« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

16-10-30 茂山狂言会特別公演 五世茂山千作 十四世茂山千五郎 襲名披露公演 東京公演 #狂言

公演名
茂山狂言会特別公演 五世茂山千作 十四世茂山千五郎 襲名披露公演 東京公演
会場
国立能楽堂
日時
2016年10月30日 11:00~

  • 烏帽子祝言「翁」
  • 狂言「三本柱」
  • 狂言語「語那須」
  • 狂言「庵梅」
  • 〜休憩〜
  • 脇語「船中ノ語」
  • 独吟「業平餅」
  • 狂言「二人袴」
  • 小舞「盃」、「土車」、「吉の葉」
  • 狂言「蝸牛」
  • 〜休憩〜
  • 小舞「住吉」、「鮒」
  • 狂言「花子」

千五郎さんの五世千作、正邦さんの十四世千五郎の襲名披露東京公演、半日がかり。烏帽子祝言「翁」で始まり、大藏家、山本家、善竹家、野村家などの東京の狂言方、能楽師の共演や千作さんの秘曲「庵梅」、千五郎さんの極重習「花子」、おチビちゃん達の小舞ありの大盤振る舞い。お祝い一色。

プログラム

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16-10-29 落語一之輔・三夜」~春風亭一之輔独演会~《第三夜》

公演名
落語一之輔・三夜」~春風亭一之輔独演会~《第三夜》
会場
よみうり大手町ホール
日時
2016年10月29日 18:00~
粗忽の釘
古今亭志ん八
新聞記事
春風亭一之輔
お見立て
春風亭一之輔
仲入り
江戸曲独楽
三増紋之助
柳田格之進
春風亭一之輔

一之輔さんが嫌だ、嫌だと言いながら正面から取り組んだ柳田格之進は、しっかりと胸に落ちるものだった。侍の矜持を持ちつつ人としての柔らかさを失わない格之進、嫉妬心に負けてしまいながらも失敗を受け入れる番頭、人としての柔らか優しさを持つ主人等々。よかったな。

プログラム

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16-10-29 講談 貞橘会 #講談

公演名
講談貞橘会
会場
らくごカフェ
日時
2016年10月29日 13:30~
隅田川乗っきり
田辺いちか
酒井の太鼓
一龍斎貞橘
伊達の鬼夫婦
神田すず
裸川由来
一龍斎貞橘
仲入り
左甚五郎−水飲みの龍
一龍斎貞橘

今日の貞橘会はスタンダードラインが並んだ感じ。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16-10-28 落語一之輔・三夜」~春風亭一之輔独演会~《第二夜》

公演名
落語一之輔・三夜」~春風亭一之輔独演会~《第二夜》
会場
よみうり大手町ホール
日時
2016年10月28日 19:00~
やかんなめ
柳家ろべえ
かぼちゃ屋
春風亭一之輔
欠伸指南
春風亭一之輔
仲入り
漫才
ロケット団
睨み返し
春風亭一之輔

一之輔さんでもやはり若手としての気概というか意気込みというかを持っているのかな。プログラム上では、仲入り前は一席なのに、独演会で二席はどうしてもできないと。その三席がそれぞれ

プログラム

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16-10-27 「2016 落語一之輔・三夜」~春風亭一之輔独演会~《第一夜》

公演名
落語一之輔・三夜」~春風亭一之輔独演会~《第一夜》
会場
よみうり大手町ホール
日時
2016年10月27日 19:00~
人面瘡
桂三木男
加賀の千代
春風亭一之輔
茶の湯
春風亭一之輔
仲入り
動物ものまね
江戸家小猫
三井の大黒
春風亭一之輔

一之輔さんの三夜連続の独演会の初日、加賀の千代の甚兵衛さん、茶の湯の隠居、三井の大黒の甚五郎と並んだ人たちの、どこかひとつ力を抜いた感じの雰囲気の温かさが一之輔さんらしい。周りを囲む人たちとの裏表がないやり取りが楽しい。

プログラム

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16-10-25 笑福亭たま深川独演会10月号 #落語 #rakugo

公演名
笑福亭たま深川独演会10月号
会場
深川江戸資料館 小ホール
日時
2016年10月24日 19:00~
やかん
瀧川あまぐ鯉
ガマの油
笑福亭たま
崇徳院
笑福亭たま
仲入り
タラチネ
三遊亭天どん
ショート落語
笑福亭たま
秘密警察
笑福亭たま

たまさんの深川での独演会、がまの油とか崇徳院を、もちろん上方の型だと思うけど、やはりたまさんの工夫が入っていると思う。その塩梅が面白くなっているのかな。天どんさんもそこに合わせているみたいだし。そこからの新作が楽しい。

プログラム

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16-10-24 小満ん・喬太郎 素敵なふたり #落語 #rakugo

公演名
小満ん・喬太郎 素敵なふたり
会場
銀座ブロッサム
日時
2016年10月24日 18:30~
たらちね
柳屋小はぜ
粗忽の使者
柳家喬太郎
猫の災難
柳家小満ん
仲入り
景清
柳家小満ん
ハンバーグができるまで
柳家喬太郎

猫の災難を小満んさんで聴いて、なんとなくこの噺は酔っ払いのご陽気な様子を楽しむものだと。これまでは誤魔化す様子がなんか嫌だったけど、今日は小唄、都々逸ときて踊らんばかり。景清の職人も含めて、江戸の町人のいい様子を楽しめた。喬太郎さんの下町の人情もね。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16-10-23 連雀会 #落語 #rakugo #講談

公演名
連雀会
会場
神田連雀亭
日時
2016年10月23日 13:30~
子ほめ
柳家かゑる
井戸の茶碗
古今亭ちよりん
仲入り
出世葵
神田あおい
湯屋番
柳家かゑる

ちよりんさんとかゑるさんの勉強会なのかな、かゑるさんは開口一番で子ほめをしっかりと。ちよりんさんは井戸の茶碗を。まだやり慣れていないのかな。仏像を匁で払っているのは初めて聞く型。ゲストのあおいさんは出世葵をさらっと。賑やかなかゑるさんの湯屋番でお開き。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16-10-23 鈴本早朝寄席 #落語 #rakugo

公演名
鈴本早朝寄席
会場
鈴本演芸場
日時
2016年10月23日 10:00~
東北の宿
柳家かゑる
源平盛衰記
林家なな子
トンガリコーンそのまま食べるか?指にはめて食べるか?
三遊亭粋歌
散り際
柳家やなぎ

今日の早朝寄席はなな子さん以外は新作。とはいっても源平は地噺なので全部かな。新作だと、それぞれの個性が出ていて、かゑるさんの状況コント様や、なな子さんの自分なりのつなぎの漫談、粋歌さんのあるある話ときて、やなぎさんのはかなり凝った噺でお開き。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16-10-18 らくごカフェに火曜会 たけ平・こみち #rakugo #落語

公演名
らくごカフェに火曜会
会場
らくごカフェ
日時
2016年10月18日 19:30~
双蝶々
林家たけ平
仲入り
御神酒徳利
柳亭こみち

今日の火曜会は、長講二席。たけ平さんは双蝶々を駆け足ながら1時間ちょっとの全編通しで。それでも親子の情愛が通いあう場面はしっかりと。龍玉さんの殺しの噺とは対照的。こみちさんの御神酒徳利は、番頭の人の良さがほのぼのと伝わってきて温かな気分になった。

配布チラシ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16-10-17 らくご街道 雲助五拾三次―猫猫猫― #落語 #rakugo

公演名
らくご街道 雲助五拾三次―猫猫猫―
会場
日本橋劇場
日時
2016年10月17日 19:00~
猫と金魚
五街道雲助
猫と茶碗
五街道雲助
仲入り
猫定
五街道雲助

今日のらくご街道は猫づくし。雲助さんの猫と金魚の番頭はわかっていてボケている印象。ちょっと意地悪かな。猫の茶碗は橘家円鏡の猫の皿、その速記をそのままで。間で語られる明治の頃の東京の様子が楽しい。猫定のあやかしを雲助さんはあくまで淡々と描くけどやはり怖い。

配布チラシ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16-10-16 一蔵ひとりの会 #落語 #rakugo

公演名
一蔵ひとりの会
会場
らくごカフェ
日時
2016年10月16日 18:00~
厩火事
春風亭一蔵
強飯の女郎買い
春風亭一蔵
仲入り
子は鎹
春風亭一蔵

今日の一蔵さんは子別れの通し。上である強飯の女郎買いは、これといった聴かせどころがないのを父親のダメさ加減、しっかりとした母親とこましゃくれた子供を描いて、後半の子は鎹につなげる。そこでは三人のそれぞれの想いがこちらにしっかりと伝わってきてよかった。

配布チラシ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16-10-16 柳家一琴の会 #落語 #rakugo

公演名
柳家一琴の会
会場
らくごカフェ
日時
2016年10月16日 14:00~
三くだり半
柳家一琴
牡丹燈篭−これまでの粗筋
柳家一琴
仲入り
牡丹燈籠より十郎ヶ峰の仇討
柳家一琴

今日の一琴さんの会は牡丹燈籠の大団円である十郎ヶ峯の仇討を口演。これは牡丹燈籠の表の孝助の仇討と、裏の怪談と合流しての大団円となるもの。ここまでの粗筋を含めて1時間半の長丁場。まずはその物理的な長さに圧倒される。一琴さんをとおしてその物語を丸ごと堪能できた。

配布チラシ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16-10-16 朝練講談会 二扇会 vol.21

公演名
朝練講談会 二扇会 vol.21
会場
お江戸日本橋亭
日時
2016年10月16日 09:30~
清水次郎長伝―名古屋の御難
玉川太福:玉川みね子
小猿七之助−永代橋
神田すず

今日の二扇会、太福さんは次郎長伝の最初の盛り上がりの後の名古屋の御難、ここではとにかくダウナーな展開で次を聴かなくてはね。すずさんの小猿七之助も発端で、どうもこの後ドロドロの展開が待っているようだけど、ここしか聴けなくて、どこかで連続読みをやってくれないかな。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16-10-15 シェアする落語 第14回 柳家小太郎

公演名
シェアする落語 第14回 柳家小太郎
会場
深川東京モダン館
日時
2016年10月16日 14:00~
時そば
柳家小太郎
死神
柳家小太郎
仲入り
シェアタイム
主催・小太郎
心眼
柳家小太郎

小太郎さんが面白いじゃないかと思ってきたのでシェアする落語に。昇太さんから習った時そばは、季節感の部分を削ぎ落とした爆笑編。対して死神は笑いを少なく。心眼をきちんと聴かせてくれて大満足の会。トークでの入門の経緯と、師匠ラブは興味深かった。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016-10-14 柳家やなぎ勉強会~身の程知らずの会 #rakugo #落語

公演名
柳家やなぎ勉強会~身の程知らずの会
会場
らくごカフェ
日時
2016年10月14日 19:00~
金明竹
柳家やなぎ
(新作)
柳家やなぎ
奈良名所
柳家小満ん
トーク
柳家小満ん・柳家やなぎ
仲入り
冒険の書
柳家やなぎ
道灌
柳家やなぎ

やなぎさんの勉強会は初めて。この会は大御所を呼ぶらしいのだけど、今日はなんと小満んさん。トークでのどうやって噺を習ったかが興味深かった。金明竹での八千草薫を彷彿させるおかみさんの造形が秀逸。子供の勇者になるとの夢を叶えさせるために暴走する父親の噺には唖然呆然。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16-10-13 大天どん会 ~2016シリーズその5~ #落語 #rakugo

公演名
大天どん会 ~2016シリーズその5~
会場
お江戸日本橋亭
日時
2016年10月13日 19:00~
金明竹
柳亭市朗
堀の内
入船亭遊京
トラウマさん
三遊亭天どん
仲入り
自分で決めさせて
三遊亭天どん
ツイッター泥
三遊亭天どん

天どんさんが大事にしている?大天どん会。天どんさんの新作はおかしな人たちがいても、誰かが冷めた視点を持っているのが特徴だと思うけど、トラウマさんのように冷めているからといって流されてしまうのは仕方がない。自分で決めさせての子供のように逃げ切ることも。

配布チラシ  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16-10-11 一之輔・天どん ふたりがかりの会 新作江戸噺十二ヶ月(笑) #落語 #rakugo

公演名
一之輔・天どん ふたりがかりの会 新作江戸噺十二ヶ月(笑)
会場
座・高円寺2
日時
2016年10月11日 19:00~
ご挨拶
天どん・一之輔
牛の子
三遊亭天どん
時太鼓
春風亭一之輔
仲入り
めがね泥
春風亭一之輔
影富
三遊亭天どん
アフタートーク
天どん・一之輔

江戸など古典落語の舞台として新作を作る会、さらに季節感を盛り込むことも。これまでのネタを見ると、あまり知られていない風俗を元にしているみたい。今回は、時の鐘の大元の時太鼓を素材にした一之輔さんと、非公式な富くじの影富を使った天どんさん。両方とも楽しかった。

プログラム

配布チラシ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16-10-10 桂夏丸・神田真紅「落語と講談で綴る『昭和の世界』」第13回 #講談 #rakugo

公演名
桂夏丸・神田真紅「落語と講談で綴る『昭和の世界』」第13回
会場
動楽亭
日時
2016年10月10日 14:00~
阿武松~横綱白鳳と東京五輪
桂夏丸
東京オリンピック1964
~東京招致編~〈前〉
神田真紅
仲入り
同〈後〉
神田真紅
カオス昭和トイレ事情
桂夏丸

 

配布チラシ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16-10-10 朝練講談会 前座勉強会 秋の集中合宿 楽日

公演名
朝練講談会 前座勉強会 秋の集中合宿 楽日
会場
お江戸日本橋亭
日時
2016年10月10日 09:20~
毛谷村六助−弾正の謀
田辺いちか
寛永宮本武蔵伝ー吉岡治太夫
神田みのり
水戸黄門漫遊記−楠公湊川建碑
宝井琴星

前座勉強会の秋の集中合宿楽日、みのりさんは宮本武蔵で三日間で、楽日は吉岡治太夫。いちかさんは昨日の続きで、毛谷村六助の弾正の謀、両方とも卑怯な悪役が出てくる。たまたまなんだけど、講談にはこれが多いんだろうね。琴星さんの水戸黄門は光圀史観の根幹の楠公について。

配布チラシ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16-10-09 林家たい平独演会vol.77 「天下たい平」 #落語 #rakugo

公演名
林家たい平独演会vol.77 「天下たい平」
会場
横浜にぎわい座 芸能ホール
日時
2016年10月9日 14:00~
いきもの食堂
林家たい平
漫談
林家あずみ
マラソンたい平記
林家たい平
仲入り
コント
犬一
甲府ぃ
林家たい平

今日の天下たい平は、色々と新しい試みを。開口一番でたい平さんがにぎわい座にくる電車の中で作った新作を。あずみさんは三味線無しで漫談。で、24時間マラソンの裏話をたっぷりと。全然見なかったけどそれが少し残念。その流れでの甲府ぃはなんかよかった。

配布チラシ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16-10-09 朝練講談会 前座勉強会 秋の集中合宿 中日 #講談

公演名
朝練講談会 前座勉強会 秋の集中合宿 中日
会場
お江戸日本橋亭
日時
2016年10月9日 09:20~
毛谷村六助−序開き
田辺いちか
寛永宮本武蔵伝ー甕破典膳
神田みのり
大岡政談−三方一両損
宝井琴調

前座勉強会の二日目、いちかさんの毛谷村六助の序開きと、みのりさんの甕割典膳、百姓から母親の死を契機として武者修行を始める者と、高みを目指しす者が、心の弱さを克服できない話の対比が面白い。対して、琴調さんは、江戸の職人のやせ我慢の矜持の話。意外と底通するものがあるのかしら。

配布チラシ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16-10-08 新作カフェ 天どんマニアックス~ショートムービーズ~ #落語 #rakugo

公演名
新作カフェ 天どんマニアックス~ショートムービーズ~
会場
らくごカフェ
日時
2016年10月8日 18:00~
手足
三遊亭天どん
締め出し
三遊亭天どん
仲入り
ネットに書かないで
三遊亭天どん

天どんマニアックスは、自身の新作を実演してから、自己解説する名前の通りの会。最初は驚いたのだけど、なんか面白くてタイミングが合えばと。今回は映画がテーマらしいけど、密室劇らしい締め出しが一番あっている噺かな。だから解説での別オチの方が外に出ないので個人的に好み。

配布チラシ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16-10-08 第39回 大手町落語会 #落語 #rakugo #講談

公演名
第39回 大手町落語会
会場
日経ホール
日時
2016年10月8日 13:00~
たらちね
春風亭一猿
芝居の喧嘩
神田松之丞
金色夜叉
林家たけ平
片棒
春風亭一朝
仲入り
厩火事
古今亭志ん輔
鰍沢
柳家権太楼

大手町落語会は、それなりの顔付けで、それぞれがきちんとした持ち時間でやってくれるので、満足感はあるのだけど、ということはそれなりの時間がかかって疲れてしまうのは仕方がない。それでも、一朝さんの軽やかさ、志ん輔さんの艶っぽい感じ、権太楼さんの迫力に大満足。

プログラム

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16-10-08 朝練講談会 前座勉強会 秋の集中合宿 初日 #講談

公演名
朝練講談会 前座勉強会 秋の集中合宿 初日
会場
お江戸日本橋亭
日時
2016年10月8日 09:20~
熊田甚五兵衛
田辺いちか
寛永宮本武蔵伝ー桃井源太左衛門
神田みのり
野狐三次ー木っ端売り
宝井琴柳

今日から三日間、いちかさんとみのりさんの前座勉強会。いちかさんは熊田甚五兵衛を元気いっぱいに。みのりさんは武蔵の桃井源太左衛門を楽しげに。琴柳さんはそういった精一杯の二人が可愛らしそうで、講談の基礎を実演を交えて。もちろん三方ヶ原も。で、野狐三次をさらっと。

配布チラシ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16-10-06 ぺぺ祭り-ぺぺ桜井 生誕80周年祭 #rakugo

公演名
ぺぺ祭り-ぺぺ桜井 生誕80周年祭
会場
日本橋劇場
日時
2016年10月6日 18:45~
ご挨拶
 
漫才
ロケット団
新聞記事
春風亭一之輔
紙切り
林家二楽
鸚鵡の徳利
柳家喬太郎
仲入り
寸劇−帰ってきたぺぺ物語
山崎雛子作
ギター漫談
ぺぺ桜井
座談
 

恩田えりプロデュースのぺぺ桜井さんの80歳を祝うぺぺ祭り、ロケット団、一之輔さん、喬太郎さん、二楽さんと寄席を大切にする芸人が集まってお祝いを。ネタの内容もおふざけ沢山の楽しいもの。ぺぺさんはいつもと変わらなく楽しげに。

プログラム

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16-10-05 宮治本舗 イブイブBDナイト〜桂宮治独演会〜 #落語 #rakugo

公演名
宮治本舗 イブイブBDナイト〜桂宮治独演会〜
会場
国立演芸場
日時
2016年10月5日 19:00~
トーク
桂宮治
道灌
桂伸力
明烏
桂宮治
あくび指南
桂伸治
仲入り
野ざらし
桂宮治
トーク
伸治・宮治
独演会のタイトルに自分の誕生日を入れる噺家の師匠はどういう人なのか、というかどういう人を師匠として選ぶのかに興味があったけど、今日の師弟のトークを聞いて、宮治さんの今の活躍は、この人を師匠としたことにあるんだと納得した。出会いは大事なんだなと。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16-10-04 らくごカフェに火曜会 #落語 #rakugo

公演名
らくごカフェに火曜会
会場
らくごカフェ
日時
2016年10月4日 19:30~
湯屋番
柳亭市弥
自慢探偵
三遊亭天どん
寝床
柳亭市弥
仲入り
真景累ヶ淵−お累の自害
三遊亭天どん

今日の火曜会、その前の市弥さんの湯屋番、寝床というなかなかの二席と、自身のくだらなさすぎる新作を吹き飛ばす、最初から最後まで陰惨な、それでいて怪談の一面で持つ怖いというカタルシスが一切ないお累の自害は、圓朝の暗闇をのぞかせるものですな。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16-10-02 黒門亭1部 #落語 #rakugo

公演名
黒門亭1部
会場
落語協会2F
日時
2016年10月2日 12:00~
子ほめ
柳家寿伴
ギンギラボーイ
古今亭ちよりん
竹の水仙
林家鉄平
仲入り
三億円物語
三遊亭若圓歌
だくだく
古今亭志ん橋

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16-10-02 鈴本早朝寄席 #落語 #rakugo

公演名
鈴本早朝寄席
会場
鈴本演芸場
日時
2016年10月2日 10:00~
時うどん
林家ひろ木
粗忽の使者
柳亭市童
星野屋
三遊亭日るね
天狗裁き
春風亭一蔵

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16-10-01 馬石長講聴く会 #落語 #rakugo

公演名
馬石長講聴く会
会場
浅草見番
日時
2016年10月1日 16:00~
子ほめ
柳亭楽ちん
王子の狐
隅田川馬石
風呂敷
古今亭志ん橋
仲入り
山崎屋
隅田川馬石

雲助さんから居残りで馬石長講聴く会に。まずは王子の狐で。なんか狐が化けた女性の、なんか人離れした雰囲気がいい。この雰囲気は山崎屋の元花魁が朴念仁の大旦那と話すときの世間離れしたトンチンカンなやり取りと通じるところがあって、興味深い。

プログラム

配布チラシ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16-10-01 雲助蔵出し ぞろぞろ #落語 #rakugo

公演名
雲助蔵出し ぞろぞろ
会場
浅草見番
日時
2016年10月1日 13:00~
のめる
柳亭市丸
湯屋番
柳亭市楽
景清
五街道雲助
仲入り
真景累ヶ淵−お久殺し
五街道雲助

雲助さんは古いかたちでやられることが多くて、景清も最後が功徳話としてまん真ん中をいく形。それでも落語としてのオチを決めてくれる。見番は採光がいい場所で、それで圓朝をやっていなかったけど今日はとお久殺しを。マクラも速記から取って。面白かった。

プログラム

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »