« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

16-12-30 大成金 第三部 #落語 #rakugo #講談

公演名
大成金 第三部
会場
博品館劇場
日時
2016年12月29日 19:00~
長崎
瀧川鯉八
くしゃみ講釈
三遊亭小笑
赤穂義士伝−三村の薪割り
一龍斎貞水
仲入り
淀五郎
神田松之丞

大成金第三部、どの会の誰が、貞水国宝の前方でくしゃみ講釈をしますかね。大成金で小笑さんならやるのね。貞水さんはキチンとのってくれるし。ある意味成金を象徴することかな。で、鯉八ワールドで幻惑し、三部をとおしての大トリを松之丞さんの大熱演の淀五郎でしっかりとしめ。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16-12-29 大成金 第二部 #落語 #rakugo

公演名
大成金 第二部
会場
博品館劇場
日時
2016年12月29日 15:30~
道灌
桂宮治
御神酒徳利
春風亭柳若
つる
桂歌丸
仲入り
古着買い
桂伸三
お見立て
春風亭昇也

大成金第二部、ゲストの歌丸さんは、つるをさらっと、だけど味わいがあってこういう会でないと聴けないのでよかった。宮路さんの破格の道灌との対比もできたし。伸三さんの古着買いは初めての演目。柳若さんと昇也さんは古典をしっかりと。飽きのこない構成で大満足。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16-12-29 大成金 第一部 #落語 #rakugo

公演名
大成金 第一部
会場
博品館劇場
日時
2016年12月29日 12:00~
廻る廻る家族
春風亭昇々
粗忽長屋
柳亭小痴楽
背なで老いてる唐獅子牡丹
桂文枝
仲入り
死神
昔々亭A太郎
拝啓15の君へ
笑福亭羽光

大成金第一部のゲストは文枝さんでしっかりと自作の創作を。今でも古びないのはさすが。対する昇々さんと羽光さんの新作はそれぞれで家族の絆が感じられるもので話芸としての特色を活かしたもの。小痴楽さんとA太郎さんの古典も漫然といたものではなくキレがあってよかった。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16-12-27 らくごカフェに火曜会OB会 #落語 #rakugo

公演名
らくごカフェに火曜会OB会
会場
らくごカフェ
日時
2016年12月27日 19:30~
三人無筆
柳家小せん
夢金
古今亭文菊
仲入り
安兵衛狐
古今亭文菊
ふぐ鍋
柳家小せん

文菊さんは季節ネタの夢金、船頭の欲深い感じが乾いた感じで、嫌味がなくていい。安兵衛狐もどちらかというと、へそ曲り者のほうに共感が持てるように描かれている感じ。小せんさんの三人無筆とふぐ鍋は、両方ともふわふわした感触がなんともいいね。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16-12-26 月刊少年ワサビ #落語 #rakugo

公演名
月刊少年ワサビ
会場
らくごカフェ
日時
2016年12月26日 19:30~
しの字嫌い
柳家わさび
三題噺:ぶんぼ
柳家わさび
仲入り
次回お題選び
柳家わさび
やかん泥
柳家わさび

今回お題:ポメラニアン・ムズムズする・玉手函
次回お題:かたじけない・血圧・創刊号

久しぶりにわさびさんの会にきて、感じたのが毎回新作をネタおろしする過程を見るということは、落語を楽しむもうひとつの手段なのかなということ。出来不出来の波はあるけど、このような物語を落語という形で作り上げていく衝動が落語の世界を広げていくのかな。

プログラム

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16-12-25 師走四景 #落語 #rakugo

公演名
師走四景
会場
浅草見番
日時
2016年12月25日 16:00~
のめる
入船亭小辰
時そば
五街道雲助
天災
柳家小燕枝
仲入り
棒鱈
柳家小里ん
つるつる
柳家小満ん

師走四景とあるけど、どの噺も明確な季節を設定しているわけでも、無いようなんだけど、師走だと思って聴くといつもとはなんとなくね。時そばは間抜けさが際立つようだし、天災は忙しいはずなのにねとも、棒鱈の十二ヶ月はさらにイライラするし、つるつるの一八の切なさがね。

プログラム

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16-12-25 雲助蔵出しぞろぞろ #落語 #rakugo

公演名
雲助蔵出しぞろぞろ
会場
浅草見番
日時
2016年12月25日 13:00~
道灌
柳家小たけ
転宅
入船亭小辰
蔵前かご
五街道雲助
首提灯
五街道雲助
仲入り
火事息子
五街道雲助

雲助さんの首提灯を聴いていると、首を提灯にしてしまう荒唐無稽な面白さに加えて、田舎侍を毛嫌いする江戸っ子の棒鱈に感じる気概が目立つ。火事息子に感じる彫物の美学に通じるのかな。だけど、その浅葱裏のは旗本八万騎が失くしつつある侍の気概にね。

プログラム

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16-12-25 朝練講談会−冬の連続読みの会〈楽日〉 #講談

公演名
朝練講談会−冬の連続読みの会‹楽日›
会場
お江戸日本橋亭 
日時
2016年12月25日 09:20~
赤穂義士後日譚−荒川十太夫
神田松之丞
徳川天一坊−紀州調べ(英昌院)
神田春陽

やはり赤穂事件は稀有なことであったんでしょうね、義士の介錯人の身分が問われる話が残るのだから。なぜ身分を偽ったのかという謎の開示があったけど、徳川天一坊は、紀州調べまでくるとまさにミステリーとしての面を顕にするよね。何しろ最大の山場が問答という対話劇なんだから。続きを!

配布チラシ

追加配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16-12-24 三扇会~追悼 国本武春 落語・講談・浪曲で綴る“僕たちの国本武春”~ #落語 #講談 #浪曲

公演名
三扇会~追悼 国本武春 落語・講談・浪曲で綴る“僕たちの国本武春”~
会場
らくごカフェ
日時
2016年12月24日 18:00~
あいさつ
たけ平・貞寿・太福
沢庵禅師 虎拝領
田辺いちか
紺屋高尾
林家たけ平
赤穂義士本伝−南部坂雪の別れ
一龍斎貞寿
仲入り
原敬の友情
玉川太福:玉川みね子

たけ平さん、貞寿さんと太福さんの三扇会、今日は武春さんの命日ということで、それぞれが由来のネタを。たけ平さんの情感込めた紺屋高尾、貞寿さんの武春さんのを講談に合わせた思いのこもった寺内の口上にグッときて、武春さんにあげてもらった太福さんの原敬に泣いた。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16-12-24 大手町落語会 第40回 #落語 #rakugo

公演名
大手町落語会 第40回
会場
日経ホール
日時
2016年12月24日 13:00~
反対俥
柳亭こみち
ふだんの袴
春風亭一之輔
掛取万歳
柳家さん喬
仲入り
猫の災難
橘家文蔵
質屋蔵
柳家権太楼

大手町落語会はたっぷり時間をとって満足な会。こみちさんの反対俥、一之輔さんのふだんの袴と賑やかに。さん喬さんはこの会でかかっていなかった掛取を楽しげに。文蔵さんの猫の災難の酔っ払いぶりを楽しんで、旦那の妄想話がはずむ質屋蔵で大満足な締め。

プログラム

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16-12-24 朝練講談会−冬の連続読みの会‹中日› #講談

公演名
朝練講談会−冬の連続読みの会‹中日›
会場
お江戸日本橋亭 
日時
2016年12月24日 09:20~
赤穂義士銘々伝−大高源吾
神田松之丞
徳川天一坊−網代問答
神田春陽

愛山先生によれば赤穂義士のテーマは別れだそうで、今日の大高源吾もそうで、江戸を舞台にした粋なもの。主人が饗応役を仰せつかるだけはあるのかな。春陽さんの網代問答が徳川天一坊の山場になるというのは、要は言葉を操る講談ならではのことなのかな。

配布チラシ

追加配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16-12-23 朝練講談会−冬の連続読みの会‹初日›

公演名
朝練講談会−冬の連続読みの会‹初日›
会場
お江戸日本橋亭 
日時
2016年12月23日 09:20~
赤穂義士銘々伝−赤垣源蔵 徳利の別れ
神田松之丞
徳川天一坊−召し立て再吟味
神田春陽

松之丞さんの徳利の別れ、間を置かずに聴いた奈々福さんの浪曲との対比が面白い。形態の違いなのか、男女差があるのかとか。春陽さんの天一坊は明日の伊賀亮と越前守との対決の山場をひかえて、その前哨戦が静かに戦われて、地味な展開ながら楽しかった。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16-12-22 年忘れ市馬落語集 #落語 #rakugo

公演名
年忘れ市馬落語集
会場
きゅりあん 大ホール
日時
2016年12月22日 18:30~
第1部 落語競演
七段目
柳亭市馬
桃太郎
三遊亭兼好
お血脈
柳家三三
新版三十石
桃月庵白酒
第2部 昭和歌謡大全集
第1景 戦後
市馬/つる子・なな子
ゲストコーナー
こみち・権太楼
第2景 戦前
市馬

年末恒例の市馬さんの落語+昭和歌謡ショー。メインは勿論だけど、落語も手練れを用意して手抜きはない。七段目はやはりかな。新版三十石もコンパクトに楽しく。昭和歌謡ショーは、キラキラのドレスのこみちさんと股旅姿の権太楼さんをゲストに迎え、市馬さんが気持ちよく。

プログラム

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16-12-21 忠臣蔵でござる 第一回 紅白根多合戦 #落語 #講談 #浪曲

公演名
忠臣蔵でござる 第一回 紅白根多合戦
会場
イイノホール
日時
2016年12月21日 19:00~
四段目
柳亭こみち
聖夜の義士
柳家喬太郎
スキスキ金右衛門さま
神田茜
山岡角兵衛
柳家小満ん
仲入り
漫才
天どん・一之輔
赤垣源蔵−徳利の別れ
玉川奈々福:沢村美舟
俵星玄蕃
紅組一同

らくご@座の企画の忠臣蔵の紅白根多合戦、前半は紅白共に古典と新作の組み合わせ。小満んさんのはもうやり手がいない珍しいもの。天どんさんと一之輔さんの楽しい漫才の後、奈々福さんでしっかりと。最後は豊子師匠の歌い出しで恒例の俵星玄蕃を賑やかに。楽しかったな。

プログラム

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16-12-20 らくご街道 雲助五拾三次―大晦日Ⅲ― #落語 #rakugo

公演名
らくご街道 雲助五拾三次―大晦日Ⅲ―
会場
日本橋劇場
日時
2016年12月20日 19:00~
代脈
桃月庵はまぐり
睨み返し
五街道雲助
仲入り
富久
五街道雲助

巡り合わせはあるもので、今シーズンは睨み返しが今日の雲助さんで四人目。それぞれの睨み顔が違って面白い。で一時はよく聴いていた富久はあまりね。下戸の自分としては酔っ払いのだらしなさは苦手なんだけど、雲助さんのは愛嬌が優っていて楽しめた。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16-12-18 柳家一琴の会 #落語 #rakugo

公演名
柳家一琴の会
会場
らくごカフェ
日時
2016年12月18日 14:00~
道灌
柳家小ごと
夢金
柳家一琴
仲入り
相撲場風景
柳家一琴
二番煎じ
柳家一琴

今年最後の一琴の会、相撲場風景のような点景をつないでいく小品をはさんで、季節ものの夢金と二番煎じの長尺を。今日みたいな少しは寒いとなんだかんだやはり聴いていて心地よい。夢金みたいに凍えるのは嫌だけど、それでも冷え切った体を炬燵で暖めるのはね。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16-12-18 朝練講談会 二扇会 vol.23 #講談 #浪曲

公演名
朝練講談会 二扇会 vol.23
会場
お江戸日本橋亭
日時
2016年12月18日 09:30~
忠臣蔵−大石東下り 竹林の粗忽
玉川太福:玉川みね子
赤穂義士伝−大評定矢頭右衛門七
一龍斎貞寿

今日はやはり忠臣蔵ということで。太福さんは大石東下りから竹林の粗忽を笑いたっぷりで。この笑いを盛り方は浪曲でやるからか太福さんだからかどちらかな。貞寿さんは対して、大評定を矢頭右衛門七を着目して、情感たっぷりに。どちらの大石も同じ人だと、やはり納得できるよね。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16-12-16 三遊亭天どん短編作品集 #落語 #rakugo

公演名
三遊亭天どん短編作品集
会場
赤坂会館
日時
2016年12月16日 19:15~
つっこめ!
三遊亭天どん
ドライブスルー
三遊亭天どん
タラチネ
三遊亭天どん
仲入り
効くやつ下さい
三遊亭天どん
12・18
三遊亭天どん

大天どん会の特別編として、短いのを五本を当然のことながらひとりで。前半三本は聴いたことがあるかな。それでも、タラチネ以外は何回も聴いたとはいえないので、どれも新鮮で、天どんさんは大変だったろうけど、こちらとしては楽しかった。

プログラム

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16-12-15 あかぎ寄席 NEXT 落語 三遊亭萬橘 独演会 #落語 #rakugo

公演名
あかぎ寄席 NEXT 落語 三遊亭萬橘 独演会
会場
赤城神社 参集殿
日時
2016年12月15日 19:00~
強情灸
三遊亭まん坊
粗忽長屋
三遊亭萬橘
仲入り
火焔太鼓
三遊亭萬橘

萬橘さんの独演会、粗忽長屋と火焔太鼓をたっぷりと。粗忽長屋の男、自分の想いにどっぷりとつかって暴走していくけど、愛嬌があるから嫌味がない。火焔太鼓の夫婦は喧嘩するほどのなんともの良さで、ほんわかとした温かさが伝わってくる。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16-12-13 らくごカフェに火曜会 #落語 #rakugo

公演名
らくごカフェに火曜会
会場
らくごカフェ
日時
2016年12月13日 19:30~
附子
柳亭こみち
夢金
春風亭正太郎
仲入り
桃太郎
春風亭正太郎
三枚起請
柳亭こみち

夢吉さんで聴いた附子、こみちさんは枝太郎さんから習った。こうして芸協から協会に伝わっていくのかな。三枚起請の花魁は楽しかった。正太郎さんの夢金は、冬の大川をすすむ舟からの景色の描写がなんともよかった。桃太郎も子供らしいこましゃくれの加減がね。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16-12-11 一朝会 #落語 #rakugo

公演名
一朝会
会場
浅草見番
日時
2016年12月11日 13:00~
子ほめ
春風亭朝七
だくだく
春風亭朝之助
黄金餅
春風亭一朝
仲入り
火事息子
春風亭一朝

一朝さんの浅草見番での独演会。ケチのマクラから入った黄金餅は、主人公のあくまで金に執着して、他をかえりみない態度に貫いていく姿が、いっそ清々しい。火事息子の両親の姿と対照的とおもいきや、母親の息子への執着には通じるものがあるかも。

プログラム

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16-12-11 朝練講談会 #講談

公演名
朝練講談会
会場
お江戸日本橋亭
日時
2016年12月11日 09:30~
関東七人男−浅吉の博打狂い
宝井梅湯
は組小町
一龍斎貞弥

義士の季節なんだけど、今日の朝練の二人はそれってなに?という感じで。梅湯さんがマクラで言っていたように、講談で博打に狂って子供の薬代としてのなけなしのお金を博打でスってしまうのを聴くとカジノ解禁法案はやはりおかしいよね。その後の貞弥さんのは組小町は可憐でね。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16-12-10 シェアする落語第15回スペシャル 三遊亭橘也&立川寸志 #落語 #rakugo #シェアする落語

公演名
シェアする落語第15回スペシャル 三遊亭橘也&立川寸志
会場
深川東京モダン館
日時
2016年12月10日 14:00~
睨み返し
三遊亭橘也
一眼国
立川寸志
仲入り
シェアタイム
橘也・寸志×主宰
だくだく
立川寸志
人情八百屋
三遊亭橘也

今日はスペシャルとして寸志さんと橘也さんの二人会。今日聴いて、やはりこの二人はもっと聴かないと再確認した。寸志さんの独特な一眼国、軽妙なだくだく、橘也さんのシャープな睨み返し、しっかりとした人情八百屋とたっぷりで大満足。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16-12-08 一天四海 -龍志・扇遊・鯉昇・正蔵の会- 船出の刻 #落語 #rakugo

公演名
一天四海 -龍志・扇遊・鯉昇・正蔵の会- 船出の刻
会場
国立演芸場
日時
2016年12月8日 18:30~
あいさつ
扇遊・正蔵・龍志
寿限無
瀧川鯉佐久
四段目
林家正蔵
千早ふる
瀧川鯉昇
仲入り
干物箱
入船亭扇遊
鼠穴
立川龍志

落語睦会の後継の会である、龍志・扇遊・鯉昇・正蔵の一天四海の最初の会、この四人の組み合わせがどのように旨みを出していくような、そんな楽しみが持てそうな感じがしてね。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16-12-07 The Woman’s落語会 スペシャル 第二夜

公演名
The Woman’s落語会 スペシャル 第二夜
会場
内幸町ホール
日時
2016年12月7日 19:00~
あいさつ
三遊亭白鳥
長屋の花見(おかあさん編)
三遊亭美るく
姫と海
柳亭こみち
仲入り
マキシム・ド・呑兵衛
春風亭ぴっかり
戦え!おばちゃん部隊
林家ぼたん

それぞれが、それぞれに。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16-12-05 第127回 江戸川落語会 #落語 #rakugo

公演名
第127回 江戸川落語会
会場
江戸川区総合文化センター 小ホール
日時
2016年12月5日 18:30~
道具や
林家あんこ
喧嘩長屋
桃月庵白酒
猿後家
春風亭昇太
仲入り
ちりとてちん
橘家文蔵
妾馬
柳亭市馬

やはり江戸川落語会は温かい雰囲気の落語会で、白酒さんも風邪をひいて万全でないのに喧嘩長屋をね。昇太さんの明るい猿後家、小岩出身の文蔵さんには襲名への温かい拍手が起こったし、市馬さんの妾馬もたっぷりとね。

プログラム

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16-12-04 朝練講談会 #講談 #rakugo

公演名
朝練講談会
会場
お江戸日本橋亭
日時
2016年12月4日 09:30~
高松城の水攻め
田辺いちか
遠山金四郎−牢脱け
神田すず

高松城水攻めはいちかさんからしか聴いてなくて、少しは進んでいるけど、やはりいい切れ場でね。講談はうまく作られているね。けど、容赦ないところもあるのが、すずさんの遠山金四郎で、吉原通いや博打は、まあそんなもんかなと、ただ純真な乙女の心を弄ぶのはいただけないよね。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016-12-03 桂雀々独演会「雀々の逸品」 #落語 #rakugo

公演名
桂雀々独演会「雀々の逸品」
会場
国立演芸場
日時
2016年12月3日 19:00~
普請ほめ
桂優々
動物園
伊原剛志
植木屋娘
桂雀々
仲入り
トーク
雀々・伊原剛志・高田文夫

雀々さんの独演会は油断すると落語は一席だけのことがあって今日がそう。たしかにハイパーハイテンションの父親の植木屋娘は大爆笑だっけどね。そのかわりに、伊原剛志さんの雀々や剛々としての落語家デビューに立ち会えたので良しとするのかな。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16-12-02 柳家小三治独演会 #落語 #rakugo

公演名
柳家小三治独演会
会場
銀座ブロッサム
日時
2016年12月2日 18:30~
黄金の大黒
柳家三之助
馬の田楽
柳家小三治
仲入り
宗論
柳家小三治

なかなか券が取れないけど、やはり小三治さんを聴きたいね。今日も馬の田楽のなんとものどかな雰囲気を堪能。フランスからの帰途にラグビーの日本代表と同席したマクラからの宗論は、一転してメリハリのきいた親子のやりとりが楽しい。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »