茂山あきら
魚説教(うおせっきょう)
出家
茂山七五三
都近くのお男
茂山童司
死神(しにがみ)
茂山宗彦
死神
茂山あきら
召使A
丸石やすし
奥方
茂山逸平
召使B
井口竜也
召使C
鈴木実

《石神》
正邦さんの調子だけは良いだらしない男が楽しい。あきらさんの妻が舞う狂言神楽は逸平さんの予告どおりに、“キレッキレッ”で、正邦さんの夫がつられてしまうのは宜なるかなというところ。

《魚説教》
漁師上がりのにわかの坊さんが、仕方を知らないので、魚の名前づくしの説教を説く言葉遊びの曲。七五三さんのもっともらしい顔で聞かされると、そんなもんじゃないかなと思ってしまう。

《死神》
落語からの新作狂言。逸平さんの飄々とした味や、あきらさんのとぼけた死神が、合っていて楽しい一曲。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16-08-17 柳家小満んを扇辰・喬太郎がふたり占め #落語 #rakugo

公演名
柳家小満んを扇辰・喬太郎がふたり占め
会場
イイノホール
日時
2016年8月17日 19:00~
トーク
喬太郎・扇辰
にゅう
柳家喬太郎
派手彦
柳家小満ん
仲入り
麻のれん
入船亭扇辰
江戸の夢
柳家小満ん
座談
喬太郎・小満ん・扇辰

喬太郎さんと扇辰さんが、落語好き、小満ん好きを発揮してリクエストを何題かして、それに応える企画。選ばれたのが、派手彦と江戸の夢。どちらも演題とは違い、派手なところはなくて、ほっとするようなぬくもりがある噺。小満んさんの人柄が伝わってきて良い会だった。

プログラム

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16-08-14 一蔵ひとりの会 40回スペシャル! #落語 #rakugo

公演名
一蔵ひとりの会 40回スペシャル!
会場
清瀬けやきホール
日時
2016年8月14日 13:30~
真田小僧
春風亭朝太郎
青菜
春風亭一蔵
ねっけつ!怪談部
林家彦いち
仲入り
音曲漫才
東京ガールズ
井戸の茶碗
春風亭一蔵

プログラム

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16-08-14 朝練講談会 #講談

公演名
朝練講談会
会場
お江戸日本橋亭
日時
2016年8月14日 09:30~
鹿島アントラーズ誕生
神田真紅
四谷怪談―南瓜畑〜秋山乱心
神田春陽

真紅さんの鹿島アントラーズのような由来ものは講談によくあるようで、真紅さんは明治〜昭和初期のものか、故郷の水戸に関するものをよくするのかな。講談の四谷怪談は歌舞伎由来と違うようで、今回の南瓜畑〜秋山乱心も初めて。春陽さんの緩急をつけた語り口がよかった。

配布チラシ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16-08-13 よってたかって夢らくご 夢空間15周年記念公演 《夜の部》 #落語 #rakugo

公演名
よってたかって夢らくご 夢空間15周年記念公演 《夜の部》
会場
よみうりホール
日時
2016年8月13日 18:00~
金明竹
桃月庵はまぐり
天狗裁き
春風亭一之輔
千両みかん
桃月庵白酒
仲入り
座席なき戦い
三遊亭白鳥
船徳
柳亭市馬

夢空間のよってたかってシリーズの、白鳥、百栄と白酒、一之輔、兼好と市馬会長という顔付けは、現在の落語会のある種の現状を表すものだと思う。マグロの頭を被ってしまう噺をする人の後に、市馬さんが来るのはどうかと思えるかもしれないけど、寄席では普通なんだよね。

配布チラシ  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16-08-13 よってたかって夢らくご 夢空間15周年記念公演 《昼の部》 #落語 #rakugo

公演名
よってたかって夢らくご 夢空間15周年記念公演 《昼の部》
会場
よみうりホール
日時
2016年8月13日 13:00~
たらちね
三遊亭あおもり
道具や
柳家三三
大山詣り
三遊亭兼好
仲入り
バイオレンス・スコ
春風亭百栄
真景累ヶ淵―宗悦殺し
柳家喬太郎

夢空間の15周年記念公演の一環だそうで、この年月にわたって落語会を開催し続けたのはすごいと思う。その実績を踏まえた顔付けだし。三三さんのお惚け与太郎、兼好さんのノンシャランとした先達、百栄さんの凶暴猫、喬太郎さんの切ない旗本侍を堪能した。

配布チラシ  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16-08-12 「四の席」 ~人形町・話芸のつどい~ #rakugo #講談 #浪曲

公演名
「四の席」 ~人形町・話芸のつどい~
会場
日本橋社会教育会館
日時
2016年8月12日 19:00~
はじめに
吉笑・太福・ヤーレンズ・松之丞
くじ悲喜
立川吉笑
自転車水滸伝―ペダルとサドル
玉川太福:玉川みね子
花火
ヤーレンズ
真景累ヶ淵―宗悦殺し
神田松之丞
おわりに
吉笑・太福・ヤーレンズ・松之丞

落語、浪曲、漫才と講談の四つの話芸の、それも伸び盛りの若手を集めた会。ヤーレンズば初めてだけど、他の三組と伍して、楽しかった。

プログラム

配布チラシ  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16-08-11 特撰花形落語会 春風亭一之輔・三笑亭夢丸・柳亭こみち三人会 #rakugo #落語

公演名
特撰花形落語会 春風亭一之輔・三笑亭夢丸・柳亭こみち三人会
会場
北とぴあ つつじホール
日時
2016年8月11日 14:00~
やかん
春風亭きいち
鮑のし
春風亭一之輔
身投げ屋
三笑亭夢丸
仲入り
稽古屋
柳亭こみち
お見立て
春風亭一之輔

一之輔、夢丸、こみちと手練れの三人の会。夢丸さんの身投げ屋とか、こみちさんの稽古屋なんかは、滅多に聞けないし、稽古屋は三味線と息を合わせての噺で、寄席の雰囲気が伝わってくる。一之輔さんは一席目は良きところで軽く上げて、トリではたっぷりとのサービス満点で。

配布チラシ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016-08-09 らくごカフェに火曜会 一蔵・市弥 #rakugo #落語

公演名
らくごカフェに火曜会
会場
らくごカフェ
日時
2016-08-09 19:30~
お見立て
柳亭市弥
大山詣り
春風亭一蔵
仲入り
たがや
春風亭一蔵
青菜
柳亭市弥

今日の火曜会は一蔵さんと市弥さんとが並びもなにもしたい噺をした感じ。お見立ていがは夏の噺だし。とにかく、二人とも楽しげなのがいいよね。なんだけど、やはり大山詣りの女の髪を落とす行為にはね。どうやら先達の人間性で納得させる噺なのかな。難しいね。

配布チラシ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16-08-07 柳家さん喬 牡丹灯籠全段通し 2016・一夏一会 #落語 #rakugo

公演名
柳家さん喬 牡丹灯籠全段通し 2016・一夏一会
会場
イイノホール
日時
2016年8月7日 13:00~
刀屋〜お札はがし
柳家さん喬
仲入り
関口屋〜大団円
柳家さん喬

牡丹燈籠をひとりで一日にやる会、三時間を超えての大熱演。孝助の仇討ちを、実父と師恩のある人と。孝助という人は、そのまま演じるとただただ堅苦しく感じてしまうけど、さん喬さんは、その中にある厚い熱情を抑えながらも、その温かさが伝わってくる演出で。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16-08-07 朝練講談会 #講談

公演名
朝練講談会
会場
お江戸日本橋亭
日時
2016年8月7日 09:30~
寛永宮本武蔵伝―偽巌流
神田みのり
太閤記―矢作橋
一龍斎貞橘

前座はやはり同じ話を何度もかけて修練していくのかな。みのりさんも偽巌流を繰り返していっている様子。武蔵が格好良くなっているかな。人は何か象徴する ものを糧に頑張っていくものだと、出世物語では語られて、矢作橋は太閤記でのそれ。貞橘 さんは本能寺の修羅場のおまけ付きで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16-08-06 三若・べ瓶・三度の会 #落語 #rakugo

公演名
三若・べ瓶・三度の会
会場
らくごカフェ
日時
2016年8月6日 14:00~
トーク
べ瓶・三若・三度
アメリカ人が家にやってきた
桂三若
青菜
桂三度
読書の時間
笑福亭べ瓶
仲入り
崇徳院
桂三若

三風さんと三若さんの兄弟会のはずが、三風さんが病欠。べ瓶さんと三度さんが助け。お三方ともちゃんと聞いたことがないのでと。三度さんの青菜は好みよりうるさいけど面白い。べ瓶さんと三若さんの文枝創作落語もなかなか。三若さんの崇徳院も面白かった。注目していきたい。

配布チラシ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16-08-05 大手町落語会 第38回 #落語 #rakugo

公演名
大手町落語会 第38回
会場
日経ホール
日時
2016年8月5日 19:00~
青春ナイン
柳家やなぎ
ハーブやっているんだろ!!
三遊亭天どん
あの頃のエース
柳家喬太郎
仲入り
兵庫船
三遊亭兼好
宮戸川〜笠碁
柳家さん喬

今日の大手町落語会は、前半の三人は新作。やなぎさんは天どんさん、喬太郎さんと遜色のないしっかりとしたもの。兼好さんの手抜きのない講釈を聞いた後、さん喬さんの宮戸川が始まるのを聴いて、寝落ちして起きたら、笠碁になっていてびっくり。何が起こったのかな。

プログラム

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16-08-03 喬太郎 桃太郎 二人会 若手抜擢! 神田松之丞 #講談 #落語 #rakugo

公演名
喬太郎 桃太郎 二人会 若手抜擢! 神田松之丞
会場
日本橋劇場
日時
2016年8月3日 18:45~
桃太郎
春風亭昇市
お見合い中
昔昔亭桃太郎
谷風の情け相撲
神田松之丞
夢の酒
柳家喬太郎
仲入り
トークショー
喬太郎・桃太郎・松之丞

桃太郎さんが喬太郎さんと組んで、ゲストを呼んでの三人会。今日は講談から若手の伸び盛りの松之丞さん。来てから気づいたが、この会は後半のトークショーがメイン。桃太郎さんが言いたい放題をはなって、喬太郎さんとゲストがフォローするふりをしての…。楽しかった。

プログラム

配布チラシ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16-08-02 らくごカフェに火曜会 天どん・こみち

公演名
らくごカフェに火曜会
会場
らくごカフェ
日時
2016年8月2日 19:30~
友引寄席
三遊亭天どん
甲府ぃ
柳亭こみち
仲入り
金魚の芸者
柳亭こみち
真景累ヶ淵―お累の婚礼
三遊亭天どん

ひさびさの火曜会、こみちさんでは初めての甲府ぃは、人の好い豆腐屋の主人を引き立たせるおかみさんが、こみちさんらしい。金魚の芸者のらしさは言うまでもない。天どんさんは真景累ヶ淵を進めている様子。お累の婚礼は、因縁の絡みがますます重なって何が何だか。

配布チラシ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »