« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

17-04-29 立川吉幸独演会 #落語 #rakugo

公演名
立川吉幸独演会
会場
らくごカフェ
日時
2017年4月29日 18:00~
新聞記事
立川吉幸
試し酒
立川吉幸
野ざらし
立川吉幸
仲入り
ろくろっ首
立川吉幸

吉幸さんをきちんと聴くのは初めてかな。第一印象としては生真面目なんじゃないかな。立川流に加えて、師匠の脱退、芸協への移籍が重なって芸歴二十年にして二度目の二ツ目昇進。そういったことをくささずに真っ直ぐに落語に取り組んでいる様子が伺えてよかった。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

17-04-29 一龍斎貞寿真打昇進披露興行 #講談

公演名
一龍斎貞寿真打昇進披露興行
会場
お江戸日本橋亭
日時
2017年4月29日 13:00~
渋川伴五郎の頓知
田辺いちか
赤垣源蔵の婿入り
旭堂南左衛門
就活物語
神田愛山
次郎長と伯山
一龍斎貞心
仲入り
口上
愛山・貞寿・貞心・南左衛門
赤垣源蔵 徳利の別れ
一龍斎貞寿

今日の新真打披露興行は南左衛門さんと愛山さんが揃うという会になっていて、なんか得した気分。そして南左衛門さんが赤垣の婿入りで新真打の露払いしたみたいな、愛山さんが人としての魅力を高めて、それを表現することの大切さを説く場面に出会えてね。師匠との絆も垣間見えてね。よかった。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

17-04-29 練講談会 朝練二扇会 vol.26

公演名
練講談会 朝練二扇会 vol.25
会場
お江戸日本橋亭
日時
2017年4月29日 09:30~
左甚五郎 陽明門の間違い
神田松之丞
任侠流れの豚次伝 任侠流山動物園
玉川太福:玉川みね子

太福さんと松之丞さんの組み合わせだとやはりいっぱいの入りになる。それに応えてか、松之丞さんは陽明門の間違いを精一杯の熱演。左甚五郎の話だけど中身は任侠ものだよね。太福さんは次郎長伝をベースにした白鳥さん原作の任侠流山動物園を。こちらの方が明るいのはなぜかな。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

17-04-28 柳家小満んを扇辰・喬太郎がふたり占め #落語 #rakugo

公演名
柳家小満んを扇辰・喬太郎がふたり占め
会場
紀尾井小ホール
日時
平成29年4月28日 19:00~
たらちね
入船亭辰のこ
野ざらし
入船亭扇辰
宗漢
柳家喬太郎
雁風呂
柳家小満ん
仲入り
鼎談
喬太郎・小満ん・扇辰

小満んさんを、喬太郎さんと扇辰さんが囲んでの落語会。それぞれの落語もいいけど、なんと言っても、三人の鼎談が興味深い。今日の雁風呂も東京では円生師しかやっていなかったので、小満ん師匠もとの問いに、初代談洲楼の速記をもとにしたとの答え。さすがです。

プログラム

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

17-04-25 らくごカフェに火曜会OB会 三之助・文菊 #落語 #rakugo

公演名
らくごカフェに火曜会OB会
会場
らくごカフェ
日時
2017年4月25日 19:30~
堀の内
柳家三之助
大山詣り
古今亭文菊
仲入り
出来心
古今亭文菊
蒟蒻問答
柳家三之助

江戸時代は、なんだかんだ言って宗教というか、信心が馴染んでいるでしょうな。今日の火曜会、文菊さんの大山詣りで信心名目の旅行でも、ああまで喧嘩ごとを嫌うのは、何か憚れるものを感じるんだろうし、蒟蒻問答でボロ寺でも、何とかして守ろうとするしね。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

17-04-24 いぶし銀の会 #落語 #rakugo

公演名
いぶし銀の会
会場
らくごカフェ
日時
2017年4月24日 19:00~
子ほめ
蜃気楼龍玉
仲入り
真景累ヶ淵−深見新五郎
蜃気楼龍玉

深見新五郎は真景累ヶ淵の中でもほぼやられないけど、龍玉さんならねと思っていたら2回目とのこと。こじらせた男が嫌がる女を殺してしまっただけをねちっこく描くしんどい噺。おいおい後で因縁話につながっていくけどね。それでも新五郎がお園をかき口説く場面はスリリング。

プログラム

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

17-04-23 新作カフェ 天どんマニアックス〜ルーツ・オブ・天どん #落語 #rakugo

公演名
新作カフェ 天どんマニアックス〜ルーツ・オブ・天どん
会場
らくごカフェ
日時
2017年4月23日 18:00~
子供の作文
三遊亭天どん
タラチネ(+解説)
三遊亭天どん
仲入り
巣鴨のうわさ(+解説)
三遊亭天どん

ことさら新作が好きでもなく、自分で創作することもないのに、自身の新作を解説付きでやる天どんマニアックスを聴きにくるのは、落語(だけでもないかな)が作られる過程を解説してもらうことを通して、落語を面白く聴く取っ掛かりが得られるかもしれないからかな。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

17-04-23 旭堂南海・神田鯉栄二人会 #講談

公演名
旭堂南海・神田鯉栄二人会
会場
らくごカフェ
日時
2017年4月23日 13:30~
蟹の五左衛門
田辺いちか
水戸黄門漫遊記−湊川建碑由来
旭堂南海
祐天吉松−飛鳥山親子の出会い
神田鯉栄
仲入り
寛永宮本武蔵伝−狼退治
神田鯉栄
高野長英の最期
旭堂南海

南海さんは鯉栄さんの初高座をご覧になっていたそう。なのに二人会は初めてとのこと。鯉栄さんの祐天吉松は渋くて様子がいいのが浮かんでくる。南海さんの黄門漫遊記はコミカルな展開が楽しい。対する高野長英の最期は、使命を持った力ある男が、それを果たせない無念が伝わってくる。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

17-04-23 朝練講談会 #講談

公演名
朝練講談会
会場
お江戸日本橋亭
日時
2017年4月23日 09:30~
熊田甚五兵衛
田辺いちか
浪花のお辰−おくら殺し
一龍斎貞鏡

講談での悪女ものは、侠客ものと比べても、その悪いところは容赦ないような。今日の浪花のお辰にしても、いかにも悪者然としたおくらよりも、よい女将をよそうお辰の非情さは、村井長庵とかにも劣らないのではとも思えるような、貞鏡さんの描写力。いちかさんの甚五兵衛を聴いた後だとね。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

17-04-22 旭堂南海の連続講談第三巻「浪花侠客傳」を聴く会(四) #講談 #浪曲

公演名
旭堂南海の連続講談第三巻「浪花侠客傳」を聴く会(四)
会場
らくごカフェ
日時
2017年4月22日 18:00~
西行鼓ヶ滝
田辺いちか
不破数右衛門 芝居見物
玉川太福:玉川みね子
第七話:義侠木津勘助度胸仲立
旭堂南海
仲入り
第八話:男伊達木津勘助来歴譚
旭堂南海

南海さんの浪花侠客傳、第七話にしてやっと木津勘助の登場。三代目なんだね。それでも大阪の侠客をたばねる顔役。第八話でよく聴く木津勘助なのだけど、南海さんから浪花侠客傳の流れで聴くと、また違った感じで。とにかく南海さんが描く物語に没入してしまった。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

17-04-22 第42回 大手町落語会 #落語 #rakugo

公演名
第42回 大手町落語会
会場
日経ホール
日時
2017年4月22日 13:00~
浮世根問
柳家小はぜ
蒟蒻問答
柳亭市馬
井戸の茶碗
柳家さん喬
仲入り
平林
桂文治
唐茄子屋政談
柳家権太楼

市馬さん、さん喬さん、権太楼さんという柳家の重鎮と並んで文治さんが飄々と対していくのが楽しい。演目も蒟蒻問答、井戸の茶碗、唐茄子屋政談と、それぞれたっぷりとやるのが大手町落語会。そこに平林をあてるのが文治さん。やはりこの会はお気に入りの会。小はぜさんもね。

プログラム

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

17-04-21 笑福亭たま深川独演会 #落語 #rakugo

公演名
笑福亭たま 深川独演会
会場
深川江戸資料館 小ホール
日時
2017年4月21日 19:00~
真田小僧
笑福亭希光
本膳
古今亭ちよりん
山寺瓢吉
笑福亭たま
漫才
ニックス
お玉牛
笑福亭たま
仲入り
替わり目
三遊亭歌る多
ショート落語
笑福亭たま
オール電化
笑福亭たま

今日のたまさんの独演会のゲストは、ちよりんさん、ニックス、歌る多さんの女性特集。色ものが入ったのも初めて。にぎやかで楽しい。山寺瓢吉なんかは、大阪漫才のコントに近いものを感じる。お玉牛の尻尾の仕草は、やはりひとつの型なのかな。古典ならでは?

プログラム

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

17-04-19 射手座落語会 #落語 #rakugo

公演名
射手座落語会
会場
赤坂会館
日時
2017年4月19日 19:00~
高砂や
林家たま平
宗漢
柳家喬太郎
百年目
林家正蔵
金明竹
立川生志

生志・喬太郎・正蔵というならびを、六十人で聴くという会。それぞれ好きな噺をするという。喬太郎さんは宗漢という珍しい噺。夏の医者に通じる民話風の味付けが楽しい。正蔵さんは百年目をしっかりと。トリの生志さんはなんで百年目とブツブツ言いながら金明竹で楽しげに。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

17-04-18 月例少年三三独演<4月> #落語 #rakugo

公演名
月例三三独演<4月>
会場
イイノホール
日時
2017年4月18日 19:00~
転宅
柳家三三
饅頭こわい
柳家三三
仲入り
武助馬
柳亭市童
大工調べ
柳家三三」

月刊三三独演は三三さんの基本演習なのかな。転宅はいろんなところで聴いているのに対して、饅頭こわいとかだと、三三さんでは初めてかな。若い衆たちのやり取りが楽しい。大工調べは通しで。啖呵を切るところは、手拭いを飛ばすほどの勢い。気持ちいいね。

プログラム

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

17-04-16 アゴアシマクラ #落語 #rakugo

公演名
アゴアシマクラ
会場
らくごカフェ
日時
2017年4月16日 18:00~
トーク
歌奴・小せん・仙志郎
新聞記事
柳家あお馬
やかん
柳家小せん
寝床
三遊亭歌奴
仲入り
太神楽曲芸
鏡味仙志郎
茶番
仙志郎・歌奴
ねずみ
柳家小せん

仲のよい芸人がどう集まるのかがわからない。アゴアシマクラという会という歌奴さん、小せんさん、仙志郎さんの三人会は、この三人が台湾に遊びにいく資金を稼ぐためとのこと。太神楽の人が入るだけで、茶番も含めた広がりがふえて楽しい会となっていた。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

17-04-16 柳家一琴の会 #落語 #rakugo

公演名
柳家一琴の会
会場
らくごカフェ
日時
2017年4月16日 14:00~
道灌
柳家小ごと
家見舞
柳家一琴
突き落とし
柳家一琴
仲入り
鬼の面
柳家一琴
愛宕山
柳家一琴

家見舞いは一琴さんのようにテンポよくやらないとちょっとね。その勢いでの突き落としはあまり聴かないけど、若い衆たちのやり取りが楽しい。鬼の面も一琴さん以外では聴くことがないけど、民話風の雰囲気がいいよね。愛宕山も、この流れだとそう聴こえるね。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

17-04-16 朝練講談会 #講談

公演名
朝練講談会
会場
お江戸日本橋亭
日時
2017年4月16日 09:30~
遠山金四郎−千住の鷹鍋
神田すず
太閤記−矢作橋
一龍斎貞橘

遠山金四郎が講談で取り上げられて、いろいろと話が作られていくのには何かしらタネがあるのかなと、すずさんの千住の鷹鍋を聴いていたぼんやりと。太閤記はね、そうだろうけど。矢作橋は本当にあったことなのかな。後の家康とのことからの象徴的なものなんだろうね。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

17-04-15 シェアする落語 第16回 桂三四郎 #シェアする落語 #落語 #rakugo

公演名
シェアする落語 第16回 桂三四郎
会場
深川東京モダン館
日時
2017年4月15日 14:00~
全く逆
桂三四郎
世間の車窓から
桂三四郎
仲入り
シェアタイム
桂三四郎
心の片隅に
桂三四郎

新作落語は、これって落語の形をとる意味があるのかなと思う時もあって、だからと言ってつまらないわけではないのだけど。東京落語に慣れていると、とくに上方の言葉だと漫才?とか。三四郎さんにはそういうものは感じないのは、師匠譲りの物語の構成力の高さからかな。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

17-04-13 J亭落語会「白酒・三三・一之輔」 「春」シリーズ 春風亭一之輔 独演会 #rakugo #落語#落語

公演名
J亭落語会「白酒・三三・一之輔」 「春」シリーズ 春風亭一之輔 独演会
会場
JTアートホール アフィニス
日時
2017年4月13日 19:00~
織田茶道
入船亭辰のこ
蜘蛛駕籠
春風亭一之輔
花見の仇討
春風亭一之輔
仲入り
締め込み
古今亭志ん八
刀屋
春風亭一之輔

久しぶりのJ亭の一之輔さん、この会ではかなりがっつりとやるような印象で、今日も笑いの多い蜘蛛駕籠の後で、全身を使った花見の仇討をたっぷりと。今シーズンは本当にこの噺を聴いたけど一之輔さんは格別。で、刀屋では情感を込めて。らしいオチであたたかな気持ちに。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017-04-11 らくごカフェに火曜会 #落語 #rakugo

公演名
らくごカフェに火曜会
会場
らくごカフェ
日時
2017年4月11日 19:30~
あたま山
柳亭こみち
井戸の茶碗
柳屋小かじ
仲入り
二人旅
柳屋小かじ
火事息子
柳亭こみち

今日の火曜会、小かじさんが意欲的。前のときは心眼で今回は井戸の茶碗。三三さんの方針なのかな。もう二人旅もね。あたま山はやる人が少ないのかな、あまり聴かないし。こみちさんで聴いて、こんなに落語的で面白いのにね。しっかりとした火事息子もいいけどね。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

17-04-09 朝練講談会 #講談

公演名
朝練講談会
会場
お江戸日本橋亭
日時
2017年4月9日 09:30~
鉢の木−佐野源左衛門駆けつけ
神田みのり
徳川天一坊−紀州調べ(下)
神田春陽

鉢の木は初めて聴くけどよくやられるものなのかな。謡曲出自らしく七五調の流麗な語り。みのりさんはこれに果敢に挑戦していて頼もしい。春陽さんは黄金週間の連続読みでやる紀州調べの下。天一坊の推理小説的な一面でいえば謎解きされていくぞくぞくする展開で続きを聴かなくてはね。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017-04-08 さにーなの会 #落語 #rakugo

公演名
さにーなの会
会場
らくごカフェ
日時
2017年4月8日 14:00~
あくび指南
金原亭馬玉
竹の水仙
春風亭一左
仲入り
粗忽の釘
春風亭一左
花見小僧
金原亭馬玉

馬玉さんと一左さんの同級生コンビの勉強会、なんと六年ぶりとのこと。二人の落語は肌合いが異なるけど、それでも何か通じるものがあるような感じを受けた。一左さんの粗忽の釘の賑やかさが楽しいし。馬玉さんのお節徳三郎は後半の刀屋を聴きたくなった。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017-04-07 我らの時代 落語アルデンテVol.14 #落語 #rakugo

公演名
我らの時代 落語アルデンテVol.14
会場
なかの ZERO 小ホール
日時
2017年4月7日 19:00~
豆や
桃月庵ひしもち
鈴ヶ森
春風亭一之輔
ホームランの約束
春風亭百栄
仲入り
辰巳の辻占
三遊亭兼好
変り目
桃月庵白酒

アルデンテは久しぶり。なかの ZEROが改装されてから初の落語会。ずいぶん明るくなって聴きやすくなった。この会はこのホールで始まった。一之輔さんはまだ二ツ目で、その当時にこのメンバーを顔付けした主催者が偉いかな。今ではなかなかチケットが取れないしね。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

17-04-05 講談師、神田松之丞 独演会「講談春秋」 #講談 #落語

公演名
講談師、神田松之丞 独演会「講談春秋」
会場
日本橋公会堂
日時
2017年4月5日 19:00~
寛永宮本武蔵伝−熱湯風呂
神田みのり
四段目
三遊亭遊雀
淀五郎
神田松之丞
仲入り
徳川天一坊−天一坊の生い立ち
神田松之丞

忠臣蔵の芝居はやはり見ておかないといけないかな。松之丞さんが淀五郎をやるにあたり、落語の四段目と比べてとゲストに呼んだ遊雀さんが由良之助の切腹の場面を説明。面白かったけど芝居を観たくなった。で、いよいよ天一坊を始めた松之丞さん、大熱演で楽しかった。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

17-04-04 らくごカフェに火曜会交流会 #落語 #rakugo

公演名
らくごカフェに火曜会交流会
会場
らくごカフェ
日時
2017年4月4日 19:30~
六尺褌
春風亭正太郎
子別れ
蜃気楼龍玉
仲入り
茶の湯
春風亭正太郎

やはり火曜会は楽しい。正太郎さん、六尺棒では、ノンシャランを形にした若旦那と、硬いばかりの父親とのなんともあたたかなやり取りが楽しいし、茶の湯の小僧と隠居の稚気あふれるやり取りもね。あいだにはさまる龍玉さんの子別れにもすっかりと引き込まれるし。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

17-04-02 渋谷に福来たるSPECIAL 2017 ~落語フェスティバル的な~百花繚乱 #落語 #rakugo

公演名
渋谷に福来たるSPECIAL 2017 ~落語フェスティバル的な~ 百花繚乱
会場
渋谷区文化総合センター大和田 伝承ホール
日時
2017年4月3日 16:30~
トーク
兼好・鯉昇・雀々・馬石
大安売り
三遊亭兼好
花ねじ
桂雀々
仲入り
締め込み
隅田川馬石
ねずみ
瀧川鯉昇

渋谷に福来たるの百花繚乱は混ぜご飯のよう、それも逸品の材料を揃えて。スパイスがきいた兼好さんの大安売り、こってりとして、東京では珍しい雀々さんの花ねじ、さっぱりとしただしの効いた馬石さんの締め込み、ほのかな渋みがクセになる鯉昇さんのねずみと。ほんとかな。

プログラム

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

17-04-02 渋谷に福来たるSPECIAL 2017 ~落語フェスティバル的な~ 立川流W親子会

公演名
渋谷に福来たるSPECIAL 2017 ~落語フェスティバル的な~ 立川流W親子会
会場
渋谷区文化総合センター大和田 さくらホール
日時
2017年4月3日 14:00~
トーク
吉笑・談笑・こしら・志らく
一人相撲
立川吉笑
片棒改
立川談笑
仲入り
すもも鬼太郎
立川こしら
鉄拐
立川志らく

渋谷に福来たる、立川流W親子会と銘打って、吉笑・談笑・こしら・志らくの会、立川流でも落語界の先端を切り開いている四人と、聴いてあらためて感じた次第。はっきりいってこの四人を追いかけるのは大変なので、なんとなく離れていたけどやはりいいですね。

プログラム

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

17-04-02 渋谷に福来たるSPECIAL 2017 ~落語フェスティバル的な~ 春色!ニューパワー

公演名
渋谷に福来たるSPECIAL 2017 ~落語フェスティバル的な~ 春色!ニューパワー
会場
渋谷区文化総合センター大和田 伝承ホール
日時
2017年4月3日 11:30~
トーク
三木男・小痴楽・宮治
こつ壺
桂宮治
磯の鮑
柳亭小痴楽
仲入り
花見の仇討
桂三木男
阿武松
鈴々舎馬るこ

渋谷に福来たるのニューパワーを聴いて、成金の活躍がよく分かると感じた。宮治さんと小痴楽さんの二人のパワーはまさしく眼を見張るものがあって、それに対する三木男さんと馬るこさんも、より力を増していっていると思う。まさしく競い合いが発展の元とね。

プログラム

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

17-04-02 朝練講談会 #講談

公演名
朝練講談会
会場
お江戸日本橋亭
日時
2017年4月2日 09:30~
赤穂義士本伝−忠臣義士二度目の清書
一龍斎貞弥
は組小町
一龍斎貞寿

今日の朝練講談会は貞寿さんが正式に真打になってからの初めての口演。まずは貞弥さんが一龍斎の大事な二度目の清書で、迫力のお祝い、かな。貞寿さんはそれに呼応して、真打のトリネタにふさわしくとは組小町を。両者ともに力の入った口演で、きてよかったと大満足の会。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

17-04-01 宮治本舗 2017春 新橋爆笑劇場〜第15回 桂宮治独演会〜 #落語 #rakugo

公演名
宮治本舗 2017春 新橋爆笑劇場〜第15回 桂宮治独演会〜
会場
内幸町ホール
日時
2017年4月1日 19:00~
オープニングアクト
宮治・べん橋
つる
春風亭べん橋
皿屋敷
桂宮治
最終試験
桂宮治
仲入り
花見の仇討
桂宮治

やはり演目の流行り廃りはあるようで、今シーズンは花見の仇討がそうかな。宮治さんのは迫力があるかな。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

17-04-01 渋谷に福来たるSPECIAL 2017 ~落語フェスティバル的な~ 大吟醸 vol.5 #落語 #rakugo

公演名
渋谷に福来たるSPECIAL 2017 ~落語フェスティバル的な~ 大吟醸 vol.5
会場
渋谷区文化総合センター大和田 伝承ホール
日時
2017年4月1日 11:30~
鼎談
権太楼・さん喬・雲助
金明竹
立川こはる
死神
五街道雲助
仲入り
棒鱈
柳家さん喬
くしゃみ講釈
柳家権太楼

久しぶりに渋谷に福きたるに。今日の権太楼さん、さん喬さん、雲助さんの三人はオチがくしゃみになってしまって、その自由さが楽しみを増す。それでも、それぞれの持ち味が出ているのがいいよですよね。

プログラム

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

17-03-31 神田愛山独演会 #講談

公演名
神田愛山独演会
会場
らくごカフェ
日時
2017年3月31日 19:30~
清水次郎長伝−飯田の焼き討ち
神田愛山
甲州遊侠伝(一)−無宿人勝蔵
神田愛山

愛山さんの神保町での独演会、今回からは結城昌治原作の「斬に処す〜甲州遊侠伝」を開始、ということで久しぶりに。これは清水次郎長伝の敵役の黒駒勝蔵を描いているもの。なのでいつもと順序をかえて、敵役としての次郎長伝から。比べての甲州遊侠伝での勝蔵の姿のよさの予感が。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »