« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »

17-08-30 あかぎ寄席 NEXT 浪曲 玉川太福 独演会 #浪曲

公演名
あかぎ寄席 NEXT 浪曲 玉川太福 独演会
会場
赤城神社 参集殿
日時
2017年8月30日 19:00~
神崎与五郎 東下り
港家小そめ:玉川みね子
清水次郎長伝−大野の宿場
玉川太福:玉川みね子
仲入り
清水次郎長伝−代官斬り
玉川太福:玉川みね子

太福さんの次郎長伝の連続読みも山場のひとつ代官斬り。修羅場を講談では張り扇などでリズムを取っていくけど、浪曲では当然のことながら三味線と節が調和し合い盛り上げていく。すごかったな。次回は大前田英五郎との対面と、石松の金比羅代参へ。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

17-08-29 神田松之丞独演会「講談春秋−番外編」 #講談

公演名
神田松之丞独演会「講談春秋−番外編」
会場
日本橋社会教育会館
日時
2017年8月29日 19:00~
村越茂助 誉れの使者
田辺いちか
安兵衛駆付け
神田松之丞
安兵衛婿入り
宝井琴調
仲入り
荒井十太夫
神田松之丞

松之丞さんの講談春秋、今日は赤穂義士伝のうち安兵衛特集。安兵衛駆付けから決闘の修羅場を姿よく派手やかに。勢いがあって気持ちいい。琴調さんは婿入りを前を受けて軽やかに緊張を和らげる。最後は安兵衛の解釈を務めた荒川十太夫でしっかりとしめた。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

17-08-27 旭堂南海・神田松鯉 二人会 #講談

公演名
旭堂南海・神田松鯉 二人会
会場
らくごカフェ
日時
2017年8月27日 13:30~
五条橋の出会い
田辺いちか
難波戦記−長門守木村重成の最期
旭堂南海
無筆の出世
神田松鯉
仲入り
太閤記−尼崎の一騎駆け
旭堂南海
村井長庵−雨夜の裏田圃
神田松鯉

松鯉さんと南海さんのお二人をらくごカフェという小体な小屋で聴くという贅沢な時間を過ごせた幸せ。南海さんは難波戦記からきれいな長門守と太閤記からはコミカルな一編。松鯉さんはめでたい出世ものと、まさかの雨夜の裏田圃。お弟子さんのは何回もだけど、松鯉さんからは初めて。よかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

17-08-27 朝練講談会 前座勉強会 #講談

公演名
朝練講談会−前座勉強会
会場
お江戸日本橋亭
日時
2017年8月27日 09:20~
坂本龍馬とおりょう
田辺いちか
寛永宮本武蔵伝ー山本源藤次 御前試合
神田みのり
五勺酒
神田春陽

今日の朝練はいちかさんとみのりさんの前座勉強会。いちかさんが言っていたけど講談には新撰組ものがない。西郷隆盛はあるのにと坂本龍馬とおりょうに。みのりさんは山本源藤次を御前試合の場面をしっかりと時間をかけて。春陽さんはもう半分を因果応報に独自な工夫を加えて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

17-08-26 旭堂南海の連続講談第四巻「宮本武蔵漫遊記」を聴く会(一) #講談 #浪曲

公演名
旭堂南海の連続講談第四巻「宮本武蔵漫遊記」を聴く会(一)
会場
らくごカフェ
日時
2017年8月26日 18:00~
渋川伴五郎
田辺いちか
塙保己一
神田みのり
地べたの二人−夏の虫
玉川太福:玉川みね子
第一話:宮本武蔵政名誕生
旭堂南海
仲入り
第二話:佐々木久三郎巌流登場
旭堂南海

南海さんの連続読みの会の第四回は宮本武蔵漫遊記。基本は天正武蔵。無二斎の実子が、清正の剣術指南の養子になって宮本武蔵となる由来と、佐々木巌流が手前勝手な遺恨で武蔵の実父の無二斎を暗殺するまで。とにかく外連たっぷりで派手な展開にワクワクしてしまう。これからが楽しみ。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

17-08-26 講談 貞橘会 #講談

公演名
講談 貞橘会
会場
らくごカフェ
日時
2017年8月26日 13:30~
木村又蔵 鎧の着逃げ
一龍斎貞奈
笹野権三郎−海賊退治
一龍斎貞橘
井伊直虎−家康遠江侵攻
田辺一邑
天保六花撰−三千歳の心変わり
一龍斎貞橘
仲入り
江島屋騒動
一龍斎貞橘

貞橘さんの月例会、今日の隅田川花火大会へ向かう人に出会わせての小猿七之助をまず。ゲストの南左衛門さんが長短槍試合を楽しく。連続の天保六歌撰は三千歳と直侍との我慢のきかない二人の顛末を。結局三千歳は吉原に戻って今までやってきたことは何なの?楽しげだね。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

17-08-25 第11回 よみらくご〜やっぱばり寄席が好き〜 #落語 #講談

公演名
第11回 よみらくご〜やっぱばり寄席が好き〜
会場
よみうり大手町ホール
日時
2017年8月25日 18:30~
他行
三遊亭金の助
西行鼓ヶ滝
一龍斎貞鏡
ウクレレ漫談
ぴろき
佃祭
三遊亭金馬
仲入り
おちよさん
瀧川鯉八
曲芸
ボンボンブラザース
夢の酒
柳家喬太郎

白酒さんの25周年記念の会、というかこういう会をやるようなキャラじゃないと思っていたけど、やるからにはと並んだのが、一之輔・彦いち・白鳥というのが、らしくて良かった。

プログラム

配布チラシ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

17-08-23 渋谷に福来たる 2017 夏一番 -桃月庵白酒25周年記念落語会的な #落語 #rakugo

公演名
渋谷に福来たる 2017 夏一番 -桃月庵白酒25周年記念落語会的な
会場
渋谷区文化総合センター さくらホール
日時
2017年8月23日 19:00~
口上
一之輔・彦いち・白酒・白鳥
代書屋
春風亭一之輔
黄昏のライバル
三遊亭白鳥
仲入り
熱血怪談部
林家彦いち
井戸の茶碗
桃月庵白酒

白酒さんの25周年記念の会、というかこういう会をやるようなキャラじゃないと思っていたけど、やるからにはと並んだのが、一之輔・彦いち・白鳥というのが、らしくて良かった。

プログラム

配布チラシ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

17-08-22 らくごカフェに火曜会 #落語 #rakugo

公演名
らくごカフェに火曜会
会場
らくごカフェ
日時
2017年8月22日 19:30~
反魂香
春風亭正太郎
お化け長屋
柳家小かじ
仲入り
黄金の大黒
柳家小かじ
三枚起請
春風亭正太郎

噺が珍しくなる、すなわちあまりやられなくなるのは何か理由があるのだろうけど、反魂香は構造的に野ざらしと同じだけど、それよりはやられないのは何故なのかな。そして正太郎さんがこの噺を選んだ理由は何でだろう。こういう事が落語を聴く理由のひとつになる。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

17-08-21 隅田川馬石独演会「馬石噺」第三十五回『名人長二』 #落語 #rakugo

公演名
隅田川馬石独演会「馬石噺」第三十五回『名人長二』
会場
日本橋社会教育会館
日時
2017年8月21日 19:00~
たらちね
柳家小はだ
仏壇叩き
隅田川馬石
仲入り
湯河原宿
隅田川馬石

今年になって名人長二を芝居で見て、その後、雲助さんと馬石さんの師弟で聴くことになってとんだ名人長二イヤー。落語のほうはもちろん師弟なので、似たようなものになるのかなと思っていたけど、やはり馬石さんでも十年はやっているので違いがあるのにはそうだなと。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

17-08-20 柳家一琴の会 #落語 #rakugo

公演名
柳家一琴の会
会場
らくごカフェ
日時
2017年8月20日 14:00~
初音の鼓
柳家一琴
水屋の富
柳家一琴
巌流島
柳家一琴
仲入り
樟脳玉
柳家一琴

四席体制の最後は珍しい噺がならんだなかで、江戸の風俗がうかがわれるのが二席と、武士の様子のが二席と。水屋の責任感に涙を禁じ得ない^_^噺に水道事情を、樟脳玉では着道楽の凄まじさを垣間見て。厳柳島に侍の傲岸不遜を感じ、初音の鼓では洒脱な一面に微笑む。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

17-08-20 朝練講談会 #講談

公演名
朝練講談会
会場
お江戸日本橋亭
日時
2017年8月20日 09:30~
遠山金四郎 関宿編 源蔵の恋
神田すず
加藤孫六 出世馬喰
宝井琴柑

遠山金四郎はすずさんからしか聴いていないので全体の方向性がわからないけど、なんとなく武士がどうこうするものじゃなくて任侠ものの雰囲気があるなと。他のものも聴いてみたい。琴柑さんの加藤孫六も初めて。太閤記の一部なのかな。子供向けの講談会をとの一環なのかな。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

17-08-19 桂まん我ひとり会 東京 #落語 #rakugo

公演名
桂まん我ひとり会 東京
会場
らくごカフェ
日時
2017年8月19日 14:15~
浮世床
桂まん我
寄合酒
桂まん我
仲入り
へっつい幽霊
桂まん我

一門の味はやはりあるもので、まん我さんは上方の理屈をとおす文我さんのお弟子さんだなと。浮世床も本でも読めない様子がきちんと伝わるような工夫があるし、寄合酒でもわちゃわちゃした会話が楽しい。へっつい幽霊でも博打打ちの兄いぶんの様子が明解だし。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

17-08-18 しのばず寄席 #落語 #講談

公演名
日本講談協会定席
会場
お江戸上野広小路亭
日時
2017年8月18日 16:00~
寿限無
昔昔亭全太郎
悋気の独楽
三遊亭鳳志
風呂敷漫談
はやのみこみ
看板の一
三遊亭鳳笑
英国密航
田辺銀冶
漫才
左利き
らくだ
桂伸治

講談定席の流れでそのまましのばず寄席を。初めての方を聞くきっかけになると思って。これからも続くかは別にして。この会は色物さんも入っていて、早野凡平さんの女性のお弟子さんという方が出ていておどろいた。風呂敷漫談というのを。トリの伸治さんのらくだはさすが。

プログラム

| | コメント (0) | トラックバック (0)

17-08-18 日本講談協会定席 #講談

公演名
日本講談協会定席
会場
お江戸上野広小路亭
日時
2017年8月18日 12:30~
寛永宮本武蔵伝−闇討ち
神田みのり
巴御前の大奮戦
神田紅佳
名月若松城
神田真紅
慶安太平記−忠也正雪と立ち会い
神田松之丞
妖婆
神田愛山
仲入り
扇の的
神田京子
幡随院長兵衛と桜川の出逢い
神田阿久鯉

この時期くらいしかこれない日本講談協会定席、松之丞さんの忠也正雪の出逢いは二日続けて聴いても楽しい。愛山さんの綺堂原作の妖婆はじわじわとくる怖い怪談。京子さんはあいも変わらずの元気さ。阿久鯉さんからは聴きたいと思っていた幡随院長兵衛を。まとめて聴きたいな。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

17-08-17 大江戸悪人物語2017-18(全8回) episode3 #講談 #落語

公演名
大江戸悪人物語2017-18(全8回) episode3
会場
日本橋社会教育会館
日時
2017年8月17日 19:00~
二人旅
桃月庵ひしもち
慶安太平記−
丸橋忠弥登場〜忠弥正雪と立ち会い
神田松之丞
仲入り
真景累ヶ淵−豊志賀
蜃気楼龍玉

講談は特に武士とかに見られる面子にこだわることを逆手にとって対処していく様を描いていて、松之丞さんの丸橋忠弥が正雪にくだる場面にあってね。圓朝の怪談は人のねっとりとした怨念から発せられる言葉の粘着間にあるのではと、龍玉さんで聴いているとそう思う。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

17-08-17 深川ひるま寄席〜あおい落語界Jr.〜 #落語

公演名
深川ひるま寄席〜あおい落語界Jr.〜
会場
雲行院
日時
2017年8月17日 14:00~
鮑のし
林家はな平
妾馬
三遊亭司
仲入り
紙入れ
柳家喬の字

かわら版で見つけて深川の地域寄席に。お寺の一室を借りての落語会というのは来るのは初めて。やはりお盆休みの余波なのかな、この会としては最大級の五十人越えだそうで、二ツ目とはいえ、それだけお客を呼べるの実力があるはな平さん、司さんと喬の字さんでした。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

17-08-16 すがも巣ごもり寄席 #落語 #講談

公演名
すがも巣ごもり寄席
会場
Studio Four
日時
2017年8月16日 13:00~
寄合酒
春風亭昇也
西行鼓ヶ滝
一龍斎貞鏡
仲入り
野ざらし
立川談吉
片棒
桂宮治

すがも巣ごもり寄席は平日の昼開催でなかなか行けなくて、今日は盆休みなので。もう満杯で、顔付けからは当然だしお盆だしねとは思うけど、それでもすごいね。小学生くらいの女の子も来てたし。実力があれば確実に人が来ているのをみると落語人気は盤石かな。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

17-08-16 朝練講談会−灼熱の六日間連続読みの会〈楽日〉 #講談 #浪曲

公演名
朝練講談会−灼熱の六日間連続読みの会〈楽日〉
会場
お江戸日本橋亭
日時
2017年8月16日 09:20~
村越茂助 誉れの使者
田辺いちか
関東七人男−林蔵高坂へ斬り込み
宝井梅湯
天保水滸伝−平手造酒の最期
玉川太福:玉川みね子

朝練の連続読みも楽日、今回はすべて参加できてよかった。梅湯さんの関東七人男は最後になって任侠らしい男前の林蔵が活躍する。これからは朝練での梅湯さんで聴けることが楽しみ。太福さんの平手造酒の最期を節にのって聴くとズンと胸に響いて、ここまで聴けてよかった。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

17-08-15 第12回 玉川太福・神田松之丞二人会 #講談 #浪曲

公演名
第12回 玉川太福・神田松之丞二人会
会場
日本橋社会教育会館
日時
2017年8月15日 14:00~
隅田川乗っ切り
田辺いちか
狼退治
神田松之丞
茶碗屋敷
玉川太福:玉川みね子
仲入り
銭湯激戦区
玉川太福:玉川みね子
お札はがし
神田松之丞

太福さんの茶碗屋敷は講釈ネタで落語での井戸の茶碗との違いが興味深い。一番大きいのは浪人側が茶碗の価値を知っているところ。筋が通っている。落語でそこを何故変えたかを考えると人情噺にするのは違うのかなと。松之丞さんのお札はがしの演出の違いが少ない事と比較すると興味深い。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

17-08-15 朝練講談会−灼熱の六日間連続読みの会〈五日目〉 #講談 #浪曲

公演名
朝練講談会−灼熱の六日間連続読みの会〈五日目〉
会場
お江戸日本橋亭
日時
2017年8月15日 09:20~
臆病の勇士 平松金次
田辺いちか
関東七人男−亀五郎の仕返し
宝井梅湯
天保水滸伝−蛇園村斬り込み
玉川太福:玉川みね子

連続読みの会もラス前で両方ともに派手な展開に。梅湯さんの関東七人男では派手な立ち回りではなく、堆肥をかけられてしまう様なことだけど、だからこその現実感。対しての太福さんの天保水滸伝での繁蔵の助五郎への斬り込みは浪曲の節にのった修羅場の華麗さに圧倒された。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

17-08-14 三遊亭天どん・三遊亭兼好 二人会 「問答無用」 #落語 #rakugo

公演名
三遊亭天どん・三遊亭兼好 二人会 「問答無用」
会場
新宿文化センター 小ホール
日時
2017年8月14日 19:00~
手紙無筆
三遊亭けん玉
犬の目
三遊亭兼好
もう半分
三遊亭天どん
仲入り
かぼちゃや
三遊亭天どん
厩火事
三遊亭兼好

天どんさんと兼好さんの二人会、なんか特別なテーマはなくてやりたいものをやっているように見える。なにせ落語のバカらしさを体現しているかのような犬の目の後に、後味の悪さだけが残すためにだけあるようなもう半分がくる。なんかそこに二人の味が出ているような。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

17-08-14 宝井三兄弟の会 #講談

公演名
宝井三兄弟の会
会場
お江戸日本橋亭
日時
2017年8月14日 14:00~
水戸黄門漫遊記
宝井琴屯
三十三間堂誉の通し矢
田辺いちか
仙台の鬼夫婦
宝井琴星
五貫裁き
宝井琴柳
仲入り
鼎談
琴調・琴柳・琴星
名月若松城
宝井琴調

琴調さん、琴柳さん、琴星さんの兄弟会、3回目となっているけど、二ツ目の時からこの三人で何かと会を開いているようで、今回の鼎談では昭和五十五年のかわら版のインタビュー記事をネタにしてその時の抱負などをさかなにして。聴いているとその時々でそれぞれの立場で頑張っていたのだと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

17-08-14 朝練講談会−灼熱の六日間連続読みの会〈四日目〉

公演名
朝練講談会−灼熱の六日間連続読みの会〈四日目〉
会場
お江戸日本橋亭
日時
2017年8月14日 09:20~
鳥居と成瀬 湯水の行水
田辺いちか
関東七人男−浅吉の博奕狂い
宝井梅湯
天保水滸伝−笹川の花会
玉川太福:玉川みね子

連続読みの会も後半に。梅湯さんの関東七人男はいよいよダメ人間が出てきて、今日はなかば堅気の男が子供の薬代を博打ですってあげく筋の悪い借金をしてしまう。太福さんの笹川の花会は浪曲の情に訴える節が助五郎と繁蔵の器量の違いを浮き立たせていて、講談との違いが分かったような。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

17-08-13 プライム落語 #落語 #rakugo

公演名
プライム落語
会場
かつしかシンフォニーヒルズ モーツアルトホール
日時
2017年8月13日 14:00~
初天神
桃月庵はまぐり
動物園
桂雀々
お血脈
柳家三三
仲入り
お喋り
喬太郎・三三・雀々
紙入れ
柳家喬太郎

プライム落語は雀々さんがプロデュースしているのかな。今回は三三さんと喬太郎さん。三三さんは最近地噺をよくやるようになっているんじゃないかしら。喬太郎さんは上がる前のトークコーナーで満足したのか紙入れは必要なマクラのみでたっぷりと。

プログラム

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

17-08-13 朝練講談会−灼熱の六日間連続読みの会〈三日目〉 #講談 #浪曲

公演名
朝練講談会−灼熱の六日間連続読みの会〈三日目〉
会場
お江戸日本橋亭
日時
2017年8月13日 09:20~
三方ヶ原軍記−内藤の物見
田辺いちか
関東七人男−妙善の強請
宝井梅湯
天保水滸伝−鹿島の棒祭り
玉川太福:玉川みね子

連続読みの会も三日目になって、梅湯さんも太福さんもいよいよ佳境に入っていって面白くなっていく。関東七人男はそれこそ堅気の女房と思っていたのがとんだアバズレで悪者しか出てこないし、浪曲の天保水滸伝では主人公格の平手造酒は節にのっていよいよかっこいいしでね。
いちかさんも家康を時代を追ってやっていて、今日は三方ヶ原軍記を解説付きで。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

17-08-12 三扇会 一龍斎貞寿真打昇進祝い #講談 #落語 #浪曲

公演名
三扇会 一龍斎貞寿真打昇進祝い
会場
国立演芸場
日時
2017年8月12日 18:30~
太閤と曽呂利
田辺いちか
貞寿弟子入り
玉川太福:玉川みね子
宗論
林家たけ平
路地裏の伝説
柳家喬太郎
仲入り
口上
たけ平・太福・貞寿・喬太郎
次郎長と伯山
一龍斎貞寿

三扇会で真打昇進を祝う会を国立演芸場で、喬太郎さんをゲストに迎えて。太福さんは後輩が先輩を祝うのには体を使ってと、貞寿さんが弟子入りをするまでを一曲にまとめて。たけ平さんと喬太郎さんは、貞寿さんの講談に熱すぎるその情熱の発露の姿を紹介して。よかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

17-08-12 川柳川柳 昭和音曲噺 夏のガーコン祭り in 重要文化財 #落語 #rakugo

公演名
川柳川柳 昭和音曲噺 夏のガーコン祭り in 重要文化財
会場
自由学園明日館
日時
2017年8月12日 14:30~
雑俳
橘家門朗
オリエント深夜バスボコボコ事件
川柳つくし
転宅
橘家文蔵
仲入り
大ガーコン
川柳川柳
エンディング
つくし・川柳・文蔵

自由学園の明日館でやるということで、久しぶりの大ガーコン。雰囲気は非常によかった。外部に直接建っているので、蝉の鳴き声が入ってきて終戦のその日もかくやと。ただ、川柳御大の地の語りにはお年をとったとの感は否めない、けど、歌になるとしっかりしているのがな

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

17-08-12 朝練講談会−灼熱の六日間連続読みの会〈二日目〉 #講談 #浪曲

公演名
朝練講談会−灼熱の六日間連続読みの会〈二日目〉
会場
お江戸日本橋亭
日時
2017年8月6日 09:20~
臆病弥八郎
田辺いちか
関東七人男−沼田の牢破り
宝井梅湯
天保水滸伝−繁蔵と平手の出会い
玉川太福:玉川みね子

梅湯さんと太福さんで、同じ侠客もので違うと感じるのは、平手造酒の存在なのかな。浪曲の天保水滸伝は講談由来でも平手造酒に重きを置いていているそうで、今日の破門の理由も女性との恋ゆえとの艶っぽくなっている。その辺りが両者の違いになるのかな。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

17-08-11 神田連雀亭 お盆特別公演 第二部

公演名
神田連雀亭 お盆特別公演 第二部
会場
神田連雀亭
日時
2017年8月11日 15:00~
看板の一
三遊亭歌扇
紙入れ
柳家喬の字
歯ンデレラ
林家扇
仲入り
青菜
桂三木男
粗忽の釘
柳亭明楽
リアクションの家元
柳家小太郎
寝床
三遊亭歌太郎

連雀亭はなかなか行けなくて、今日からのお盆特別興行は、今まで気になっていた人を聴けてありがたい。第二部だと久しぶりの扇さんが弾けていたとか、初めてかなの明楽さんの独特なフラとか、爆弾級な小太郎さんとかね。また、みんなが仲が良くて、その雰囲気もまたね。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

17-08-11 神田連雀亭 お盆特別公演 第一部 #落語 #講談

公演名
神田連雀亭 お盆特別公演 第一部
会場
神田連雀亭
日時
2017年8月11日 11:30~
権助魚
春風亭正太郎
まんじゅう怖い
入船亭遊京
鈴ヶ森
三遊亭鯛好
桜咲く
春雨や風子
仲入り
たまげほう
柳家かゑる
花のお江戸のプリティウーマン
神田蘭
初天神
林家扇兵衛
船徳
昔昔亭桃之助

神田連雀亭のお盆特別興行の初日の第一部、八人も並んでね。初めてさんが鯛好さんと桃之助さん。それぞれの個性がちゃんと出てくるのは連雀亭ならではなのかな。中でも蘭さんが釈台を脇に寄せての口演にはおどろいたし、楽しかった。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

17-08-11 朝練講談会−灼熱の六日間連続読みの会〈初日〉 #講談 #浪曲

公演名
朝練講談会−灼熱の六日間連続読みの会〈初日〉
会場
お江戸日本橋亭
日時
2017年8月6日 09:20~
関東七人男−新太郎強請
宝井梅湯
天保水滸伝−繁蔵売り出す
玉川太福:玉川みね子

朝練名物の連続読みの会、今年は六日間にわたって、梅湯さんの関東七人男と太福さんの天保水滸伝と侠客ものがならんだ。梅湯さんが言っていた通り、侠客ものと言っても毛色の違いがなんとなく感じられて、これからの展開が楽しみ。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

17-08-09 たっぷり!神田春陽 #講談

公演名
たっぷり!神田春陽 徳川天一坊
会場
らくごカフェ
日時
2017年8月9日 19:30~
紀州調べ 上
神田春陽
紀州調べ 下
神田春陽
仲入り
越前切腹
神田春陽
伊豆味噌
神田春陽

今日の春陽さんは徳川天一坊を紀州調べ(上・下)、越前切腹、伊豆味噌の後半のもうひとつの山場四席をいっぺんに。まとめて聴くと、やはり徳川天一坊は近代的なスリラーであるのではないかということ。前半で天一坊が取りこぼしたものを丁寧に回収していく過程がスリリング。楽しかった。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

17-08-08 らくごカフェに火曜会 #落語 #rakugo

公演名
らくごカフェに火曜会
会場
らくごカフェ
日時
2017年8月8日 18:00~
秘伝書
柳家わさび
お菊の皿
三遊亭わん丈
仲入り
プロポーズ年の差なんて〜寄合酒
三遊亭わん丈
鹿政談
柳家わさび

今回の火曜会はわさびさんとわん丈さんの取り合わせ。両方ともNHKラジオの5分で落語勝負に出るということで今日はその練習。わりと聴けると感じるのは、それだけの力があるということかな。他のメンバーも出るし、聴いてみたくなった。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

17-08-06 立川吉幸独演会 #落語 #rakugo

公演名
立川吉幸独演会
会場
らくごカフェ
日時
2017年8月6日 18:00~
幇間腹
立川吉幸
船徳
立川吉幸
仲入り
明烏
立川吉幸

今日の吉幸さんは若旦那ものを三席。こう並べるとひとこと若旦那といっても色が違っていて、幇間腹は遊びに飽きて将来は愛宕山の旦那になるんだろう若旦那から、こうじて勘当になっても懲りない船徳の若旦那もいれば、明烏の初が天晴れ遊び人への端緒を切った若旦那まで。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

17-08-06 一蔵ひとりの会 #落語 #rakugo

公演名
一蔵ひとりの会
会場
らくごカフェ
日時
2017年8月6日 14:00~
夏泥
春風亭一蔵
へっつい幽霊
春風亭一蔵
仲入り
らくだ
春風亭一蔵

今月の一蔵ひとりの会はなかなかにしっかりとしたネタがならんだ。夏泥は一席目から元気よく。今シーズンよく聴くへっつい幽霊は、根多おろしで若旦那が出てくる型で最後までの長講。トリもらくだをしっかりと。屑やがどんどん元気よくなっていってね。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

17-08-06 朝練講談会 #講談

公演名
朝練講談会
会場
お江戸日本橋亭
日時
2017年8月6日 09:30~
番町皿屋敷
一龍斎貞弥
高野長英 牢破り
一龍斎貞橘

講談で番町皿屋敷を聴いたのは初めてかな。貞橘さんも後席で言っていたけど、非常に艶っぽい展開で、家宝の皿を割ってしまう理由、それを斬ってしまう理由や、化けて出る理由も、なんというか痴情のもつれとしか言えないもの。お菊を庇った殺されたものはいい面の皮としかね。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

17-08-05 正太郎コンプレックス #落語 #rakugo

公演名
正太郎コンプレックス 夜の部
会場
らくごカフェ
日時
2017年8月5日 18:00~
堪忍袋
春風亭正太郎
祇園祭
春風亭正太郎
淀五郎
春風亭三朝
仲入り
佃祭
春風亭正太郎

正太郎さんの勉強会、会の名の元ネタから28回目でお開き。なかなかタイミングが合わなくてこれなかったのが残念に思った。一つの出来事に対する夫婦のとらえ方のギャップが面白い堪忍袋、祭の囃子の練りが楽しみな根多おろしの祇園祭、与太郎に泣かされる佃祭。よかった。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

17-08-05 第44回 大手町落語会 #落語 #rakugo

公演名
第44回 大手町落語会
会場
日経ホール
日時
2017年8月5日 13:00~
子知る
柳家やなぎ
鮑のし
鈴々舎馬るこ
小政の生いたち
柳家喬太郎
仲入り
臆病源兵衛
桃月庵白酒
子別れ
柳家さん喬

鮑のしは馬るこさんのようににぎやかにやるのがいいのかな。その後の喬太郎さんの落語に珍しい任侠ものがきて、最近はいろんな人から聴くけど、やはり臆病源兵衛は白酒さんですよね。トリは子別れで締めだけど、さん喬さんから聴いたのは初めてかも。なんでかな。

プログラム

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

17-08-04 納涼四景 #落語 #rakugo

公演名
納涼四景
会場
浅草見番
日時
2017年8月4日 18:45~
富士詣り
柳家小はぜ
九段目
八光亭春輔
へっつい幽霊
柳家小のぶ
仲入り
紙屑屋
春風亭一朝
中村仲蔵
柳家小満ん

納涼四景、渋い噺家たちが渋い演目を並べた会。開口一番の小はぜさんも富士詣り。春輔さんの九段目は初めて。芝居口調が達者でないとね。小のぶさんのへっつい幽霊も初めて聴く型。一朝さんの紙屑屋ではその喉を堪能。小満んさんの中村仲蔵はスッと引き締まっていた。

プログラム

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

17-08-03 しろい足袋の会 花の巻 #落語 #rakugo

公演名
しろい足袋の会 花の巻
会場
らくごカフェ
日時
2017年8月3日 19:00~
あいさつ
花いち・おさん・録君
芋俵
柳家録君
天災
台所おさん
仲入り
余興−ダンス・ダンス・ダンス
録君・おさん・花いち
試し酒
柳家花いち

同じネタでもやる人によって面白いところが違って、録君さんの芋俵は女中と小僧のやり取りが仲の良さが出ていてよかった。おさんさんの天災だと八五郎の柔らかさがにじみ出てくるのがね。花いちさんは下戸だからこその、思い切りの良さが出ていたのかなと。

プログラム

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

17-08-01 らくごカフェに火曜会交流会 #落語 #rakugo

公演名
らくごカフェに火曜会交流会
会場
らくごカフェ
日時
2017年8月1日 19:30~
蛇含草
柳亭こみち
ろくろっ首
三遊亭天どん
仲入り
有名人の家
三遊亭天どん
蒟蒻問答
柳亭こみち

今日の火曜会でこみちもやった蛇含草はもちろんそのオチに特徴があるのだろうけど、餅のおどり食いに演者の工夫が出てくるもので、こみちさんのそれは楽しくて。天どんさんも百川に入ろうとして、なんか間違えたろくろっ首の安定した面白さがね。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »