« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »

18-07-29 あかぎ寄席プレミアム柳家喬太郎「とっておきの落語、ここだけのトーク」 #落語 #rakugo

公演名
あかぎ寄席プレミアム柳家喬太郎「とっておきの落語、ここだけのトーク」
会場
赤城神社 参集殿
日時
2018年7月29日 18:00~
粗忽の釘
春風亭きいち
プレミアムトーク
柳家喬太郎・山本益博
仲入り
ハンバーグができるまで
柳家喬太郎

山本益博さんが、あかぎ寄席の中で落語初心者のための会として始まったもので、興味はあったけど、本当の初心者の邪魔になってはと思っていたら、最終回はその枷がなくなったので。益博さんの興味の赴くままのトークがあってからのハンバーグができるまでは、なかなか面白い。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18-07-29 春雨や風子の新小岩落語会 #落語 #rakugo

公演名
春雨や風子の新小岩落語会
会場
松島東会館
日時
2018年7月29日 14:00~
金明竹
三遊亭あら馬
新聞記事
春雨や風子
仲入り
雑俳
三遊亭あら馬
宗論
春雨や風子

風子さんの新小岩での落語会、地元なので一度は行って見たいと。新作派だと思っていたので、今日は二席とも古典で、新聞記事にいたっててはまだ慣れていないと。とはいっても、やはり普通のやりかたはしない。宗論ではヴェルサイユの薔薇の挿入歌が入るしね。次も行ってみたい。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18-07-27 こはるの夏休み~立川こはる落語会~ #落語 #rakugo

公演名
こはるの夏休み~立川こはる落語会~
会場
横浜にぎわい座 のげシャーレ
日時
2018年7月27日 19:00~
目黒の秋刀魚
立川こはる
蒟蒻問答
立川こはる
仲入り
五人廻し
立川こはる

こはるさんの横浜での独演会。マクラの中で今日の三席での、演者として難しい順序でやったとのこと。目黒の秋刀魚は全編言い立てで、キッチリやらなくては。五人廻しは自由度が高いと。興味深い。いずれにせよ、どれも歯切れのいい口跡が心地よい。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18-07-26 白酒・馬石・龍玉三人会「雲助の弟子でござる」  #落語 #rakugo

公演名
白酒・馬石・龍玉三人会「雲助の弟子でござる」
会場
深川江戸資料館 小ホール
日時
2018年7月26日 19:00~
子ほめ
桃月庵ひしもち
お茶汲み
桃月庵白酒
湯屋番
隅田川馬石
仲入り
牡丹灯籠ー栗橋宿
蜃気楼龍玉

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18-07-24 馬石長講を聴く会 お富与三郎 第二夜 #落語 #rakugo

公演名
馬石長講を聴く会 お富与三郎 第二夜
会場
赤坂会館
日時
2018年7月24日 19:00~
道灌
橘家かな文
茣蓙松(上)
隅田川馬石
仲入り
茣蓙松(下)〜かっぽれ
隅田川馬石

お富与三郎の茣蓙松では、やはり要になる人物は、隠居の仲介役となる家主。ことに当たって、脅しすかしてまんまと中抜きしてしまう。馬石さんはこれをやるときに、本当に楽しそう。予定だとここまでだったけど、八月に島抜けを、十月に語り直して最終章として続けるとのこと。楽しみ。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18-07-23 第1回 柳家わさび 三題噺トリビュート #落語 #rakugo

公演名
第1回 柳家わさび 三題噺トリビュート
会場
内幸町ホール
日時
2018年7月23日 19:00~
やかん
橘家かな文
仏馬
柳家わさび
出待ち
柳家喬太郎
仲入り
MCタッパ
柳家わさび

月例で三題噺をつくる会での成果をゲストにやってもらう会の一回目は、喬太郎さんで出待ちを。この噺では主人公の太宰治研の高校生がうまく喋れないで、表情で語るのが面白いところで、わさびさんに合っているけど、喬太郎さんのはまた違ったものが見られて、たいそう楽しかった。次は誰が何のネタをやるのか楽しみ。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18-07-22 一蔵ひとりの会 #落語 #rakugo

公演名
一蔵ひとりの会
会場
らくごカフェ
日時
2018年7月22日 18:00~
たがや
春風亭一蔵
おしくら
春風亭一蔵
仲入り
青菜
春風亭一蔵

たがやが喧嘩慣れしている所を広げていく力業は一蔵さんしかできないもので凄かった。青菜も一蔵ワールド炸裂。これを聴いていて感じたのは、植木屋は人生を楽しんでいて、出入り先の旦那を羨んでいるよりは、自分にないものを面白がっている、その感性がいいな。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18-07-22 納涼茂山狂言祭 #狂言

公演名
納涼茂山狂言祭
会場
国立能楽堂
日時
2018年7月22日 14:00~
末広がり(すえひろがり)
果報者
茂山千作
太郎冠者
茂山茂
すっぱ
丸石やすし
独り松茸(ひとりまつたけ)
茂山あきら
狸腹鼓(たぬきのはらづつみ)
茂山千五郎
喜惣太
茂山童司

〈末広がり〉
すっぱに騙されてもめげない明るい太郎冠者の茂さんの囃子と、それに乗ってしまう千作さんのからみが楽しい。 

〈独り松茸〉
飄々と独り楽しく松茸狩りをするだけなのに、あきらさんの動きが楽しくてしかたない。

〈狸腹鼓〉
前半の尼に化けて人を説得しようとするシリアスな展開と、後半のまんまといった後の能楽にのって腹鼓を打つコミカルな姿の対比が楽しい。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18-07-22 鈴本早朝寄席 #落語 #rakugo

公演名
鈴本早朝寄席
会場
鈴本演芸場
日時
2018年7月22日 10:00~
桃太郎
柳家緑太
後生鰻
初音家左吉
うばすて山
春風亭ぴっかり
寄合酒
入船亭辰乃助

いつもは90分から60分に短くなっても満足のいく高座を務める手練れの四人の二ツ目たち。左吉さんの後生鰻は久しぶりに聞く噺なんかをね。ぴっかりさんのうばすて山は師匠が作った新作で、練られていけばよくなっていくかな。録太さんの桃太郎、辰乃助さんの寄合酒は楽しげに。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18-07-21 桂宮治vs.立川吉笑 #落語 #rakugo

公演名
桂宮治vs.立川吉笑
会場
らくごカフェ
日時
2018年7月21日 18:00~
オープニングトーク
吉笑・宮治
熊の皮
桂宮治
明晰夢
立川吉笑
仲入り
黄声
立川吉笑
お血脈
桂宮治

宮治さんと吉笑さんの、なんとも絶妙な組み合わせの二人会。アプローチの方法は違えども、どちらも落語の面白さを追求していくことに貪欲であると感じる。吉笑さんは明晰夢のように落語の中で落語を語るというメタな噺。宮治さんはお血脈という地噺を習ったことを守ることをネタにね。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18-07-21 納涼茂山狂言祭 #狂言

公演名
納涼茂山狂言祭
会場
国立能楽堂
日時
2018年7月21日 14:00~
右近左近(おこさこ)
茂山茂
女房
茂山千五郎
千鳥(ちどり)
太郎冠者
茂山七五三
主人
丸石やすし
酒屋
茂山あきら
彦市ばなし(ひこいちばなし)
彦市
茂山逸平
天狗の子
茂山童司
殿様
茂山宗彦

〈右近左近〉
茂さんの小心な男が絶品

〈千鳥〉
七五三さんのとぼけた太郎冠者! 

〈彦市ばなし〉
逸平さん、童司さんと宗彦さんの絶妙な間の絡み合いが楽しい。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18-07-19 第23回小正苑 小太郎・正太郎二人会 #落語 #rakugo

公演名
第23回小正苑 小太郎・正太郎二人会
会場
らくごカフェ
日時
2018年7月19日 19:00~
悋気の火の玉
柳家小太郎
甲府ぃ
春風亭正太郎
仲入り
花色木綿
春風亭正太郎
船徳
柳家小太郎

小太郎さんと正太郎さんの二人会、正太郎さんの甲府ぃは、ニンにあっていて親方の人の良さがとんと胸にひびく。船徳は三連続。小太郎さんの若旦那は、底抜けの明るさが楽しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18-07-18 三朝三席 #落語 #rakugo

公演名
三朝三席
会場
らくごカフェ
日時
2018年7月18日 19:00~
始末の極意
春風亭三朝
佐々木政談
春風亭三朝
仲入り
船徳
春風亭三朝

三朝さんの月例会、始末の極意なんかはけちん坊の小咄を集めたもので、やはり落語はけちん坊が好きなんだと。佐々木政談では子供が小生意気になってはいけないけど、三朝さんのは可愛らしくてね。今シーズンは船徳と千両みかんね。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18-07-17 らくごカフェに火曜会 #落語 #rakugo

公演名
らくごカフェに火曜会
会場
らくごカフェ
日時
2018年7月17日 19:30~
四段目
柳亭こみち
禁酒番屋
柳亭市弥
仲入り
天災
柳亭市弥
船徳
柳亭こみち

今日の火曜会は、こみちさんと市弥さん。四段目の小僧や、船徳の女中なんかは、こみちさんでしか出せないし、禁酒番屋の酔っ払い役人や、天災の乱暴者は、市弥さんなりの味が出ていると思う。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18-07-15 さん若!ばっきゃの会 #落語 #rakugo

公演名
さん若!ばっきゃの会
会場
らくごカフェ
日時
2018年7月15日 14:00~
風呂敷
柳屋さん若
試し酒
柳屋さん若
仲入り
明烏
柳屋さん若

さん若として最後のばっきゃの会、勉強会として色々な噺を揃えているのかな。風呂敷は覚えたてらしいけど、ことを処する能力を持っている点で、やはり兄貴分としての貫禄がある、ということを感じさせてくれる。試し酒では酔っ払いの戯言を楽しく。明烏は廓の雰囲気が欲しいよね。

プログラム

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18-07-15 鈴本早朝寄席 #落語 #rakugo

公演名
鈴本早朝寄席
会場
鈴本演芸場
日時
2018年7月15日 10:00~
手水廻し
鈴々舎八ゑ馬
力士の春
林家木りん
会社の窓
三遊亭天歌
千両みかん
柳家喬の字

東京で普通に手水廻しをやっているのは八ゑ馬さんくらいなのかな。鶴光さんの一門もやっているのかな。木りんさんと天歌さんの新作も今どきは、色々な人がやるというのが広がってきていることなのかな。で、喬の字さんの千両みかんは、今シーズンよく聴くけど、個性の違いがみえていい。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18-07-14 シェアする落語 第21回 柳家わさび

公演名
シェアする落語 第21回 柳家わさび
会場
深川東京モダン館
日時
2018年7月14日 14:00~
粗忽長屋
柳家わさび
純情日記ー横浜編
柳家わさび
仲入り
シェアタイム
柳家わさび
青菜
柳家わさび

この会は演目は主宰の好みも反映されるようで、今回のわさびさんは純情日記の横浜編では?主宰がちらっと言っていたけど、作者の喬太郎さんのただのコピーにはなっていないかなと。きちんと自分のものにしている感じ。古典の基礎がしっかりしていて、新作がうまいかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18-07-13 古今亭菊之丞・古今亭文菊 兄弟会 #落語 #rakugo

公演名
古今亭菊之丞・古今亭文菊 兄弟会
会場
日本橋社会教育会館
日時
2018年7月13日 19:00~
子ほめ
古今亭まめ菊
天狗裁き
古今亭菊之丞
転宅
古今亭文菊
仲入り
壺算
古今亭文菊
青菜
古今亭菊之丞

文菊さんと菊之丞さんの兄弟会、二人ともなんとも江戸前を体現しているような。並んだ演目も古典の王道を行くようで、奇をてらうところが全くなくて、聴いていて心地よい。ときどきはお二人のような落語を聴かなくてはいけないね。

プログラム

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18-07-11 なかの坐 こみち堂「柳亭こみち独演会」 第2回

公演名
なかの坐 こみち堂「柳亭こみち独演会」 第2回
会場
なかの芸能小劇場
日時
2018年7月11日 19:30~
松竹梅
春風亭一猿
祇園祭
柳亭こみち
トンビの夫婦
柳亭こみち
仲入り
音曲
のだゆき
唐茄子屋政談
柳亭こみち

中野でのこみちさんの独演会、前半は手慣れたにぎやかな祇園祭と、トンビの夫婦。後者は初めて聴く演目だけど、夫婦の機微が伝わってくるようでよかった。唐茄子屋政談はウェルメイドな噺で個人的には売声を口鳴らしながら吉原のことを思い出す所が好きで、こみちさんでの花魁がいい。

プログラム

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18-07-10 らくごカフェに火曜会 #落語 #rakugo

公演名
らくごカフェに火曜会
会場
らくごカフェ
日時
2018年7月10日 19:30~
かぼちゃや
春風亭一蔵
家見舞
春風亭正太郎
厩火事
春風亭一蔵
仲入り
千両みかん
春風亭正太郎

今日の火曜会での正太郎さんの千両みかんを聴いて、あらためて思うことは、物の値段の決まりかたは、需要の供給、原価と利益というような経済原則だけでなく、人の思いに左右されること。正太郎さんはそんなことはお首にも出さないけど、そんなことを考えさせるような語り口。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18-07-08 柳家一琴の会 #落語 #rakugo

公演名
柳家一琴の会
会場
らくごカフェ
日時
2018年7月8日 14:00~
道灌
柳家小ごと
無精床
柳家一琴
ろくろ首
柳家一琴
仲入り
位牌屋
柳家一琴

落語はけちん坊に対してやさしい、というかどれだけケチなことが出来るのかを追求しているのではないかと思う。一琴さんの会で初めて位牌屋を聴いて、まだまだ吝嗇の道は限りがないなと。一琴さんで聴くとえぐみがないし。話の構造も良くできているしね。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18-07-08 鈴本早朝寄席 #落語 #rakugo

公演名
鈴本早朝寄席
会場
鈴本演芸場
日時
2018年7月8日 10:00~
反対俥
林家たま平
粗忽長屋
柳家わさび
ライザップ寿限無
三遊亭わん丈
仔猫
林家たこ平

早朝寄席は二ツ目のの勉強会で、これからの噺をしっかりとやっていく人が多い。今日も朝から全身を使ったま平さんの反対俥、急な代演でそれも短い時間でしっかりと務めを果たしたわん丈、夏にふさわしい怪談をと珍しい演目の仔猫を熱演のたこ平さんと、大満足。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18-07-06 我らの時代 落語アルデンテ Vol.16 #落語 #rakugo

公演名
我らの時代 落語アルデンテ Vol.16
会場
かめありリリオホール
日時
2018年7月6日 19:00~
元犬
三遊亭じゃんけん
喧嘩長屋
桃月庵白酒
臆病源兵衛
春風亭一之輔
仲入り
誘拐家族
春風亭百栄
茶の湯
三遊亭兼好

落語アルデンテは久しぶり。白酒・一之輔・百栄・兼好という並びは、一之輔さんがまだ二ツ目の頃から始まっていたので、これを企画した人は見る目があったとしかね。で、始まった時から、今感じるうまさがあったという。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18-07-04 録太・市童 二人会 #落語 #rakugo

公演名
録太・市童 二人会
会場
らくごカフェ
日時
2018年7月4日 19:30~
らくごラップ:猫の災難・初天神
録太・市童
湯屋番
柳亭市童
三枚起請
柳家緑太
仲入り
芝居の喧嘩
柳家緑太
大工調べ
柳亭市童

録太さんと市童さんの二人会、らくごラップというお遊びをやる余裕を持ちながら、落語自体には手を抜かないで一所懸命に大ネタに果敢に挑戦。録太さんの三枚起請と市童さんの大工調べと、これからどんどん練られていく勢いを感じた。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18-07-03 第五回 文京春日亭 柳家三三独演会 #落語 #rakugo

公演名
第五回 文京春日亭 柳家三三独演会
会場
文京シビックホール 小ホール
日時
2018年7月3日 19:00~
紀州
柳亭市楽
茶の湯
柳家三三
仲入り
太神楽曲芸
鏡味仙成
不動坊
柳家三三

文京春日亭での三三さんの独演会、この会は開口一番に二ツ目を使って、色物も入れてのフォーマットでなんかいい。今日は市楽さんの紀州と業界最年少級の仙成さんの太神楽が、三三さんの茶の湯と不動坊を、際立たさせていたような。よかったな。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18-07-01 番外神田愛山独演会 夜の部 #講談

公演名
番外神田愛山独演会 夜の部
会場
らくごカフェ
日時
2018年7月1日 13:30~
講談SS川柳選者
神田愛山
(岡本綺堂原作利根の渡
神田愛山

愛山さんの講談ショートショートは、導入部たるマクラも含めての作品になっているみたい。今回の川柳選者も古川柳からサラリーマン川柳まで酒に関わる川柳を上げてからの作品への流れが楽しかった。岡本綺堂の怪談を愛山さんで聴けることの至福。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18-07-01 番外神田愛山独演会 昼の部 #講談

公演名
番外神田愛山独演会 昼の部
会場
らくごカフェ
日時
2018年7月1日 13:30~
髪結新三 かつおの強請り
神田愛山
講談SS(結城昌治原作)絶対反対
神田愛山

愛山さんの独演会の昼の部、古典の長講は髪結新三。大家が新三を相手にゆすりをかける。親分格を相手に啖呵を切る新三も、古狸の大家には手玉に取られてしまう。このような大家は懐の深い人じゃないと描けない。ライフワークとしてい結城昌治原作のショートショート講談は、山椒のようにピリッと。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18-07-01 鈴本早朝寄席 #rakugo #落語

公演名
鈴本早朝寄席
会場
鈴本演芸場
日時
2018年7月1日 10:00~
やかん
古今亭ちよりん
鈴ヶ森
春風一刀
たけのこ
古今亭志ん松
火焔太鼓
春風亭一蔵

今日の早朝寄席は落語らしいが並んでね。ちよりんさんのやかんは聞く方のゆとりがいい。一刀さんの鈴ヶ森の親分子分のバカらしいやり取りがね。志ん松さんのたけのこは、あのもっともらしい顔から出てくるみのない言葉。一蔵さんの火焔太鼓は朝から全開のにぎやかさ。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »