« 2020年7月 | トップページ | 2020年9月 »

20-08-28 柳家小八のお昼の稽古風景 #落語

公演名
柳家小八のお昼の稽古風景
会場
らくごカフェ
日時
2020年8月28日 14:00~
寿限無
前座
青菜
柳家小八
千両みかん
柳家小八
大工調べ
柳家小八

従来は落語協会の2階でやっていた会だそうで、休憩なしで三席連続で。今シーズン初めての青菜は、小八さんも今年初めてだそうで、それだけ落語会がなかったとのこと。二席目も夏の噺で、植木屋のはじけかたが面白かった。大工調べの啖呵もキレがよかった。

 

| | コメント (0)

20-08-25 くごカフェに火曜会OB会 龍玉・天どん #落語

公演名
らくごカフェに火曜会OB会 龍玉・天どん
会場
らくごカフェ
日時
2020年8月25日 19:30~
子ほめ
蜃気楼龍玉
熱中症対策本部
三遊亭天どん
仲入り
茄子娘
三遊亭天どん
鼠穴
蜃気楼龍玉

火曜会はやはり珍しい並びを聴くことができて、天どんさんのはただただ、おじさんたちのしょうもない会話の新作と、天どんさんらしい解釈の茄子娘。龍玉さんは、ごく基本に則った子ほめなんだけど、間の取り方が絶妙で大笑いした。で、鼠穴は季節はずれなんだけど良かった。

配布チラシ

| | コメント (0)

20-08-23 三朝三席 #落語

公演名
三朝三席
会場
らくごカフェ
日時
2020年8月23日 18:00~
鰻の幇間
春風亭三朝
千両みかん
春風亭三朝
仲入り
大山詣り
春風亭三朝

今回の三朝三席は、夏の噺特集になっていた。今年はあまり落語会に行けていないので、青菜とか船徳のような季節の噺をあまり聴いていないことに気がついた。やっぱり今年は特別な夏なんだな。

配布チラシ

| | コメント (0)

20-08-23 柳家一琴の会 #落語

公演名
柳家一琴の会
会場
らくごカフェ
日時
2020年8月23日 14:00~
真田小僧
柳家一琴
勘定板
柳家一琴
仲入り
質屋庫
柳家一琴

真田小僧は最後まで。ここまでやると40分かかってしまう。だから短いものをと勘定板を。この噺はやり手によっては聞き苦しいのだけど、一琴さんだと大らかな語りで楽しかった。質屋庫も憎めない明るい性格の熊五郎がおかしかった。

| | コメント (0)

20-08-22 紫演落語会2020「特選」三人衆 雲助・権太楼・扇遊 #落語

公演名
紫演落語会2020「特選」三人衆 雲助・権太楼・扇遊
会場
よみうりホール
日時
2020年8月22日 13:00~
子ほめ
入船亭扇ぽう
寝床
入船亭扇遊
もう半分
五街道雲助
仲入り
唐茄子屋政談
柳家権太楼

この三人の落語を聴くのは本当に久しぶり。扇遊さんのキレのいい寝床、芝居がかりで本当にこわい雲助さんのもう半分、江戸っ子のあたたかさが伝わってくる権太楼さんの唐茄子屋政談を堪能。

配布チラシ

| | コメント (0)

20-08-18 葉月の独り看板 蜃気楼龍玉 「怪談 牡丹燈籠」三夜連続口演〜《第三夜》 #落語

公演名
葉月の独り看板 蜃気楼龍玉 「怪談 牡丹燈籠」三夜連続口演〜《第三夜》
会場
国立演芸場
日時
令和2年8月16日 19:00~
新三郎殺しの下手人
蜃気楼龍玉
仲入り
お露の前世
蜃気楼龍玉

プログラムで脚色された本田さんが、今回の牡丹燈籠は、主役が伴蔵で、お露を成仏させるおあったが、たしかにそうなんだけど、終わってみれば、やはりお露新三郎が主人公で、伴蔵は二人の恋を今世で成就させる狂言回しになっていた。

プログラム

配布チラシ

 

 

| | コメント (0)

20-08-17 葉月の独り看板 蜃気楼龍玉 「怪談 牡丹燈籠」三夜連続口演〜《第二夜》 #落語

公演名
葉月の独り看板 蜃気楼龍玉 「怪談 牡丹燈籠」三夜連続口演〜《第二夜》
会場
国立演芸場
日時
令和2年8月16日 19:00~
お国の不義
蜃気楼龍玉
仲入り
お峰殺し
蜃気楼龍玉

黒川孝助の仇討ちの話もきちんと取り込んでしまうのはすごい。そこからのお国の逐電と、栗原宿で伴蔵と出逢ってからの、お峰殺しまでの展開に引き込まれてしまう。

プログラム

配布チラシ

 

 

| | コメント (0)

20-08-16 葉月の独り看板 蜃気楼龍玉 「怪談 牡丹燈籠」三夜連続口演〜《第一夜》

公演名
葉月の独り看板 蜃気楼龍玉 「怪談 牡丹燈籠」三夜連続口演〜《第一夜》
会場
国立演芸場
日時
令和2年8月16日 19:00~
お露の香箱
蜃気楼龍玉
仲入り
伴蔵の裏切り
蜃気楼龍玉

龍玉さんの三夜連組の牡丹燈籠の第一夜目。本田久作脚色の龍玉さんの牡丹燈籠は、主役はお露新三郎や黒川孝助ではなく、伴蔵なのが特色。今日もいわゆるお札はがしなんだけど、伴蔵の動きが何やらあやしい。どうなるのかな。

プログラム

配布チラシ

 

 

| | コメント (0)

20-08-04 らくごカフェに火曜会 小辰・馬太郎 #落語

公演名
らくごカフェに火曜会 小辰・馬太郎
会場
らくごカフェ
日時
2020年8月4日 19:30~
高砂や
入船亭小辰
明烏
金原亭馬太郎
仲入り
看板の一
金原亭馬太郎
鰻の幇間
入船亭小辰

今回のネタは、なんとなく寄席でよくやられるものが並んだ感じ。自粛明けのリハビリ?

配布チラシ

| | コメント (0)

20-08-02 たけ平・夏丸 二人会 #落語

公演名
たけ平・夏丸 二人会
会場
らくごカフェ
日時
2020年8月2日 18:00~
トーク
たけ平・夏丸
東京からの転校生
桂夏丸
小田原相撲
林家たけ平
仲入り
浮世床(夢)
林家たけ平
小言幸兵衛
桂夏丸

夏丸さんの一席目は漫談になるのですが、その前のトークで、寄席では、漫談でも演目を付けるというのがあって、夏丸さん自身がおっしゃったもの。その関係で、一芝居の中で、同じ漫談をかけても、演目名を変えて付けるそうで、圓歌さんの中沢家の人々も、一つの演目として定着する前は、変えていたそう。

配布チラシ

 

 

| | コメント (0)

20-08-02 くろい足袋の会 #落語

公演名
くろい足袋の会
会場
らくごカフェ
日時
2020年8月2日 14:00~
あいさつ
おさん・花いち
穴どろ
台所おさん
(新作)
柳屋花いち
トーク
おさん・録君・花いち
仲入り
蒟蒻問答
柳屋録君

いつもはテーマを決めてやっているしろい足袋の会だけど、今回は現今の状況からやり慣れているネタをやるのでくろい足袋の会。おさんさんの穴泥ののんきな男がおかしい。花いちさんの新作はお土産のやり取りを。録君さんの蒟蒻問答のばかばかしいやり取り問答に大笑い。

配布チラシ

| | コメント (0)

20-08-01 桂文我の神保町秘密倶楽部 夜の部~雪月花三人娘連続口演~

公演名
桂文我の神保町秘密倶楽部 夜の部~雪月花三人娘連続口演~
会場
らくごカフェ
日時
2020年8月1日 18:00~
牛の子
桂文我
雪月花三人娘(11)
桂文我
こんなんメッケ
桂文我
神保町対談(34)
瀧川鯉朝
仲入り
松山鏡
瀧川鯉朝
幽霊飴
桂文我

雪月花三人娘は大団円に向かってのつなぎの場。広げに広げた風呂敷をどうまとめていくのか?それとも広げっぱなしになるのか?
こんなんメッケは、ゲストの鯉朝も巻き込んで。文我さんは、てなもんや三度笠の関連グッズ。鯉朝さんはオタク文化の勃興期の真ん中にいたようで、そんなこと今日初めて知った。特撮物の脚本などを披露。

プログラム

配布チラシ

 

| | コメント (0)

20-08-01 桂文我の神保町秘密倶楽部 昼の部~上方落語アカデミー~ #落語

公演名
桂文我の神保町秘密倶楽部 昼の部~上方落語アカデミー~
会場
らくごカフェ
日時
2020年8月1日 15:15~
七両二分
桂文我
古手買い
桂文我
上方落語の歴史(17)
桂文我
神保町対談(33)
青木伸広〔らくごカフェ主宰〕
仲入り
応挙の幽霊
桂文我

古手買いは初めて。はなは買い物上手に頼んでとの展開で進んでいくけど、後半は店と客とで喧嘩をしていく。今はあまりやられないものらしい。
対談では、青木さんの凄まじい闘病記を聞かさせていただいた。聞いただけで、何回も死んでもおかしくない病気が重なって、ここにいるのが奇跡。

プログラム

配布チラシ

 

| | コメント (0)

« 2020年7月 | トップページ | 2020年9月 »