« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

16-09-27 第126回 江戸川落語会 #落語 #rakugo

公演名
第126回 江戸川落語会
会場
江戸川区総合文化センター
日時
2016年9月27日 18:30~
饅頭こわい
柳屋小はぜ
壺算
柳亭左龍
片棒
柳家一琴
仲入り
出来心
柳家小三治

今日の江戸川落語会は小三治一門会。前座の小はぜさんはしっかりしてきた感じ。左龍さんはテンポよく道具屋を追い詰めていく壺算を。一琴さんの片棒はにぎやかな片棒を楽しげに。小三治さんは出来心を花色木綿まで40分を超えるくらい丁寧に。充実した時間を過ごせた。

プログラム

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16-09-25 一蔵ひとりの会 #落語 #rakugo

公演名
一蔵ひとりの会
会場
らくごカフェ
日時
2016年9月25日 18:00~
転宅
春風亭一蔵
天狗裁き
春風亭一蔵
仲入り
お見立て
春風亭一蔵

先週は珍しく忙しくて、なかなか落語を聴けなくて、今日の一蔵さんで、久しぶりに大笑いさせていただいて楽しかった。そういったこともあるのかもしれないけど、とにかく素直に笑いが伝わってくるようで、特にお見立てでは色々なくすぐりが、こちらにはまっておかしかった。

配布チラシ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16-09-25 第6回 太福萬福 #浪曲 #rakugo

公演名
第6回 太福萬福
会場
らくごカフェ
日時
2016年9月25日 13:30~
銭湯激戦区
玉川太福:玉川みね子
将棋の殿様
三笑亭夢丸
仲入り
トーク
太福・夢丸
男はつらいよ−寅さん故郷に帰る
玉川太福:玉川みね子

ゲストに夢丸さんを迎えて、前半は荒川区の銭湯話しに花が咲く。その熱い語りが楽しい。後半は映画の男はつらいよの第1作目を大西信行さんが浪曲に仕立てもの。山田監督に許しを得て再開。講談や、ましてや落語では出来ないもので、あの映画の有り様は浪曲こそと感じた。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16-09-25 朝練講談会 #講談

公演名
朝練講談会
会場
お江戸日本橋亭
日時
2016年9月25日 09:30~
鼠小僧次郎吉−しじみ売り
一龍斎貞寿
彫物師 昆観
旭堂南海

講談と落語はネタのやり取りが盛んなようで、しじみ売りも講釈が元のよう。貞寿さんは、真打昇進を控えて習ったようで、それなりに腕が必要なものなのかな。南海さんの昆観は初めて聴くもの。名人ものなんだけど、子供たちを遊ばせて様子を題材にする明るい話。楽しかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16-09-24 旭堂南海の連続講談第三巻「浪花侠客傳」を聴く会(一) #講談

公演名
旭堂南海の連続講談第三巻「浪花侠客傳」を聴く会(一)
会場
らくごカフェ
日時
2016年9月25日 18:00~
臆病の一番槍
田辺いちか
奉行と検校 出世比べ
一龍斎貞鏡
1.「三好屋四郎右衛門大坂顔見世」
旭堂南海
仲入り
2.「違袖音吉大川端逢引」
旭堂南海

南海さんの連続読みを聴く会の第三弾は浪速俠客傳。当然初めて。1回目にして思いきりつかまられた。とにかく、三好屋四郎右衛門の大きな人柄に惹かれてし まう。笑顔の温かさがいい。南海さんがその魅力を余すことなく描いていて、どんどん引き込まれてしまう。続きが楽しみで。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16-09-24 講談 貞橘会 #講談

公演名
講談貞橘会
会場
らくごカフェ
日時
2016年9月24日 13:30~
五条橋
一龍斎貞橘
真田幸村−逢坂山の山賊
神田すず
竹取物語
一龍斎貞橘
ヤマトタケル−序開き
宝井琴柑
仲入り
ドラキュラ伯爵
一龍斎貞橘

今日の貞橘さん、ドラキュラ伯爵は、古風なゴシックロマンな内容が講談の語り口があっていると感じた。灯りをすべて落として釈台の上にひとつだけにする演出も古風でいいよね。クラッカーを鳴らすのは面白いけどね。あと効果音を袖にやってもらうのも楽しいね。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16-09-21 神田鯉栄(きらり改メ)真打昇進披露講談会 #講談

公演名
神田鯉栄(きらり改メ)真打昇進披露講談会
会場
成城ホール
日時
2016年9月21日 19:00~
塙保己一
神田みのり
天保水滸伝−鹿島の某祭り
神田松之丞
源平盛衰記−扇の的
神田松鯉
仲入り
雲居禅師
神田鯉栄

きらり改メ鯉栄さんの真打昇進披露公演、最後ということで、口上では司会の松之丞さんが挨拶をしてさらに当人の鯉栄さんも。師匠への感謝の思いが伝わって なんとも。それに応える松鯉さんの言葉にも温かさを感じた。鯉栄さんが主従から師弟へとうつる雲居禅師を選んだのもそういうことかな。

配布チラシ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16-09-19 朝練講談会 二扇会 vol.21 #講談

公演名
朝練講談会 二扇会 vol.21
会場
お江戸日本橋亭
日時
2016年9月19日 09:30~
名刀燭台切光忠の由来
神田真紅
自転車水滸伝−サドルの最期
玉川太福:玉川みね子

講談でも何でも新作のなかでも古典の枠で作られるのがあるようで、今日の真紅さんの燭台切もそう。故郷の水戸に関係がある事から、現存が確認された去年に 作られたとのこと。太福さんの自転車水滸伝は日常のスケッチで、浪曲ならではの新作を狙ったもので、真紅さんとの対比が面白い。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16-09-18 朝練講談会 朝練二扇会 vol20 #講談 #浪曲

公演名
朝練講談会 二扇会 vol.20
会場
お江戸日本橋亭
日時
2016年9月18日09:30~
清水次郎長伝―秋葉の仇討ち
玉川太福:玉川みね子
徳川天一坊−閉門御免
神田春陽

今日の朝練二扇会、太福さんはこの会で連続読みしている清水次郎長伝の三話目を。浪曲での最初の山場なのかな。、やはり修羅場までを節であげていくのは浪 曲ならでは。春陽さんの天一坊は大岡越前の閉門が解かれて、直接対決に挑もうとするところまで。続きを聴くことはできるかな。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16-09-17 柳家一琴の会 #rakugo #落語

公演名
柳家一琴の会
会場
らくごカフェ
日時
2016年9月17日 14:00~
粗忽長屋
柳家一琴
四段目
柳家一琴
仲入り
抜け雀
柳家一琴

落語の楽しみはいろいろな人間が、色々な状況で色々なことをするのを楽しむことがあって、粗忽長屋のように思いこみで突っ走ったり、四段目で苦しみを忘れるために好きなことを真似するのに夢中になったりする様や、抜け雀の自己の腕をたのみに生きていく様子がいいね。

配布チラシ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16-09-17 朝練講談会 #講談

公演名
朝練講談会
会場
お江戸日本橋亭
日時
2016年9月17日 09:30~
慶安太平記ー箱根の惨劇
神田松之丞
徳川天一坊ー越前閉門破り
神田春陽

今日の朝練講談会は徳川という堅固なシステムに立ち向かう話しが並んだ感じ。松之丞さんの慶安太平記はまさに革命を起こそうとする正雪が、仲間にしようとするデタラメな男の話し。春陽さんの天一坊は、徳川幕府の官僚組織をだまくらかそうとする男に対する一官僚の孤独な戦いが面白かった。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16-09-12 緑太・市童 二人会 #落語 #rakugo

公演名
緑太・市童 二人会
会場
らくごカフェ
日時
2016年9月12日 19:30~
トーク
緑太・市童
武助馬
柳亭市童
星野屋
柳家緑太
仲入り
町の若い衆
柳家緑太
ろくろっ首
柳亭市童

録太さんと市童さんの二人会、タイミングなのか、個人的に最近聴くことが少なくなっているものが並んで、それもきちんとした形でやられて嬉しかった。市童さんは、滅多にない僥倖に浮かれる様や、与太郎が楽しい。録太さんの星野屋のお妾さんの自分可愛いらしさもね。

配布チラシ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16-09-11 貞寿、屏風にまみえず #講談 #rakugo

公演名
貞寿、屏風にまみえず
会場
らくごカフェ
日時
2016年9月11日 18:30~
穴子のからぬけ
柳家あお馬
寛永三馬術―曲垣と度度平
一龍斎貞寿
御神酒徳利
柳家小せん
仲入り
祐天吉松―飛鳥山親子の出会い
一龍斎貞寿

貞寿さんの真打昇進に向けてゲストの胸を借りての会、今回は小せんさんがたっぷりの御神酒徳利で。貞寿さんの度度平の愛くるしさは格別で、平九郎が面白がっている様子が伝わる。あまりやらない俠客ものでの祐天吉松は、親子の出会いで子供の可愛いらしさよかった。

配布チラシ 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16-09-11 噺を鍛える会 #rakugo #落語

公演名
噺を鍛える会
会場
らくごカフェ
日時
2016年9月11日 14:00~
浮世床
柳亭市楽
くしゃみ講釈
柳亭市楽
仲入り
中村仲蔵
柳亭市楽

市楽さんはとにかく元気なのがいい。夢の浮世床での芝居での掛け声なんかもね。くしゃみ講釈の平場の声の張り具合も、自分の会を開いている先生にふさわしいものだし。仲蔵の芝居の場面では、この声に動きのある表情が加わって、さらに楽しくなる。

配布チラシ 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16-09-11 朝練講談会 #講談

公演名
朝練講談会
会場
お江戸日本橋亭
日時
2016年9月11日 09:30~
関東七人男―沼田の牢破り
宝井梅湯
小猿七之助―永代橋
一龍斎貞橘

今日の朝練講談会、梅湯さんはやり手が少ないがと関東七人男を。俠客とは言われないような悪党たちの話みたい。この様な話を伝えているのは講談の幅広さを 示すものなのかな。対しての貞橘 さんの小猿七之助は歌舞伎でもやるような、ある意味江戸の粋な一面を描くもので幅広いなと。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16-09-10 特撰花形落語会 柳家喬太郎・入船亭扇辰 #落語 #rakugo

公演名
特撰花形落語会 柳家喬太郎・入船亭扇辰
会場
行徳文化センターI&I
日時
2016年9月10日 14:00~
寄合酒
入船亭辰のこ
そば清
柳家喬太郎
阿武松
入船亭扇辰
仲入り
茄子娘
入船亭扇辰
粗忽の使者
柳家喬太郎

喬太郎さんと扇辰さんの二人会、都内だとほとんど取れないので、ちょっと遠いけど行徳のこの会に。喬太郎さんの二席は笑いの多いものだし、周りの人達の反応もいいし大満足。扇辰さんは阿武松も良かったけど、滅多に聴けない茄子娘のなんだこれはというオチが楽しかった。

配布チラシ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16-09-06 似たりヨッタリ会(仮)の三人で前夜祭 #落語 #rakugo

公演名
似たりヨッタリ会(仮)の三人で前夜祭
会場
国立演芸場
日時
2016年9月6日 18:30~
ご挨拶
扇遊・鯉昇・龍志
子ほめ
入船亭辰のこ
お化け長屋
立川龍志
仲入り
妾馬
入船亭扇遊
ねずみ
瀧川鯉昇

落語睦会で喜多八の代わりに、龍志さんが参加して新たに始まった会。次からは一天四海の会となるみたい。龍志さんは寄席体験者で、その時に扇遊さんと一緒に前座修業を。きちんと聴くのは初めて。要点をとらえて再構成して聴きやすくなった化け物使いが楽しかった。

配布チラシ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16-09-04 鈴本早朝寄席 #落語 #rakugo

公演名
鈴本早朝寄席
会場
鈴本演芸場
日時
2016年9月4日 10:00~
幇間腹
柳家小んぶ
お菊の皿
柳家花いち
おはこサギ
鈴々舎八ゑ馬
井戸の茶碗
三遊亭わん丈

今日の早朝寄席、無駄のないスピード感のある小んぶさんの幇間腹、にぎやかで楽しい花いちさんのお菊の皿、小粒でも笑いどころの多い八ゑ馬さんの新作、二 ツ目になって初めての早朝寄席に井戸の茶碗でいどんだわん丈さんは、これからの伸びが大いに楽しみなど実り多いものだった。

配布チラシ  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16-09-03 大手町落語会「ザ・柳家権太楼 其の三」〜徹頭徹尾 権太楼噺・四季〜 #落語 #rakugo

公演名
大手町落語会「ザ・柳家権太楼 其の三」〜徹頭徹尾 権太楼噺・四季〜
会場
よみうり大手町ホール
日時
2016年9月3日 13:00~
浮世床
柳家さん光
抜け雀
柳家権太楼
お化け長屋
柳家権太楼
仲入り
文七元結
柳家権太楼
笠碁
柳家権太楼

権太楼さんの長講四席を一人で演る三時間を超える独演会。こうなると、個々の噺を云々する前に、この圧倒的な時間のかたまりを感じてしまう。その上で、季節の並びでのトリをひとつ手前にして挑んだ文七は流石の一言。一人一人の優しさが伝わった。爆笑の笠碁ですっきりと。

プログラム

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016-09-01 笑福亭仁智 深川独演会 お笑い伝統芸能 #落語 #rakugo

公演名
笑福亭仁智 深川独演会 お笑い伝統芸能
会場
深川江戸資料館 小劇場
日時
2016年9月1日 19:00~
饅頭こわい
瀧川あまぐ鯉
多事争論
笑福亭仁智
あくび指南
春風亭一之輔
仲入り
イクジイ
笑福亭仁智

仁智さんの深川での独演会、新作では家庭内のことを描くものがあるようだけど、仁智さんの今日の二席ともそうなのかな。多事争論は天狗裁きの手法を取り入れているみたいだし。イクジイで描かれる子供と、それを取り巻く家庭、学校の雰囲気が温かで楽しい。

配布チラシ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

16-08-31 春風亭一朝を聴く会 #落語 #rakugo

公演名
春風亭一朝を聴く会
会場
お江戸日本橋亭
日時
2016年8月31日18:30~
鈴ヶ森
春風亭一花
目黒の秋刀魚
春風亭一朝
青菜
春風亭一朝
仲入り
子は鎹
春風亭一朝

一朝さんの独演会は初めて。それもお江戸日本橋亭という小ぶりなところの桟敷で。一朝さんは噺を真っ直ぐに、歯切れよく聴かせてくれて、目黒の秋刀魚のお殿さまの温かい雰囲気や、青菜の植木屋の真似ごとの子供じみたところ、子別れの一家の仲の良さが、ふんわりと伝わった。

プログラム

配布チラシ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »