« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »

19-09-28 立川志らべ落語会「マコッサ!」 #落語

公演名
立川志らべ落語会「マコッサ!」
会場
らくごカフェ
日時
2019年9月28日 18:00~
がぼちゃや
立川志らべ
血煙高田馬場・サザザさん
坂本頼光
トーク
坂本頼光・立川志らべ
仲入り
人情八百屋
立川志らべ

志らべさんをちゃんと聴くのは初めて。志らく一門会なんかで聴いたことはあるのかな。志らくさんのお弟子なので、一筋縄ではいかないなんでしょうけど、今日聴いた限りでは、ちゃんとしていて、与太郎なんかも楽しい感じだし、人情八百屋での江戸っ子の描き方も気持ちよかった。

プログラム

配布チラシ

 

| | コメント (0)

19-09-28 雲助浅草ボロ市 #落語

公演名
雲助浅草ボロ市
会場
浅草見番
日時
2019年9月28日 13:00~
牛ほめ
柳亭市松
三人無筆
金原亭馬太郎
雁風呂
五街道雲助
松曳き
隅田川馬石
仲入り
抜け雀
五街道雲助

雁風呂は小満んさんからしか聴いたことがないもので、一応黄門様がでてくるけど、内容的には町人文化の懐の深さを示す噺で、その対比で武士の代表としてあげられた感じ。馬石さんの松曳きを聴いていると、やはり白酒さんと兄弟弟子なんだと思う。

配布チラシ

 

| | コメント (0)

19-09-27 神田愛山独演会 #講談

公演名
神田愛山独演会
会場
らくごカフェ
日時
2019年9月27日 19:30~
千代田の白浪(四)富蔵、藤十郎の出会い
神田愛山
太閤と曽呂利
神田愛山

連続読みしている千代田の白浪は、ダレ場なんだけど読まなければならないところと前振りをしていたけど、ワクワクしながら聴くことができたのは、ご自身で確認していたとおり、講談師としての腕の確かさなのかな。

 

| | コメント (0)

19-09-25 第11回 文京春日亭 春風亭一朝 独演会Ⅱ〜なぜか再び一花と〜 #落語

公演名
第11回 文京春日亭 春風亭一朝 独演会Ⅱ〜なぜか再び一花と〜
会場
文京シビックホール 小ホール
日時
2019年9月25日 19:00~
牛ほめ
春風亭朝七
厩火事
春風亭一花
片棒
春風亭一朝
仲入り
唐茄子屋政談
春風亭一朝

一朝さんの唐茄子屋政談はやはりいいですね。叔父さんの言葉の重みや説得力が違うと感じる。この要がゆらぐと噺が薄っぺらくなってしまう。

配布チラシ

| | コメント (0)

2019-09-24 らくごカフェに火曜会OB会 #落語

公演名
らくごカフェに火曜会OB会
会場
らくごカフェ
日時
2019年9月24日 19:30~
ぞろぞろ
蜃気楼龍玉
鰻の幇間
金原亭馬玉
仲入り
そば清
金原亭馬玉
やんま久次
蜃気楼龍玉

馬玉さんと龍玉さんだと、ほとんどマクラがない組合せだと思っていたけど、馬玉さんのほうは時々、斜め上にいく話が出てきて、今日もなんとも言えない話がでてびっくり。びっくりといえば龍玉さんの演目でぞろぞろという民話風の噺と、やんま久次という珍しく、どちらかというと後味がいいとはいえない噺の組合せ。火曜会らしいですね。

配布チラシ

 

 

| | コメント (0)

19-09-23 深川亭砥寄席 第六十三回・「太福・宮治二人会」 #落語 #浪曲

公演名
深川亭砥寄席 第六十三回・「太福・宮治二人会」
会場
深川江戸資料館
日時
2019年9月23日 19:00~
やかん
立川幸七
風呂敷
桂宮治
天保水滸伝ー平手造酒の最期
玉川太福:玉川みね子
仲入り
男はつらいよ 第1作:恋する寅次郎
玉川太福:玉川みね子
最終面接
桂宮治

太福さんと宮治さんの組合せは、おもしろかった。太福さんは侠客ものと寅さん。宮治さんは間男ものと新作との演目の並びもよかった。

プログラム

配布チラシ

 

| | コメント (0)

19-09-23 一蔵ひとりの会 #落語

公演名
一蔵ひとりの会
会場
らくごカフェ
日時
2019年9月23日 14:00~
馬の田楽
春風亭一蔵
素人鰻
春風亭一蔵
仲入り
竹の水仙
春風亭一蔵

素人鰻をそのままの形で聴くと、武士の商法の噺というよりは、ダメな酔っ払いのしぐじり話に思えんるのだけど、一蔵さんのいかにもな士族の旦那だとそちらのおかしみがよくわかって楽しい。

配布チラシ

| | コメント (0)

19-09-21 鈴本演芸場九月下席《夜の部》 #落語

公演名
鈴本演芸場九月下席《夜の部》
会場
鈴本演芸場
日時
2019年9月21日 17:20~
一目上がり
三遊亭わん丈
マジック
松旭斎美智・美登
財前五郎
五明樓玉の輔
出来心
柳家さん生
漫才
ロケット団
時そば
柳家さん喬
漫談
鈴々舎馬風
粋局
柳家小菊
わさびをよろしく
柳家権太楼
仲入り
真打昇進披露口上
玉の輔・正蔵・わさび・さん生・馬風・市馬
太神楽
翁家社中
新聞記事
林家正蔵
目黒のさんま
柳亭市馬
紙切り
林家正楽
紺屋高尾
柳家わさび

今年の落語協会の真打昇進披露興行の大初日はわさび師匠。久しぶりに真打昇進披露興行にきたけど、やはりお祝い気分いっぱいで楽しい。開口一番のわん丈さんから一目上がりで、さん喬さんの時そばも珍しく、権太楼さんがさん生さんとわさびさんの挿話がいいしとね。わさびさんは紺屋高尾を。初めて聴く型で、今後がますます楽しみになってきた。

プログラム

 

| | コメント (0)

19-09-18 三朝三席 #落語

公演名
三朝三席
会場
らくごカフェ
日時
2019年9月18日 19:00~
蜘蛛駕籠
春風亭三朝
七段目
春風亭三朝
仲入り
小間物屋政談
春風亭三朝

七段目みたいな噺が落語として楽しまれたいたというのは、それだけ芝居が庶民の間で広がっていたんだなと、聴くたび思う。三朝さんみたいにお上手な方から聴くとさらにね。

配布チラシ

 

 

| | コメント (0)

19-09-17 らくごカフェに火曜会 #落語

公演名
らくごカフェに火曜会
会場
らくごカフェ
日時
2019年9月17日 19:30~
色事根問
柳屋あお馬
明烏
柳亭市弥
仲入り
(自作の新作)
柳亭市弥
不動坊
柳屋あお馬

市弥さんとあお馬さんは初めての二人会になるとのこと。案外相性がいいのかな。あお馬さんは根問ものでも珍しいものであったり、不動坊も二ツ目になったばかりとは思えないいい出来。市弥さんの明烏は、もうはじけた市弥さんカラーというものが感じられる楽しいものだった。その感じは自身で作った新作にもね。

 

| | コメント (0)

19-09-16 柳家一琴の会 #落語

公演名
柳家一琴の会
会場
らくごカフェ
日時
2019年9月16日14:00~
たらちね
柳屋小ごと
普段の袴
柳家一琴
王子の狐
柳家一琴
仲入り
蒟蒻問答
柳家一琴

今日の三席はほのぼのとしたものが並んだ感じ。特に蒟蒻問答は一琴さんの師匠である小三治さんがテレビで見て大笑いして落語にはまるきっかけとなった演目で、こればかりはライフで見るものだと思っていて、今日も一琴さんで見られて大満足。

配布チラシ

 

 

 

| | コメント (0)

19-09-15 一龍斎貞寿+柳亭こみちふたり会「龍と柳」四ノ巻 #講談 #落語

公演名
一龍斎貞寿+柳亭こみちふたり会「龍と柳」弐ノ巻
会場
らくごカフェ
日時
2018年9月16日 14:00~
そば清
柳亭こみち
名人小団次
一龍斎貞寿
仲入り
トーク
貞寿・こみち
杉野十平次 夜蕎麦売り
一龍斎貞寿
甲府ぃ
柳亭こみち

貞寿さんとこみちさんの同期の会、今回のテーマは食。こみちさんのそば清は主人公がこみちさんらしく女性で、ならではの楽しさがあった。貞寿さんの赤穂義士伝の夜蕎麦売りの杉野十平次。初めてやる蕎麦を手繰る所作付きのサービスも。

配布チラシ

| | コメント (0)

19-09-15 春風亭一花の会~はないちりん #落語 #浪曲

公演名
春風亭一花の会~はないちりん
会場
らくごカフェ
日時
2019年9月15日 14:00~
初音の鼓
春風亭一花
遊女の国旗
国本はる乃:馬越ノリ子
仲入り
トーク
一花・はる乃
不動坊
春風亭一花

一花さんが先輩を招いて、お客さんからも聞きたいことを集めてのトークが特徴の会。今日は年は十近く下だけど芸歴的には先輩になる浪曲のはる乃さん。この二人が、これからの落語と浪曲とで演芸界を引っ張っていくことになればいいのになとも思ってしまっ配布チラシ

配布チラシ

| | コメント (0)

19-09-13 月亭方正しごきの会 #落語

公演名
月亭方正しごきの会
会場
内幸町ホール
日時
2019年9月13日 19:00~
牛ほめ
立川らくぼ
手水廻し
月亭方正
粗忽の釘
柳家三三
仲入り
星野屋
月亭方正

方正さんはテレビではああなので、真面目に落語をやれるのか、キワモノじゃないかと思われがちだと思われるかもしれないけど、ちゃんと八方さんに弟子入りして、10年ほど前から月亭方正を名乗ることを許されて、5年前には上方落語にきちんと取り組むために東京から大阪に家族で帰って落語家として活動されている。今日も、しごきの会としてゲストに三三さんを呼んで上方落語らしい二席を楽しく聴かせてもらった。

 

| | コメント (0)

19-09-11 桃月庵白酒の『白酒のあんばい』 #落語

公演名
桃月庵白酒の『白酒のあんばい』
会場
渋谷区総合文化センター 大和田 伝承ホール
日時
2019年9月11日 19:00~
子ほめ
桃月庵あられ
石松三十石船
桃月庵白酒
仲入り
おたのしみ
福島康之・丸山朝光
不動坊
桃月庵白酒

今日の会はざぶとん亭プロデュースで、次郎長伝の三十石船はネタだし。白酒さんに合っていると思っていたら、やはりピタリで石松の様子がありありと浮かんできた。

配布チラシ

 

| | コメント (0)

19-09-10 らくごカフェに火曜会 #落語

公演名
らくごカフェに火曜会
会場
らくごカフェ
日時
2019年9月10日 19:30~
出来心
金原亭馬太郎
佃祭
春風亭一蔵
仲入り
佐野山
春風亭一蔵
抜け雀
金原亭馬太郎

馬太郎さんは意欲的で、今日は抜け雀に挑戦。頑張っているのはいいですね。

一蔵さんの佃祭は戸隠さまがオチにくるもの。これから工夫が入っていくのかな。与太郎の悔やみはよかった。

配布チラシ

 

| | コメント (0)

19-09-08 第一回神田紅純の会 #講談

公演名
第一回神田紅純の会
会場
お江戸日本橋亭
日時
2019年9月8日 13:00~
安政三組盃ー繁蔵出世
神田桜子
寛永宮本武蔵伝ー狼退治
神田紅純
桂昌院
神田蘭
仲入り
曽我物語
神田紅純

紅純さんが二ツ目になって一年がたって成長の経過をはかるための自主開催の会ということで、これから毎年持っていくとのこと。今回はお得意の狼退治と曽我物語を。狼退治は前座の頃からやっていて修羅場がよくなってきて、それは曽我物語でも感じられた。これからが楽しみですよね。

プログラム

配布チラシ

| | コメント (0)

19-09-07 四季の萬会 #落語

公演名
四季の萬会
会場
浅草見番
日時
2019年9月7日 14:00~
出来心
三遊亭まん坊
風呂敷
三遊亭萬橘
阿武松
林家たけ平
仲入り
千両みかん
三遊亭萬橘

萬橘さんの千両みかんは番頭の感情の起伏が激しくてわかりやすい。

 

| | コメント (0)

19-09-04 しろい足袋の会 #落語

公演名
しろい足袋の会
会場
らくごカフェ
日時
2019年9月4日 19:00~
あいさつ
花いち
道具や
柳家録君
余興−道具や
おさん・録君
片棒
台所おさん
仲入り
もう半分
柳家花いち

久しぶりにこの会にきた。花緑さんのお弟子さんたちの会でずいぶん続いている様子。余興のコントも楽しみ。中心となって演じるのが意外にもおさんさんで、今日も男はつらいよの寅さんになりきっていて面白かった。

| | コメント (0)

19-09-03 らくごカフェに火曜会 #落語

公演名
らくごカフェに火曜会
会場
らくごカフェ
日時
2019年9月3日 19:30~
(粋歌作の新作)
橘家文吾
七段目
春風亭正太郎
仲入り
星野屋
春風亭正太郎
井戸の茶碗
橘家文吾

文吾さんの一席目は、16日の池袋での福袋での他の新作家に作ってもらったものをやるそうで、文吾さんは粋歌さんに。今日は本番前の慣らしということで。内容は粋歌さんらしい楽しいもので、早起きできれば本番にも聴きに行きたいと思った。

 

| | コメント (0)

19-09-01 初秋のめぐろ狂言 #狂言

公演名
初秋のめぐろ狂言
会場
めぐろパーシモンホール
日時
2019年9月1日 18:00~

 

魚説法(うおせっぽう)

新発意
野村万作
施主
野村裕基
入間川(いるまがわ)

大名
石田幸雄
太郎冠者
飯田豪
入間の某
高野和憲
棒縛(ぼうしばり)
太郎冠者
野村萬斎
石田淡朗
次郎冠者
深田博治

〈魚説法〉

落語でもいろはにほへとで、お経の代わりにするというのがあるけど、こちらは魚の名前でそれらしく説法をする。万作さんの楽しげな言葉遊びが面白い。

 

〈入間川〉

こちらも知ったかぶりの大名と、それをからかう展開で、会話のやり取りが楽しい。

〈棒縛〉

最後は仕草が楽しいもので、とにかくどんな状況になろうとも、それが盗み酒でも工夫を厭わない前向きの考えがうらやましい。

プログラム

配布チラシ

| | コメント (0)

« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »