« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »

18-10-30 らくごカフェに火曜会OB会 #落語 #rakugo

公演名
らくごカフェに火曜会OB会
会場
らくごカフェ
日時
2018年10月30日 19:30~
干物箱
三遊亭天どん
鹿政談
古今亭文菊
仲入り
牡丹灯籠ー刀屋
三遊亭天どん
包丁
古今亭文菊

やはり火曜会は自由自在で、文菊さんが遅れてきて、というのは、鈴本の仲入りをやってきたからで、下席は喬太郎さんの圓朝特集で、その流れで牡丹燈籠はこわくて自分はできないと。それを受けて、天どんさんは牡丹燈籠でもこわくないのをと刀屋を。ここは、今後通しでやる予定がない限り抜き読みされることがない、大発端のところで、火曜会ならでは。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18-10-27 蜃気楼龍玉独演会「圓朝に挑戦!!」第五十二回

公演名
蜃気楼龍玉独演会「圓朝に挑戦!!」第五十二回
会場
道楽亭
日時
2018年10月27日 19:00~
山崎屋
蜃気楼龍玉
仲入り
札所の霊験ー七兵衛殺し
蜃気楼龍玉

道楽亭での龍玉さんの圓朝に挑戦シリーズに初めて参加。今日から札所の霊験が始まる。女房を寝取った坊主と、寝取られ亭主との息詰まるやり取りは龍玉さんならでは。昼間の馬石さんと合わせて、雲助一門の圓朝にひたった一日。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18-10-27 隅田川馬石独演会「馬石噺」第四十二回 #落語 #rakugo

公演名
隅田川馬石独演会「馬石噺」第四十二回
会場
道楽亭
日時
2018年10月27日 15:00~
牡丹灯籠ーお札はがし
隅田川馬石
仲入り
牡丹灯籠ーお峰殺し
隅田川馬石

お札はがしからお峰殺しまで聴くとやはり牡丹燈籠は伴蔵が一方の主人公と思える。女房にそそのかされてとはいえ、幽霊から百両を掠め取り、その金で若い女に入れあげて、挙げ句にはうるさく言う女房を殺してしまう。馬石さんの伴蔵は自分の欲望に忠実に生きる強さを感じた。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18-10-25 桂文治 自分のための落語会 #落語 #rakugo

公演名
桂文治 自分のための落語会
会場
らくごカフェ
日時
2018年10月9日 19:00~
寿限無
柳亭芝楽
不精床
桂文治
仲入り
悋気の独楽
春風亭省吾
子は鎹
桂文治

前から気になっていた文治さんの会、きてみればどうも蔵出しの会のようで、さらに噺が終わったあと解説がつくという、なんとも贅沢な会。 不精床では、湯島近辺の噺家が通う床屋の話が楽しかった。 子は鎹では、滅多にやらない人情噺というということで、自分としては子供をとにかく明るく描いて、湿りすぎないようにしているとのこと。 最後に撮影会もあってサービス満点。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18-10-23 らくごカフェに火曜会 #落語 #rakugo

公演名
らくごカフェに火曜会
会場
らくごカフェ
日時
2018年10月23日 19:30~
松曳き
春風亭一蔵
(新作:死神が子供を連れて行く噺)
柳亭こみち
おしくら
春風亭一蔵
仲入り
縁切り榎
柳亭こみち

今日の火曜会のこみちさんは珍しい噺が並んだ。一席目の新作はこみち一家が総出演。子供が歌丸さんに似た死神に連れていかれてしまい、それを寄席の神様に導かれて助けに行く噺。らくごカフェでしかできないと述懐していた。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18-10-21 〜二師弟に流れる江戸の風〜雲助・白酒そして一朝・一之輔《夜の部》

公演名
〜二師弟に流れる江戸の風〜雲助・白酒そして一朝・一之輔《夜の部》
会場
日本橋三井ホール
日時
2018年10月21日 17:00~
トーク
一之輔・一朝・雲助・白酒
あくび指南
春風亭一之輔
三方一両損
春風亭一朝
仲入り
粗忽長屋
桃月庵白酒
夜鷹そば屋
五街道雲助

まあ、テーマは江戸の風ということで、むずかしいことはなくて、落語らしい落語が聴けて大満足。弟子の二人は落語でしか表現できない、バカらしい噺が並んだ。一朝さんの江戸っ子は若者だけでなく、双方の年寄りの大家たちが引っ張っていたし、雲助さんの年寄り夫婦は、影はあるけど、純粋な若者を導いているしね。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18-10-21 一蔵ひとりの会 #落語 #rakugo

公演名
一蔵ひとりの会
会場
らくごカフェ
日時
2018年10月21日 14:00~
幇間腹
春風亭一蔵
甲府ぃ
春風亭一蔵
仲入り
猫の災難
春風亭一蔵

甲府ぃみたいなネタはそうはやられないので続いて聴くことはないけど、一昨日の歌武蔵さんに続いて。今月のネタおろしで、親方に一蔵さんらしさが出てくると、他の人とは違った面白さが出てくるだろうなと。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18-10-19 落語教育委員会 三遊亭歌武蔵・柳家喬太郎・三遊亭兼好 三人会 #落語 #rakugo

公演名
落語教育委員会 三遊亭歌武蔵・柳家喬太郎・三遊亭兼好 三人会
会場
かめありリリオホール
日時
2018年10月19日 19:00~
コント〜勝手にしやがれ編〜
歌武蔵・喬太郎・兼好
長短
鈴々舎八ゑ馬
大山詣り
三遊亭兼好
仲入り
紙入れ
柳家喬太郎
甲府ぃ
三遊亭歌武蔵

久しぶりの落語教育委員会。コントは今日になって変えた、ジュリーのあの騒動を。いつも思うのは、この会の半分はこのコントに用意をかけているのでは。それでも三人の手練れは、コンパクトにまとめた大山詣りの兼好さん、おかみさんが、たいそう色っぽい喬太郎さんの紙入れ、人がよくて気っ風のいい親方の、歌武蔵さんの甲府ぃと堪能した。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18-10-18 いぶし銀の会 #落語 #rakugo

公演名
いぶし銀の会
会場
らくごカフェ
日時
2018年10月18日 19:00~
鹿政談
蜃気楼龍玉
山崎屋
蜃気楼龍玉
仲入り
駒長
蜃気楼龍玉

龍玉さんが、山崎屋についてマクラで長々と仕込んで、最後に落とすことについて、長すぎて仕込みを忘れてしまって、なのことか分からなくなっていることが、最近やられていないのだろうと。確かにこの噺が作られてた頃は、仕込みの部分はよく知っていることを再確認するだけなんだっただろうね。
と思っていたら、最初に仕込んで、オチで回収する形式自体が受け付けられなくなっているとのこと。落語に慣れていない人だと子ほめさえ面白さが分からないと。瞬間のギャグにしか反応しないそう。

プログラム

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18-10-17 馬石長講を聴く会〜お富与三郎 大詰〜 #落語 #rakugo

公演名
馬石長講を聴く会〜お富与三郎 大詰〜
会場
赤坂会館
日時
2018年10月17日 19:00~
平林
柳屋寿伴
観音小僧久次
隅田川馬石
仲入り
お富お召捕り
隅田川馬石

お富与三郎の大詰めは、一度聴いているはずだけど、まあ、やはり細かいことは覚えていない。そして、これだけ聴いてもしょうがないので、今後聴くことはめったになさそう。だからこそ、今日、馬石さんで聴けてよかった。このような長くてしっかりとした噺を聴き込むことも落語の楽しみ。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18-10-15 和室カフェ #落語 #rakugo

公演名
和室カフェ
会場
らくごカフェ
日時
2018年10月16日 19:00~
滝行・護摩行へ行ってきた
小辰・笑二
手紙無筆
入船亭小辰
宿屋の仇討
立川笑二
仲入り
次回ネタぎめ
笑二・小辰
まぬけ泥
立川笑二
蒟蒻問答
入船亭小辰

笑二さんの宿屋の仇討は、江戸っ子たちのお調子者ぶりがあまりにも自然で、それが災いとなっていく過程が楽しく描かれていた。蒟蒻問答は子供のころ、テレビで小三治さんがやっているのをみて大笑いしてからお気に入りの噺で、小辰さんのも、あのシレッとした顔付きでの問答が楽しかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18-10-14 柳家一琴の会 #落語 #rakugo

公演名
柳家一琴の会
会場
らくごカフェ
日時
2018年10月14日 14:00~
五人廻し
柳家一琴
勘定板
柳家一琴
仲入り
天災
柳家一琴

廓噺はだいたいが見栄張りが多いけど、五人廻しは何だかんだ言っても、最後はお金が惜しいとの本音が出てくるのが面白い。出てくる人の様子から、明治になって新しくできた人種のようで、だからこそ、吉原の見栄の形が通じなくなってきたのを揶揄しているのかな。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018-10-13 第五十一回 大手町独演会 #落語 #rakugo

公演名
第五十一回 大手町独演会
会場
日経ホール
日時
2018年10月13日 13:00~
たらちね
古今亭まめ菊
時そば
桂宮治
片棒
古今亭菊之丞
幾代餅
柳屋さん喬
仲入り
幽霊の辻
桂文治
試し酒
柳家権太楼

本当に、この会の面つけはよくて、宮治・文治、菊之丞、さん喬・権太楼と並んで、寄席とは違って、それぞれたっぷりとやって、それでもぶつかり合うことなく楽しめてしまう。

プログラム

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18-10-10 林家たい平独演会vol.89 「天下たい平」 #落語 #rakugo

公演名
林家たい平独演会vol.89 「天下たい平」
会場
横浜にぎわい座 芸能ホール
日時
2018年10月10日 19:00~
紙屑屋
林家たい平
七段目
林家たい平
三味線漫談
林家あずみ
対談
たい平・たかのてるこ
仲入り
SHIBAHAMA
林家たい平

いつもは日曜の昼にやる天下たい平、今月はその日が福島復興マラソンなので。そのため、いつもは来れない人がいるだろうと、ネタおろしは無し。ゲストはたかのてるこさんで、ラジオで聴いたことはあるけど、生で見るとそのパワーに圧倒される。さらに、存在だけは知っていたSHIBAHAMAを聴くことができてよかった。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18-10-09 らくごカフェに火曜会 #落語 #rakugo

公演名
らくごカフェに火曜会
会場
らくごカフェ
日時
2018年10月9日 19:30~
國隠し
三遊亭わん丈
藪入り
入船亭小辰
仲入り
真田小僧
入船亭小辰
お見立て
三遊亭わん丈

今年のNHK新人落語大賞の本選進出六人のうち、わん丈さん、小辰さん、市弥さんの火曜会メンバー三人が選ばれているという、らくごカフェ主宰の青木さんの目利きが半端ないという。で、今日本選の順序を決めてきたそうな。放映は11月4日だそうなので楽しみ。後半はかけるネタ候補を本番の11分でできるかを試すという趣向。わん丈さんのお見立てがアクロバティック。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18-10-08 三朝三席 #落語 #rakugo

公演名
三朝三席
会場
らくごカフェ
日時
2018年10月8日 18:00~
真田小僧
春風亭三朝
田能久
春風亭三朝
仲入り
寝床
春風亭三朝

真田小僧がサゲまでやられないわけがちゃんとやられない理由があって、やはり長すぎるようで。聴くだけの立場からだと、そこいらの塩梅がわからない。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18-10-08 神田愛山アマ弟子の会 #講談

公演名
神田愛山アマ弟子の会
会場
らくごカフェ
日時
2018年10月8日 13:30~
ご挨拶
神田愛山
絶対反対(結城昌治原作)
露地野一文
五平菩薩
玉井亀鶴
太閤記ー柿のご意見
露地野ぼん子
仲入り
左甚五郎一代記ー偽甚五郎
神田愛山
笹野名槍伝ー海賊退治
神田愛山

アマチュアの発表会というのを見るのはほとんどないのだけど、愛山さんのは、何故か聴いてしまう。半分は愛山さんを聴くのが目当てなのはそうなのだけど、アマ弟子さんたちのも聴いてみたいと、思ってんでしょうね。そういう気持ちになるのが興味深いとね。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18-10-08 旗日限定!福袋演芸場“一度になかなか聴けない春夏秋冬噺” #落語 #rakugo

公演名
旗日限定!福袋演芸場“一度になかなか聴けない春夏秋冬噺”
会場
池袋演芸場
日時
2018年10月8日 10:00~
花見酒
柳家圭花
夏泥
春風一刀
目黒のさんま
初音家左吉
二番煎じ
三遊亭歌扇

落語に季節のネタが多いのは、四季が明確にわかる日本の演芸の特性なんだろうけど、落語により表れていると思う。これはより庶民の生活に根ざしているからなのかな。現代の生活を表しているであろう新作に季節ネタがないのはそういうことなのだろう。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18-10-07 雲助浅草ボロ市 #落語 #rakugo

公演名
雲助浅草ボロ市
会場
浅草見番
日時
2018年10月7日 13:00~
寿限無
桃月庵ひしもち
鈴ヶ森
春風一刀
目黒のさんま
五街道雲助
三軒長屋
隅田川馬石
仲入り
やんま久次
五街道雲助

馬石さんの職人たちの容赦のない剥き出しな弾けぶりは、やんま久次の最後の啖呵に見られる、外れものなりの矜持にも通じていてように感じられて、やはり師弟なのだとも思う。その啖呵で揶揄されている武士らしさを煙たがる態度は、目黒のさんまの殿さまの描き方に明らか。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018-10-06 秋の快楽亭ブラック祭りー美女と野獣の会<第2部> #落語

公演名
秋の快楽亭ブラック祭りー美女と野獣の会<第2部>
会場
らくごカフェ
日時
2018年10月6日 18:00~
町内の若い衆
快楽亭ブラ坊
ぞろぞろ
快楽亭ブラック
漫談
大本営八俵
仲入り
お血脈
快楽亭ブラック

大本営八俵さんは初めてで、噂に聞いていた通りで、あの形を楽屋落ちを必要最低限に抑えてやっていて、面白かった。
ブラックさんはオーソドックスに古典をやるようで、ぞろぞろも神様が自分の社を放置していたところをキチンと。お血脈は地噺なので、最低の下ネタは入らずはおかないけど。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018-10-06 秋の快楽亭ブラック祭りー美女と野獣の会<第1部> #落語 #講談

公演名
秋の快楽亭ブラック祭りー美女と野獣の会<第1部>
会場
らくごカフェ
日時
2018年10月6日 14:00~
六尺棒
快楽亭ブラ坊
明暦の大火
田辺銀冶
吉住万蔵
快楽亭ブラック
仲入り
一鶴とレディー・ガガ
田辺銀冶
権助魚
快楽亭ブラック

ブラックさんは家元に入門してから来年で50年になるそうで、権助魚は3番目に習った由。この年月は吉住万蔵みたいな噺もやるようになるのかな。初めて聴いたので、ちょっと調べたら、元は人情噺で、講談を経由して圓生が落語に戻したそうで、さもありなんといった感じ。銀冶さんがブラックさんにはまっているのは、一鶴とレディー・ガガという師匠の話を作ってしまうとこにあるのかな。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18-10-03 桂 南光 × 入船亭 扇遊 #落語 #rakugo

公演名
桂 南光 × 入船亭 扇遊
会場
国立演芸場
日時
2018年10月3日 18:45~
寿限無
桃月庵ひしもち
干物箱
入船亭扇遊
どうらんの幸助
桂南光
仲入り
京のお茶漬け
桂南光
井戸の茶碗
入船亭扇遊

南光さんと扇遊さんの取り合わせは、まあ渋いと言わざるを得ない。どうも、以前に枝雀さんと扇橋さんの二人会があったようで。この二人を聴いていると、上方と江戸のいいところをしっかりと聴かせてくれるようで、心地よかった。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »