« 17-10-11 深川亭砥寄席 第四十二回・「古今亭菊之丞・隅田川馬石 二人会」 #落語 #rakugo | トップページ | 2017-10-13 錦秋四景 #落語 #rakugo »

17-10-12 東京茂山狂言会 第22回 #狂言

公演名
東京茂山狂言会 第22回
会場
国立能楽堂
日時
2017年10月12日 19:00~
八幡前(やわたのまえ)
茂山童司
茂山あきら
太郎冠者
鈴木実
教え手
茂山茂
蟹山伏(かにやまぶし)
山伏
茂山宗彦
強力
茂山逸平
蟹の精
茂山千五郎
縄綯(なわない)
太郎冠者
茂山千作
主人
茂山千三郎
何某
茂山七五三

《八幡前》
童司さんの思うがままの振る舞いがなんとも突き抜けていて清々しささえ感じてしまう。これは童司さんの独擅場とも感じてしまう。

《蟹山伏》
山伏と強力の虚勢の張り合いが、宗彦さんと逸平さんの漫才のようで、その息の合ったやり取りが楽しい。また、千五郎さんの蟹の精が人らしさがなくて不気味な感じが対照的でよかった。

《縄綯》
この曲はほとんど太郎冠者のモノローグといってもいいのでは。とにかく千作さんのメリハリのある独白が心地よくて眠りに誘われてしまう。

プログラム

配布チラシ

|

« 17-10-11 深川亭砥寄席 第四十二回・「古今亭菊之丞・隅田川馬石 二人会」 #落語 #rakugo | トップページ | 2017-10-13 錦秋四景 #落語 #rakugo »

狂言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 17-10-12 東京茂山狂言会 第22回 #狂言:

« 17-10-11 深川亭砥寄席 第四十二回・「古今亭菊之丞・隅田川馬石 二人会」 #落語 #rakugo | トップページ | 2017-10-13 錦秋四景 #落語 #rakugo »