« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »

19-10-30 落語坐 こみち堂Ⅷ ー柳亭こみち独演会ー #落語

公演名
落語坐 こみち堂Ⅷ ー柳亭こみち独演会ー
会場
国立演芸場
日時
2019年10月30日 18:30~
手紙無筆
柳家小はだ
壺算
柳亭こみち
紙屑屋
柳亭こみち
仲入り
ジャグリング
ボンボンブラザース
天女裁き
柳亭こみち

今回のプログラムで古典落語を女性版に直すことに対する今まで持っていたためらいや後ろめたさを、お客さんを喜ばさせるためにと、捨てると腹が決まったと記していたけど、まさしくその吹っ切れた気分が伝わる壺算と天女裁き(天狗裁きで天狗の後に天女が出てきて独自のオチをつける)。この二席は前にも聴いたけどさらに面白くなっていた。

プログラム

配布チラシ

 

| | コメント (0)

19-10-29 錦秋四景 #落語

公演名
錦秋四景
会場
よみうり大手町ホール
日時
2019年10月29日 19:00~
真田小僧
柳亭市坊
鮑のし
春風亭一之輔
二番煎じ
柳亭市馬
仲入り
辰巳の辻占
三遊亭兼好
らくだ
柳家権太楼

当代の人気者四人を揃えた会で、期待に違わぬ面白い噺を聴くことができた。特に権太楼さんのらくだはいちおう最後までやってくれた。

配布チラシ

| | コメント (0)

19-10-27 萬狂言〜秋公演 #狂言

公演名
萬狂言〜春公演
会場
国立能楽堂
日時
2019年4月14日 14:30~
栗焼
太郎冠者
野村萬
野村万禄

いつも思うのだけど、これだけ言い訳するのにくるくると回る頭があれば、もっと仕事ができるのではないかと。

二人黄門
百姓
野村万蔵
黄門
能村晶人
山伏
野村万禄
笹助三郎
河野佑紀

おなじみの偽黄門様を狂言のフレームで見ると何か新鮮。

宗論
浄土僧
小笠原匡
法華僧
野村万之丞
宿屋
山下浩一郎

プログラム

配布チラシ

| | コメント (0)

19-10-26 第十三回 一朝会 #落語

公演名
第十三回 一朝会
会場
浅草見番
日時
2019年10月26日 13:00~
元犬
春風亭与いち
新聞記事
春風一刀
妾馬
春風亭一朝
仲入り
子別れ
春風亭一朝

一朝さんで聴く子別れは格別。一朝さんの温かい雰囲気が噺の内容にピタリとあっていて聴いていて心地よい。この気分は一門の基盤になっていると思う。今日も出ていた一刀さんだけが春風なのかを、一朝さんから聞いたけどおかしくてしょうがなかった。

 

| | コメント (0)

19-10-23 三遊亭萬橘独演会「五十回目だ!つきつきまんきつ」 #落語

公演名
三遊亭萬橘独演会「五十回目だ!つきつきまんきつ」
会場
木馬亭
日時
2019年10月23日 19:00~
魚根問
立川幸七
しの字嫌い
三遊亭萬橘
無声映画「子宝騒動」
坂本頼光
仲入り
大工調べ
三遊亭萬橘

萬橘さんの大工調べは聴いている中で、棟梁が切れてしまう理由が最も納得がいく。つまるところ、大家が彼の職人としての矜持を犯してしまったことにある。与太郎がバカだから、職人としての腕がないといったことがどうしても許せなかった。

配布チラシ

| | コメント (0)

19-10-22 三遊亭白鳥独演会 白鳥ジャパン Vol.6 in横浜~こんな日だからこそお祝い落語~ #落語

公演名
三遊亭白鳥独演会 白鳥ジャパン Vol.6 in横浜~こんな日だからこそお祝い落語
会場
横浜にぎわい座 芸能ホール
日時
2019年10月22日 13:30~
秘密の花園
三遊亭白鳥
仲入り
隅田川母娘
三遊亭白鳥

今日の即位礼正殿の儀を記念して?の落語会。こんなことができるのは現代の皇室を活写している白鳥さんしかできない。秘密の花園は初めて。最後は白鳥さんならではのオチが楽しい。隅田川母娘は今日だけの限定バージョン。愛子さまとジョージ王子の冒険が追加されていた。

 

| | コメント (0)

19-10-20 第五回 ハマコタ入船亭小辰ひとり会 #落語

公演名
第五回 ハマコタ入船亭小辰ひとり会
会場
横浜にぎわい座 のげシャーレ
日時
2019年10月20日 14:00~
五人廻し
入船亭小辰
明烏
入船亭小辰
仲入り
鰍沢
入船亭小辰

小辰さんは上手いとしか言いようがない。前半の二席の廓噺でも、情景を想像しにくいのをきちんと描写を重ねていってわかりやすくなっている。

ネタ出ししていた鰍沢は、その描写力が遺憾なく発揮していて、元花魁のお熊の艶っぽさはなんとも言えない。

 

| | コメント (0)

19-10-19 桂宗助 桂吉坊 二人会 in らくごカフェ 夜の部

公演名
桂宗助 桂吉坊 二人会 in らくごカフェ 夜の部
会場
らくごカフェ
日時
2019年10月19日 17:30~
トーク
吉坊・宗助
珍品小品集(ぬの字鼠、亀佐)
桂宗助
高砂や
桂吉坊
仲入り
市川堤
桂宗助

新作はありもしない筋立てだとか、強引すぎるオチだとかで毛嫌いする向きがあるけど、古典にだってそういうものがあると分かる珍品を宗助さんが二席。反対にいうとこれまでに無い新趣向だと思っても誰かがもうやっていると覚悟した方がいい。

市川堤は歌舞伎、講談から八代正蔵が落語に直したものらしい。こういう怪談らしい怪談を聴くと、人の恐ろしさははるか昔から変わらないのだと感じ入る。

配布チラシ

| | コメント (0)

19-10-19 桂宗助 桂吉坊 二人会 in らくごカフェ 昼の部

公演名
桂宗助 桂吉坊 二人会 in らくごカフェ 昼の部
会場
らくごカフェ
日時
2019年10月19日 14:00~
トーク
宗助・吉坊
東の旅 発端
桂吉坊
七度狐
桂宗助
仲入り
三十石夢乃通路
桂吉坊

宗介・吉坊の会の昼の部は旅の噺特集。東の旅発端は上方の方が最初に習うことが多い噺みたい。吉坊さんの吉朝一門もそうで、これを最初にやった時に節句をしてしまったそう。七度狐もよく聴く噺で、狐に化かされる噺の基本中の基本みたいなもの。この会はきちんと鳴り物を入れていて、三十石も三味線と太鼓が入って楽しかった。

配布チラシ

| | コメント (0)

19-10-18 桂雀々独演会 上方落語大全 #落語

公演名
桂雀々独演会 上方落語大全
会場
紀尾井ホール 小ホール
日時
2019年10月18日 18:45~
普請ほめ
桂優々
代書
桂雀々
景清
桂雀々
仲入り
蛸芝居
桂雀々

今日の会は三席ともネタ出しで、これぞ上方落語というものを。代書は師匠の枝雀さん譲りの破格の爆笑編。景清は観音さんが出てくる型で、上方らしいのは、この登場場面にこれでもかと鳴り物を入れてくる。蛸芝居はこれぞ米朝一門という感じ。芝居掛の蛸というものは、演者の芝居の演技がしっかりしていないと白けるばかり。

プログラム

配布チラシ

 

| | コメント (0)

19-10-16 落語教育委員会 三遊亭歌武蔵・柳家喬太郎・三遊亭兼好 三人会

公演名
落語教育委員会 三遊亭歌武蔵・柳家喬太郎・三遊亭兼好 三人会
会場
かめありリリオホール
日時
2019年10月16日 19:00~
コント〜あくび指南編〜
歌武蔵・兼好・喬太郎
のめる
春風亭㐂いち
宮戸川
三遊亭兼好
仲入り
胴斬り
三遊亭歌武蔵
時そば
柳家喬太郎

歌武蔵さんの胴斬りなんかは、もう落語でしか聴くことができないもの。胴斬りされて、上と下とで動いて、なおかつ働いてね。斬られた当人もふくめて誰もが動じないし。落語にはこういった噺がごろごろあるしね。だから落語が好き。

配布チラシ

 

| | コメント (0)

19-10-15 小満ん夜会 #落語

公演名
小満ん夜会
会場
日本橋社会教育会館
日時
2019年10月15日 18:45~
転失気
春風亭朝七
竜宮
柳家小満ん
不動坊
柳家小里ん
仲入り
今戸の狐
柳家小満ん

この会はあまり聴いたことがない噺が並んで、今日のも竜宮は小満んさんから聴いたことがあるかなぁという感じで、今戸の狐は初めて。竜宮なんかは工夫すれば、もっとやられてもいいかなと思うけど、今戸の狐はオチに関わる、今では使われない言葉の説明が難しくて、小満んさん以外ではちょっと無理かな。

 

| | コメント (0)

19-10-14 一蔵ひとりの会 #落語

公演名
一蔵ひとりの会
会場
らくごカフェ
日時
2019年10月14日 18:00~
目黒のさんま
春風亭一蔵
死神
春風亭一蔵
仲入り
甲府ぃ
春風亭一蔵

今日のネタ下ろしの死神は一朝師匠から習ったそうで、その時の様子が微笑ましくて、この一門の温かな雰囲気が伝わってくる。それが感じることができる甲府ぃもまたよかった。

配布チラシ

| | コメント (0)

19-10-14 快楽亭ブラック・大本営八俵 二人会 #落語

公演名
快楽亭ブラック・大本営八俵 二人会
会場
らくごカフェ
日時
2019年10月14日 14:00~
英国密航
快楽亭ブラック
漫談
大本営八俵
仲入り
ぞろぞろ
快楽亭ブラック
トーク
ブラック・八俵

ブラックさんや八俵さんのように、ある一定の思惑を持つ人々の表明をそのままに(と感じる)出しているのを見るのは、ある種のカタルシスを感じることができるけど、とりすぎには注意かな。

配布チラシ

| | コメント (0)

19-10-13 神保町「遊雀庵」 #落語

公演名
神保町「遊雀庵」
会場
らくごカフェ
日時
2019年10月13日 19:00~21:10
二番煎じ
三遊亭遊雀
全くの逆
桂三四郎
仲入り
淀五郎
三遊亭遊雀

昼に小平太さんの中村仲蔵で、夜に遊雀さんの淀五郎というのは、なかなかに贅沢。名人伝というのは、演者の個性が出てくるものなんだと納得する次第。

配布チラシ

 

 

 

 

| | コメント (0)

19-10-13 小平太・勧之助 二人会 #落語

公演名
小平太・勧之助 二人会
会場
らくごカフェ
日時
2019年10月13日 14:00~
棒鱈
柳家小平太
妾馬
柳家勧之助
仲入り
粗忽長屋
柳家勧之助
中村仲蔵
柳家小平太

小平太さんと勧之助さんが一年前に真打になって、寄席のトリを取れるようになるまでの勉強会として立ち上げた会とのこと。それがこの6月に勧之助さんが池袋で、現在進行で小平太さんが鈴本でトリを取っていて、どうしましょうと言っていましたが、私は初めてこの会に伺いましたが、続けて欲しいなと思いました。勧之助さんの粗忽長屋とか、今日も鈴本のトリがあるはずの小平太さんの仲蔵とか、すごいよね。

配布チラシ

| | コメント (0)

19-10-09 林家たい平独演会vol.95 「天下たい平」 #落語

公演名
林家たい平独演会vol.95 「天下たい平」
会場
横浜にぎわい座 芸能ホール
日時
2019年10月9日 19:00~
元犬
林家さく平
三味線漫談
林家あずみ
抜け雀
林家たい平
仲入り
らくだ
林家たい平

たい平さんのらくだは初めてかな。随所にたい平さんらしい工夫が凝らされたものになっていたけど、一番らしいのは、屑屋とらくだの兄貴分との立場が逆転していく過程で、このやり方がたい平さんの好き嫌いを分けるところかな。わたしは好き。

配布チラシ

 

| | コメント (0)

19-10-08 らくごカフェに火曜会 #落語

公演名
らくごカフェに火曜会
会場
らくごカフェ
日時
2019年10月8日 19:30~
三人無筆
金原亭馬太郎
芝浜
三遊亭わん丈
仲入り
(新作)
三遊亭わん丈
花色木綿
金原亭馬太郎

さすがに火曜会、今シーズン初の芝浜がわん丈さんで聴くことができた。なんでも以前に昇也さんに軽い噺を2本習って、そのかわりにと教えたらしいです。昇也さんはこの11月にネタ下ろしするらしいです。

馬太郎さんは最近の若い人に似ないで口調がのんびりとしていて、今日の出来心のように呑気な泥棒の噺にはあっている気がする。特に花色木綿が出てくるところまでやるとそれがよく分かる。

配布チラシ

| | コメント (0)

19-10-07 芸歴30年林家彦いち独演会「彦いち式」 #落語

公演名
芸歴30年林家彦いち独演会「彦いち式」
会場
本多劇場
日時
2019年10月7日 19:00~
保母さんの逆襲
林家彦いち
神々の唄
林家彦いち
仲入り
掛け声指南
柳家三三
自殺自演
林家彦いち
エンディング
春風亭昇太・林家彦いち

一応芸歴30年記念となっているけど、今後、彦いち式として独演会を開いていくそう。形態としては前座なしの彦いちさんひとりでやっていくのかな。今回は記念なので三三さんが彦いちさん作の新作をやったけど、今後はどうなるのかな。できる限り追っかけていきた。

配布チラシ

 

| | コメント (0)

19-10-06 三朝三席

公演名
三朝三席
会場
らくごカフェ
日時
2019年10月6日 18:00~
猿後家
春風亭三朝
粗忽の使者
春風亭三朝
仲入り
化け物使い
春風亭三朝

化け物使いをこんなに素直に聴くことができたのは初めてかな。やはり隠居の癇性なところが引っかかってしまう。三朝さんで聴くと、細かいことが気になってしまうだけで、自分でできることを事細かく他人に求めてしまうし、そこに気がついても歳をとって直すことができないだろうということが、伝わってくる。

配布チラシ

 

 

| | コメント (0)

19-10-06 神田愛山アマ弟子の会 #講談

公演名
神田愛山アマ弟子の会
会場
らくごカフェ
日時
2019年10月6日 13:30~
ご挨拶
神田愛山
(露地野ぼん子作)修学旅行
露地野一文
出世の春駒
玉井亀鶴
木津の勘助
露地野ぼん子
仲入り
川柳選者
神田愛山
(菊池寛原作)敵討母子連れ
神田愛

まりアマチュアの会なんかは見ないのだけど、この会だけはきてしまう。何か相性が合うところがあるのかな。今日はぼん子さんの新作を一文さんがやっていたけど、ウェルメイドな佳作でおもしろかった。

愛山さんの菊池寛原作の敵討母子連れは、自らの意思に関係なく、武士道というものに縛られていく姿が活写されていて興味深かった。

配布チラシ

 

| | コメント (0)

19-10-05 第五十七回 大手町落語会 #落語

公演名
第五十七回 大手町落語会
会場
日経ホール
日時
2019年10月5日 13:00~
堀の内
柳亭市若
金明竹
入船亭小辰
大安売り
三遊亭兼好
家見舞
柳家権太楼
仲入り
三十石
柳亭市馬
牡丹燈記
柳家さん喬

大手町落語会は普段から贅沢な会なんだけど、今日は権太楼、市馬、さん喬が並んで、なおかつ市馬さんの三十石とさん喬さんの牡丹燈記が続けて聴くことができて、その前に、歯切れの良い権太楼さんの家見舞があって、これが特別な企画ではないのがすごいね。

プログラム

配布チラシ

| | コメント (0)

19-10-04 鯉丸と音助 #落語

公演名
鯉丸と音助
会場
らくごカフェ
日時
2019年10月4日 19:00~
干物箱
雷門音助
お菊の皿
瀧川鯉丸
仲入り
平林
瀧川鯉丸
宿屋の仇討
雷門音助

鯉丸さんのお菊の皿、観客参加型で楽しかった。

配布チラシ

 

| | コメント (0)

19-10-01 らくごカフェに火曜会交流会 #落語

公演名
らくごカフェに火曜会交流会
会場
らくごカフェ
日時
2019年10月1日 19:30~
強情灸
春風亭正太郎
錦の袈裟
古今亭志ん陽
仲入り
ねずみ
春風亭正太郎

志ん陽さんと正太郎さんのお二人ともに、明るく温かな雰囲気を持っていて、聴いていて心地よい。志ん陽さんの与太郎は明るくて気持ちのいい人柄が感じられる。正太郎さんのねずみは、子供の愛らしいは当然として、父親のどんな境遇になっても、茶目っ気を失わない明るさが楽しい。

 

| | コメント (0)

2019-09-30 第三回 三春会 #落語

公演名
第三回 三春会
会場
浅草見番
日時
2019年9月30日 19:00~
真田小僧
春風亭朝七
初音の鼓
春風亭一花
短命
春風亭一之輔
転宅
春風亭一朝
仲入り
たちきり
春風亭柳朝

一朝一門の真打が三人しゃべるので三春会なのかな。一之輔さんの短命は、もう自由無碍の境地。一朝さんの転宅の泥棒の愛おしさはどこからくるのかな。柳朝さんのたちきりはなんか不意を突かれたような感じ。

プログラム

 

| | コメント (0)

« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »