« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

17-03-30 月刊少年ワサビ #落語 #rakugo

公演名
月刊少年ワサビ
会場
らくごカフェ
日時
2017年3月30日 19:30~
猫の皿
柳家わさび
三題噺:ゆるしぶ
柳家わさび
仲入り
次回お題選び
柳家わさび
三人無筆
柳家わさび

今回お題:わっしょい・梅は枝ぶりで観る・子持ち昆布
次回お題:ミケランジェロ・神対応・敗者復活戦

月刊少年ワサビももう96回のよう。こんなにコンスタントに新作を作っているのは、もうそれだけですごいこと。継続は力なりは伊達に言われているわけではいのかな。

プログラム

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

17-03-28 らくごカフェに火曜会OB会 小せん・馬玉 #落語 #rakugo

公演名
らくごカフェに火曜会OB会
会場
らくごカフェ
日時
2017年3月28日 19:30~
大山詣り
金原亭馬玉
死神
柳家小せん
仲入り
三人無筆
柳家小せん
妾馬
金原亭馬玉

らくごカフェに火曜会は贅沢な会ですね。大山詣り、妾馬、死神と並んで三人無筆も聴けてしまう。こう並ぶと大山詣りも妾馬も、向こう見ずな職人とそれを見守る大家という構図が共通するし、そうかといえば、無筆なのに帳付けを引き受けてしまう坊とした人はいるしね。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

17-03-27 録太・市童 二人会 #落語 #rakugo

公演名
録太・市童 二人会
会場
らくごカフェ
日時
2017年3月27日 19:30~
トーク
録太・市童
湯屋番
柳屋録太
長屋の花見
柳亭市童
仲入り
棒鱈
柳亭市童
雛鍔
柳屋録太

録太さんと市童さんの二人会、二人の基本的な姿勢は古典をこつこつとならって積み上げていっているのかな。今日のそれぞれの二席も季節もの、子供が出てくる、酔っ払いなどを余計な入れ事をあまり入れないで、きっちりと基礎体力を付けている感じ。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

17-03-26 朝練講談会 朝練二扇会 vol.25 #講談 #浪曲

公演名
練講談会 朝練二扇会 vol.25
会場
お江戸日本橋亭
日時
2017年3月26日 09:30~
清水次郎長伝−長兵衛の義侠
玉川太福:玉川みね子
榎本武揚−恩愛親子餅
神田すず

やはり物語、特に任侠ものなんかは敵役が必要で、太福さんが連続でやっている次郎長伝でも、下衆な敵役が嵩にかかって嫌味を言うのが、一矢を報いる展開が楽しみになる。それに対するように、すずさんの榎本武揚は、親子の情愛を描いていて、これもまた良いと感じてしまうよね。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

17-03-25 桂文我の神保町秘密倶楽部 夜の部 〜上方落語アカデミー〜

公演名
桂文我の神保町秘密倶楽部 昼の部 〜上方落語アカデミー〜
会場
らくごカフェ
日時
2017年3月25日 19:00~
子ほめ
桂文我
お文さん
桂文我
上方落語の歴史(七)
桂文我
神保町対談(十三)
ゲスト:らくごカフェ主宰:青木伸広
仲入り
てれすこ
桂文我

文文我の神保町秘密倶楽部の夜の部、落語家ならば誰でもやる分かりやすい子ほめから、お妾に子供ができたのを逆手に取って乳母として家に引き込む若旦那の噺へ。上方落語の歴史を、初代春團治と五代松鶴の比較をレコードの音源で紹介。文我さんでしができない企画。

プログラム

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

17-03-25 桂文我の神保町秘密倶楽部 昼の部 〜雪月花三人娘連続口演〜

公演名
桂文我の神保町秘密倶楽部 昼の部 〜雪月花三人娘連続口演〜
会場
らくごカフェ
日時
2017年3月25日 15:30~
短気息子
桂文我
雪月花三人娘(一)
桂文我
こんなんメッケ
桂文我
神保町対談(十二)
ゲスト:矢口書店々主 矢口哲也
仲入り
淀川
桂文我

文我さんの神保町のらくごカフェでしかできない落語会。まずは連続口演の雪月花三人娘は、浪曲で一部をやられていたのを、速記本から落語に起こして今日から開始。矢口さんとの対談は大阪万博の話と、矢口さんが持ち込んだフランキー堺の一般には出ていない貴重な写真パネル。

プログラム

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

17-03-20 桂宗助 桂吉坊 二人会 in らくごカフェ 夜の部 #落語 #rakugo

公演名
桂宗助 桂吉坊 二人会 in らくごカフェ 夜の部
会場
らくごカフェ
日時
2017年3月20日 17:30~
トーク
吉坊・宗助
抜け雀
桂宗助
佐々木裁き
桂吉坊
仲入り
猫の忠信
桂宗助

宗助さんと吉坊さんの二人会の夜の部、宗助さんの二席は動物がでる噺となのかな。抜け雀は上方の言葉でやられると、人の良さなんかがより伝わってくるかな。猫の忠信はやはり米朝一門の基礎体力が活かされるともね。最後の化け猫の見栄の切り方はね。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

17-03-20 桂宗助 桂吉坊 二人会 in らくごカフェ 昼の部 #落語 #rakugo

公演名
桂宗助 桂吉坊 二人会 in らくごカフェ 昼の部
会場
らくごカフェ
日時
2017年3月20日 14:00~
トーク
宗助・吉坊
常太夫義太夫
桂吉坊
うんつく酒
桂宗助
仲入り
井戸の茶碗
桂吉坊

宗助さんと吉坊さんの二人会、昼の部の前半は東の旅。吉坊さんの常太夫義太夫は初めての演目なのかな?最後まではよく聴くもので、サゲがなにそれというもの。宗助さんのうんつく酒も初めてだけど、喜六清八の連れで、清八の機転によって助かるという大道もの。楽しかった。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

17-03-20 朝練講談会 #講談

公演名
朝練講談会
会場
お江戸日本橋亭
日時
2017年3月20日 09:30~
関東七人男−落合久五郎免許皆伝
宝井梅湯
徳川天一坊−名君と名奉行
神田松之丞

梅湯さんは今回はきちんと関東七人男に戻ったけど、今日の部分は俠客もののはずなのに、まるで剣豪もの。武蔵伝を聴いているみたい。松之丞さんの天一坊にやっと出会えた。今日は序開きで外伝の名君と名奉行だけど松之丞さんの味が出ているような。今後.どれだけ出会えるか楽しみ。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

17-03-19 らくご・古金亭ふたたび #落語 #rakugo

公演名
らくご・古金亭ふたたび
会場
お江戸日本橋亭
日時
2017年3月19日 13:00~
金明竹
金原亭駒六
千両みかん
金原亭馬玉
五人廻し
五街道雲助
仲入り
佐野山
吉原朝馬
包丁
金原亭馬生

古今亭と金原亭で一門の噺をする落語会。馬玉さんの季節外れだけど楽しい千両みかん、笑いが絶えない雲助さんの五人廻し、お初の朝馬さんのこれまでに一番腑に落ちる佐野山、しっかりとした女性と対するだらしのないけどなんとも愛嬌のある男たちの馬生さんの包丁を堪能。

プログラム

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

17-03-19 朝練講談会 #講談

公演名
朝練講談会
会場
お江戸日本橋亭
日時
2017年3月19日 09:30~
太閤記−間違いの結婚
一龍斎貞寿
桜田門外の変外伝 鯉淵と山口武士の意地
神田真紅

貞寿さんで間違いの結婚を聴いて、改めて思うのは太閤記で描かれる秀吉の剽げた一面が持つ魅力がどれだけ、物語にしたときに付けられたものなのかなということ。つまりは人々の英雄に対する期待がどれだけなのかな。対する真紅さんの武士の意地の張り合いというのも求められてるのよね。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

17-03-18 馬石長講聴く会 #落語 #rakugo

公演名
馬石長講聴く会
会場
浅草見番
日時
2017年3月18日 16:00~
出来心
柳家小多け
浮世床
隅田川馬石
井戸の茶碗
柳家小のぶ
仲入り
文七元結
隅田川馬石

馬石さんの長講を聴く会、その前の浮世床での若い衆たちのたわいないやり取りが楽しい。その後の小のぶさんの井戸の茶碗もにぎやかな屑屋でね。文七元結は吾妻橋の場面はくどくなく、でも長兵衛の覚悟ばしっかりと伝わって、すっきりと。

プログラム

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

17-03-18 雲助蔵出し ぞろぞろ #落語 #rakugo

公演名
雲助蔵出し ぞろぞろ
会場
浅草見番
日時
2017年3月18日 13:00~
子ほめ
柳家小多け
だくだく
春風亭朝之助
千早振る
五街道雲助
おせつ徳三郎−花見小僧
五街道雲助
仲入り
おせつ徳三郎−刀屋
五街道雲助

今日の雲助蔵出しは、おせつ徳三郎を通しで。で聴いてもやはり花見小僧と刀屋では雰囲気が違うと思う。以前、たい平さんで花見小僧、喬太郎さんで刀屋を聴いたけど、喬太郎さんの型がああだけにリレーには聴こえなかった。雲助さんの刀屋の主人の貫禄はさすがだけど。

プログラム

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

17-03-16 千作千五郎の会 第一回 #狂言

公演名
千作千五郎 第一回
会場
国立能楽堂
日時
2017年3月16日 19:00~
花折(はなおり)
新発意
茂山千五郎
住持
茂山七五三
花見の衆
茂山童司
松本薫
島田洋海
井口竜也
茂山茂
柑子(こうじ)
太郎冠者
茂山宗彦
主人
茂山逸平
武悪(ぶあく)
主人
茂山千作
武悪
茂山千五郎
太郎冠者
茂山茂

《花折》
千五郎さんの新発意が酔うほどに、謡い、舞う姿が溌剌としていて楽しかった。

《柑子》
この曲は、もう若い二人のやり取りが、漫才のような間合いが気持ちいい。

《武悪》
始まってからの千作さんの主人が茂さんの太郎冠者を千五郎さんの武悪を成敗しに行かせるまでの、緊迫した一連のやり取りに圧倒された。だからこそ、後半の幽霊の場面との落差に笑ってしまう。

プログラム

配布チラシ  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

17-03-15 落語坐 こみち堂V- 柳亭こみち独演会 #落語 #rakugo

公演名
落語坐 こみち堂V- 柳亭こみち独演会
会場
国立演芸場
日時
2017年3月15日 19:00~
やかん
柳家あお馬
熊の皮
柳亭こみち
鉄火のお千代
柳亭こみち
仲入り
落語の仮面−三遊亭花誕生
三遊亭白鳥
軽小屋
柳亭こみち

こんなさんの国立での独演会も五回目。いよいよ充実してきた感じ。ゲストはこの会を始めた時から呼ぶことを決めていた白鳥さん。白鳥さんの新作を得て幅が広がったし、熊の皮で見られるような古典でも自在に入れ事ができるようになってきた。でも稽古屋はしっかりとしたまま。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

17-03-14 成城落語応援会 特別編 「成金」で落語に王手! #落語 #講談

公演名
成城落語応援会 特別編 「成金」で落語に王手!
会場
成城ホール
日時
2017年3月14日 19:00~
トーク
鯉八・昇々・松之丞・小痴楽
大高源吾
神田松之丞
花見の仇討
柳亭小痴楽
仲入り
弘法大師
春風亭昇々
長崎
瀧川鯉八

成城での成金、松之丞さんの大高源吾で始まるのがらしい。それでも小痴楽さんはきちんと季節ネタを楽しく。昇々さんの弘法大師は、お遍路をやったからなんだろうけど、どういう発想でこんな噺を作れるのかが分からない、のは鯉八さんの長崎もそうで、聴いているとクラクラとくる。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

17-03-12 柳家一琴の会 #落語 #rakugo

公演名
柳家一琴の会
会場
らくごカフェ
日時
2017年3月12日 14:00~
道灌
柳家小ごと
寄合酒
柳家一琴
崇徳院
柳家一琴
仲入り
紋三郎稲荷
柳家一琴
ねずみ
柳家一琴

寄合酒のような町の若い衆が集ってワイワイとやる様子というのが落語には多いのだけど、与太郎も混ざっていることから、聞いている方でもよくあることだったのかな。そういう集まりに入れそうにない身としては、なんとなく羨ましいようなこともね。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

17-03-12 朝練講談会 #講談

公演名
朝練講談会
会場
お江戸日本橋亭
日時
2017年3月12日 09:30~
三方ヶ原軍記−内藤の物見
一龍斎貞奈
難波戦記−真田大助駿府の使者
一龍斎貞弥
秋色桜
神田春陽

三方ヶ原軍記、難波戦記を続いて聴いて、なぜ大阪では家康が嫌われているのかを今更ながら考えてみても、いまだに東西に違いがあるとしかね。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

17-03-11 神田阿久鯉の会 #講談

公演名
神田阿久鯉の会
会場
らくごカフェ
日時
2017年3月11日 18:30~
平松金次郎−臆病の一番槍
田辺いちか
柳沢昇進録−刀屋
神田阿久里
仲入り
村井長庵−お小夜身売り
神田阿久里

柳沢昇進録はなかなかまとまって聴くことができなくて、さらに柳沢がでてくる所を聴いたことがあるのかどうか。阿久鯉さんの刀屋の優しさがいい。この会でやって欲しいのを募って、雨夜の裏田圃に、これは夏にと。その代わりじゃないだろうけど、村井長庵の序開きを。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

17-03-11 一朝会 #落語 #rakugo

公演名
一朝会
会場
浅草見番
日時
2017年3月11日 13:00~
真田小僧
春風亭一花
壺算
春風亭朝之助
二番煎じ
春風亭一朝
仲入り
百川
春風亭一朝

浅草見番での一朝さんの会、雰囲気が感じられてよかった。まずは二番太鼓の時に一朝さんが笛を吹いて、それに気付いた客席から拍手が。二番煎じの見廻りで粋な唄をたっぷりと。百川は若い衆たちの勢いのしゃべりを堪能した帰りに、芸者さんの端唄の稽古を漏れ聞いてね。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

17-03-10 らくご街道 雲助五拾三次―鉄板 ザ・ファイナルー #落語 #rakugo

公演名
らくご街道 雲助五拾三次―鉄板 ザ・ファイナルー
会場
日本橋公会堂
日時
2017年3月10日 19:00~
ヴァイオレンス子ほめ
五街道雲助
人情噺火焔太鼓
五街道雲助
仲入り
粟餅
五街道雲助
夜鷹そば屋
春風亭正太郎

今日のらくご街道はいわば雲助さんへのリクエスト特集。なかでも人情噺の時のあの渋い語り口でやる火焔太鼓は、落語というものが、筋立てだけではなく、語り口、仕草などの総合的なものであることを如実に顕にしていた。それに対する夜鷹そば屋をトリネタに選ばれるのがね。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

17-03-08 笑福亭仁智 芸能生活45周年記念 深川独演会 #落語 #rakugo

公演名
笑福亭仁智 芸能生活45周年記念 深川独演会
会場
深川江戸資料館
日時
2017年3月8日 19:00~
平林
笑福亭希光
源太と兄貴−純情編
笑福亭仁智
街角のあの娘
瀧川鯉朝
仲入り
だじゃれ禁止法
笑福亭仁智

仁智さんは大阪のお笑いのまん真ん中を行っている感じ。源太と兄貴シリーズはしゃべくりのお手本みたいなふたりのやり取りを、どの場面におくと面白いのかが落語的。だじゃれ禁止法は、初めから終わりまでだじゃれの連発で、これだけだすのは大変でしょうね。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

17-03-07 らくごカフェに火曜会 #落語 #rakugo

公演名
らくごカフェに火曜会
会場
らくごカフェ
日時
2017年3月7日 19:30~
長屋の花見
春風亭正太郎
阿武松
春風亭一蔵
仲入り
蛙茶番
春風亭一蔵
愛宕山
春風亭正太郎

今日の火曜会、正太郎さんは春の噺を二席。なんだけど、愛宕山のほうは東京だとあまり春らしくない。上方だと鳴り物を入れて春の景色を描くのにね。一蔵さんの阿武松は板橋の旦那の優しさや、取組みの臨場感が良かった。にぎやかな蛙茶番も楽しかったし。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

17-03-06 入船亭扇辰 《噺小屋》 弥生の独り看板 #落語 #rakugo

公演名
入船亭扇辰 《噺小屋》 弥生の独り看板
会場
国立演芸場
日時
2017年3月6日 19:00~
初天神
入船亭辰のこ
紫檀楼古木
入船亭扇辰
心眼
入船亭扇辰
仲入り
五人廻し
入船亭扇辰

今日の扇辰さんの会、おまけとして以前小満んさんとの会で言及していた紫檀楼古木を。予定になかったのを聴くことができて。心眼は浮かれ過ぎていく主人公の様子が嫌味なく描かれていて。五人廻しは最初の男の啖呵が鮮やかで、その割にはその後の要求がせこでその対比がね。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

17-03-05 プライム落語 #落語 #rakugo

公演名
プライム落語
会場
よみうりホール
日時
2017年3月5日14:00~
オープニングトーク
市馬・雀々・権太楼
つる
桂優々
花見の仇討
柳亭市馬
仲入り
鷺とり
桂雀々
幾代餅
柳家権太楼

プライム落語はどうも雀々さんが顔付けしているみたい。トークでのそれぞれの師匠との話が聞けるのが、こういう会ならでは。市馬さんの季節ネタ、雀々さんの爆笑もの、権太楼さんの楽しい噺と、バランスのとれたならび。

プログラム

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

17-03-05 朝練講談会 前座勉強会 vol.18 #講談

公演名
朝練講談会 前座勉強会 vol.18
会場
お江戸日本橋亭
日時
2017年3月5日 09:20~
三方ヶ原軍記−湯水の行水
田辺いちか
寛永宮本武蔵伝−狼退治
神田みのり
左甚五郎−陽明門の間違い
神田愛山

朝練の前座勉強会は楽しい。もちろん、いちかさん、みのりさんのどんどん成長していく過程も楽しみで、今日もいちかさんでは初めてのものを、みのりさんでは、いつのものでも成長の伺えるものをと。ゲストも若い頃を思い出すようで、愛山さんも。で、なんと陽明門の間違いを。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

17-03-04 第8回 太福萬福 #浪曲 #落語

公演名
第8回 太福萬福
会場
らくごカフェ
日時
2017年3月4日 18:00~
天保六花撰−宗俊と直侍の出会い
玉川太福:玉川みね子
看板の一
桂春蝶
仲入り
トーク
太福・春蝶
地べたの二人−湯船の二人
玉川太福:玉川みね子

太福さんの今日の会は悪人がでてくる古典と、市井のなんてとこない人たちの、なんてとこないことを描く地べたのふたりシリーズの対照的な二席。新作を選んだのは、春蝶さんが浪曲・講談が有名を扱うと言ったことへの答えかな。湯舟のふたりの選択は春蝶さんの師匠との挿話から。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

17-03-04 快楽亭ブラックの会 IN らくごカフェ #落語 #rakugo

公演名
快楽亭ブラックの会 IN らくごカフェ
会場
らくごカフェ
日時
2017年3月4日 14:00~
地方競馬は面白い
快楽亭ブラ坊
厩火事
立川左談次
ブラ坊の厩火事
快楽亭ブラック
仲入り
お若伊之助
快楽亭ブラック

やはり食わず嫌いはよくない。ブラックさんはなんとなく敬遠していたのだけど、今日は左談次さんの姿を見るためと言い訳して。で、聴いて面白かった。左談次さんの厩火事を受けてのにぎやかなその改作もね。古典のお若伊之助は鳶の頭の口跡はしっかりとしているし。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

17-03-02 春陽党大会 #講談

公演名
春陽党大会
会場
らくごカフェ
日時
2017年3月2日 19:00~
 
田辺いちか
徳川天一坊−紀州調べ〈英昌院〉
神田春陽
鉄砲のお熊
神田鯉栄
仲入り
徳川天一坊−紀州調べ〈第1日目〉
神田春陽

最近、なかなか小説が読めなくなった原因のひとつが講談を聴きはじめたからではないかと、今日の春陽党大会で思ってしまった。徳川天一坊が先の見えない展開で、もちろん結論は分かっているけど、そこにどう持っていくのかがね。鯉栄さんの鉄砲のお熊も自家薬籠中の物にしていて楽しかった。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

17-02-28 柳家小三治 一門会 #落語 #rakugo

公演名
柳家小三治 一門会
会場
きゅりあん
日時
2017年2月28日 18:30~
狸の鯉
柳屋小はぜ
粗忽長屋
柳家はん治
仲入り
寄席囃子
柳家そのじ
厩火事
柳家小三治

今日の小三治さんのマクラは船越徹について。落語家が文化勲章を貰うのはどうかと思うが、船越徹は良かったと。相性がいいのか、それと気がつかなくても船越徹の作品に惹かれると。美空ひばりは上手過ぎて苦手だけど、船越徹のは大丈夫のような。聞いてみようかな。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »