« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »

17-11-29 あかぎ寄席 NEXT 浪曲 玉川太福 独演会 #浪曲

公演名
あかぎ寄席 NEXT 浪曲 玉川太福 独演会
会場
赤城神社 参集殿
日時
2017年11月29日 19:00~
追分供養
港家小そめ:玉川みね子
清水次郎長伝−石松金比羅代参
玉川太福:玉川みね子
仲入り
清水次郎長伝−石松三十石船道中
玉川太福:玉川みね子

太福さんの清水次郎長伝の連続読み、今日は浪曲も知らない人でも、よく知られている石松金比羅代参から三十石船道中。酒飲みねぇ、江戸っ子だってね、神田の生まれよ、ですね。このやり取りを楽しく遊ぶのが太福さんらしい。やっぱり石松という愛嬌者は皆んなに愛されるのだとわかる。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

17-11-29 らくごカフェに火曜会OB会 #落語 #rakugo

公演名
らくごカフェに火曜会OB会
会場
らくごカフェ
日時
2017年11月28日 19:30~
金明竹
柳家三之助
陰富
三遊亭天どん
仲入り
(新作)
三遊亭天どん
鼠穴
柳家三之助

天どんさんの陰富は最初に聴いた時は寝落ちしてしまっていたので今日きちんと聴けてよかった。三之助さんの整理された語り口の鼠穴を聴いて初めて思った疑問、なぜ火事が起こりそうな日に訪問したのか。あれ程心配性なのにね。いつでも行けるのにね。こんな事拘泥する様な噺じゃないね。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

17-11-27 月刊少年ワサビ #落語 #rakugo

公演名
月刊少年ワサビ
会場
らくごカフェ
日時
2017年11月27日 19:30~
粗忽長屋
柳家わさび
島流し
柳家わさび
仲入り
次回お題選び
柳家わさび
田能久
柳家わさび

今回お題 週替わり・人員削減・ポチ
次回お題 冬眠・誕生日・白髪

今回のわさびさんの三題噺はオチを最後まで迷ったとのことで、今回はポチを使った地口落ちで、もうひとつはショートショートの様なオチ。落語らしさを取って前者にしたらしい。後者も今後の練りで目がある様で、こちらも聴いて見たい。

プログラム

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

17-11-26 一蔵ひとりの会 スペシャル #落語

公演名
一蔵ひとりの会 スペシャル
会場
池袋演芸場
日時
2017年11月26日 18:30~
八九升
三遊亭あおもり
火焔太鼓
春風亭一蔵
仲入り
太神楽曲芸
翁家和助
文七元結
春風亭一蔵

池袋での一蔵ひとりの会 スペシャルはゲストに太神楽の和助さんを呼んで寄席よりに。火焔太鼓はとにかく明るくて一蔵さんらしい。仲良しの和助さんの太神楽も明るく楽しい。文七元結は佐野槌のお上を真正面から描いていて、その旺盛に取り組んでいく姿がいいなあともね。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

17-11-26 第6回 らくご古金亭ふたたび #落語

公演名
らくご古金亭ふたたび
会場
お江戸日本橋亭
日時
2017年11月26日 13:00~
無精床
金限定駒六
雪とん
金原亭馬久
宿屋の富
五街道雲助
仲入り
茶金
金原亭馬の助
芝浜
金原亭馬生

今回の古金亭はお金がらみの特集見たい。雪とんは初めては小満んさんからだったので、馬久さんみたいな若い人がやるのは、やはり古今亭の噺だからなのかな。芝浜は何か装飾過多になりがちと感じる時があるけど、馬生さんのはさらっとしていて、それでも胸に迫るものもあるしね。

プログラム

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

17-11-26 朝練講談会 前座勉強会 vol.22 #講談

公演名
朝練講談会 前座勉強会 vol.22
会場
お江戸日本橋亭
日時
平成29年11月26日 09:20~
本能寺の変
田辺いちか
寛永宮本武蔵伝−熱湯風呂
神田みのり
赤垣源蔵 徳利の別れ
一龍斎貞寿

朝練の前座勉強会、いちかさんは講談でしかできないものとして修羅場というものがあってと、琴梅さんにつけてもらった本能寺の変を。やはりあがるよね。いよいよ森蘭丸というところで切れ場。みのりさんの熱湯風呂もね講談らしいし。貞寿さんは前座の意義を熱弁して二ツ目で習った徳利の別れを。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

17-11-25 花形講談会 宝井琴調・神田春陽 二人会

公演名
花形講談会 宝井琴調・神田春陽 二人会
会場
らくごカフェ
日時
2017年11月25日 18:00~
三十三間堂誉の通し矢
田辺いちか
赤穂義士銘々伝−三村の薪割り
宝井琴調
五勺酒
神田春陽
仲入り
徳川天一坊−伊予の山中
神田春陽
雪の夜話
宝井琴調

雪の夜話は人情噺の真ん真ん中をいくような話しで、講談でも意外にこのような話は聞いたことが無い。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

17-11-25 講談 貞橘会 #講談

公演名
講談 貞橘会
会場
らくごカフェ
日時
2017年11月25日 13:30~
渋川伴五郎の頓知
田辺いちか
明智左馬之助琵琶の湖水乗切り
一龍斎貞橘
金色夜叉
宝井琴柑
天保六花撰−丸利の強請り
一龍斎貞橘
仲入り
西行鼓ヶ滝
一龍斎貞橘

天保六歌撰は歌舞伎にもあってもちろん華々しくやられるだけど、講談で聴いても河内山宗俊の啖呵なんかは勇ましていいのだけど、今日の丸利の強請りとかよく聴くと、ただ詐欺を仕掛けて、権力を嵩にかけて強請っているだけで、そこらのヤクザとどう違うのだろうと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

17-11-21 けんこう一番!秋スペシャル 三遊亭兼好独演会 #落語 #浪曲

公演名
けんこう一番!秋スペシャル 三遊亭兼好独演会
会場
よみうり大手町ホール
日時
2017-11-21 19:00~
宗論
三遊亭兼好
もぐら泥
三遊亭じゃんけん
紋三郎稲荷
三遊亭兼好
仲入り
浪曲百人一首
玉川奈々福:沢村豊子
二番煎じ
三遊亭兼好

兼好さん独特間みたいのがあって、今日でいうと宗論の神の名関連を言う時の溜めがなんとも言えない。紋三郎稲荷のとぼけた侍の飄々としたとこもらしさが横溢。二番煎じでの夜回りでのにぎやかなやり取りの器用さも楽しかった。

プログラム

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

17-11-19 三朝三席 #落語 #rakugo

公演名
三朝三席
会場
らくごカフェ
日時
2017年11月19日 14:00~
代書屋
春風亭三朝
宮戸川
春風亭三朝
仲入り
中村仲蔵
春風亭三朝

今日は三朝さんの代書屋と中村仲蔵が聴けたのが良かった。

配布チラシ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

17-11-19 朝練講談会 朝練二扇会 #講談 #浪曲

公演名
朝練講談会 朝練二扇会
会場
お江戸日本橋亭
日時
2017年11月19日 09:30~
お竹如来
田辺凌天
悲しみは埼玉に向けて
玉川太福:玉川みね子

凌天さんを朝練で聴くのは初めてかな。なんか梅湯さんと並ぶ浪曲ラブなマクラで朝練らしい。お竹如来もしっかりと。凌天さんの師匠の凌鶴さんが新作派なので、浪曲にもこんな新作があると、太福さんは圓丈師原作の悲しみは埼玉に向けてを。節が付くとは考えもしなかったものにぴったりと。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017-11-12 朝練講談会 #講談

公演名
朝練講談会
会場
お江戸日本橋亭
日時
2017年11月12日 09:30~
関東七人男−身延の喧嘩
宝井梅湯
大高源吾と宝井其角 両国橋の別れ
神田春陽

朝練講談会、一度梅湯さんの出る会を行けなくて、今回の関東七人男でちょっと筋が追えないところがあったけど、それでも山場に入っていよいよ面白くなってきた。聴き逃せないね。両国橋の別れは春陽さんで聴くのがなんかあっているような気がする。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017-11-11 かめあり亭落語まつり第30弾! ~東西大看板~ 柳家権太楼 桂南光 錦秋名人会 #落語 #rakugo

公演名
かめあり亭落語まつり第30弾! ~東西大看板~ 柳家権太楼 桂南光 錦秋名人会
会場
かめありリリオホール
日時
2017年11月11日 14:00~
浮世根問
三遊亭あおもり
義眼
桂南光
代書屋
柳家権太楼
仲入り
抜け雀
桂南光
芝浜
柳家権太楼

葛飾区が開く落語会はなんとなく地方での公演のようで、今日の南光さんと権太楼さんの二人会の渋い取り合わせで、入りもいいしお得感がある。今日もね、南光さんの抜け雀と権太楼さんの芝浜が聴けてなんとも幸せ。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

17-11-08 腹八分目の会 #落語 #rakugo

公演名
腹八分目の会
会場
らくごカフェ
日時
2017年11月8日 19:00~
子ほめ
三遊亭金とん
身代わり首
三笑亭夢丸
宿屋の富
春風亭傳枝
仲入り
明烏
立川吉幸

腹八分目の会、夢丸さんは相変わらず珍しい噺で身代わり首を。どうも夢丸さんの新作らしい。どうも筋が わかりにくかった。伝枝さんの宿屋の富はいろいろな妄想が明るく語られていて楽しい。明烏は時々、源兵衛と多助の区別がつかなくなることがあって、吉幸さんでもね。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

17-11-07 第12回 よみらくご〜志の輔スペシャル〜 #落語 #rakugo

公演名
第12回 よみらくご〜志の輔スペシャル〜
会場
よみうり大手町ホール
日時
2017年11月7日 18:30~
花色木綿
立川志の八
みどりの窓口
立川志の輔
仲入り
帯久
立川志の輔

本当に久しぶりの志の輔さんで、苦手な帯久にまたもやあたって志の輔さんはやはり帯久がお気に入りなんだなと。何でかなと思いながら聴いていて思ったことは、和泉屋の弱さと人の見る目がないこと。公的な救済システムが不備だからといって帯久に頼るのがそもそもの間違い。

プログラム

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

17-11-06 第一回 文京春日亭「桃月庵白酒独演会」 #落語 #rakugo

公演名
第一回 文京春日亭「桃月庵白酒独演会」
会場
文京シビックホール 小ホール
日時
2017年11月6日 13:30~
道具や
桃月庵ひしもち
時そば
桃月庵白酒
笠碁
桃月庵白酒
仲入り
井戸の茶碗
桃月庵白酒

白酒さんの時そばはやはり一味違う。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

17-11-05 神田すず勉強会 #講談

公演名
神田すず勉強会
会場
お江戸両国亭
日時
2017年11月5日 13:00~
大久保彦左衛門−梅の木のご意見
一龍斎貞奈
笹野権三郎−三日月城道場槍試合
神田すず
仲入り
野球大統領
田辺一乃
陸奥違い
神田すず

お江戸両国亭でのすずさんの勉強会は初めて。現在は笹野名槍伝を連続読みしているとのことで、今日は三日月城の前半。この話は海賊退治くらいしか聴いていないので、これからもこの会に来てみたいな。すずさんから聴くのは時々他の人とは型が違うのがあって陸奥違いもそう。これも良かった。

配布チラシ

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

17-11-05 朝練講談会 朝練二扇会 #講談 #浪曲

公演名
朝練講談会 朝練二扇会
会場
お江戸日本橋亭
日時
2017年11月4日 09:30~
清水次郎長伝−心中奈良屋
神田春陽
侍子守唄
東家若燕:沢村美舟

朝練二扇会で出てくる浪曲の方は若手だとばかり思っていたら春陽さんが始めに出てきて次郎長伝を。若燕さんは堂々のベテランで、浪曲のまん真ん中の侍子守唄を朗々と。まん真ん中とは思うけど、あのオープンエンドが正調なのかな。講談の切れ場とは違うと思うし。気になるな。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

17-11-04 鳥越落語会 #落語 #rakugo

公演名
鳥越落語会
会場
浅草橋区民館
日時
2017年11月4日 14:00~
権助提灯
柳家小八
棒鱈
柳家小八
仲入り
文七元結
柳家小八

かわら版で見かけてきてみた鳥越落語会、なんか85回目だということで老舗の落語会みたい。今日は小八さんだけの会で、根多おろしの権助提灯で始まって、そのまま続けて笑い沢山の棒鱈と、小八さんらしい明るい噺が。トリはやはり明るさがある文七元結で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

17-11-04 朝練講談会 朝練二扇会 #講談 #浪曲

公演名
朝練講談会
会場
お江戸日本橋亭
日時
2017年11月4日 09:30~
忠治関宿
国本はる乃:馬越ノリ子
祐天吉松−立花金五郎の強請り
一龍斎貞橘

今日の朝練二扇会は侠客ものがそろったけど、その感触には違いが出ていた。はる乃さんの忠治は義理と人情が表に出てかなり情緒的。貞橘さんの祐天吉松は乾いた感触。これは当然ながらおふたりの資質の違いが出ているけど、浪曲の節はやはり情感を揺さぶるものがある。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

17-11-03 浪曲定席木馬亭 #浪曲 #講談

公演名
浪曲定席木馬亭
会場
木馬亭
日時
2017年11月3日 12:15~
重の井子別れ
富士綾那:馬越ノリ子
楽満寺
国本はる乃:馬越ノリ子
少年の歌
木村勝千代:水乃金魚
忠治山形屋
玉川福助:伊丹秀敏
仲入り
男はつらいよ 寅次郎心の旅路
玉川太福:水乃金魚
南部坂雪の別れ
神田京子
雨の山科
天津ひづる:伊丹秀敏
竹の水仙
澤孝子:佐藤貴美江

太福さん曰く今日の木馬亭は男性は私一人だけ、なのでか情緒的なお題が並んだかな。それが節に乗るとグッとくると、感じるようになってきた。そんな中で京子さんの南部坂雪の別れとひずるさんの雨の山科が並んだのが面白かった。最後に孝子さんが竹の水仙でほっとね。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

17-11-03 朝練講談会 #講談

公演名
朝練講談会
会場
お江戸日本橋亭
日時
2017年11月3日 09:30~
浜野矩随
一龍斎貞弥
亀甲縞
一龍斎貞寿

三連休がある時は朝練があるようで、今日も朝練に。浜野矩随を講談として聴くのは初めてで、貞弥さんのは親子の情愛が表に出ていて、落語での名人伝との対比が面白い。貞寿さんの亀甲縞も武士のマーケティングの話で興味深くて、平和な時代は行政官としての能力が問われるのだなと。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »