« 17-06-07 笑福亭仁智独演会 #落語 #rakugo | トップページ | 17-06-09 第7回 飛べ!与太郎ーあしたの名人会− #落語 #rakugo »

17-06-08 千作千五郎の会 第2回 #狂言

公演名
千作千五郎 第2回
会場
国立能楽堂
日時
2017年6月8日 19:00~
文相撲(ふずもう)
大名
茂山千作
太郎冠者
茂山童司
新参の者
茂山逸平
伯養(はくよう)
伯養
茂山千五郎
何某
松本薫
勾当
茂山七五三
鱸包丁(すずきほうちょう)
伯父
茂山千五郎
茂山茂

《文相撲》
狂言の大名といえば見栄坊の代名詞。この曲でも新しく雇う者の能力を試すための相撲に負けて悔しくて。雇われる方も目的が相撲を楽しむことになって。楽しいね。

《伯養》
これも本当の目的は琵琶を借りるものを決めるための相撲が、わやになっていく様が楽しい。千五郎さんの無邪気さや、七五三さんのちょっと意地悪なとことかね。

《鱸包丁》
この曲では千五郎さんがとうとうとまくしたてて、茂さんを追い込んでいく様子や、茂さんが身を白黒させるところがなんともね。

プログラム

配布チラシ

|

« 17-06-07 笑福亭仁智独演会 #落語 #rakugo | トップページ | 17-06-09 第7回 飛べ!与太郎ーあしたの名人会− #落語 #rakugo »

狂言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 17-06-08 千作千五郎の会 第2回 #狂言:

« 17-06-07 笑福亭仁智独演会 #落語 #rakugo | トップページ | 17-06-09 第7回 飛べ!与太郎ーあしたの名人会− #落語 #rakugo »